to Heart

~その時がくるまでのひとりごと

マイケル・ジャクソン THIS IS IT

2009-10-30 21:27:17 | the cinema (マ・ヤ行)
誰も見たことのない彼に逢える。
上映時間 111分
監督 ケニー・オルテガ
出演 マイケル・ジャクソン
2009年6月25日、世界中に衝撃が走ったマイケル・ジャクソンの突然の死により、幻となったロンドン公演“THIS IS IT”。本作は、死の直前まで行われていた長時間に及ぶリハーサルを記録した映像を基に、今回のステージでクリエイティブ・パートナーを務めていたケニー・オルテガ自ら監督として幻の公演を再現する音楽ドキュメンタリー。

ロンドン公演が実現していれば、このように早く大画面で見ることもなかった貴重なメイキング映像の数々。
プライベートの記録のためにとカメラは回されていた舞台裏のはずのリハーサル風景が、もう完璧に近い!
行ってよかった!素晴らしかった

観れなければ、DVDでお家鑑賞でいいとさえ思っていたけど、
私の青春時代にデビューしたジャクソン5の映像が流れると、、勝手に涙が―…
止まりませんでした

リハーサルなんですよ?! かっこいい

平和を願うマイケルのメッセージはちゃんと伝わる 構成も素晴らしかった

リハーサルなんですよ?

正確で無駄のない、美しいダンス!
たくさんの若いダンサーと同じ振り付けをこなしても、無駄のない動きで息も乱れない!
しかも全ては愛のため、容赦なく細かい指示を飛ばしながら、
それでも力は温存しつつ見事なパフォーマンス

いつの頃からか、残念なニュースばかりが取り沙汰されるばかりで、
この何年かは興味を失っていたけれど、
「ファンが日常を忘れ、幸せになるために」
そう、全てはファンへの愛が完璧さを作り出していたんですね
まさに"King of King"かっこいいです!その全てが

いつからか、、彼が"フォーー"という度に泣いていたかもしれません……

初日の1回目。とっても混んでいましたが、悲しいことにマナーの悪い方がいっぱい。。。
開始直前になって、席を立つ人が数人いてそれもびっくりでしたが、
なにより上映中におしゃべりを止めない夫婦。開始20分ぐらいから男女を問わずトイレに立つ人の多さに悲しくなりました。
ビールの飲みすぎでしょうか、大人なんだから予測できることですよね?
今度は空いた頃を見計らって、もう一度行きたいです。
コメント (42)   トラックバック (77)

ビン君来日

2009-10-30 00:15:55 | Weblog
ちょっと時期が遅れましたが、久々、ビン君の来日の記事。
来日会見
プレミア上映会の舞台挨拶

恭子ちゃんとの共演ドラマ、撮影から8年が経っているわけで、
当然ながら大人っぽくはなっているんですが、、更になんかお顔が小さくなっている感じ。
お洋服も、スポンサー(CM)絡みなのでしょうか、以前の何気ない格好のほうが似合うと思うんですが。
懐かしいですコレ 

いいドラマでした♪また観たくなります~

コメント (4)

訂正版・残り「天地人」

2009-10-28 00:04:02 | Heart pink
先日恭子ちゃん・淀殿登場はあと2回とお知らせしましたが、
NHKの公式HP,トップ最終回PR画像に、淀どのお姿が
しかも、その前の2回のサブタイトルが微妙に1話ずれているし・・?
前回はあらすじも書いてあるこちらの情報を信じて(笑)アップしましたら、、
同じNHKでも、ちょっと違ってる
このNHKワールドプレミアム番組表だと、「大阪の陣」の次が最終回なので、この回で一気に「炎上」まで?と解釈しました。。
だってぇ~、今までの信長の最期などからみても・・・あり得るかなぁだったので

45回の「謙信を超える」→「大阪の陣へ」とタイトルが変わっても内容的には同じ、
兼続と淀のツーショットは変わらないわけで、楽しみです♪

で、最終回は30分拡大ヴァージョン。
公式の第46回「大阪城炎上」11/15 を観て見ないと解りませんが、
最終回は回想シーンだけになるのか?それとも?
いずれにせよ「冬の陣」も「夏の陣」も同じ括りなのか?一瞬で終わる予感・・・。
淀殿の最期くらいきっちり描いて欲しいなぁ・・・小松さん

