to Heart

~その時がくるまでのひとりごと

レヴェナント:蘇えりし者

2016-04-23 23:23:50 | the cinema (ラ・ワ行)

THE REVENANT
上映時間 156分 映倫 R15+
監督 アレハンドロ・G・イニャリトゥ
脚本 マーク・L・スミス/アレハンドロ・G・イニャリトゥ
音楽 坂本龍一
出演 レオナルド・ディカプリオ /トム・ハーディ/ドーナル・グリーソン/ウィル・ポールター/ルーカス・ハース
1823年、アメリカ北西部。狩猟の旅を続けている一団が未開の大地を進んでいく。ヘンリー隊長をリーダーとするその集団には、ガイド役を務めるベテラン・ハンターのヒュー・グラスとその息子ホーク、グラスを慕う若者ジム・ブリジャーや反対にグラスに敵意を抱く荒くれハンターのジョン・フィッツジェラルドなどが一緒に旅をしていた。ある時、一行は先住民の襲撃を受け、多くの犠牲者を出す事態に。混乱の中、グラスたち生き残った者たちは船を捨て陸路で逃走することに。そんな中、グラスがハイイログマに襲われ、瀕死の重傷を負ってしまう。ヘンリー隊長は旅の負担になるとグラスを諦め、ブリジャーとフィッツジェラルドに彼の最期を看取り丁重に埋葬するよう命じるのだったが…。

公開初日の夕方の回、観てきました。
ほぼ予想通りの展開ながら、2時間半という長さを全く感じさせない極寒の旅!
レオの凄まじい演技に心を掴まれ、深く入り込んだ2時間半。面白かったです

偵察中にグリズリーと出くわしたグラスは、瀕死の状態で、
目の前で最愛の息子を殺された怒りと絶望を生きる力に変えて、死の淵から蘇り、
文字通り命を懸けてフィッツジェラルドを倒すべく後を追います――

武器も奪われ、食料も無く、何度も死の淵に立たされながらも執念で生き延びる!

敵は仇と狙うフィッツジェラルドだけではなく、
荒涼たる雪原では、クマもオオカミも、先住民も、誰もがサバイバル。
そんな過酷な旅でネイティブ・アメリカンとの交流、
その裏で、フランスの商人たちの悪行なども描かれ、
大自然の中で、餓えと寒さと孤独と戦うグラス@レオが凄いです!!


グラスが追いかける息子の仇、裏切者フィッツジェラルドには、レオのたっての希望で
『インセプション』でも共演したトム・ハーディ。
荒くれハンターとして、レオとはスタント無しの壮絶な戦いが見ものです

そして、そんなフィッツジェラルドが可愛がってる孤児ブリジャー役に、
リトル・ランボーズ』『ナルニア国物語/第3章: アスラン王と魔法の島』
最近では『メイズ・ランナー』にも出ていたちょいワルの似合うウィル・ポールターくん。
今回も持ち味を生かした役どころ

自然光だけで撮ったという迫力の大自然の、壮大で神秘的な映像も素晴らしく、
(マジックアワーといって、1日1時間半程度の黄昏時の撮影にこだわったそう)
坂本龍一の音楽もその自然の神秘と迫力を彩って、、余韻がありました。
静寂と、音の響きと、生き抜くグラスの息遣いが、凄くマッチしていました。。。


世界中の映画賞に輝いた本作。そして、
ついにレオがオスカーを受賞した渾身の演技。ぜひ映画館で!
コメント (6)   トラックバック (29)

さざなみ

2016-04-18 22:47:48 | the cinema (サ行)

上映時間 95分
製作国 イギリス
原作 デヴィッド・コンスタンティン
脚本: 監督 アンドリュー・ヘイ
出演 シャーロット・ランプリング/トム・コートネイ/ジェラルディン・ジェームズ/ドリー・ウェルズ/デヴィッド・シブリー

イギリスの片田舎で穏やかな毎日を送る老夫婦のジェフとケイト。5日後に結婚45周年の記念パーティを控える中、スイスの警察から1通の手紙が届く。それは、50年前にジェフと登山中にクレパスに転落して亡くなった当時の恋人カチャの遺体が、昔のままの状態で発見されたことを知らせるものだった。以来、ジェフはカチャへの愛の記憶に浸っていく。最初は自分と出会う前の話と平静を装っていたケイトも、“彼女と結婚するつもりだった”と悪びれることなく口にする夫に次第に不信感を募らせ、いつしかそれはこれまで積み重ねてきた45年間の結婚生活にも向けられていくのだったが…。

