to Heart

~その時がくるまでのひとりごと

雑誌情報と~♪

2015-11-28 21:10:06 | Heart pink


恭子ちゃんの公式の雑誌掲載情報が更新されていました。

12月12日(土)『美人百花』2016年1月号(角川春樹事務所)
12月12日(土)『BAILA』2016年1月号(集英社)
12月20日(日)『月刊カメラマン』2016年1月号(モーターマガジン社)
12月23日(水)『MAQUIA』2016年2月号(集英社)
12月26日(土)『MORE』2016年2月号(集英社)

それと、コチラも要チェック

11/29(日)18:24~18:30 【BSジャパン】
 映画『超高速!参勤交代リターンズ(2016年公開)』おすすめ
 リターンズの特報映像でも流れるのでしょうか~?!

12/05(土)21:00~23:00 【WOWOWシネマ】
 ジョーカー・ゲーム亀梨和也、伊勢谷友介、深田恭子、小澤征悦、小出恵介
 昭和の匂い漂う日本発スパイムービー♪沢山の方に観て戴きたいなあ~



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カレンダー~♪

2015-11-26 21:29:43 | Heart pink


深田恭子 2016年 カレンダー クリックでAmazonページ
      

ちょっと油断してたら、カレンダーの画像公開されてました

ナチュラル恭子ちゃん
セカラブの時より、前髪がのびて、分け目もちょっとセンター寄り。
今はもう前髪切ってるから、ホント、結唯ちゃんヘア~でドラマに引き戻されるぅ~
12・9、もう直ぐですね~。楽しみです!!
毎年言ってる気もするけど、、卓上も欲しいなあ・・・・
    
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Re:LIFE~リライフ~

2015-11-25 22:54:13 | the cinema (ラ・ワ行)

上映時間 107分
脚本:監督 マーク・ローレンス
出演 ヒュー・グラント/マリサ・トメイ/J・K・シモンズ/ベラ・ヒースコート/クリス・エリオット/アリソン・ジャネイ/アンドリュー・キーナン=ボルジャー/スティーヴン・カプラン

ラブソングができるまで』のヒュー・グラントとマーク・ローレンス監督が4度目のタッグを組んだ人間ドラマ。
かつてアカデミー賞を受賞するも、15年間鳴かず飛ばず状態の脚本家キースは、破産寸前で妻子にも逃げられる始末。人生どん底の彼は郊外の大学でシナリオコースの講師を引き受けるが、乗り気でなく不真面目に振る舞う。しかし、子育てしながら復学したホリーをはじめ真剣な生徒たちの情熱に接するうちに、鬱屈(うっくつ)したキースの心に変化が生じ……。

生徒を絞るはずのテストには目もくれず、キースが顔で選んだ受講生たち。
もちろん女性は美人で、男子はイケメンを外す
しかし、美人でも個性の強い若者ばかりだが、この中に金の卵がーーーっ!
で?どうする?!
乗っかって再浮上するのか?
脚本家を諦めてプロデュースするのか?それとも??

以下↓ちょっとネタバレ気味の感想。
  ↓


一旦は成功を収めたものの、ダメな中年の再起モノというと、
最近では「Dearダニー 君へのうた」同じくパチーノの「セント・オブ・ウーマン/夢の香り」も
ちょっと切り口は違うけど、喪失~再起を描いたドラマ。
で、やっぱりヒューさまの本作、もう観る前から「ラブ・アクチュアリー」「世界で一番パパが好き」なんか思い浮かべてた(笑)けど・・・

爽やかインテリ、でも軽い(笑)役が嵌るヒューさまの、イメージがまんま投影されたような
今回のキースでしたが、
最後、あのポイントが大きかったので、ただのラブコメにならなかった。

どっちがセンセイか判らない(笑)ホリー(マリサ・トメイ)の脚本の登場人物の変更
メアリー教授(アリソン・ジャネイ)の分厚い脚本(爆)
スター・ウォーズが好き過ぎるビリーに、ナンとも優しい変更のアドバイスとか、

元海兵隊だが涙もろい学科長(J・K・シモンズ)や人懐っこい隣人(クリス・エリオット)と接しながら
さて、これから、、、
田舎町と田舎の人々もバカにして、ちょっと人生を舐めてたキースの脚本はどう綴られていくのか。

人生後半戦にして道に迷い、気づけば崖っぷち。それでも、人生は続いていくよ(笑)
新しい友人たちと出会い、新しい自分を知る。――
若者と接しながら、実はキース自身、
いつの間にか自分も大人としての自分に目覚める。――優しい映画です
コメント (2)   トラックバック (12)
この記事をはてなブックマークに追加

俺物語!!

