to Heart

~その時がくるまでのひとりごと

-2008年-私のお気に入り映画

2008-12-31 13:51:10 | Weblog
とうとう大晦日になってしまいましたが、
2008年に観た映画のまとめを最後の更新にしたいと思います。
今年も様々なジャンルの映画との出会いがあり、
そのなかで共に映画のヒロインや時代などを語り、映画の楽しさを教えてくださった
皆様に感謝します。
ありがとうございました

今年は私的にはダントツが1位、2位ですが3位以降は接近しているというか、
ほぼ同率なので順位はつけませんでした。

【劇場観賞―洋画】
『幻影師アイゼンハイム』『つぐない』
   

『ワールド・オブ・ライズ』       『ダークナイト』
   

『ジェイン・オースティンの読書会』   『ラスベガスをぶっつぶせ』
   

『ペネロピ』               『永遠のこどもたち』
   

『ゲットスマート』            『言えない秘密』
   


【劇場観賞―邦画】
『20世紀少年』   『容疑者Xの献身』
   

『おくりびと』              『歩いても 歩いても』
   

『K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝』  『子猫の涙』
   

『ガチ☆ボーイ』             『しあわせのかおり』
   


【DVD観賞】
セント・オブ・ウーマン/夢の香り一つの出会いで知る、自分と他者を認める勇気。素敵な1本!


サイダーハウス・ルール真に人の役に立つということとは、、心に沁みる物語。音楽もよかった♪


エバー・アフター昔、昔、シンデレラの愛と勇気の物語。大好きな作品!嵌りました♪


コールドマウンテン遠い戦地から、ひたすら故郷の恋人を目指すひたむきなジュードが素敵。


ラスト・キング・オブ・スコットランドその狂気、その恐怖に耐えて、観ておくべき作品でした。


初めての私的【特別賞】
闇の子供たち』一人の日本人として、親として、地球人として視て感じて、伝えて欲しい作品でした。
この作品に関わった全ての人に拍手を送りたいです。


今年の劇場観賞は、洋画:62本 邦画:30本 計92本でしたが、内4本が未アップになってしまいました。
それより多くの草稿中を溜め込んだのがDVD観賞。29作品を記事にすることが出来ましたが
忙しさにかまけて記憶にはあるものの記事にできなかった作品は、、たぶん10本以上は確実にあり、
好きな作品もあったので、そのうち書きたいと思います。

それでは皆様、良い年の瀬を!
そして幸せなお正月を過ごされますように♪
コメント (60)   トラックバック (61)

永遠のこどもたち

2008-12-30 17:29:44 | the cinema (ア行)
愛を信じたら、本物の光が見える。
原題 EL ORFANATO/THE ORPHANAGE
製作国・地域 スペイン/メキシコ
製作年度 2007年
上映時間 108分
監督 J・A・バヨナ
音楽 フェルナンド・ベラスケス
出演 ベレン・ルエダ/フェルナンド・カヨ/ロジェール・プリンセプ/ジェラルディン・チャップリン/マベル・リベラ

『パンズ・ラビリンス』のギレルモ・デル・トロをプロデューサーに迎え製作されたスペイン発のホラー映画。
孤児院で育ったラウラ(ベレン・ルエダ)は、長らく閉鎖されていたその孤児院を買い取り、障害を持つ子どもたちのホームとして再建しようと夫のカルロス(フェルナンド・カヨ)、息子のシモン(ロジェール・プリンセプ)とともに移り住んでいた。だが、シモンは遊び相手のいない寂しさから空想上の友だちを作って遊ぶようになり、その姿にラウラは不安を覚える。そして入園希望者を集めたパーティーの日、シモンはこつ然と姿を消してしまい……。(シネマトゥデイ)

かなり前になるけど、一度だけ観た予告が怖そうで、
またも私の中のセコムが警報を鳴らしたの(笑)で、気になりつつもパスする予定だったのですが
我想―個人映画美的女人blogのmigさんが、ホラー苦手の方にもと、オススメしてらっしゃったので行ってきました!
結論から言うと、とっても良かったです~

怖いし、やっぱり「ホラー」なんでしょうが、
私にはホラー的怖さには感じられず、サスペンスフルなドキドキ感のほうが上回ってました。

いかにもな古い洋館といい、光の効果的な使い方などにも
ちょっと「パンズ・ラビリンス」を彷彿とさせる雰囲気があるけど、
あのような痛いシーン(拷問トカ縫い針など)はなく、そこが苦手だった私にはセーフでした。

内容も、忽然と消えたわが子を案じ、狂気のように捜し求める夫婦の葛藤が描かれ、
手がかりを求めるうちに行き会う人たちや、
不思議な現象を通して、混乱しながらも立ち向かうラウラの姿を、
ただ祈りとともに見守っていました。

母というもの。その子育ての日常に起きるささいな行き違い。
親なら誰にも覚えのあるその時の優先順位―ああ、しかし、時は巻き戻せない....



