to Heart

~その時がくるまでのひとりごと

あし@サービス終了・・・

2014-01-30 20:14:51 | Weblog

こんなお知らせが来ていたのを見逃していて、、
この、あし@サービスで足跡をつたってできた交流がなくなってしまうのが
今更ながらザンネンです。


お気に入りブロガーさんの更新状態が一目で分かる更新情報が一番のお気に入りで、
アクセス解析機能とか、ランキングとか、メッセージ、伝言機能とか、
ほんとは活用すればとっても親切な機能がいっぱいだったんですよね~。

でも、何といってもマイブログのトップページからアイコンでブロガーさんの足跡を確認でき、
直ぐに跳んで行けるっていうのがとても便利だったんですよね・・・



あし@利用も、残すところあと1日のみになりましたが、
これからは、他ブログの方はお気に入り登録から、
gooブログの方は、ブログの『読者登録』から、お邪魔していきたいと思っています。
この、読者登録は誰でも見れるのと、編集画面から登録者の更新状態が新着順に解るのと、
スパムブログを簡単管理できるので、あし@での機能の一部は補足された気がします。

ただ、こういう、ブログの垣根を越えたサービスがなくなると言う事で
またひとつ、ブログの熱というか利点が失われていくことが寂しいですね。
たった2年半ほどの利用でしたが、
あし@仲間の皆さま、これまでありがとうございました。
よろしければ、これからも引き続き覗いてやって下さいませ。。。


1年前の記事は ・・・
るろうに剣心
かならず、帰る。製作年度 2012年上映時間 134分原作 和月伸宏『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』(集英社刊)脚本 藤井清美 、大友啓史 監督 大友啓史音楽 佐...
コメント (4)

「名もなき毒」再放送♪

2014-01-29 22:35:40 | Heart pink

昨年夏、小泉孝太郎さん主演で放送された宮部みゆき原作のドラマ「名もなき毒」の
再放送が始まりますね。
当時、8時という枠もあって、ちょっと暗いミステリードラマは
家族で観るという感じではなく、キャストも申し分なく、内容がよかった(面白かった)割に
今ひとつ話題にならなかったのが残念。

恭子ちゃん出演の初回から第5話までは、平均視聴率も2桁をキープしていましたが、
第6話からは、ガラリと毒も凄まじくなり、恐ろしい展開になっていくのですが、
怖ろしかったけど、見応えはありましたので、8時という時間帯がいけなかった!
夜10時枠だったら~と思った方は多かったハズ
もう~、最終回なんてビビリまくりでした(笑)
前回ご覧になれなかったドラマ好きの方は、是非

1/31(金)14時55分~15時50分【TBS1】名もなき毒 第1話
2/3(月) 13時55分~14時52分【TBS1】名もなき毒 第2話
2/3(月) 14時55分~15時50分【TBS1】名もなき毒 第3話
2/4(火) 13時55分~14時52分【TBS1】名もなき毒 第4話
2/4(火) 14時55分~15時50分【TBS1】名もなき毒 第5話
2/5(水) 13時55分~14時52分【TBS1】名もなき毒 第6話 全11話


左サイドバーの「名もなき毒」画像クリックで公式サイトにジャンプします。
コメント

小さいおうち

2014-01-27 23:41:47 | the cinema (タ行)

製作年度 2013年
上映時間 136分
原作 中島京子 『小さいおうち』(文藝春秋刊)
脚本 山田洋次/平松恵美子
監督 山田洋次
音楽 久石譲
出演 松たか子/黒木華/片岡孝太郎/吉岡秀隆/妻夫木聡/倍賞千恵子/橋爪功/吉行和子
健史(妻夫木聡)の親類であった、タキ(倍賞千恵子)が残した大学ノート。それは晩年の彼女がつづっていた自叙伝であった。昭和11年、田舎から出てきた若き日のタキ(黒木華)は、東京の外れに赤い三角屋根の小さくてモダンな屋敷を構える平井家のお手伝いさんとして働く。そこには、主人である雅樹(片岡孝太郎)と美しい年下の妻・時子(松たか子)、二人の間に生まれた男の子が暮らしていた。穏やかな彼らの生活を見つめていたタキだが、板倉(吉岡秀隆)という青年に時子の心が揺れていることに気付く。