2015-11-21 20:38:42 | the cinema (ア行)


上映時間 105分
原作 河原和音(原作):アルコ(作画)
脚本 野木亜紀子
監督 河合勇人
音楽 岩崎太整
主題歌 槇原敬之 『NO.1』
出演 鈴木亮平/永野芽郁/坂口健太郎/森高愛/寺脇康文/鈴木砂羽

人気少女漫画家の河原和音とアルコがコラボし、少女漫画としては異色のイカツイ顔の巨漢男子を主人公に王道ラブ・ストーリーを展開させた同名大ヒット・コミックスを実写映画化。
高校1年生の剛田猛男は、その高校生離れしたルックスでほとんどの女子から恐れられていた。しかし見た目に反して誰よりも純情で、優しく正義感にあふれた男だった。そんな猛男の無二の親友は、隣家に住む幼なじみのイケメン同級生、砂川誠。昔から猛男が好きになった女子は、例外なく砂川が好きだった。そんなある日、街中でチンピラに絡まれていた女子高生・大和凛子を助けた猛男は、一目で恋に落ちてしまう。しかし後日、大和と再会した猛男は、彼女もまた他の女子と同じように砂川が好きなのだと悟ってしまう。激しく落ち込みながらも、大親友の砂川のために2人の仲を取り持とうと健気に奮闘する猛男だったが…。

いかつい顔面と屈強な肉体のせいで、人助けをしても怖がられ~で、
やっぱり変態仮面が過ぎってしまったんですが、
そんな外見だからこそ猛男は、ピュアで、真っ直ぐな高校生に育って行ったのでしょう
ごめんね、変態仮面なんて言って(笑)

そんな豪傑かつ硬派な猛男を、他人にはクールな幼な馴染で無二の親友の砂川は、
世間の誤解から守り(笑)様々に気配りをしますが、

ある日、いつものように2人で下校途中に先日猛男が助けた大和が現れ…
猛男は大好きな二人、砂と大和の為にと、
自分の恋心を抑えて奮闘することになる高1の春~
超~ありふれた青春ラブコメなんだけど、こういうのってキャストが大事~!
はい
みんな嵌っていて、愉しめました


一見、出木杉クンとジャイアンにみえる(爆)ふたりが、姉妹のよう(?)に仲良しで、
かといってベタベタしてるわけでなく、だけど
信頼し合うふたりがしずかちゃん的大和(笑)を、奪い合わないもどかしさ

いつもKAT-TUNの中丸クンに似てるなあ~とちょっと区別がつかない坂口くん、
大和と一緒にいる猛男を見る目が切なくてヤバイよね~
大和の永野芽郁ちゃんも、菊池桃子さんを彷彿させる可愛らしさ
で、鈴木亮平クン♪

セリフは
 「す・・・好きだぁぁぁーーーーーっっ!!」と、
 「す・・・・・きだぁぁぁ~~~~!!」
 「スキ、、、だああああーーーー!!」しかありませんが(←嘘)

大和を可愛いと思うキモチで崩壊してしまう猛男の顔が、素敵でした
「たけおくんはカッコイイヨ」
でも、オトコの友情パートも、凄く好きだぁぁ~~~!

1時間45分、ずっとやさしい顔で観ていられる作品でした~
コメント (2)   トラックバック (20)
この記事をはてなブックマークに追加

きました~☆冬ドラ 恭子ちゃん♪

2015-11-18 21:20:52 | Heart pink


念じていれば、希は叶うモノでしょうか~
冬ドラ&ラブものヤッター~~って感じです
しかも、お相手はアノ、五代さま

100ねこ舞台の時に、金沢公演ではYOU編集部からのお花があり、
大阪公演ではディーン・フジオカさんからのお花をTwittarに載せて下さってたし、
もう、夏には決まっていたんですね~☆

ディーン・フジオカさんは、北川景子ちゃんドラマでも素敵で注目していた方だし、
三浦翔平くんは、もうずっと連ドラ出ずっぱりの人気者。
野波麻帆ちゃんは、高校のセンパイでもありもう何度も共演してファンにはお馴染み。
「そして友だち」「富豪刑事」「未来講師めぐる」「TOKYOエアポート」など。
ミムラさんは、日テレ「今日の日はさようなら」で共演してますが、絡みは無かったので
今回は初共演みたいなものかしら。楽しみです~♪