そして悲運というよりも、宿命というのでしょうか、
人それぞれに神から与えられた”命題”というようなものも感じる物語でした。
ラウラが辿り着く真実――それは神が彼女に望んだことなのでしょうか。

シモンのつぶやいた「大人にならないんじゃない。・・・なれないんだ」が最後思い出され、
そして・・嬉しそうなカルロスの表情にも胸が詰まります。
このラストもまたギレルモ・デル・トロらしいですね。
とっても良かったです~
コメント (29)   トラックバック (33)

いつかの恭子ちゃん♪

2008-12-29 20:20:04 | Heart pink
昨日は「堂本」がなかったので最新の恭子ちゃんをみることはできませんでした。
TV誌にも恭子ちゃんが紹介されていましたが、
ちょっと前の写真が使用されていましたね。
これは『僕ら~』のひろみさんの時。
ちょっと大人っぽいドレスの恭子ちゃん♪素敵です

Fukada Kyoko -piano-


コメント

ブロークン・イングリッシュ

2008-12-29 00:37:09 | the cinema (ハ行)
もう、魔法なんて起きないと思ってた。
ニューヨークで出会い、パリで愛に気づいた。それは、私だけのミラクル・ロマンス。

製作年度 2007年
上映時間 98分
監督 ゾーイ・カサヴェテス
出演 パーカー・ポージー メルヴィル・プポー/ジャスティン・セロー/ピーター・ボグダノヴィッチ/ティム・ギニー/ジーナ・ローランズ

結婚適齢期を迎えた女性の気持ちをリアルかつロマンチックに描く等身大のラブストーリー。監督はジョン・カサヴェテスを父に持ち、本作がデビューとなるゾーイ・カサヴェテス。
ニューヨークのホテルで働く30代の独身女性、ノラ・ワイルダー。親友は彼女が紹介した人と幸せな結婚をしたというのに、ノラ自身は男運が悪いのか、結婚からますます縁遠くなっていく日々。母親からもことあるごとに心配されるノラだったが、いつしか恋に対しても臆病になり始めていた。そんな時、気分転換に顔を出したパーティでフランス人のジュリアンと出会う。出会った瞬間から情熱的にアプローチしてくるジュリアンに戸惑いつつも、次第に彼に惹かれていくノラだったが…。

先日約3週間ぶりの休みに、疲れていたこともあり難しくない優しいラブストーリーが観たくて行ってきました。

難しくはなかったけど、またしても主人公が微妙~な描かれ方。
なんだかアメリカの大人の女性が、こんな感じの人ばかりではないとは思うのだけど、
いつか眠りに~」や「スウィート ノヴェンバー」「P.S.~」などのヒロインと被るイタイ系。
接客業で、クレームを処理する能力があるとはとても思えないプライベートのヒロイン像。
「等身大の・・・」とか「都会のリアル」とか、、ええーーっみたいな

それでも、私の前に居た女の子の二人連れとか、後方ですすりあげる声が・・
一般に言われる適齢期が今では何歳ぐらいを指すのかも、もう解りませんが、(苦笑)
仕事に夢中になっているわけでもなく、親友と呼べる友人がいて、親もそばに居る。
でも「愛する人はいない」―そんなヒロインの中途半端な日常の孤独。は、感じ取れましたが・・・

都会で周りの人たちがみな幸せの中にいるように映り、取り残されていくような寂しさ。
ふとこの先の人生を考えた時に、共に歩く人がいないと感じ、焦燥感に苛まれることは良く解るが、
あまりにも露骨。ロマンがナイ