物語の舞台は、生前からタキを慕っていた健史が勧めていた自叙伝を、
執筆するタキとともに過ごした現代の健史の回想と、
それを語るタキの回想から、昭和初期の東京へと、交互に展開されていくものでした。

キャッチコピーがあの小さな家に閉じ込めた、私の秘密――なので、
どんなミステリアスな展開かと思っていたら、、、
結果的に、歴史を知ってしまっている現代の私たちからみれば、その秘密によって
登場人物に、そののち「それ程の運命の変化はなかった」と云えるもの。
しかしながら…―

一面が雪に覆われた山形の山村から、冬でも雪のない明るい東京へと出てきた少女タキが、
当時としてもモダンで人目を引いた平井家の住人に優しく受け入れられ、
とりわけ美しくお洒落な時子に優しくされて、憧れもし、
本気で一生を尽くしていく覚悟の、純粋さ、女中としての忠誠心にはグッとくるものがありました。。

なので、、
現代の大学生の健史に、不謹慎とか、思い出を美化してるとか言われても、
世間には戦争の足音が聞こえ、不穏な気配がしていようとも、
この小さな赤いおうちに時子が居て、一家とともに居られることそれだけでタキには愉しかったのでしょう。

松さん演じる時子が主人公なのでしょうが、私には
この、純粋に奉公先の家族を守ろうと尽くすタキの物語だと思え、
時子の方にはあまり関心がいかなかったのでした
それに、なかなか味わえない昭和初期のモダンな暮らしぶりも、物珍しかったです。


で、ちょっとネタバレ↓
            ↓




冒頭、タキの最初の奉公先の小説家が、語って聞かせるデキた女中のエピソード
「良い女中とは・・―」
彼女はあの時、必死で考え、
心に刻んでいた最初の主人の教えを忠実に実行したのですね、、、
タキは、良い女中でした........。


ただ・・・
以前も書いたと思うのですが、
○○組、っていうのか、その監督さんの作品の常連、って、
役者にとってのステイタスなんでしょうか?監督の勢力図なんでしょうか(笑)
この作品にも多くの山田組と呼ばれる方が沢山キャスティングされてましたが、
それって、純粋に作品のデキに関係なくマンネリ感を与えてしまう気がするんですよね、、。

1年前の記事は ・・・
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日
なぜ少年は、生きることができたのか。命を奪うのか、希望を与えるのか原題 LIFE OF PI 製作年度 2012年上映時間 127分原作 ヤン・マーテル『パイの物語...
コメント (8)   トラックバック (34)

映画『偉大なる、しゅららぼん』情報!!

2014-01-25 22:08:06 | Weblog

主題歌はももクロの書下ろし「堂々平和宣言」に決まりましたね。
公開まで1か月ちょっと、いろいろと話題が出てきて嬉しいです。
公式Twitterの先日のツイ、貼り付けました。
割れる湖ぜひクリック↓↓して跳んで行ってみてください♪


コメント (2)

ドラマな日々 2

2014-01-24 22:51:08 | Weblog


紙の月 ☆☆☆☆★
火曜) 22:00~22:48 全5回 NHK 6.50%、6.20%、8.0%
原作 角田光代「紙の月」
脚本 篠崎絵里子
原田知世、ミッキー・カーチス、満島真之介、光石研
困った人を助けることに、人生の究極の意味があると信じていたヒロインが、
ナゼ1億もの金を着服し、海外に逃亡することになったのか?!