NHKから民放各局、昔から恭子ちゃんは特定の局に偏らず、
いろんな局でドラマをやってきましたが、そろそろ日テレかな~?の予想は外れましたが
またもドラマ激戦の火曜10時枠!
でも、これ、脚本の方「下流の宴」にもかかわった方。面白くなりそう

「ダメな私に恋してください」
2016年1月12日(火)22時よりTBSなんですね~
まずは番宣がいつからなのか?要チェックです~~

1年前の記事・・・
今夜は火・10 の恭子ちゃん~♪
素早い洞察、判断で、しれっと麗を援けてくれる凛香さんや大きな心と温かな眼差しの忠守所長に支えられて、とにもかくにも、再び法廷に立つことが出来た麗。自分だけでなく、自分の無...
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

今週の恭子ちゃん・・・

2015-11-15 23:18:03 | Weblog


来週16日からは、
変身することで、夫の影から、夫を守る妻に成長していく芹菜が帰ってきますヨ

11/16(月)4:00~5:05 【TBSチャンネル2】
 専業主婦探偵~私はシャドウ #1 ◆主演:深田恭子
11/16(月)5:05~6:00 【TBSチャンネル2】
 専業主婦探偵~私はシャドウ #2
11/17(火)4:00~4:50 【TBSチャンネル2】
 専業主婦探偵~私はシャドウ #3
11/17(火)4:50~5:40 【TBSチャンネル2】
 専業主婦探偵~私はシャドウ #4
11/19(木)4:00~4:50 【TBSチャンネル2】
 専業主婦探偵~私はシャドウ #5
11/19(木)4:50~5:40 【TBSチャンネル2】
 専業主婦探偵~私はシャドウ #6


11/16(月)14:45~16:50 【WOWOWプライム】
 「超高速!参勤交代」
 佐々木蔵之介、深田恭子、伊原剛志、寺脇康文、上地雄輔、知念侑李、西村雅彦

11/16(月)16:20~18:20 【映画・chNECO】
 危険なカンケイ◆主演:深田恭子

11/18(水)9:40~12:00 【映画・chNECO】
 ワイルド7(劇場版)◆出演:瑛太 椎名桔平 丸山隆平(関ジャニ∞)深田恭子 中井貴一
コメント (16)
この記事をはてなブックマークに追加

グラスホッパー

2015-11-15 22:55:14 | the cinema (カ行)

上映時間 119分 映倫 PG12
原作 伊坂幸太郎
脚本 青島武
監督 瀧本智行
音楽 稲本響
出演 生田斗真/浅野忠信/麻生久美子/山田涼介/波瑠/菜々緒/佐津川愛美/金児憲史/山崎ハコ/村上淳/宇崎竜童/吉岡秀隆/石橋蓮司
ハロウィンの夜。渋谷のスクランブル交差点に一台の暴走車が突っ込み、次々と人をはねとばす。犠牲者の中には心優しい中学教師・鈴木の婚約者も含まれていた。悲しみに暮れる鈴木は、何者かから“本当の犯人は別にいる”とのメッセージを受け取り、その指示に従ってフロイラインという会社に潜入、裏社会に君臨する会長の寺原と二代目の寺原Jr.をマークする。そんな矢先、彼の目の前で、寺原Jr.が“押し屋”と呼ばれる殺し屋に殺されてしまう。復讐の相手を横取りされた上、組織から犯人の“押し屋”を追いかけるよう命じられる鈴木だったが…

恋人を殺され、復讐に燃えるも、どこからみても平凡で人の良い鈴木@生田斗真
若き凄腕の殺し屋はしじみに安らぎをもとめる蝉@山田涼介
キャンピングカーで暮らす、憂える自殺屋の鯨@浅野忠信

交わるはずのなかった彼らを絡まった糸が、渋谷のスクランブル交差点での一件が
手繰り寄せる…―

殺し屋がゴロゴロ、
殺しを請け負い、仲介する男もいて、ここは日本なのか??という滑り出しでしたが
スクランブル交差点の群集をバッタに見立てた映像から
もう、この、ミッシュウシタナカデハ、ダレモガキョウボウニナル.....感を
感覚として植えつけられていましたね。。。