ま、主役が上杉方ということもあるけど、三成に華を持たせすぎ、
その他の豊臣方は殆ど描かれずにきたし、真田幸村もまるで描かれていないのだから、
冬の陣から夏の陣へのいろんなエピソードも下手をするとナレーションでいっちゃうのかも
コメント

魔術師 MERLIN

2009-10-27 21:08:11 | TV dorama
「アーサー王伝説」に登場する偉大な魔術師「マーリン」の青年時代を描いた歴史ファンタジー。
(BS2 10月26日(月) 午後8時00分~8時45分 放送『魔術師MERLIN(マーリン)』
(再放送:BS2 10月27日(火)午後11時15分~翌午前0時00分 放送)
第4話「モーティエスの毒杯」
伝染病でキャメロットを破滅させる作戦をマーリンに邪魔された魔女ニムエは、今度はマーリンを狙う…。
ウーサー王は長年の敵ベイヤード王と友好関係を結び、祝いの晩さん会が開かれる。マーリンはベイヤード王の美しい侍女カーラに目を奪われるが、その正体はニムエだった。アーサーに贈られた杯を事前に取り替えていたニムエは、その杯に毒が入れられるのを見たとマーリンに告げる。アーサーが乾杯する直前、マーリンは…。


まあ、魔女だから、どうせ化けるなら美女ということで(笑)
侍女にしておくには勿体無いほどの美女に、年頃のマーリンは簡単に引っかかる
しかもあくまでターゲットは王子であるかのように吹き込み、
もし露見したところで自分の存在が表に出ないような言い回しも上手い

カーラの「ベイヤード王の謀」という言葉を真に受けたマーリンは、宴の席に飛び出し寸でのところでアーサーの危機を救うが、
またしても人の情に頑として動かないウーサー王に、その場でマーリンにその杯を空けるよう命じられる
うう・・・ウーサー王~~っっ
頑固で心の狭いヤツめ、、。従者の命など取るに足りないとのたまう王にやられたようなマーリン。

で、今回はマーリンが毒に倒れてからが見もの

たかが従者の為に危険を冒す必要などないと、アーサーの言葉に耳を貸さない王に打つ手なしのアーサーを、
男勝りの正義感の持ち主モルガーナ姫が叱咤し背中を押すイッテラッシャイ
そしてただ一人で、解毒薬になる花が自生する洞窟に向かうアーサーを、美女に化けたニムエが待ち受ける――。

と、今回は何と言ってもアーサーがカッコいいですわ
女にしておくのは勿体無い(笑)モルガーナもカッコいい
超ー単純なマーリンは相変わらずだけど、優しいグゥエンの気遣いに満更でもない様子は爽やか
臥してもなお、アーサーを守ろうとするマーリン、さて二人はどのように危機を脱するのか?!
先週よりぐっと4人の若者の心の絆がつよく印象付けられた闘い。面白かったです~



さて来週は映画「チェ 28歳の革命」の、サンティアゴ・カブレラがゲスト出演ですね♪
コスプレもなかなか似合っています!楽しみ~
コメント (4)   トラックバック (1)

今日も「堂本兄弟」と「天地人」

2009-10-25 22:54:31 | Heart pink
フジ 23時15分~
ゲストは原田知世さん
ベストヒットたかみー、今夜のテーマは「1982年デビューアーティスト」
恭子ちゃんが生まれた年ですねぇ~
DMBBとセッションするのは「時をかける少女」、、なぜ今?という気もしますが、懐かしい
kinkiの新曲「スワンソング」も聴けるようですね!
これは9月の末に収録したものだから、約1ヶ月近く前の恭子ちゃん。ショートですね

ところで先週は珍しく水曜日に堂本収録があったようですが、
その時に11月会と称して恭子ちゃん、大ちゃん、健さんのお誕生会をやったようです
映像は今週のラストで流れるのかな?
=============================================================
で・・・天地人 
淀殿登場もあと2回となりましたね。。。
11月 8日(日) 20:00~20:45(45)「謙信を超える」
11月15日(日) 20:00~20:45(46)「大坂の陣」
コメント (4)