彼女が真に欲したものはお金だったのか、恋だったのか!!
角田光代のオンナの掘り下げ方、で脚本は大好きな「眠れる森の熟女」の篠絵里子さん
イヤでも期待が高まります。再放送録画で視聴中、完走します♪

明日、ママがいない☆☆☆
水曜)22:00~22:54 日テレ 14.0%、13.5%
脚本 野島伸司、松田沙也
芦田愛菜、鈴木梨央、木村文乃、城田優、三上博史
う~~ん・・・。
日テレ+野島伸司ということで、いやでも安達祐実ちゃんの「家なき子」が思い出されますが、
小6設定だったすずには納得のカゲキなセリフも、今回は9歳というのがまずムリ。
9歳の子が口にするセリフ(内容)じゃないよね
時間も夜10時からの放送で、誰に向かって言ってるの?って感じたよ~。
ミタの高視聴率を意識したものか、奇をてらい過ぎだと感じたのは私だけ?
でも、三上さんに惹かれて、もう少し観るかな・・・

緊急取調室 ☆☆☆
木曜)21:00~21:54 テレビ朝日 12.5%、13.4%
脚本 井上由美子
天海祐希、田中哲司、速水もこみち、大杉漣
可視化された緊取もイマイチさほどの驚きはないし、海ドラ「クローザー」を意識しているかのような
取調官の天海サンですが、、、アノ、ドヤ顔の弁護士そのままにみえちゃう
脇の個性的過ぎるおじさま俳優陣をもっと前に出した方が面白そう。

S -最後の警官 ☆☆☆★
日曜)21:00~21:54 TBS 18.9% 15.2%
原作 小森陽一・藤堂裕「S -最後の警官-」
向井理、綾野剛、吹石一恵、池内博之、大森南朋
NPSとSATの対比が陰と陽で、闊達な向井クンと暗い綾野剛で北風と太陽的な?
それで10話は持たないから、いよいよオダギリジョーが登場するのね。
みんなカッコイイんだけど、、お話自体はさほど惹かれないので、次週に期待。

花咲くあした ☆☆☆★
日曜)22:00~22:50 NHKBS 全8回
脚本:西荻弓絵
小池栄子、夏木マリ、山田優、星野真里、眞島秀和
家族を捨て、浮気相手と逐電し、突然娘の元に舞い戻る派手な母親という設定は、ついこの前の
財前さんのドラマ「家族の裏事情」そっくりでしたが(笑)
コチラはもっと、ツッコんじゃいけないドラマ(笑)クセのある役者が揃っていて面白い。
なんだか久しぶりの星野真里ちゃんの見栄っ張り・いけずなキャラが受けます


と、まあちゃんと観れたのはこんなとこかな?
タッキーの「鼠、江戸を疾る」は1話は観たけど、ちょっとテンポが遅くてノレなかったのでリタイア。
闇金ウシジマくんSeason2」もう~!録画するの、忘れてた
トオルちゃんの「チーム・バチスタ4螺鈿迷宮」は初回見逃しで断念!コレ、「バーン・ノーティス」と同時間なのね。
昨年の冬ドラは、結構面白く、嵌って観ていた気がするんですが、、
今季は何本完走できるかな~。まず、紙の月は間違いないですが。
皆さんはどんなドラマをご覧になってますか?  
コメント (4)   トラックバック (1)

ビフォア・ミッドナイト

2014-01-22 21:35:53 | the cinema (ハ行)

ウィーンの夜明けから18年、
パリの夕暮れから9年。
そして、
本物の愛にたどり着く、
真夜中までの数時間。

原題 BEFORE MIDNIGHT
製作年度 2013年
上映時間 108分
脚本 リチャード・リンクレイター/ジュリー・デルピー/イーサン・ホーク
監督 リチャード・リンクレイター
出演 イーサン・ホーク/ジュリー・デルピー/シーマス・デイヴィー=フィッツパトリック/ウォルター・ラサリー

『恋人までの距離(ディスタンス)』『ビフォア・サンセット』に続くラブロマンスのその後を描く第3弾。
パリ在住の小説家ジェシー(イーサン・ホーク)と環境運動家のセリーヌ(ジュリー・デルピー)は、双子の娘を伴いギリシャでバカンスを過ごすことにする。同時にシカゴでジェシーの前妻と暮らす息子ハンク(シーマス・デイヴィー=フィッツパトリック)も呼び寄せる。彼らは共に海辺の町で夏休みを過ごした後、ジェシーはハンクを空港まで見送るが……。