復讐を秘めた男が、身体能力的にもフツウの鈴木で、彼が闇社会に呑み込まれ、
一方で、裏稼業の男たちが淡々と仕事をこなし、孤独に生きている。――

実にアンバランスな普通と闇が描かれているのに、
個性的な3人のキャラに、
謎の人物が加わって・・・退屈はしませんでした。
ラストは予測できたけど、やっぱり胸がアツクなりました。


これまでの伊坂幸太郎原作もの、
アヒルと鴨のコインロッカー中村義洋×濱田岳・瑛太
Sweet Rain 死神の精度筧昌也×金城武
ゴールデンスランバー中村義洋×堺雅人
重力ピエロ森淳一×加瀬亮・岡田将生
フィッシュストーリー中村義洋×伊藤淳史
「ラッシュライフ」東京藝術大学大学院映像研究科製作×堺雅人)
ポテチ中村義洋×濱田岳
と、観て来た中では、一番グロいシーンが多かったと思いますが、
「脳男」の瀧本監督なら、と伊坂幸太郎さんのリクエストだったのですね~。
不思議な世界観ながら、メリハリの効いた作品になって居たと思います。

斗真くんと浅野さんは上手いのはもう予想通りですが、今回は山田涼介クンに参りました!
アクションも見事でしたし、最後までよかったです。
まあ、あの歩道橋で鈴木に声を掛けてきた女の子(が佐津川愛美ちゃんと気づいた時点で
彼女の正体は予想してました。
)じゃないと救われないもんね~
コメント (2)   トラックバック (21)
この記事をはてなブックマークに追加

Sweet 恭子ちゃん♪

2015-11-12 21:24:23 | Heart pink

Sweet(スウィート) 2015年12月号 本日発売!

深田恭子が魅せる
アーカーのクリスマスコレクション
P.150~





AHKAHの綾野ちゃんのブログでは、先日の恭子ちゃんのBDパーティーの
可愛らしい恭子ちゃんのフォトも♪
前髪短くして、TOKYOエアポートの時みたいですが、
このローズピンクのワンピースは20歳の頃の彼女を思い出させますね~
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

劇場版 MOZU

2015-11-11 20:11:26 | the cinema (マ・ヤ行)

上映時間 116分 映倫区分PG12
原作 逢坂剛『百舌シリーズ』(集英社刊)
脚本 仁志光佑
監督 羽住英一郎
音楽 菅野祐悟
出演 西島秀俊/香川照之/真木よう子/池松壮亮/伊藤淳史/杉咲花/阿部力/伊勢谷友介/松坂桃李/長谷川博己/小日向文世/ビートたけし

ある日、東京で高層ビル選挙爆破とペナム大使館襲撃事件が同時に発生する。2つのテロは、犯罪プランナーの高柳と実行部隊のリーダー権藤を中心とした犯罪グループの仕業だった。そしてその背後には、日本犯罪史の重大事件を影で操ってきた“ダルマ”の存在が。倉木は大杉、明星とともに事件の真相を追い、灼熱の地・ペナム共和国へと降り立つが…。

本作は、ドラマSEASON2のラストから約半年後の設定なんですね~。
で、スピンオフの「大杉探偵事務所」放送されましたが、
もう探偵になっちゃってる大杉さん、もうスーツ着てません(笑)
相変わらず警察官らしくない倉木の、とある夜から始まるのですが…―

『Season1 ~百舌の叫ぶ夜~』から引っ張ってきたダルマの正体。
そして、倉木の娘(実子ではなかったが)は本当は何の為に、誰が殺したのか?
それがやっと明らかになるシリーズの完結編!面白かったです♪


倉木の娘が実は誰の子で、それを倉木自身がいつ知ったのか、
また、、彼の妻はなぜ、何と引き換えに裏切っていたのか?など、
ドラマを観ていなければ、明星の父親への複雑な想いとかも
想像に限界があるような気がします。。。

ハイテンション「チャオ」男(笑)東がなぜ 倉木に執着し続けるのかもスッキリみせてくれ
大杉のアツさも人間臭さも健在で、それはイイのですが、、
この物語の本当の主人公は「百舌=新谷兄弟」だと思うので、その彼の出番が少ないのが
一番残念なところでしたが、
映画版キャストも皆さん嵌ってて、良かったです!