九月に降る風

2009-10-25 11:59:28 | the cinema (カ行)
この煌めきが風になる
製作年度 2008年
原題 九降風/WINDS OF SEPTEMBER
製作国・地域 台湾
上映時間 107分 PG-12
プロデューサー エリック・ツァン(曾志偉)、イェ・ルーフェン(葉如芬)
監督・脚本 トム・リン(林書宇)
出演 リディアン・ヴォーン(鳳小岳)/チャン・チエ(張捷)/ジェニファー・チュウ(初家晴)/ワン・ポーチエ(王柏傑)/リン・チータイ(林祺泰)/シェン・ウェイニエン(沈威年)/チウ・イーチェン(邱翊橙)/チー・ペイホイ(紀培慧)/リー・ユエチェン(李岳承)

台湾期待の新鋭・トム・リン監督が、自身の高校時代を重ね合わせて描く切なくも瑞々しい青春グラフィティ。
1969年9月、高校3年生のタン(チャン・チエ)は仲間たちと野球観戦に出かける。親友のイェン(リディアン・ヴォーン)を筆頭に、最年長だがいまだ高校2年生のヤオシン(ワン・ポーチエ)や、1年生のチーション(チウ・イーチェン)らを含む7人組はいつも騒動の渦中にいた。今回も彼らは野球場でばか騒ぎし、教官室に呼び出され……。

リーダー格のイェンは公認の恋人ユンがいるが、街で可愛い子を見かけるとナンパし、ポケベルの番号を訊きだす。
そんな彼と親友でありながら同級生のタンは、ユンの数学を見てあげているが、実は彼女に惹かれている。
もう一人の3年生で超人というあだ名のチンチャオは実はイェンが好き。タンには複雑な思いを抱えている。

それでも放課後にはポケベルで連絡を取り合い、憧れのプロ野球選手リャオ・ミンシュンの試合を観戦したり、
夜のプールで皆でじゃれあったりと仲良しだ。
このポケベルも懐かしいアイテムだけど、重要なキーとなる。

チョイト見のブログで、この7人の友情に何かがあって、
その友情にひびが入る的なことがかいてあったと思うので、
かなり序盤からドキドキして、はしゃぎ過ぎな彼らを見守っていました。。。

107分という短い時間に、彼らの関係性は短く語られていて無駄なセリフも無く、
ちょっとでも聞き逃したり、見逃せば??が残るかも知れない緻密でタイトな作品。


たったひとつの行動が・・ちょっとしたいつもの思い遣りが・・たったひとつの嘘が・・・

何もしなければ、何事も起こらなかったかもしれないあの頃・・・
何が起こっても不思議ではなかったともいえるあの頃・・・
幾つものもし・・を、この彼らに代わって遡ってみたくなり、
かけがえのない青春の痛みを知る物語にこころはもう水色...

監督自身の学生時代の体験を基に脚色されたものらしいですが、
よくある学校の問題児のエピソードばかりなのに、
この7人の性格が、ちょっとしたセリフや何気ないショットでちゃんと表現されていて、
2度と戻らない青春の輝きと傷痕に心が震える。忘れられないドラマになっていました

九降風=台湾北西部の町、新竹に9月になると降る季節風。
この時期の台湾では卒業と入学が続く人生の節目の季節なので、日本で言えば桜のような存在だとチラシにありました。

迷いながら行った『ジャック&ベティ』,若い女性が多かったですが、
これ、、男子に観て欲しい作品です
コメント (10)   トラックバック (10)

この道は母へとつづく

2009-10-23 23:05:07 | the cinema (カ行)
ほんとうのママに会いたい──
原題 ITALIANETZ/THE ITALIAN
製作年度 2005年
製作国・地域 ロシア
上映時間 99分
監督 アンドレイ・クラフチューク
出演 コーリャ・スピリドノフ マリヤ・クズネツォーワダーリヤ・レスニコーワユーリイ・イツコーフニコライ・レウトフ

顔も知らない母親を探し求めた少年の実話を、ロシアの新鋭アンドレイ・クラフチューク監督が映画化した感動作。
ロシアの孤児院で暮らす6歳のワーニャ(コーリャ・スピリドノフ)は、幸運にも養子を探しに来たイタリア人夫婦に引き取られることになる。院の仲間たちからの嫉妬(しっと)と羨望(せんぼう)のまなざしを浴びる中、「引き取られる前に、一目でいいから本当のママに会いたい」という気持ちを募らせた彼は、実の母親を探しに孤児院を脱走してしまう。