恋愛の理想、幻想を秘めた若いふたりの出会い・・・
そして、9年の時を経てもお互いに大切な存在だったことを確認するかのような時間は、
ラブストーリー好きとしても、ムネアツの夕暮れでした。。。
この『ビフォア・サンセット』があって、現在。
前作をご覧になっていなくてもちゃんと作品中の会話で語られるのですが、
ご覧になってから足を運ばれると、より、寄り添える内容です。

20代で出会い、30代で再会し、現在40代となったふたりの、たった1日を描く本作は、
妻と別れ、アメリカで暮らす息子と、ひと夏を過ごしたジェシーの空港での別れのシーンから。
ギリシャで6週間のバケーションを友人の招待で過ごした、
現在は双子の娘とパリに暮らすかつての恋人たちの、それから…。
中年になり、親になったふたりがバカンス最後の夜を迎える、その時まで


出会って、惹かれあい、結ばれる、、切なくロマンチックな時を過ぎ、
家族として暮らす日々の中で、
ジェシーは、離れて暮らす息子の将来に責任を感じ、
セリーヌは、働く主婦としても、女としての自分の容貌にも自信も無くしかけ、
そして・・・
今、この夜を前に、乗り越えなければならない2人の時――その1日の終り。。。

熱烈に求め合ったはずの最愛の2人にも、それは容赦なく訪れる、
過去から続く問題や未来の付き合い方.........。
まあ、せっかくの、舞台はギリシャですが、セリーヌのマシンガントークで(笑)振り回され
景色はホントのところ愉しむ余裕はナイです(笑)
女性にとってはアルアル感いっぱいのセリーヌの心情ですが、
普段おちゃらけているよなジェシーの最後の対応に、コレはやっぱり男性に観て欲しい作品かも~
コメント (8)   トラックバック (15)

面白い♪『偉大なるしゅららぼん』携帯電話OFF篇

2014-01-18 23:29:31 | Heart pink
濱田岳×岡田将生『偉大なるしゅららぼん』携帯電話OFF篇


恭子ちゃん=グレート清子の可愛過ぎる映像もあって
超~嬉しいんだけど
超~超~~面白そうなのは解ったから、
もう予告で見せ過ぎないでちょう~しゅららぼ~~ん


明日、日曜日は吉沢悠くんが密着した東海大学チーム、ソーラーカー耐久レースのドキュメンタリー。
3連覇がかかる東海大チームのあきらめない戦いの記録!ぜひご覧になってください♪
「挑戦!オーストラリア縦断3000キロ」
1/19(日)14:00~15:25 【テレビ朝日】

そして、来週!!
地上波初登場!!!
瑛太、桔平サン、丸山隆平クンと共演した恭子ちゃんの出演作がっっ
映画天国 「ワイルド7」
劇画を実写映画化した娯楽大作、なので、ハンパなくかっこいいです、みんな
1/20(月)25:59~28:00 【日テレ1】

コメント

キリングゲーム

2014-01-18 21:09:48 | the cinema (カ行)

原題 KILLING SEASON
製作年度 2013年
上映時間 85分
脚本エヴァン・ドーハティ
監督マーク・スティーヴン・ジョンソン
出演 ジョン・トラヴォルタ/ロバート・デ・ニーロ/マイロ・ヴィンティミリア/エリザベス・オリン
アメリカ北東部からカナダへと大自然が広がる、アパラチア山脈。そこに山小屋を構え、一人暮らしをしている元アメリカ軍人のベンジャミン(ロバート・デ・ニーロ)。そんな彼の前にセルビア人の元兵士コヴァチ(ジョン・トラヴォルタ)が現れ、一緒に狩りを楽しむことに。しかし、山へと足を踏み入れるや、コヴァチはベンジャミンに向けて矢を放つ。混乱しながらも、軍隊と山での生活で得た経験と技術を生かして応戦するベンジャミンだが、この人間狩りにはボスニア紛争で起きたある事件が深く関わっていた。

ある程度は、弓矢だし、銃で狙い澄ませて一発で仕留めるという具合に行かないのは覚悟してましたが
コレがやっぱり痛いシーンが見どころなのか(苦笑)これから鑑賞を予定されてる方、
ココロしてどうぞ

いまだ戦争を終わらせていない男コヴァチ。
戦争の記憶を封印し、家族をも遠ざけて孤独に生きる男ベンジャミン。
凄惨な戦争の記憶を引き摺りながら18年後、元兵士と元軍人が繰り広げる"狩り"!

