to Heart

~その時がくるまでのひとりごと

恭子ちゃん雑誌情報♪

2015-06-30 23:40:49 | Heart pink


6月29日(月)『週刊プレイボーイ』(集英社)
6月29日(月)『an』(インテリジェンス)
7月5日(日)『Down to earth another』(ワニブックス)
7月7日(火)『シュシュアリス』(KADOKAWA)
7月7日(火)『steady.』8月号(宝島社)
7月10日(金)『美人百花』8月号(角川春樹事務所)
7月16日(木)『FYTTE』9月号(学研パブリッシング)
7月23日(木)『VOCE』9月号(講談社)
7月23日(木)『MAQUIA』9月号(集英社)
7月28日(火)『MORE』9月号(集英社)

いつも恭子ちゃんのオフィシャルサイトは覗いてるのに、
覗かなかった時に限ってギリギリの告知があったりで、、
"ノンストップ"録画しないまま出勤。。。超~悔しいけど、
大まかな内容は、先ほどアップした記事のに跳んで行ってご覧ください。

『100万回生きたねこ』のチラシに
  君と出会うため、 
     生きてきた。
とあるように、
100万回の生と死の果てに、主人公の「ねこ」がみつけたもの、、
その、生と死の意味によせた恭子ちゃんの、今の正直なキモチでしょうね・・・↓

結婚観について聞かれると、「うーん……」と
「いずれこのような"本当の愛"というものに巡り合えたらとは思いますが、今のところはまだ近い未来としては考えてないです」と。
「全く考えてないというわけではないです。今の時点ではということです」と結婚願望はあることを明かした。

また、10年後の40代になった自分については、「自分が幸せと思える状況だったらどんな形でも構わないです」と多くを望まず。
「女優を続けているのかいないのか、結婚しているのかしていないのか、子どもがいるのかいないのかとか。具体的な構想や希望はないんですけど、ただ自分がその時幸せであればいいなと思います」と思いを馳せていた。
コメント (2)

深田恭子主演ミュージカル『100万回生きたねこ』製作発表動画♪

2015-06-30 22:34:28 | Heart pink

9月の金沢公演!
くやしいコトに、平日2日間なのよねぇ・・・
でも、なんか諦めきれない(笑)行きたいなあ~、金沢
コメント

ミュージカル《100万回生きたねこ》製作発表会♪

2015-06-29 21:54:02 | Heart pink

今月の初めだったか....この制作発表会のお知らせがあった時、
既に東京公演のチケット、4枚ゲットしていたこともありましたが、何より
4月に転職したばかりで休みが取り辛く、、申込みしませんでしたが、、、
恭子ちゃん、卓上ピアノで歌ったんですねぇ・・・う~~ん、観たかったです~
なんだか、堂本兄弟の韓国ロケを想い出しちゃった♪あの時はピアニカだったけど


コメント

ストレイヤーズ・クロニクル

2015-06-28 21:56:38 | the cinema (サ行)

望まぬ“能力”と限られた“命”。
それでも僕らは、生き抜くんだ。


上映時間 126分
原作 本多孝好
脚本 喜安浩平/瀬々敬久
監督 瀬々敬久
出演 岡田将生/染谷将太/成海璃子/白石隼也/清水尋也/柳俊太郎/鈴木伸之/瀬戸利樹/豊原功補/石橋蓮司/伊原剛志

1990年代初頭、極秘実験によって人間の能力を限界まで発達させた子供たち、動物や昆虫の能力を備えた子供たちが生み出される。それから20年後、実験で視覚、視神経、脳伝達速度が発達し異能力者となった昴とその仲間たちは、特殊能力を得た代わりに精神が崩壊する危険性も抱えることに。そして、その解決の鍵を握る外務副大臣・渡瀬のもとで、公にできないさまざまなミッションを遂行していた。そんな中、同じ異能力者である学が率いる暗殺者集団アゲハが渡瀬をターゲットに定めていて……。

原作小説は知らないけど、好きな設定だったし、キャストもいい。
期待して初日に行きましたが、、ちょっと食い足りなさが残る作品だったかな~。


子供たち、それぞれの超能力については説明がなくても許せる範囲の描き方だけど、
かれらの生まれた背景。極秘機関による実験の必要性が説得力がないのと、
その黒幕ともいえる渡瀬、大曽根らの目的も薄い描き方、なのが致命的。
その、敵がぼやけているから
昂たちの行動にいまいち感情移入ができない。
ただ、、
一箇所だけ込み上げたシーンはあったけど、
面白い設定に、若手のキャラが嵌っていただけになんとも勿体ない。

岡田クンは、「ST~」や「しゅららぼん」のイジられキャラとは全く違う、
久々のクールなキャラでカッコよかった

それにしても、チームアゲハの学@染谷くんが車椅子っていうのは、、
アレかなあ~、プロフェッサー意識??