暗い夜に狼のように吼えたくなるような孤独は、このノラには感じない。
どこかに甘えのような、
精神的に成熟してないまま恋人に寄りかかろうとしているような、30代の女性
そんな中途半端な描き方なので、感情移入はできなかった。。
愛する人と出会いたい」はずなのに、
「愛されたい」という想いが大きくて
愛してくれたら愛する」みたいなノラの描き方にもちょっとなんだかな~でした。

メルヴィル・プポーのジュリアンも、起用が勿体無いほどの人物の描き方。
出会い方が問題ではなく、なぜお互いではなくてはいけなかったのか!
そこがイマイチ表現されていないのでこの頃のラブものに共感できないのかも
コメント (6)   トラックバック (15)

K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝

2008-12-28 00:35:43 | the cinema (カ行)
怪人二十面相は誰だ!?
違う!オレは二十面相じゃない!

製作年度 2008年
上映時間 137分
原作 北村想 『完全版 怪人二十面相・伝』
脚本 佐藤嗣麻子
監督 佐藤嗣麻子
出演 金城武/松たか子/國村隼/高島礼子/本郷奏多/益岡徹/今井悠貴/小日向文世/鹿賀丈史/仲村トオル

江戸川乱歩の小説に登場するダークヒーロー、怪人二十面相の真相に迫るアクション・エンターテインメント。北村想の「完全版 怪人二十面相・伝」を原案に、「アンフェア」などを手掛けた佐藤嗣麻子監督が現代風のアレンジで映像化した。
極端な格差社会の架空の都市“帝都”では、富裕層のみを狙い、美術品や骨董品を鮮やかに盗み出す“K-20”こと怪人二十面相が世間を騒がせていた。ある日、サーカスの曲芸師・遠藤平吉(金城武)は、財閥令嬢・葉子(松たか子)と名探偵・明智小五郎(仲村トオル)との結納の儀に潜入して写真を撮ってくる依頼を引き受ける。(シネマトゥデイ)

金城武+仲村トオルくんということでとっても楽しみにしていた「怪人二十面相伝」観てきました~
楽しかったです
監督の佐藤嗣麻子氏は、恭子ちゃんと二宮くんのドラマ「南くんの恋人」の監督でもあり、
当時から密かに応援していましたが、こんな楽しい作品でお目にかかれて嬉しいです!

アメリカにはスパイダーマンやバットマンが未だに活躍してるし、
日本には、、はっ、そうだ!怪人二十面がいたじゃん!・・って、思い出させてくれました(笑)

初めて江戸川乱歩の小説を手にしたのは、小学校の図書室だったと思う。
それから中学校に入る頃まで嵌っていたと思うけど、もう内容はほとんど覚えてなくて、
シャーロック・ホームズにワトソンがいるように、明智小五郎には小林少年がいたこと。
小林少年には少年探偵団がついていたことなどぐらいしか覚えていなかった
今では少年探偵団ときいて思い浮かぶのはコナンくんだったりしてしまうけど
それでも舞台設定が1949年の架空都市というのも効いてて、
レトロな雰囲気満点の登場人物たちに、
怪人二十面相が出現するのにぴったりの世界が出来上がってました

明智小五郎といえば、土ワイの天知茂さん(古~っ)が印象的でしたが、
今回の明智くんは仲村トオルくん。自信と不遜と、、翳りとお茶目なところと・・見たいトオル君が観れます



そして、その明智くんに怪人二十面相として追われる心優しいサーカス団員の遠藤平吉役の金城くん♪
35歳とは思えぬ軽やかな身のこなしに、ファンならずとも萌え~るのでは?
”秘伝の書”に習い、ヤマカシさながらの街を縦断する身のこなしにはわくわくドキドキ

金城ファンには懐かしい「神すこ」で、いつも金城君をサポートしていた益岡徹さんが、
今回10年ぶりの共演で、怪人二十面相を追う側の浪越警部役で顔を合わせているのも嬉しい♪
あと、ドラマでは金城君とは直接の絡みのなかった小日向文世さんも共演者でした。


先日「青い鳥」で観たばかりの本郷奏多くんがちょっと大人びた小林少年
仲村・明智といいコンビだったのではないでしょうか
”良家の子女”の松さんは、笑った時の目が、どうしても森光子さんにみえてしまうのだけど(笑)
今回、一番お得な役どころにみえましたコミカル担当で、なかなか良かったです♪

