to Heart

~その時がくるまでのひとりごと

クララ・シューマン 愛の協奏曲

2009-07-30 21:02:21 | the cinema (カ行)
製作年 2008年
製作国 ドイツ=フランス=ハンガリー
上映時間 109分
監督・脚本 ヘルマ・サンダース=ブラームス
出演 マルティナ・ゲデック/パスカル・グレゴリー/マリック・ジディ
ハンブルグのコンサートホールで、ピアノを演奏するクララを見守る二人の男がいた。名作曲家として名高いクララの夫、ロベルト・シューマンと、無名の天才作曲家であるヨハネス・ブラームス。ヨハネスはその才気と奔放な性格でたちまちシューマン一家に気に入られ、デュッセルドルフで共に暮らすことになった。この奇妙な同居生活の中で、クララ、ロベルト、ヨハネスの心は激しく揺れ動くのだった…。

一度も予告を目にすることもなかったけど、前日に『アマルフィ』を観た時に、
夕方の上映に間に合いそうだと思い、楽しみにしてました♪
平日の夕方の回でしたが、前方の2列を除いてほぼ埋まっていて、8割方の入り。
全然宣伝もしていないのに、ビックリです

この三人の不思議な関係を知ったのは、中学に入った頃だっただろうか?
踏み込んではいけない芸術家同士の愛。しかし不思議に猥らな感じは持たなかったのは何故だろう?

ヨーロッパ各地を回る演奏旅行の繰り返しで疲れていたシューマンとクララ夫婦。
デュッセルドルフの音楽監督に招聘されたシューマンが、そのころから悪化した躁鬱に苦しみながら作曲に打ち込む夫を、
内に外に、逞しく支えながら、
音楽を愛し、家族を愛する母であり、ピアニストとして働く女性であり、
時に14歳も年下のブラームスの求愛に心揺れるクララ・・・。

監督はその名前が示すように、直系のブラームスの末裔とのこと。
かなり踏み込んだクララとブラームスの関係を描いています。

100年以上も前に、ピアニストとして成功を収めながら、
ブラームスを支えることに重点を置き、妻としての限られたステージでのみその活躍の場を狭めてしまったクララ。
現代の働く女性の先駆者的存在だったのですね。
そして、ブラームスは彼女のピアニストとしての才能だけでなく、作曲家としての才能にも気付いていた・・・。
恋する彼だけが、クララの密かな願望に目を向けていた。そして崇拝していた

クララの前で、彼女の作曲した曲を演奏するブラームスは、
出会う前から音楽家としてのクララに恋していたのかも知れないと思いました。
この時ブラームス20歳。クララは34歳で、7人の子持ち。
先ず音楽があって、天才の、魂に触れるその何かでこの3人は惹かれあっていったのだと、
だから仕方なかったんだと、、そんな気になる。

クララもブラームスも、
私の記憶の中のイメージよりも大分逞しくて、最初はちょっと違うと思っていましたが、
生きて傷ついて、きらめきを放つ――人間臭い芸術家という感じで、
これはこれで惹かれました。
『善き人のためのソナタ』は未見ですがマルティナ・ゲデック、凄いです!
マリック・ジディのブラームスも魅力的でした♪

  

内気で神経症に苦しむシューマンは、昔見た若き日のイメージからは遠かったけど、
パスカル・グレゴリーの演技にはひき込まれます。

使用楽曲の一覧はこちら

音楽もですが、この時代の衣裳やインテリアもとっても素敵でした

「アマルフィ」の感想はまた後日
コメント (2)   トラックバック (6)

今夜の堂本と雑誌情報~♪

2009-07-26 22:31:33 | Heart pink
今日は"歌総集編"ですね~
きくPによるとkinkiの歌が沢山聴けるみたいだし、楽しみ~
結構、ゲストの歌より、kinkiの歌が聴きたいもん(笑)
でも、恭子ちゃんの歌もリクエストしたけど

     ~~~       ~~~

デジタルTVガイドはドロシーの恭子ちゃんですよ~
来週は「ステラ」と「TVガイド」どちらも29日(水)発売!

長瀬くんとの掛け合いも楽しくなってきましたね「華麗なるスパイ」
どんどん面白くなるといいなぁ~♪
これって、やっぱり「ゲットスマート」を意識してるんだって
やっぱりぃ~って感じだわー
コメント

レスラー

2009-07-23 21:46:22 | the cinema (ラ・ワ行)
人生は過酷である、ゆえに美しい。
原題 THE WRESTLER
製作年度 2008年
上映時間 109分 映倫 R-15
監督 ダーレン・アロノフスキー
主題歌 ブルース・スプリングスティーン
出演 ミッキー・ローク/マリサ・トメイ/エヴァン・レイチェル・ウッド/マーク・マーゴリス

ミッキー・ロークが、かつて栄光のスポットライトを浴びた人気プロレスラーの孤独な後半生を、自らの波瀾万丈の俳優人生と重ね合わせて哀愁いっぱいに熱演し賞賛された感動の人生ドラマ。
かつては人気を極めたものの今では落ち目のレスラー、ランディ(ミッキー・ローク)。ある日、ステロイドの副作用のために心臓発作を起こし、レスラー生命を絶たれてしまう。家族とはうまくいかずストリッパーのキャシディ(マリサ・トメイ)にも振られ、孤独に打ちひしがれる中で、ランディは再びリングに上がる決意をする。(シネマトゥデイ)

6月に公開されていたのに劇場に行けないまま、気付けば地元ではもうやってなくて
やっと銀座まで行けました。滑り込みセーフです。

全世界の映画賞54冠に輝いたというミッキー・ロークのレスラーを観て来ました!