出演シーンは少なかったけど、
セキュリティー会社の青年として登場した忍成修吾くん、
碧の部屋の隣人、本郷奏多クンも持ち味が出ていてよかった

で、
ゲスの極み乙女。の歌う ロマンスがありあまる
どこか食い足りなさの残る作品の補足をしてくれたのは意外だった
   死に物狂いで 生き急いでんだ~…
コメント (2)   トラックバック (11)

シュシュアリスの恭子ちゃん♪

2015-06-27 23:00:50 | Heart pink



  

恭子ちゃんの共演者の作品が続きます。
『しゅららぼん』の岡田将生クンの「ストレイヤーズ・クロニクル」観てきました♪
伊原さん、忍成くんの「幸せになりたい」コンビ(?)も序盤に出てきて
恭子ちゃんファンとしてはキブンがあがった~♪
感想は明日にでも
で、
今日の午後に予定してたケンイチくんの『天の茶助』は、明日鑑賞に変更~。
ケンイチくん、伊勢谷さん、SABU監督の初日舞台挨拶の様子はコチラで。
コメント (4)

DOWN TO EARTH ANOTHER

2015-06-24 23:12:26 | Heart pink


DOWN TO EARTH ANOTHER
7月5日発売 予約受付中♪



未公開カットのみの再編集写真集だからなのか、
ほぼ宣伝活動なし。
でも、タレント写真集上位キープちゅう

深田恭子 写真集 『 Down to earth another 』(仮) Amazon,


恭子ちゃんって、夏が似合う♪海が似合う~~


1年前の今日は・・・
超高速!参勤交代
このミッション、インポッシブル(不可能)です!製作年度 2014年上映時間 119分原作:脚本 土橋章宏監督 本木克英音楽 周防義和主題歌 塩ノ谷早耶香『Like ...


コメント

疲れたら・・・・S.O.S

2015-06-21 23:22:52 | Weblog


先日ドラマ好きの友人とお茶してた時、ABBAの『チキチータ』が耳に飛び込んできて
無性に『ストロベリー・オンザ・ショートケーキ』が観たくなり、
この休みで一気に鑑賞♪

序盤はともかく、タッキーと恭子ちゃんが可愛い♪
ヘタレなまなとを時に姉のように叱咤し、
時に小悪魔な妹のように甘える唯ちゃんが可愛いんです




でも、、、
すぐにまなとがとっても切なくなるんだけど、
ふたりのシーン、会話が凄くカワイイ


たとえば、この↑のシーン。
「家庭科の味がする」発言の後、まなとは唯に訊いちゃうのよね~
チェ○○な男子を女のコはどう思うか?って

このドラマで、
恭子ちゃん(唯は)は、最初っからまなとの天使です。

そしてこれは、まなとの成長の物語です

いかがですか?
また観てみたくなりません?
コメント (2)

『セカンド・ラブ』DVD&Blu-rayが凄いよ♪

2015-06-19 22:21:03 | Heart pink


クランクイン&クランクアップの模様
慶と結唯の名シーンの舞台裏!!!
亀梨サンが挑戦したダンス&ドイツ語の練習風景
撮りおろしのキャストインタビュー
制作発表記者会見のダイジェスト映像
プラス!
印象的な写真を収めたブックレットも同封されるとか

詳細はコチラ♪

亀梨和也のせりふに“胸キュン者”が続出 「セカンド・ラブ」豪華特典映像収録のDVDが発売

亀梨和也の“命令口調”に胸キュン必至! 「セカンド・ラブ」80分超え特典映像を収録

去年は映画が続いたんだよね~・・・★
「超高速!参勤交代」 関連~♪
【インタビュー】佐々木蔵之介×深田恭子 ついていきたい“殿”の背中 『超高速!参勤交代』伊原剛志さんと恭子ちゃん♪蔵さまのご実家の蔵にご招待されたのね~お酒の呑み比べもでき...