戦争の記憶から逃れ、世間から逃れて隠れるように生きてきたベンジャミンに
追い詰めながらもコヴァチのお喋りは止まらない
果たして本当に、復讐がしたかったのか?死に場所を求めていたのか?
刺青を消さなかった本当の理由も、きっとそこにある。
本当に、獲物はベンジャミンだったのか?!――



戦場は人を狂気に陥れ、時に猟奇性を身に植えつけて、そして―
「戦争」は終結しても、多くのかつての兵士たちは今なお
それは取り出せない古い銃弾のようにいつまでも脳を軋ませるのかも・・・と、
そう思いながら観ていましたが、
やっぱり背景にボスニア紛争を持ってきても、どこかリアリティーに欠けた感は否めないストーリーで、

―今は普通に見える街が、18年前には真っ赤に染まっていて、今でも自分にはそうみえる・・―
これはスッと心に入ってきましたが、
そう言ったコヴァチが、どういう経緯でサソリに入ったのか?
家族を失った怒りの矛先が向かう場所がちがうのではないか?
トラヴォルタ演じるコヴァチの18年前の描写がもう少し欲しかったところ。
そして、コヴァチのターゲットが都会に住んでなくてヨカッタ!でした。
コメント   トラックバック (8)

ドラマな日々

2014-01-16 21:30:48 | Weblog

いよいよ今年の冬ドラもほぼ出そろったようですが、
今日は昨年秋から忙しかった年末までに録り溜めたたくさんのドラマの中から2本。
丁度お正月の、草木も眠る丑三つ時を愉しませてくれたドラマなのでした(笑)

バーン・ノーティス 元スパイの逆襲 シーズン3
BS258 Dlife 火曜 PM10:00~(吹替え)
敏腕スパイ・マイケル・ウェスティン(ジェフリー・ドノヴァン)が組織から突然解雇されてしまい
故郷のマイアミで仲間の援けを借り、解雇されたワケを追求し、復職しようとする戦い。

なのだけれど、、描かれるのはマイケルのスパイのキャリアを活かした
報酬もろくにない、人助けのような仕事ばかり。だけど、
射撃もアクションも、爆薬も得意な暴走する元カノ・フィー(ガブリエル・アンウォー)と、
FBIにも顔が利く相棒サム(ブルース・キャンベル)との絶妙なコンビネーションで
キケンなお仕事も明るく楽しい死亡率はめっちゃ低い


基本、字幕が好みなのだけど、このドラマに関しては日本語バージョンが楽しい
録画を深夜子供と観たのだけど、その絶妙な日本語訳に毎回笑ってしまう♪

セント・オブ・ウーマン/夢の香り」「バラ色の選択」以来観てなかったから
ガブリエル・アンウォー、最初は判らなかったけど、20年経っても美脚は健在
カゲキにばんばん爆破しちゃうんだけど情に厚いキャラなの(笑)

弱き者に味方し、悪人をハメる手口もスマート♪
全体にテンポもよく、何といっても日本語吹替は訳(セリフ)がナイスです
シーズン3は昨年12/3までで、12/10からはシーズン4が始まってます♪


「あさきゆめみし ~八百屋お七異聞」
木曜 NHK 午後8時~8時43分放送【総合】
出演 前田敦子 池松壮亮 平岡祐太 竹下景子 中村雅俊 田山涼成 篠井英介 高橋和也
天和三年(1683)の実話、八百屋お七の放火事件と、火あぶりの処刑は
井原西鶴や鶴屋南北による芝居のすじがきに矛盾を感じていたというジェームズ三木が、
その付け火自体誰かを庇うための冤罪ではなかったか?という、
ほんとうの恋は、その人の為に死ねるか?という究極のテーマで語られる。