怪人二十面相がどうしても手に入れたくてさまざまな罠をしかけるモノの正体
それが冒頭に説明されるのですが、そこが子供に理解できるか?が鍵かな~。
ま、ちゃんと理解できなくても十分子供にも楽しめる作品になっていたのではないでしょうか
コメント (24)   トラックバック (55)

可愛いふたりの・・・♪

2008-12-26 01:58:37 | Heart pink
あゆちゃん、本当にこんなコスプレが似合いますね
恭子ちゃんも緊張しないで歌えたみたいで、
素敵なコラボになってます
 http://jp.youtube.com/watch?v=NYTcNFvgwFA&feature=related


DEAREST - Ayumi Hamasaky & Kyoko Fukada - Live


コメントのお返事が遅くなっててごめんなさい~~~。。
少々バテ気味ですが、
もうすぐ復活ーの予定です

コメント

ワールド・オブ・ライズ

2008-12-21 23:59:25 | the cinema (ラ・ワ行)
どっちの嘘が、世界を救うのか。
原題 BODY OF LIES
製作年度 2008年
上映時間 128分
原作 デイヴィッド・イグネイシアス 『ワールド・オブ・ライズ』(小学館刊)
脚本 ウィリアム・モナハン
監督 リドリー・スコット
出演 レオナルド・ディカプリオ/ラッセル・クロウ/マーク・ストロング/ゴルシフテ・ファラハニ/オスカー・アイザック

「ブラックホーク・ダウン」のリドリー・スコット監督、「ディパーテッド」のレオナルド・ディカプリオ、「グラディエーター」のラッセル・クロウという豪華タッグが実現した緊迫のアクション・サスペンス。
世界中を飛び回り、死と隣り合わせの危険な任務に身を削るCIAの工作員フェリス。一方、彼の上司はもっぱらアメリカの本部や自宅など平和で安全な場所から指示を送るベテラン局員ホフマン。そんな生き方も考え方も全く異なる彼らは、ある国際的テロ組織のリーダーを捕獲するという重要任務にあたっていた。しかし、反りの合わない2人は、フェリスがイラクで接触した情報提供者をめぐる意見でも対立。やがて、命懸けで組織の極秘資料を手に入れ重傷を負ったフェリスに、ホフマンは淡々と次の指令を出すのだった。フェリスは強引かつ非情なホフマンに不満を募らせながら、資料による情報のもと、次なる目的地ヨルダンへ向かうのだが…。allcinema ONLINEより

ずっと楽しみにしていたレオとクロウのスパイアクション、観てきました~!
テンポが速すぎて、、とか言われているようでしたが、迫力もテンポもGOOD!
ストーリーもそんなに複雑ではなくて良かったです

まず本編が始まる前に「これは著作を基にしたフィクションである」というような説明文がはいります。
現実にコレに近いことが起きているんだという事―そう、ニュースの裏側で

平和な日常の中に居て、子供の相手をしながら
危険にさらされている現地(ヨルダン)からのフェリスの相手をし、指示を出すメタボ気味なボス・ホフマン。

現地で情報提供者や仲間の工作員の安全に心を砕くも、身の危険のない場所からのホフマンの態度に嫌気がさしながらも
精力的に活動してしまう、熱いフェリス。



世界規模で発生している爆破事件のリーダーを捕まえること。
その目的のために、別人になり、別人の身体を利用する。

無人偵察機プレデターは、1万2000メートルの上空から群集の中の1人を探し出せるという優れものだが、
その米軍の最新テクノロジーが、デジタルを使用しないテロリストには全く役に立たないという皮肉。
そこで新たな武器は『嘘』ということになる。

協力関係のヨルダン側のトップ、ハニに「私に嘘はつくな」と釘を刺されるも
ハイテクを駆使し犯人を網にかけようとするCIAの嘘。
人の仁義に賭ける昔流のやり方で諜報活動を続けるヨルダン情報局長のハニ。
命を賭けたフェリスの潜入捜査は上手くいくのか?!