フィンランドとの国境近くの孤児院に向かう一台の車には二組の男女が乗っていた。
一組は仲睦まじい夫婦であることは窺えるが、もう一組の、というよりもう一人の女性がなにやら不安を煽る。
そう、、彼女は孤児を子のない裕福な夫婦に斡旋して高額を得る業者だった。

お金持ちの家に貰われる子は幸せ―
そのチャンスに恵まれないまま大きくなった子供たちは、子供だけで稼ぎ、自分たちのルールの中で働き、生きていくしかない。
それはまた、大人の社会の構図を真似たシステムにもなっている事が丹念に描かれている。

その幸運なチャンスに恵まれた6歳の少年ワーニャは、イタリア人夫婦の養子になると言うことから、
早速"イタリア人"と呼ばれることになる。
からかいに見えるそのあだ名の裏には、院に残る子供らの羨望と嫉妬が混じっている。
ここに留まり大きくなれば、犯罪に手を染めながら生きていく運命なのだから....。

大人しく賢いワーニャが、その頃起きたある出来事を境に、記憶にもない自分の母に会いたくなり、
一生懸命に知恵を絞り「そのために先ず何が必要なのか」数々の障害もあるものの
一番に必要な勇気は持っている。
そして始まる"追跡"を逃れながらの冒険の旅!

執拗に追ってくる"マダム"と、その運転手。
これが怖いのです~。黒い車体が視界に入るだけでドキドキ
僅か6歳の少年が、ひと目だけでも母に会いたい一念で数々の危機にも臆せず、
温かな見知らぬひとの援けを受けながら、ただひたすらその道を進みます。

先ず、自分の名前は誰が付けたのか?
母は自分の子が"ワーニャ"であると知っているのか?
訪ねる母の名前は何というのか?に始まる孤児の事情など、
舞台となるロシアの社会における貧しい孤児たちは、度々テレビなどで取り上げられ、
過酷な環境でも逞しく生きていく子供たちは目にしているけど、
重いばかりではない、ワーニャの物語。
どんな人の中にも流れている温かなものも描かれていて、そのラストもいい

この作品に登場するほとんどの孤児は素人で、みんな孤児院の子供だそうです。
だから、なのか、
養子に選ばれなかった子供たちの瞳に宿る悲しみや羨望が、とてもリアルでした。
コメント   トラックバック (10)

おかげさまで・・・

2009-10-22 21:45:02 | Weblog
                      Imaga by La Moon:http://www.d3d.co.jp/~akop/index.html
ブログを始めて満3年となりました....
いつもこんな拙いブログに目を止めて読んでくださる皆さまに感謝しています。
本当に有難うございます。

今年は夏前から結構忙しく、
劇場鑑賞は激減。
なので自然、更新頻度も比例して激減。。。
それでも、見捨てずに更新がない日でも沢山の方がページを開いて下さっていて、
なんだかとても励みになりました。

草稿中の記事も次第に増えてきてはいますが、
本日までの記事数は全819件(草稿中多数含む
今年に入ってリセットし、カウントを始めたトータル訪問者数(IP)131247IP
同じく1月からのトータル閲覧数(PV)375767PVとなっていまいた。
みなさんの貴重なお時間を使って見て下さった事に感謝でいっぱいです!
ありがとうございます

忙しいときにはTBのみで失礼していますが、
基本、異なる感想の記事にも送らせていただいていますので、そこのところよろしくお願いします。

             

これからも恭子ちゃん情報をなるべく沢山お伝えしていきたいと思っています
私の漏れている情報などありましたら教えていただけると嬉しいです。
恭子ちゃんの益々の活躍を願って、
これからも宜しくお願いします

訂正ひろちゃんのコメントで、ざっとカテゴリーをみてヘンだということに気づきました
全5598件はコメントの総数でした
訂正しておきました~。

         
コメント (29)

2度目のネイルクイーン♪

2009-10-21 20:55:41 | Heart pink
恭子ちゃんが二度目のネイルクイーン(女優部門)に選ばれましたこちら

一度目の受賞の時は荊の国の王女さまでした♪
上の画像はその時のもの
授賞式・・・またしても平日、、、しかも月末
これも、抽選ですが、断念しました.......