嘗ては栄光を味わい、
老いて今全てを失い、孤独を味わっている男―ミッキー・ロークはまり役!

80年代にプロレス界のヒーローとして人気を博したランディ・ロビンソン。
20年後の今でも老体に鞭打ち、ステロイドを常用し、現役に拘ってやってきたが
リングを降りれば満身創痍の身体を休めるトレーラーハウスの家賃にも事欠く生活。
スーパーのアルバイトをし食いつないでいるが、
絶頂期のヘアにこだわり髪を染めパーマをかけ、日焼けサロンに通う(笑)
老いたりといえど、大真面目にイメージを大事にしている。

日本ではどうなのか、プロレス興行の舞台裏もテンポよく描かれて、
控え室のヒーロー役とヒールの会話がいかにもプロらしい。

カメラはずっと独りのランディの背中を追っていく。

娘に接する時、恋するキャシディに会う時、
そして家族のような仲間と会う時以外・・・。

恋をして娘が出来たはず―。
そして今また恋をし、心を通わせたはず・・・。
だけど、サイン会や試合のスケジュールは忘れることはないけど、
肝心な時に家族の期待を裏切る男。父親になれない男。こういう男って確かにいる。

そんな不器用な愛すべきダメ男を、
夢を見続ける彼の迷いや後悔や、孤独。そして愛情を、
ミッキー・ロークが魅力的に演じています。
そんなミッキーに主題歌を提供したブルース・スプリングスティーンの曲がまた良い!

Bruce Springsteen - The Wrestler

これは(私も泣けましたが)男の泣ける映画ではないでしょうか。
心に滲みる作品でした
コメント (22)   トラックバック (31)

「華麗なるスパイ」好発進♪

2009-07-21 21:55:23 | Heart pink
帰ってくるなりこんな記事をみつけました

月9を僅かに上回る滑り出しは良かったです~

テレビはつけていましたが、あれこれやりながらで、まだちゃんと録画を見直してませんでした。
初回という事もあって、説明的なプロローグは仕方なかったと思いますが、
ゆるいテンポが少し気になりました。
会社の女の子たちも沢山みていましが、
なにせ、スパイ大作戦も、それ行けスマートも知らない世代なんですよね~(笑)
知ってる世代の私なんかより、ある意味新鮮だったかも、あの内閣情報室直属秘密諜報部への入り口

来週から通常の時間で、テンポ良くなるでしょうし
長瀬くん演じる京介、恭子ちゃんのドロシーの秘密が少しづつ明かされていくのでしょうか?
楽しみにしたいです~
コメント (6)

今夜の堂本~♪

2009-07-19 22:14:11 | Heart pink
今夜も通常の23時15分から
ゲストは谷村新司×堀内孝雄
セッションするのはアリスの「チャンピオン」

・・・う~ん、
この日もあんまり恭子ちゃんのお話は聞けない?
なんかそんな予感~

天地人
固めて撮影してたんでしょうか?あでやかな淀殿、素敵です♪

昨日の「華麗なるスパイ」はロケが中心だったような感じでしたが、
浅草とかでロケしてたんですね~。見たかったです~
コメント

いよいよ明日♪

2009-07-17 22:39:52 | Heart pink
コチラは写真付でした♪

今日は朝から番宣、長瀬君と出てたんですね~
華のある二人だから存在感ばっちりの番宣になったでしょうね

恭子ちゃん出演ドラマだけど、
一応主演じゃないし、、毎回の感想は、できればしたいけど・・考え中です
録画したものの、未だに観れていない番組もあるし、、ちょっと時間が足りないです。
睡魔に負けてます
コメント

スパイ情報~♪

2009-07-15 22:14:44 | Heart pink
生田スタジオで、「華麗なるスパイ」のお披露目会見があったようですね

記事はこちら
コチラ
写真がなくて残念~

07/16(木)15:55~16:53 日本テレビ ゴゴドラ 「華麗なるスパイ極秘ナビ」
07/18(土) 13:05~13:50 NHK総合 天地人(28)「北の独眼竜」
07/18 (土)21:00~22:48 日本テレビ 華麗なるスパイ
07/19 (日)20:00~20:45 NHK総合 天地人(29)「天下統一」
07/19(日) 23:15~23:45 フジテレビ 新堂本兄弟