14歳の思春期に寺小姓の吉三郎と出会い、ひたすらに恋い焦がれるお七に、
次第に惹かれるも、吉三郎はその境遇の違いから逸脱することはない、切ない恋―。
そこに絡んでくる、八百源の手代勘蔵の哀しい愛と欲。。。
ちょっとおバカたんにもみえる15のお七が、恋を知ってオトナになる。
欲しい欲しいの追っかけ娘が命を懸けて護ったのは、愛しい吉三だけではなかったことになる。。。

無理に八百源の主人とよそに作った息子の話や奥方の話がだらだらと挿入されたのは
いかにも余計だと感じたけれど、(5話ぐらいでもよかった)
大抵の連ドラが最終話の1週前が一番盛り上がるところ、コチラはちゃんと
最終回の、短いふたりの逢瀬に泣かされました、、、
純愛モノ好きな私としては楽しめた時代劇でした。

1年前もドラマの記事だったんだ ・・・
一足お先の冬ドラ
いつか陽のあたる場所で ☆☆☆毎週火曜 22:00~22:50 NHK総合上戸彩/飯島直子/浅野温子/斎藤工/大東駿介乃南アサの原作小説のドラマ化。人生につまづき、罪を犯...
コメント

危険な関係

2014-01-15 20:46:12 | the cinema (カ行)

愛を弄んで、運命に弄ばれる。
製作年度 2012年
原題 危險關係/DANGEROUS LIAISONS
原作 ピエール・コデルロス・ド・ラクロ
製作国・地域 中国
上映時間 110分
脚本 ゲリン・ヤン
監督 ホ・ジノ
出演 チャン・ツィイー/チャン・ドンゴン/セシリア・チャン/リサ・ルー/ショーン・ドウ

これまでに何度も映像化されてきたピエール・コデルロス・ド・ラクロの古典を、舞台を18世紀のパリから1930年代の上海に移した、ホ・ジノ監督が描くラブ・サスペンス
「危険な関係」は、フランスの作家ピエール・ショデルロ・ド・ラクロが発表した小説で、18世紀後半のフランス貴族の社交界を舞台に、プレイボーイの子爵と策略家の侯爵夫人が貞淑な人妻を恋愛ゲームに巻き込んでいく模様を、書簡形式で綴った文芸小説。
1931年、女性実業家として成功したジユ(セシリア・チャン)。恋人が小娘との婚約を発表し、プライドを傷つけられる。そこで友人イーファン(チャン・ドンゴン)に残酷な復讐を依頼した彼女に、彼は純潔な寡婦フェンユー(チャン・ツィイー)との情事を成し遂げる賭けを提案するが……。

富豪たちが享楽的な生活を謳歌していた魔都上海で巻き起こる危うい恋のゲーム。
彼女の心の奥に渦巻くものは、果たして本当に復讐なのか?
彼の欲しいものはゲームの勝利なのか?
という、
ストーリーは珍しくはないけど、美しく残忍な恋の駆け引き、キャストで楽しめました。

聖女のような高潔さと知的な美しさに溢れた未亡人=チャン・ツィイー
策略家で妖艶な悪女=セシリア・チャンのコントラストが余りにもクッキリで気持ちがイイ。
放蕩生活を送るプレイボーイのチャン・ドンゴン、髭を付けただけで素敵なドン・ファン(笑)
この3人が揃いも揃って、なかなかそのホンネをチラともみせないで終盤まで持って行くのです
これはこの3人それぞれに演じ甲斐のある役だったと思わせます。


ゲームに勝つために、二人を支えていたものはプライドか?支配欲か?

ゲームに執着し嵌っていくふたりが、何でも簡単に手に入れられる富裕層にいながら、
本当に欲しいものを手に入れる事が出来ないのはナゼか・・・

序盤は正直退屈ですが、この美しく退廃的ムードを纏った3人の真実を追っていく時、
キャストの魅力的な演技もあって、途中からは飽きませんでした。


それにしても″カサノバ″もどきのプロローグのチャン・ドンゴンですが、
直ぐに思い浮かんだのがクラーク・ゲーブルでしたが、途中から、
うつむき加減で口をすぼめて微笑む彼はオダギリ・ジョーに見えて仕方なかった!
女性も美しいけど、男性もね(笑)
コメント (4)   トラックバック (3)

永遠の0

2014-01-13 21:31:59 | the cinema (ア行)