ひょっとしてなのか~?
というくらい、レオは悲劇的な結末の主人公を沢山演じてきて、
今回も痛いシーンがあるのですが、相変わらず青年っぽさもチャーミングなレオ
胸が締め付けられる決断や憤りなど、やっぱりレオは凄いです

舞台もイギリスやオランダ、中東諸国と、めまぐるしいですが、
私たちがテレビのニュースで目にする映像の舞台裏で、恐らくはフェリスやホフマンのような人たちが
実際に、いまも活動していて、その結果をいつかまたニュースで見るのでしょう。
リアルで緊迫感も凄いけど、考えさせられるものもあり、エンタメ性もあって
2時間があっという間でした
コメント (29)   トラックバック (49)

新堂本兄弟

2008-12-21 22:28:31 | Heart pink
12/21(日) 23:15~フジテレビ
今夜のゲストは戸田恵梨香さん
セッションするのはkinki kidsの「シンデレラクリスマス」わ~~、懐かしいな~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

先週の堂本兄弟で恭子ちゃんがしていた髪飾り、
あれは仲良しのネイリスト、若林さんからのお誕生日プレゼントだったんですね
恭子チャンネルのトップにリンクがあるComottoの若林さんのブログに
その日の彼女のお手製のプレゼントの数々が紹介されていました
今月半ばにはまたメロンちゃんは若林さんチにお泊りだったようで、いなくなって寂しいとあります
恭子ちゃん、またロケだったんでしょうか?(新CMかな??情報が欲しいですね)
トリミングしたてのメロンちゃんったら本当にぬいぐるみですでも、ホンモノなのよね~☆
http://ameblo.jp/comotto 
コメント

青い鳥

2008-12-19 23:13:41 | the cinema (ア行)
製作年度 2008年
上映時間 105分
原作 重松清
脚本 飯田健三郎/長谷川康夫
監督 中西健二
音楽 まきちゃんぐ
出演 阿部寛/本郷奏多/伊藤歩/井上肇/太賀

重松清の同名短編を阿部寛主演で映画化したヒューマン・ドラマ。いじめ問題が深刻化した中学校に現われた吃音の臨時教師・村内先生が、心に傷を負った生徒たちと真正面からぶつかり合う姿を描く。共演は「テニスの王子様」「シルク」の本郷奏多。監督はこれがデビューの中西健二。
新学期、東ヶ丘中学2年1組には休職した担任に代わり、臨時教師の村内先生が着任した。前の学期、男子生徒の野口がいじめが原因で自・殺未遂へと追い込まれ、転校を余儀なくされていた。マスコミにも騒がれ、学校側は生徒指導の強化などにより、生徒たちの反省と改心が進んだとして事態の沈静化を図っていた。そんなクラスにやって来た村内先生は、極度の吃音だったが、着任早々言葉少なに発せられたひと言は“忘れるなんて、ひきょうだな”という意外なもの。そして、日直に命じて転校した野口の机を教室に戻させ、その机に向かって“野口君、おはよう”と語りかけるのだった。だれもが野口のことを忘れようとする中、村内先生の挑発的ともとれる行動は、生徒ばかりか教師や保護者たちにも大きな波紋を投げかける。

先月から公開されていたのに、丁度忙しくなってきてしまって、
先日ようやく見ることが出来ました。
原作は未読ですが、奇をてらわない演出で学校の今と過去の過ちをみつめるいい作品でした。

「イジメているつもりはなかった。だってアイツ笑っていたじゃん」という少年。
黙って傍観者だったクラスメイトたち。
一度だけイジメる側にまわった少年・・・

中学2年といえば、身体も心も、
少しづつ子供時代にさよならを告げ、大人になっていく自分に気づき
焦りと不安がどこかに棲みつき、情緒が不安定になったりする時期。。

そんな2年1組の生徒に静かな強敵、村内先生が
彼らの心に、ちゃんと本気で聞かなければいけないこと、
真に反省することは何かを、伝えにやってくる。
村内先生は、うまくしゃべれないから、大切なことだけ本気で喋ります―。


人は弱いから、強くなろうとする。
でも、強くなんて、ならなくていい。頑張るだけでいいんだ。
今より少しでも、人の気持ちを想像するだけでいいんだ。


嫌なこと、忘れたい過ちから逃げずに、
そこにいて傷ついた心を救済する為に、正面からボールを投げる村内先生。

イジメの直接シーンはなく、生徒たちの今の様子やセリフから
コチラに想像させるのもよかったです。
全体にセリフは少なめですが、
生徒たちの不安や心の揺れなどがちゃんと伝わってきて、どの子も上手かったです。
本郷奏多くんは、こういう繊細な役が多い気がしますが、彼は本当に上手いですね!
阿部ちゃんも、違和感なく、静かな信念を持った村内先生を演じていてなかなか良かったです