犯罪プランナーの伊勢谷さん珍しいアクションシーンにドキリ
新谷宏美を崇拝するイッチャッテるテロリストの権藤@桃李クンのキレっぷりににビビリまくり
ドラマ版のキャラもそうでしたが、どいつもこいつもギラついていて目が釘付け

Season1から、テレビドラマの枠に収まり切れない羽住監督の怒涛のバイオレンスシーンに、
迫力のカーチェイス!と劇場のスクリーンでお腹いっぱい楽しめます。

ドラマからのキャストも、新しい敵にぶれない戦いっぷりでわくわくですが、
心なしか、倉木と大杉のタバコの本数が激減(笑)
まあ、敵地に乗り込んでのことで余裕がなかったのか(笑)
それだけ緊張と血なまぐさいシーンの連続ですが、
最後はアッサリしていて、チョット笑えます

エンドロールにSeason1・2の映像が流れて、またドラマを見直したくなりました~
あの静かに狂気の衝動をただ夢中でくりかえす、哀しい新谷宏美が観たい!
あの、憎き中神@鋼太郎さんさえ恋しい(笑)
中神は今後、スピンオフに出るようですが、
やっぱり1は面白かったので、是非ご覧になってからの鑑賞をオススメします♪
コメント   トラックバック (17)
この記事をはてなブックマークに追加

お帰りなさい。素敵なあなた♪

2015-11-07 23:48:57 | Weblog

それはモチロン、真央ちゃん、あなた
真央ちゃん♪GP復帰戦で優勝 おめでとう~

今回はなんといっても男子並みのSPが素晴らしかった!
直後のガッツポーズも控えめながら、真央ちゃんには珍しいこと。
自分のイメージ通りに行ったことで思わず出たって感じでしたね♪

ショートの可愛らしくて優雅な滑り、
そして高い3アクセル~3フリップ+3ループ~3ルッツ!
それになんといっても真央ちゃんの上品でゴージャスなステップがみられて、興奮でした!
またフィギュアGPを観るのが楽しみになってきました!


真央ちゃんが復帰すると決めた時に、沢山の方が応援コメントを寄せて下さった中に
伊達公子さんが「経験が無駄になる事は絶対ないし
離れた1年半がプラスになることは、空いてしまったものをリンクから離れて得たものを
更にアドバンテージにして彼女の強さを魅せて欲しい
」とエールを送ってましたが、
まさに昨日の真央ちゃんにその力強さを感じました。

今日のフリーはミスもありながら、やはりどこか一つ貫禄というか、
心の余裕のようなものを感じて、いい休養だったんだなあ~と思いました。

本郷理華ちゃんも堂々とした演技で自己ベストを更新!勢いがあります
でも、
戦う真央ちゃんの前には、いつも自分の理想とする自分がいる。――
お帰りなさい、真央ちゃん

☆フィギュアスケート:中国杯・女子FS 結果
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

アデライン、100年目の恋

2015-11-04 22:11:29 | the cinema (ア行)

上映時間 113分
脚本 J・ミルズ・グッドロー/サルヴァドール・パスコヴィッツ
監督 リー・トランド・クリーガー
出演 ブレイク・ライヴリー/ミキール・ハースマン/キャシー・ベイカー/ハリソン・フォード/エレン・バースティン/アマンダ・クルー

1908年に生まれ、21歳で結婚し、娘フレミングをもうけたアデライン・ボウマン。結婚8年目に夫が亡くなり、その冬には、今度はアデラインが自動車事故に遭い、川に転落。低体温症で一度は心臓が止まるも、突然の雷に打たれ、奇跡的に息を吹き返す。すると不思議なことに、彼女の肉体は29歳のまま衰えなくなる。やがて中年になると、周囲からも怪しまれるようになり、身の危険を感じ始めた彼女は、10年ごとに名前と住居を変えるようになり、それは今日まで続いていた。その秘密を知るのは、娘のフレミングだけだった。そんなある日、パーティで知り合ったハンサムな青年エリス・ジョーンズから熱烈なアプローチを受けるアデラインだったが…。

主演はテレビドラマ『ゴシップガール』でブレイクしたブレイク・ライヴリー。
だけど、私的にはレオと交際していた女優!でインプット(笑)

旅するジーンズと16歳の夏」でも、
ちょっと個性のないカンジ(キャラがハッキリしない)だったし、
「ニューヨーク、アイラブユー」でアントン・イェルチンくんの元カノ役ででてたけど、
好みもあるかもだけど、そこまで目立つ美貌ではなかった印象。