この空に願う、未来――壮大な愛の物語。
製作年度 2013年
上映時間 144分
原作 百田尚樹
脚本 山崎貴/林民夫
監督 山崎貴
出演 岡田准一/三浦春馬/井上真央/濱田岳/染谷将太/新井浩文/三浦貴大/上田竜也/吹石一恵/山本學/橋爪功/夏八木勲

零戦搭乗員の悲劇を描いた百田尚樹のベストセラーを、『ALWAYS』シリーズなどの監督・山崎貴が映画化した戦争ドラマ。
祖母の葬儀の席で会ったことのない実の祖父・宮部久蔵(岡田准一)の存在を聞いた佐伯健太郎(三浦春馬)。進路に迷っていた健太郎は、太平洋戦争の終戦間際に特攻隊員として出撃した零戦パイロットだったという祖父のことが気に掛かり、かつての戦友たちを訪ねる。そして、天才的な技術を持ちながら“海軍一の臆病者”と呼ばれ、生還することにこだわった祖父の思いも寄らない真実を健太郎は知ることとなり……。

元日の夜の回、気の合う友人と観てきました。
前評判が余りにも高かったので、ある意味こころして行ったのですが、
世間の高評価ほどではなかったですが、まずまずのヒューマンドラマといったところ。

監督脚本が「ALWAYS~」の方だし、原作は未見でもだいたいどういうものか想像はできました。
っていうか、ほぼあの予告でこの作品のいいたいところは解りましたよね?
“海軍一の臆病者”のナゼ!?

昔から戦争映画は、豪華キャストで所謂大作が殆どだったように記憶していますが、
映画がこんなに量産される近頃では、仕方がないキャストなのかも知れないけど、
現在パートは、ベテラン陣の頑張りが引っ張ってくれましたね~。
久しぶりの山本學さんが観られたのも嬉しかったし、
夏八木おじいさま、相変わらずステキでした。

過去パートのキャストはヨカッタし、モチロン宮部久蔵の岡田君は上手かったですが、
感動とまでいかなかった、心の盛り上がりが少し足りなかったのは、
宮部の教え子を含む、零戦で散って行った若者の心情描写があまりにも薄かったからでしょうか。

これは、ただただ家族を愛し、臆病者であり続けた男の物語。
「立派に死んできます」と言わない男の、家族へ遺した奇跡のドラマ。命と愛をつなぐ物語。
戦争映画とは私にとっては、子供ながら号泣した「人間の條件」「戦争と人間」なので、
戦争映画とするには、何かライトノベルな感じが残ってしまったのです。
せっかく2時間越えでありながら、戦友たちの語りだけではちょっと薄い気がしたのですが、
今の若者がこれを観て、何かを考えることができれば、、それでいいと思いますね。


イケナイ子のイメージ(爆)の染谷将太くんの今回の役どころ、新鮮でしたわ
井上真央ちゃんとのシーンが良かっただけに、
現在のラストは残念でした。
コメント (8)   トラックバック (23)

恭子ちゃん新ドラマ☆

2014-01-11 11:04:28 | Heart pink


やっと、クビを長くして待っていた恭子ちゃんの連ドラの情報
ドラマ10「サイレント・プア」
深田恭子さん主演!『サイレント・プア』制作開始
ちょっと~ぉ、↑2つとも4月8日が月曜日になってる!
でも、、、ドラマ10といえば、子供と嵌った「下流の宴」、
文句を言いなら恭子ちゃん観たさで完走した「セカンドバージン」と同じ火曜のハズ?!
と、関係者に早く気付いてほしいけど、恭子ちゃんとしては、珍しい春ドラ♪
で、またお仕事モノなんですね、3月の「しゅららぼん」4月のドラマ楽しみです
"サイレントプア 声なき女性の貧困″支援やワーカーズ・コレクティブについてはコチラを参考
            


いいなCM 大東建託 深田恭子 「建物紹介」篇
コメント

今月の気になる作品♪

2014-01-10 07:11:15 | Weblog

新年早々体調を崩し、あっという間に(寝たきりでした
今月も3分の一を過ぎようとしています
元日に「永遠の0」を観て、さてこれからという時に寝たきりを強いられたので、
12月の見逃しを追うどころではなかったのですが、痛みも和らぎ始め、
これから少しずつ映画館にも足を運ぼうと思っています。。。
         

1月10日(金)
危険な関係
チャン・ツィイー/チャン・ドンゴン/セシリア・チャン
これは脚本が、「花の生涯~梅蘭芳(メイ ラン ファン)~」の方というので、気になります。

1月11日(土)
キリングゲーム
ロバート・デ・ニーロとジョン・トラヴォルタ!