スイスの警察から手紙が届いてから6日間で崩壊していく夫婦の45年。
しかもその週末には、夫婦の一大イベントが予定されており、
その準備に忙しいケイトを尻目に、ジェフの態度が急変する――

50年前の恋人――自分と知り合う前の・・・。
そうはいっても、妻に対して今更正直になるところと、
嘘でも、いややっぱり君を選んだというべきところが違うだろ・・の、ジェフ。

そしてケイトは屋根裏部屋でジェフが隠し持っていた思い出の品を盗み見る―…。


これは、男性と女性で、大きく感想が分かれそうな作品でした。

45年も一緒に過ごしてきたら、50年前の小さなウソは許されるだろう。とか、
だから今正直に話したんだ、なんていうのも、、、ちょっと違う。
ジェフの正直さはケイトの妻としての45年をバカにしてる。。。と感じてしまった。
老いはデリカシーをも忘れてしまうのか・・・カナシイ。。。


最後の名スピーチも、甘えの延長だと感じて、、
・・・でも、このまま目を逸らして46年目を迎えるのかしら?
気になる終わり方でした(笑)
コメント (4)   トラックバック (10)

恭子ちゃん新CMは♪

2016-04-11 21:00:37 | Weblog


首をなが~くして待っていました

深キョン×マツコ、姉妹役!?スポーツくじCMで新シリーズ登場
深キョン、大好きな姉マツコと仲良くうなぎ屋さんへ!
「キョウコとお姉ちゃん 誕生日」篇
「キョウコとお姉ちゃん うなぎ」篇
新CMは本日、4月11日(月)から放送されています♪

マツコと深田恭子が姉妹になる 
『スポーツくじBIG』マツコ・デラックスと深田恭子共演


1年前・・・
恭子ちゃんテレビ♪
爽やかゆるい(笑)恭子ちゃんとムロさんのCMで充たされてはいるのですが、それでもやはりドラマや映画の恭子ちゃんが観たいですよね~。CSなど恭子ちゃんの過去ドラマは結構いろいろ...

コメント

ルーム

2016-04-09 22:56:26 | the cinema (ラ・ワ行)

ROOM
上映時間 118分
原作 エマ・ドナヒュー『部屋』(講談社刊)
脚本 エマ・ドナヒュー
監督 レニー・アブラハムソン
出演 ブリー・ラーソン/ジェイコブ・トレンブレイ/ ジョーン・アレン/ショーン・ブリジャース/ウィリアム・H・メイシー

7年間もひとつの部屋に監禁されているヒロインと、その間に生まれ、部屋の中しか知らない5歳の息子が辿る予測不能の運命
5歳の誕生日を迎えたジャックは、狭い部屋に母親と2人で暮らしていた。外の景色は天窓から見える空だけ。母親からは部屋の外には何もないと教えられ、部屋の中が世界の全てだと信じていた。2人はある男によってこの部屋に監禁されていたのだった。しかし母親は真実を明かす決断をし、部屋の外には本物の広い世界があるのだとジャックに教える。そしてここから脱出するために、ついに行動を開始するのだったが…。

7年という青春時代を奪われ、
家族の温もりさえ失って、
そんな監禁生活の中で、拉致された当時はまだ17歳の高校生だったジョイは、
ジャックを産み育てる事で、かろうじて精神のバランスと健康を保ってきたという。

脱出してぱっぴーエンドではなく、
社会に戻ってからの母子の姿を描いている―。

現実にもつい先ごろ日本でもあった、誘拐・監禁事件でも、
インタビューに応じていた人やマスコミが声を出せば逃げれたのではないか?といった
無責任且つ無神経なコメントがあったけど、
ここでも同じ。
誘拐犯に傷つけられたジョイの傷を深くえぐるようなマスコミに怒りを覚えます。

ジョイにとっては、家族や社会から閉ざされた“ルーム”
でも、ジャックにとっては、、、いつもママの傍にいてある意味安定していた小さい“ルーム”
彼にとって初めての“世界”は広すぎて・・・
ジャックのセリフにいちいち胸を衝かれてました。。。
未知の世界に向かう事への臆病さ、そして、望む望まないに関係なくしている成長・・・
この作品で言いたかったことの全ては、要所要所で、ジャックの言葉で語られていたと思います。