恭子ちゃんのネイルを担当していて、お友達でもある若林さんのブログにて
過去の恭子ちゃんのネイルがみれます
「ar」10月号撮影時のネイル
ドラマ「華麗なるスパイ」の時のネイル
NHK「スタジオパーク」出演時のネイル
日テレ電波ジャック♪の時のネイル
「いぬ会社」取材時のは、超☆超~可愛いです
「プレイボーイ」3パターン
「JJ」2パターンも超~可愛いです

 どれも若林さんの作品
コメント (2)   トラックバック (1)

魔術師 MERLIN

2009-10-21 00:48:23 | TV dorama
「アーサー王伝説」に登場する偉大な魔術師「マーリン」の青年時代を描いた歴史ファンタジー。

(BS2 10月19日(月) 午後8時00分~8時45分 放送『魔術師MERLIN(マーリン)』
(再放送:BS2 10月20日(火)午後11時15分~翌午前0時00分 放送)
第3話「ニムエの徴(しるし)」
キャメロットで不治の伝染病が発生する。ガイアスはマーリンに手伝わせて死体を調べるが、原因は自然な病気ではなく強力な悪い魔法だと突き止める。報告を受けたウーサー王は、伝染病を引き起こした魔法使いを探し出すようアーサーに命じる。
マーリンは自分の魔法で病気を治せると言うが、ガイアスは王が魔法使い探しに躍起になっているのに危険だと止める。そんななか、マーリンと仲がよいグウェンの父が伝染病にかかってしまう。

接触感染でもなく、空気感染でもない。
下町から発生した死病は、どうやら水によって広まっているらしいところまで解ったが、
有効な薬はまだ出来ず死者は膨らんでいく。
一人でも魔法で助けたいマーリンは、魔法薬をグウェンの父親の枕元にしのばせ助けるが、
却ってグウェンの窮地を作ってしまい、彼女は魔法使いと決め付けられウーサー王に極刑を言い渡される―。

そんなグウェンを救おうと、モルガーナ姫は「あかぎれだらけの手をしているグウェンは魔法使いではありえない」と王に進言。アーサーも「王は魔法のことになると人格が変わる」と庇い、
遂にはマーリンは自分こそが魔法使いだと名乗り出て、それをアーサーが庇う、という具合に、今回この4人にお互いを認め合う兆しがみえたのが微笑ましく描かれる。



邪悪な魔法の化身をどうしたら退治できるのか?洞窟のドラゴンに尋ねるマーリンに
一人では倒せない。「アーサーとマーリンはコインの表と裏」と―。

単純でアツく、ちょっと軽めなマーリン(笑)今回は傲慢さも少し軽くなったアーサーがカッコよかった

さて来週は王のトラウマとなっているニムエの徴?と、黒魔術使いに目をつけられたマーリンを、
アーサー王子がどうやって救うのか楽しみです
コメント

クヒオ大佐

2009-10-19 23:32:50 | the cinema (カ行)
嘘のない恋愛なんて、
退屈でしょう?

製作年度 2009年
上映時間 112分
原作 吉田和正 結婚詐欺師クヒオ大佐』(新風舎文庫刊)
監督 吉田大八
出演 堺雅人/松雪泰子/満島ひかり/中村優子/新井浩文/児嶋一哉/安藤サクラ/内野聖陽

カメハメハ大王の末裔のアメリカ人パイロット“ジョナサン・エリザベス・クヒオ大佐”と名乗り、何人もの女性を騙し続けた実在の結婚詐欺師,吉田和正原作の「結婚詐欺師 クヒオ大佐」を映画化した、型破りな人間ドラマ
1990年代初頭、クヒオ(堺雅人)は、自分はアメリカ軍特殊部隊のパイロットで、エリザベス女王とも血縁関係にあたるなどと吹聴し、次々と女性たちをだましていた。だが、実際彼は純粋な日本人で、華麗な経歴もすべて自ら作り出したものだった。弁当店を営むしのぶ(松雪泰子)も彼の立派な軍服姿にころりとだまされ、懸命にクヒオに尽くすが……。

これ、当時のニュース、話題になりましたよね~。
おぼろげながら覚えています。「え~、なんでぇ?こんな男にぃ~」でした(笑)
それに比べたら堺さんのクヒオ大佐なんて、カッコよずぎるんじゃないの~と、心配しましたが、
そんな心配は無用ノ介でしたぁ~(爆)