でも、本作では永遠に老ける事のない美女という役どころ!
しかも容姿は29歳のまま、70年も生きているし、
脳細胞も衰えないから、記憶力バツグンの知的美人というおまけつき(笑)


ファンタジーなので、まあ、、へぇ~・・・ふぅ~~ん・・・と、
あまりツッコまないで観ていましたが、
後半エリスの実家で、彼の父親と対峙する辺りから急激に陳腐なメロドラマ展開に

老い先短いのはここでは離れて暮らす娘。
見た目はおばあさんと孫という2人が、互いの行く末を気遣い、思いやるシーンが一番良かった!

やさしい嘘と贈り物」のエレン・バースティンがこの作品を引き締めていて、
どうにも
トシを取らないことの恐怖とか「愛とは共に老ける事」というアデラインの心情が、
この作品でイチバンのキモなのに、
どうにも説得力に欠ける全体を、ちゃんと説得してくれていました。

娘も、愛犬も恋人も友人も、歳と共に衰え、やがて死んでいく。
でも、自分だけは同じ容姿で何十年も生きていく―。細胞が劣化しないんだもの・・。
それでも、
永遠の若さ――欲しいですか?(笑)

白髪をみつけて喜ぶ・・・・勝手にして下さい(笑)
コメント (3)   トラックバック (14)
この記事をはてなブックマークに追加

Happy birthday~♪☆

2015-11-02 22:11:11 | Heart pink
 

恭子ちゃん楽しい誕生日だったでしょうか~?     


今年も映画に連続ドラマに、CMに、そしてミュージカルにと
1月から大忙しの恭子ちゃん♪
おかげでファンは本当にいろんな恭子ちゃんを楽しめて、、幸せでした





おまけ♪


去年の記事・・・
Happy birthday~☆
              デビューから18年目。すっかり大人の綺麗が身に着いた恭子ちゃんこの1年も、恭子ちゃんは頑張ってお仕事をしてくれて、ファンはいろんなシーンで恭子ち...

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

今月の気になる作品♪

2015-11-01 20:38:01 | Weblog


今日から11月
まずまずのお天気に恵まれ、束の間の秋の休日を
どのようにお過ごしでしたか?

行楽にもってこいの陽気でしたが、私は、
フィギュア(録画)に大学駅伝を観ながら、冬支度などしつつ
家事に追われていましたが、さて、お買い物の前にせっかくの映画サービスデイ、
先月見逃しの作品か、時間の合う作品を選んでみてこようと思います♪


11/06(金) 公開
ミケランジェロ・プロジェクト
ジョージ・クルーニーの監督・脚本・主演で
饗宴がマット・デイモン、ビル・マーレイ、ケイト・ブランシェットと豪華♪
ちょっとコミカルな歴史モノってことでいいのかしら

11/07(土) 公開
劇場版 MOZU
監督:羽住英一郎 原作:逢坂剛 音楽:菅野祐悟とくればもう気になります
キャストは池松壮亮くん目当てですが(笑)
西島秀俊、香川照之、阿部力、伊勢谷友介、長谷川博己、小日向文世、ビートたけしと、
これまた全員恭子ちゃん縁の方ばかりで、私的今月の目玉

グラスホッパー
生田斗真/浅野忠信
伊坂幸太郎の同名ベストセラーの映画化。
瀧本監督と斗真くんは、「脳男」コンビですよね♪

シネマの天使
藤原令子/本郷奏多
実在した日本最古クラスの映画館“シネフク大黒座”の取り壊しが決まったのを受けて
制作された物語。好みのニオイがする

11/20(金) 公開
Re:LIFE~リライフ~
ヒュー・グラント、マリサ・トメイ、J・K・シモンズ
久々のヒューさま作品は、ダメ中年の再起モノ
「トゥー・ウィークス・ノーティス」「ラブソングが~」のマーク・ローレンス監督♪

1年前の記事・・・
今月のキニナル作品♪
関東地方、今日は肌寒い雨の土曜日。せっかくの3連休、イマイチのお天気でスタートしましたが、予報変わって、明日からは少しは晴れ間がのぞくかも知れません。食欲の秋を迎えて、、、...
コメント (6)   トラックバック (6)
この記事をはてなブックマークに追加