もう、明後日だよ「超高速!参勤交代」♪
 佐々木蔵之介&深田恭子は相思相愛!「会った瞬間にときめいた」 深田恭子、佐々木蔵之介の殿に「私自身、キュンキュンしてました」 縄に縛られた姿が妙に艶っぽい!?深田恭子のはん...
コメント

雑誌情報♪

2015-06-19 00:15:38 | Heart pink

「ジョーカー・ゲーム」で、カトウ@亀梨くんがリンの髪に挿してあげたのもこの花
プルメリアだったなあ~

『100万回生きたねこ』公式Twitterさんにも、そろそろばんばんツイートして欲しいなあ~
もう本番まで2か月を切ったわけだしね

6月23日(火) 『GINGER』8月号(幻冬舎)
7月7日(火) 『シュシュアリス』(KADOKAWA)



 


 


 
コメント

ジョーカー・ゲームから、2

2015-06-13 22:19:16 | Heart pink



亀梨和也、深田恭子のラブシーンは「ムードはゼロ…」『ジョーカー・ゲーム』撮影秘話
舞台挨拶の時に、亀梨くんがバラした例の牛待ちのシーンですね(笑)
亀梨ファンの悲鳴にツッコむ男子、伊勢谷さんがナイスでした♪







恭子ちゃんがミュージカルに挑戦というコトは、私的にもかなり影響がありました。
実のところ、私の職場環境が大きく変わると言う事を受けて、長年勤めた会社を辞めようと
年も年だし、もう仕事はいいかなあ・・~と迷っていた時期だったのですが、なんと、
新しい会社で全く新しい仕事に就きました。このトシで....自分でもびっくり(笑)
なので、
最近の恭子ちゃんのコメントが、いちいち共感できる環境なのです。
「教わることが楽しい」新しいことって、本当に毎日発見があって、
それを覚えていく自分が嬉しいのよね。。。

「ジョーカー・ゲーム」「セカンド・ラブ」「フレンズ」のブルーレイ発売、
8月の「百万回生きたねこ」公演、
ちゃんと楽しみもあるし、お仕事も頑張れる
恭子ちゃんのおかげかな
コメント (4)

日清紡ホールディングス Web限定動画「第3回 日清紡クイズ王決定戦」篇

2015-06-11 00:07:24 | Heart pink


『InRed』7月号の恭子ちゃん♪
“不安やプレッシャーを
自分への厳しさに変えて挑んでいきたい”
短いけど、本当に真っ新な本に、これからの恭子ちゃんの物語が描かれていくような....
そんな凛として清々しい恭子ちゃんの心意気を感じるコメントです


日清紡ホールディングス Web限定動画「第3回 日清紡クイズ王決定戦」篇


今回も可愛くツッコんでますよぉ~
Web限定だなんて、勿体ない
コメント (6)

100万回生きたねこ関連情報~♪

2015-06-09 23:34:26 | Heart pink




コメント (2)

予告犯

2015-06-09 23:15:09 | the cinema (マ・ヤ行)

上映時間 119分
原作 筒井哲也『予告犯』(集英社YJCジャンプ改)
脚本 林民夫
監督 中村義洋
出演 生田斗真/戸田恵梨香/鈴木亮平/濱田岳/荒川良々/宅間孝行/窪田正孝/福山康平/田中圭/滝藤賢一/本田博太郎/小日向文世

ある日、新聞紙を被った男がネット上で、集団食中毒を起こした食品加工会社に対する制裁を予告する。翌日、確かにそれは実行された。その後も、法律では裁かれない不正義に対する制裁の予告とその実行が繰り返され、マスコミも巻き込んで社会現象化していく。ネット犯罪を取り締まる警視庁サイバー犯罪対策課の吉野絵里香は、通称“シンブンシ”と呼ばれるこの予告犯を追い詰めるべく懸命の捜査を続ける。そしてシンブンシが単独犯ではなく、複数犯であることを突き止める絵里香だったが…。

法では裁けぬ悪や罪をネット上で暴露し、その対象への制裁を予告しては実行する
謎の予告犯シンブンシとエリート捜査官の攻防―
原作を全く知らない友人と観てきましたが、
予告の不気味さとは裏腹な、中村監督らしい眼差しを感じる作品でした。

IT企業で陰湿ないじめに遭い体調を壊した奥田宏明は、その時の入院という空白の期間を理由に
なかなか再就職が出来ずに所持金も無くなったそんな時、カンサイに声を掛けられて
痛みを知る仲間と出会う―…


食い物の扱いを知らないやつらに火を通す!
度を越したイタズラ動画をアップした飲食店店員にはどんな制裁を加えるのか、
強姦事件の被害者に対して自業自得とつぶやいた男子大学生には?
入社希望の男性の面接の公開生放送で揶揄した面接官には?!