キリンチューハイ 氷結 「どの氷結?早摘み」篇


コメント

今夜の堂本兄弟

2009-07-12 23:06:57 | Heart pink
今夜も何時もの時間、23時15分から
ゲストは大地真央さん
セッションするのは「遠い世界に」
全員で歌う。とありましたね~。
それよりも、なぜこの選曲?っていうのが気になりました(笑)


「華麗なるスパイ」の番宣で、長瀬君が日テレに出ていましたね~。
ちらっと恭子ちゃんがみえたような気がしましたが、
まだ録画したナビも観てませんはやくみたいなぁ~
しかも、今回の新番組に気持ちがいっちゃって、「天地人」録画し忘れ
大失敗です
コメント

「華麗なるスパイ」公式HP♪

2009-07-11 22:44:37 | Heart pink
やっと公式HPオープンしましたね~

まだまだという感じですが・・・
それにしても、日テレ、HP公開遅すぎーー

コメディということで、
これは007というよりも、それ行けスマートの路線を狙っているんでしょうか(笑)
主題歌はTOKIOですが、
音楽は ザ・サーフコースターズ
何処か懐かしく、これも「それ行けスマート」っぽいかんじ?なかなかイイですねー

ザ・サーフコースターズ


コメント (2)

ドラマ関連情報~♪

2009-07-09 23:27:20 | Heart pink
7月11日(土「‘華麗なるスパイ’極秘ナビ」(16:00-17:00 日本テレビ)

昨日もやってたらしいですが、録画もできずでした。

恭子ちゃんも長瀬くんも、こういうとぼけた役はお似合いだし、巧いですから
面白いものになるんじゃないでしょうか?
この蒸し暑いのにロケが多いようですが、
ドラマはセットばかりじゃつまらないですもん!
ふたりのコスプレも話題ですが、
暑さに負けず頑張って、楽しい作品を届けてくれますよ、きっと
楽しみにしてますね~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ブログを休止しようかとも思うぐらい、なかなかPCに向かう時間がとれません。
コメントのお返事が超~遅くなっています。ごめんなさい!
TBをくださるみなさん、なかなかコメントは残せないでいますが、お話したい作品ばかりなのに残念です!
有難うございます。

時間が取れるようになるまで、まだもう少しかかりそうですが、
恭子ちゃんドラマがあるため、
あっぷあっぷしながらも続けていきますね。
みなさんのところお邪魔した際は、楽しく記事は拝見しています。
読み逃げ逃亡、いま少しの間お許しくださいね

コメント (4)

今夜の堂本兄弟♪

2009-07-05 21:53:24 | Heart pink
今夜も何時もの23時15分スタート
ゲストは南明菜さん×FUJIWARA
ヘキサゴンファミリーの生演奏 「I Believe」

今夜も先月収録のだから、ともえちゃんブログの恭子ちゃんのほうが最新ってことになりますね♪
今夜は恭子ちゃん、お話する機会ないかもね、、、

「天地人」淀殿登場も、間に合わなかったので、あとで録画したもの観れるかな~
時間が欲しいです
コメント (2)

やっと、映画情報~♪

2009-07-04 00:15:47 | Heart pink
以前から目撃情報があった、
恭子ちゃん出演の映画『ウルルの森の物語』メイキングが公開されたようです

写真付記事はコチラ

もうひとつスポーツ報知

以前、会報でだったかな~?
恭子ちゃん「マリと子犬の物語」を観て感動して泣いちゃったと言っていたような記憶があります。
だから出演自体を喜んでいるのでしょうね
12月公開、舞台挨拶もあるだろうし、楽しみが出来ました
コメント (4)

今月の気になる作品

2009-07-01 23:24:02 | Weblog
あっという間に、もう7月です。
公私ともに超忙しく、なかなか劇場に行けません。

6月の宿題「ディア・ドクター」はとっても気になっていたんですが、苦手つるべー主演ということもあり
DVDになっちゃうかも知れません。
「劔岳 点の記」これも行ける頃には上映回数が少なくなってるかな~
あと、「レスラー」は劇場で観たいけど、、無理かなぁ~

ということで、かなり自由な時間がない為行けるかどうか解らないながらピックアップ。
今月は特にどうしてもという作品がなく、ほんの少し

7月11日公開
サンシャイン・クリーニング
『リトル・ミス・サンシャイン』のPチームですよ~♪

MW -ムウ- 原作は手塚治虫。玉木宏/山田孝之

7月15日(水)公開
ハリー・ポッターと謎のプリンス....シリーズ第6弾になるんですね~。

7月18日(土)公開
アマルフィ 女神の報酬
監督は『容疑者Xの献身』の西谷弘。これは私は大好きなサラ・ブライトマン目当て
湖のほとりで
イタリアのアカデミー賞とも言うべき“ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞”史上最多の10部門を独占した話題作。
コメント (14)   トラックバック (12)