いちいちワザとらしい登場の仕方。
日本語上手すぎるガイジン(???)
大佐なのに車も鞄持ちもいない任務ばっか。気づけよ~~

実際のクヒオに比べると、騙しの手口は似ていても、
被害額にとんでもない差!
その小粒っぷりが、この作品のキャラを楽しいものにしてました~

足代わり、お財布代わりに使われていた第一のターゲット、弁当屋の女社長・しのぶからはある程度貢がせていたようだけど、
博物館学芸員の浅岡春などはまだ若いし、それほど結婚願望が強いとは思えず
銀座のホステス須藤未知子に目をつけた時も、実は違う女性を狙っていたのを急遽乗り換えた感があり、
どうにも凄腕の結婚詐欺師に見えない

それどころか、なんだかしのぶの弟(新井浩文)じゃないけど、ダメだしすらしたくなる
だって、、エーゴ出来なくちゃダメじゃん

しのぶの弟の出現で、かなり面白くなります
度々窮地に陥る場面での堺クヒオの瞬きの早さが笑えます
あんぐりお口も閉じてあげたい(爆)
ふてぶてしさより、ナルちゃんっぽくて、だからターゲットの選び方もダメなんだと思うと、
憎めないのよね~。

あのコスプレも、口からでまかせの嘘も、実は彼の願望そのものだったのかと思える。
彼は女性に夢を与えているようで、実は自分がその夢の中の住人だったのだろうという気がする。
心地よい嘘の世界・・・。その嘘は実は誰にとって一番素敵だったのか。
楽なばかりの仕事などない。
事実と大きく違う本作のクヒオは、そう云っているのだろうか。
悪人らしくないダサい詐欺師、堺さん、はまり役
コメント (10)   トラックバック (28)

「ウルルの森の物語」試写会~♪

2009-10-17 23:55:16 | Heart pink
映画「ウルルの森の物語」完成披露試写会ですって♪
舞台挨拶付き試写会・応募はこちらから

こんどこそ、当りたいなぁ~
映画の試写会って、当ったことがないんです。
最新の恭子ちゃんに会えるチャンス、だから映画のお仕事って嬉しい
コメント

ちょっとお休みします。

2009-10-14 23:49:29 | Weblog
急な用事で出かけることになり、
3日ほどですが留守をします。
コメント、TBのお返しが遅くなると思いますが、宜しくお願いします

あれほどマスコミで連日報道があった新型インフルは、
今ではタレントがかからないとニュースにもなりませんが、
凄く身近にきています。
私もこんな時に遠出をするのは不安ですが、気をつけて「行って帰ります」(笑)

みなさまもどうぞ気をつけてお過ごしください
 「クヒオ大佐」本日見てきましたが、感想は帰ってきてからになります。
コメント (8)

ガタカ

2009-10-14 23:22:20 | the cinema (カ行)
残酷なまでに美しい未来…愛だけでは君に届かない
原題 GATTACA
製作年度 1997年
上映時間 106分
監督・脚本 アンドリュー・ニコル
音楽 マイケル・ナイマン
出演 イーサン・ホーク/ユマ・サーマン/アラン・アーキン/ジュード・ロウ/ローレン・ディーン/ゴア・ヴィダル/アーネスト・ボーグナイン/ザンダー・バークレイ/イライアス・コティーズ

遺伝子操作により管理された近未来。宇宙飛行士を夢見る青年ビンセントは、劣性の遺伝子のため希望の無い生活を送っていた。そんなある日、ビンセントは闇業者の手配により、事故により身障者となった優秀な遺伝子をもつ元エリート、ジェロームに成りすます偽装の契約を結ぶ。そうして、ジェロームの遺伝子を借りてエリートとなったビンセントは、宇宙飛行施設“ガタカ”に潜り込む。が、そんな中、彼の正体に疑いを持っていた上司の殺人事件が起こり……。(allcinema ONLINE)

遺伝子工学が発展した近未来―。
無邪気な若い夫婦が、出産の場合の選択をする。
この時代の妊婦は胎児の間に劣勢の遺伝子を排除することが出来る上、既往症予測、果ては寿命までが判るシステム。
「なにを思ったのか両親は・・」というビンセントの長いナレーション。
彼の不運の人生は、両親が遺伝子操作を望まず、自然なままで出産という出生時に既に決定していた。
遺伝子操作をされたエリート集団の中には入れない。一生下層階級としてしか道はない。