何れもこの数年、ケイタイの普及によって身近になったSNSの引き起こした
現実にも繰り返された社会問題だけど、
その動画サイトを利用して″シンブンシ″たちは予告し、
制裁を加え、足跡を残す。。。
誰でも簡単に動画が投稿でき、それを安易に拡散できる現状。
悪意のある記事や動画を面白がり嘲笑うひとは、自身に悪の根が張っている人。
同じ理由から、
虐げられた人に共感し、味方になりたいと動く人は、、痛みを知る、、そんな人――

派遣斬り産業廃棄物SNS模倣犯、、、最近の社会現象を反映しています…が、

「勘違いするなよ、これは・・・」という、予告のシンブンシの台詞が気になってました。

果たして彼らはネットで神様キブンに浸りたかったのか?
本当に拾いたかった"声″とは?

アヒルと鴨~」「ゴールデンスランバー」「フィッシュストーリー」とともに、
原作者、舞台背景などは違っても、同じ中村監督の社会に対する目線と、
弱者の中にある小さな消せない善意、優しい正義を感じる作品でした
コメント (6)   トラックバック (24)

エレファント・ソング

2015-06-07 13:24:45 | the cinema (ア行)

上映時間 100分
製作国 カナダ
原作戯曲 ニコラ・ビヨン
脚本 ニコラ・ビヨン
監督 シャルル・ビナメ
出演 ブルース・グリーンウッド/グザヴィエ・ドラン/キャリー=アン・モス/ギィ・ナドン/コルム・フィオール/キャサリン・キーナー

精神病棟を舞台に、問題児の青年患者と彼から担当医失踪の真相を聞き出そうとする院長が繰り広げる緊迫の心理劇をスリリングに描く。
ある日、精神病院で一人の医師が失踪する。事情を知っているのは彼の患者で病院で一番の問題児であるマイケルだけ。院長のグリーンは、自らマイケルに質問して真相を聞き出そうと試みる。そんなグリーンに対し、マイケルをよく知る看護師長のピーターソンは、作り話が得意な彼に注意するよう警告するが…。

難しそうな心理劇か?という先入観があったのも事実だけど、
う~・・ん、なんだろう、、、想像の域を出てないというか、
終わってみれば「やっぱりね、」と、「そんなぁ~」という思いだけが残ってしまった。

グザヴィエ・ドラン前面に出した宣伝だったけど
ブルースとグザヴィエ、W主演だったのね~。

自信家の院長vs愛を知らずに育った問題児の患者
ほぼこの二人の会話で進行するので、中盤までに2度ほど意識がとびました
ちょっとグリーン周辺に挿入される人物や娘のエピなど、私的には必要だったのか?
彼のキャラクターを強調させる為と解っていても、正直疑問でしたが。。。


キーワードは解り易い。
自信家で性急で高圧的な院長のグリーンに真実を話す代わりにマイケルの出した条件。
  僕のカルテを読まないこと
  ご褒美にチョコレートをくれること
  看護師長(ピーターソン)をこの件から外すこと



カウンセリングの基本というだけでなく、
普通にコミュニケーションをとる場合でも、大切なのは「相手を識ること」
だけどその前にもっと重要な、自分を識ること…―

遣る瀬無い物語ですが最後は、グリーンとマイケル、
マイケルとピーターソン、そしてグリーンとピーターソンの、
哀しくも優しい3つの構図がみえてきて、不思議な余韻があります。

コメント   トラックバック (3)

アカデミーナイトQ

2015-06-03 22:55:40 | Heart pink

映画「ジョーカー・ゲーム」ドラマ「セカンド・ラブ」が相次いで終わり、、
この2か月はガマンの子だったから(笑)
昨夜のアカデミーナイトQの恭子ちゃんはなんか超~懐かしかった

イヌ派?ネコ派?と訊かれて、上手いこと言ってました

飼いたいのは いぬ
なりたいのは ねこ




可愛らしいねこグッズが紹介されていましたが、
どれもユーモラスで、癒される~
欲しくなりました♪


  
今夜は、「サイレント・プア」最終回・・・
先週は、東日本大震災で自主避難してきた一組の夫婦のSOS...各自治体での避難家族に対する支援の在り方も気になる回でしたが、この「自主避難」家族の運命を握っているのは、避難し...

コメント