さよなら、アドルフ
ナチス親衛隊高官の遺族側の姉妹の物語というのが新しい。
けど、地元公開なし。シネスィッチ銀座のみぅぅぅ、、、

1月18日(土)
ビフォア・ミッドナイト
イーサン・ホークとジュリー・デルピー主演
『恋人までの距離(ディスタンス)』『ビフォア・サンセット』に続くラブロマンスのその後を描く第3弾。

1月31日(金)
ウルフ・オブ・ウォールストリート
実在の株式ブローカー、ジョーダン・ベルフォートの
『ウォール街狂乱日記―「狼」と呼ばれた私のヤバすぎる人生』を映画化した実録ドラマ。
レオナルド・ディカプリオ/ジョナ・ヒル/マシュー・マコノヒー


アレ??
ここまで邦画が1本もない??
キャスティング重視だと、洋画、邦画に限らずどうしても映画館で、とはならないし・・
話題の作品でも内容的に惹かれるものが今月はなかったかなぁ~。
面白い作品があったら背中を押してくださいね♪

コメント (3)

恭子ちゃん新作情報♪

2014-01-06 20:59:11 | Heart pink


原作「ジョーカー・ゲーム」は2009年の第30回吉川英治文学新人賞と
第62回日本推理作家協会賞長編及び連作短編集部門を受賞した作品らしいですね。
面白そうですが、かなり登場人物の設定などは変わっているのかも知れないですね。

亀梨和也が“天才スパイ”に!深田恭子&伊勢谷友介と共演…映画『ジョーカー・ゲーム』
亀梨和也、スパイ役で主演! 共演の深田恭子「セクシーさを全身で表現」
亀梨和也、スパイアクションに挑戦! 伊勢谷友介、深田恭子が共演
亀梨和也「ジョーカー・ゲーム」主演で天才スパイに!入江悠監督がメガホン
『ジョーカー・ゲーム』が入江悠監督で映画化、キャストに亀梨、深田、伊勢谷
亀梨、国際スパイ役で長髪バッサリ!初共演の深キョン色仕掛けも

恭子ちゃんファンとしては、アクションもあるということなので新鮮です(笑)
ジャニーズとの共演は多い恭子ちゃんですが、KAT-TUN時代の赤西くん以来の亀梨くんとの共演。
私的に亀梨くんドラマはほぼ(ちゃんと)観たことがないのですが、スパイ、合ってるかもね♪
面白い作品になりますように


お正月早々、恭子ちゃんの映画情報や、新CMの放映があり嬉しいのですが、、、

この私めは、、今、家の中の移動もままならない状態でほぼ寝たきりです。
いわゆるアレ、ぎっくり腰というやつなんですね
モノも持てないで、いちいち悲鳴をあげておりまする。。。
そんなわけで、コメントのお返事もご挨拶に伺うことも出来ずに、心苦しい思いをしています。

今月のキニナル新作映画も数日前にチェックし、草稿中のまま放置していますが、
簡単にでも近日中にアップしたいところです。
皆様、年末の疲れはとれたでしょうか?
疲れが取れないでいると何でもない動作が引き金になる事もアルとか(トホホ)
どうぞ皆さまもお気を付け下さいね~~
コメント

謹賀新年☆

2014-01-03 10:22:42 | Weblog


Happy New Year 2014

昨年はお世話になり 有難うございました
今年も皆様とご家族の、お仕事、人間関係の
すべてが、
ウマ くいきますように~

そして、
私たちの日本が、元気で平和でありますように頑張ろうニッポン♪
コメント (18)   トラックバック (6)