無邪気な両親はビンセントの「遊び相手に」という軽い気持ちで、
だが今回は医師のススメを受けマイナスの遺伝子は全て取り払った、優秀で健康な遺伝子をもつ弟アントンを儲ける。
心臓の持病を持つビンセントの、何をしても決して勝てない相手が弟だった。

ある日兄弟の肝試し遠泳で、いつものように沖に向かっていたビンセントの前に弟は居ない・・。初めての勝利。
劣勢の遺伝子をもつ「神の子」の彼には叶えられない宇宙飛行士の夢。。。彼は希望のない家を出る―。
DNAで全ては管理されているのだけれど....。

コチラも派手さはないけど、サスペンスフルで、
じんわりとした恐怖、じんわりとした怒り、
押し寄せる悲しみに心を締め付けられます。

ビンセントの孤独と絶望。
ジェローム・ユージーン・モロー(ジュード・ロウ)の厭世観と閉塞感。
アントンを覆う寂寥感。

寿命までが判っていて、どこに身体的弱点があるのかも瞬時に当局に判る社会で、
それでも夢を持ち続ける、現代の私たちと同じ「神の子」ビンセント。
安易に髪を掻くことも出来ないし、紙コップも捨てられない。
この社会は緊張感に満ちていて、
かすかな笑みはあっても笑い声のない世界。たとえ恋をしても―。
愛の前に、必要なものが欲しかった彼――

静かに忍び寄る恐怖に息苦しくなりながら、
なぜかビンセントを逃がしたい・・・。この世界から。この地球から...。
DNAに苦しむ二人の男が悲しい。けど、好きな作品でした・・・
コメント (8)   トラックバック (6)

魔術師 MERLIN

2009-10-13 20:56:56 | TV dorama
「アーサー王伝説」に登場する偉大な魔術師「マーリン」の青年時代を描いた歴史ファンタジー。

(BS2 10月12日(月) 午後8時00分~8時45分 放送『魔術師MERLIN(マーリン)』
(再放送:BS2 10月13日(火)午後11時15分~翌午前0時00分 放送)
第2話「勇気ある者」
キャメロットで毎年恒例の武術大会が開催される。前年の優勝者はアーサーだ。アーサーの従者になったばかりのマーリンはこき使われてヘトヘトだった。
いよいよ大会が始まり、アーサーや全国から集まった騎士たちが順に勝ち抜いていく。だが、そのなかで見事な戦いぶりをみせる騎士ヴァリアントは人知れぬよう魔法の盾を持ってきていた。それは盾に描かれた毒蛇が動き出し相手を倒す恐ろしいものだった…。

大会を前に、従者として防具の取り扱いから、稽古までアーサーに仕込まれるマーリン。
このシーンの背景は古城をバックに、なかなか素敵。ちょっとレオの「仮面の男」を思い出すけど、
そこはテレビドラマ、あれほど本格的でないのが残念。

大会初日で、早くもヴァリアントは魔法の楯の毒蛇で、相手の騎士は重体に。
宮廷医のガイアスは彼の首に蛇の牙の痕を見つけいぶかしむが、偶然防具を取りに行ったマーリンは、ヴァリアントが蛇に餌を与えるところを観ていて、
ガイアスとともに血清を作る。

順調に勝ち進むアーサーとヴァリアント。
このままではアーサーが魔法の楯の餌食になると心配したマーリンは、証拠の一匹の毒蛇の頭を持ってアーサーのところに行くが・・・

今回、少し信頼関係が持てたと思ったら、返ってアーサーに恥をかかせる結果になり、
自信を失うマーリンは、再び地下のドラゴンに会いに行く。
ドラゴンの答えに悪態をつきながらも、やがて自分なりの考えで人知れず魔法を駆使し、アーサーを救う方法を見つけ出す。
ちょっと進歩のマーリンと、
意地を張りながらも惹かれあうアーサーと、その機転でアーサーの危機を救うモルガーナ姫もちょっと前進かな(笑)

それにしてもこのキャメロットの王・ウーサーは単純でどうしようもない。
さて、このキャメロン王国の未熟な全ての人々が、
どのようにマーリンと関わり、成長していくのか。楽しみです♪
――来週は新たな魔法使いがキャメロンの市民を襲う?
予告はコチラで
コメント