子供って、素晴らしい・・・
でも、どんなに純粋で素晴らしい子供も、ずっと子供ではいられないのは不幸なことなのか、、
アノ犯人も、インタビュアーも、嘗ては子供だったのに。。。
そんなことを考えるのも、この子役のジェイコブくんがほんとに凄い演技だったからなんですね~
そして、強さと弱さをみせるママ・ブリー・ラーソンも勿論良かった。

これは女性の方が、より多くを感じ取れる作品かもしれません。
コメント (4)   トラックバック (26)

今月の気になる作品♪

2016-04-03 10:41:20 | Weblog

新年度が始まり、今年は入学式・入社式に合わせたかのように
関東も桜が満開になり、なんとなく気持ちも上がりますよね~
日頃はゆとりもなく、会社と家の往復をしているだけの私もつい、
桜巡りをしたくなりました♪

でも、また4月は値上げの月でもありますが、締めるところゆるめるところの工夫で
何より健康第一で、映画生活も楽しめたらいいなあと思っています。

さて、今月はアカデミー賞受賞作が続きますね

4/08(金)公開
ルーム
ブリー・ラーソン/ジェイコブ・トレンブレイ
ブリー・ラーソンがオスカーを受賞した、密室に監禁された母子の脱出を描くドラマ。

4/09(土)公開
さざなみ
シャーロット・ランプリング/トム・コートネイ
結婚45周年目前にして夫の50年前の恋人の遺体が昔のままの状態でみつかり、
そこから崩れていく夫婦の愛の行方―ーう~ん、気になります!
これもシャーロットがアカデミー主演女優賞にノミネートされました。

4/15(金)公開
スポットライト 世紀のスクープ
マイケル・キートン/マーク・ラファロ
カトリック教会に蔓延る児童虐待スキャンダルを暴き出し、ピュリツァー賞に輝いた調査報道チームの執念を描いた実録サスペンス。
権力と戦うジャーナリストたちを描く社会派ドラマ。
アカデミー作品賞、脚本賞をW受賞した作品ですが、、少し重いかも。

4/22(金)公開
レヴェナント:蘇えりし者
レオナルド・ディカプリオ/トム・ハーディ アレハンドロ・G・イニャリトゥ監督
レオがオスカー主演男優賞を手中にした実話モノ。復讐劇。
凄く楽しみです

ふり返ってみると昨年は6本挙げながら←観たい作品の2本しかみれなかったんでした。
今年のは全部地元上映があるので安心してますが、
話題の「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」「アイアムアヒーロー」「追憶の森」は
多分観ないと思いマス。


六義園の枝垂桜
寒すぎて真っ暗になるのを待ちきれず(苦笑)黄昏にライトアップされる一枚
こういう時、も少し身長があったらなあ~と思います。
桜の樹の足元は黒山の人だかり、スマホだらけで、背伸びをして撮りました(笑)

昨年の記事・・・
今月の気になる作品♪
このところの暖かさで、列島のサクラも一気に満開今年も、新入生、新社会人の門出を祝福しています♪今日の日の緊張と幸福感が、何時までも続きますようにそんな今日、せっかくのサ...
コメント (4)   トラックバック (4)

LOVELOVEなBD♪

2016-04-02 21:34:08 | Heart pink

もう月をまたいじゃったけど・・ゴメンナサイ
ともえちゃん、37歳になったんですねぇ~!
おめでとうございます

年齢を感じさせない可愛さがよくでている2ショット♪
ともえちゃんが恭子ちゃんをインスタ公開したのは「100ねこ」以来でしょうか?

篠原ともえ、深田恭子とのバースデ-ショットに反響!「ずっと変わらない」「ふたりとも眩しい」

ところで『ダメ恋』ドラマが終わって半月経つのに、
ダメ恋 ストーカー日記」が更新されていますホントにこのチームはイイ
恭子ちゃんのある日のBBA発言~、
ディーンさんのマトメ方などに触れて、最後は原作者中原アヤ先生のコメントですが、、
原作はまだ続いているんですよね~・・・
続編、期待しちゃいますよね、、ロスなファンは、、、


1年前・・・
ねこひげ恭子ちゃん♪
深田恭子“ねこヒゲ姿”公開 スタッフ全員が「かわいい」先日ミュージカル『100万回生きたねこ』オフィシャルTwitterでもうすぐビジュアル公開~と言っていたので楽しみに...

コメント (2)