青い鳥って何?
大人を納得させる反省文の後の、いかにもな、何故か青い鳥・・・

教師や、大人や、友人―、
ヒトが本気で言った言葉に対しては本気で聴かないといけない。
何がイジメで、ナニがイジメじゃないのか、
昔子供だった私たちにも、今、勇気がない子供たちにも向けてとんで来る、
優しく厳しい村内先生の投げたボールはこころで受け止めましょう。

村内先生を語る2つのアイテム、一枚の集合写真と一冊の文庫本。
最後にその本が明かされるのですが、、涙で見えませんでした(悲)残念です。

コメント (10)   トラックバック (8)

クリスマスメッセージ♪

2008-12-16 20:54:04 | Heart pink
HORIPRO SQUARE CHRISTMAS SPECIAL 2008 http://www.horipro.co.jp/2008xmas/

恭子ちゃんのメッセージ、メロンちゃんと一緒
http://www.horipro.co.jp/2008xmas/m-fukada.html
コメント

新堂本兄弟♪

2008-12-14 22:06:52 | Heart pink
12/14(日) 23:15~ フジテレビ
今夜のゲストは中川翔子さん
DMBBとのセッションは自身の新曲『奇麗ア・ラ・モード』

先週は可愛い声を聞くこともなく
恭子ちゃんファンは残念な30分でしたが、
今夜もかなぁ~。
せっかく可愛いお洋服で決めてるんだから、全身、正面から見たい

*****************************

仕事が忙しいのもあるけど、
ちょっとしんどいこともあって、急遽休日出勤を取りやめにしてもらいました。
やらなくちゃいけない事もあったけど、
こういう時は恭子ちゃんだわ
リモートのくるみちゃんの恭子ちゃんみてました
この頃のファッションも可愛くてスキ
ちょっと気分持ち直して、観たかった映画をやっとみてきました。
感想は後ほど
コメント (6)

任天堂DSで♪

2008-12-13 00:47:32 | Heart pink
恭子ちゃんが任天堂DS「いぬ会社」
またまた声の出演をしてるそうですね
恭子チャンネルで告知されています~
   
http://www.cyberfront.co.jp/title/inugaisha/

発売日は2009年3月26日(木)
ゲームなんて殆どやらなくなってしまいましたが、
これは恭子ちゃんの声を楽しみに、トライしてみようかしら(笑)
コメント (4)

新堂本兄弟

2008-12-07 23:14:39 | Heart pink
12/7(日)23:15~ フジテレビ
ゲストは優木まおみさん
DMBBとセッションするのはAikoさんの「カブトムシ」

++++++++++
今夜の恭子ちゃん、発言がなかったのが残念でしたが、巨大オリボン可愛かったです♪
全身を映してもらいたかったなー

Dear


コメント

12月の気になる作品

2008-12-03 00:31:36 | Weblog
・・・とは言っても、あまり映画館に行けそうにないのですが、、、
11月公開作品中、一番惹かれていた「青い鳥」もまだ観れてないし・・・
、というよりコメントのお返事も遅れていてごめんなさい
もうあと半月ぐらいは忙しいかな、、でもみなさんの記事は楽しみにしています!
最近は睡魔に負けそうですが、仕事漬けの私のほっとする時間です~

それでは、今月の気になる作品~、控えめに(笑)

12月5日(金)公開
WALL・E/ウォーリー
 なんだかあまりにも何度も予告を見すぎた気も

12月19日(金)公開
地球が静止する日.....キアヌ作品、劇場では久しぶりかも。

12月20日(土)公開
ワールド・オブ・ライズ
 久しぶりのレオの作品初日はムリでも必ず!!

K-20(TWENTY)怪人二十面相・伝
 金城君だし、トオルちゃんだし

ラースと、その彼女.....ちょっと似たような話は日本のドラマであった気もするけど、気になる♪

12月27日(土)公開
そして、私たちは愛に帰る.....公開劇場が、、、少ない。。。

先月あまり劇場に行けなかったし、なので予告もそんなに観てないし、
今月はチェックもほとんど出来てないですが、
オススメ情報などありましたら宜しくおねがいします
コメント (14)   トラックバック (8)