to Heart

~その時がくるまでのひとりごと

日テレドラマ「私の頭の中の消しゴム」

2007-01-30 22:57:41 | Heart pink

今年初めての嬉しいニュース
 スポーツ報知

http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20070130-OHT1T00077.htm

日テレ2001版「Pure Soul~君が僕を忘れても~」はスタート時観た事がありますが
テーマが重く見逃しの回を機に見なくなってしまいました。
やはり連ドラで病気の進行に至る主人公の苦悩など丁寧に描かれて感動を与えたものを
2時間では描ききれなかったのか
リメイクされた韓国映画「私の頭の中の・・・」は
両方観た方の評判ではいまひとつのようでした・・

この「Pure Soul」の脚本を書かれた江頭美智留さんは、恭子ちゃんドラマ「イマジン」を書かれた方
最近は「ごくせん」や「1リットルの涙」が話題になりましたが、今度のスペシャルも担当されるのでしょうか、気になるところです

2001年ドラマ版http://www.vap.co.jp/puresoul/

リメイク・・ってどうしても比較されちゃいますし
今回もリメイクだけどキャスト一新、設定も違うって、じゃあ新しいものの方が良くない?
個人的には、恭子ちゃん&ミッチーだったらオリジナルのタイトルの方が良かったのではないかと・・

ともあれ、日テレはこのところ結構地味でもいいドラマが多いので
楽しみです~

コメント

幸福な食卓

2007-01-28 23:59:55 | the cinema (カ行)
お正月に公開された作品よりむしろ現在公開されている映画のほうが、私的には観たいものが多い
この作品も「犬神家の一族」の時予告をみて気になっていたうちの一つ。

土曜日の夕方の上映を選んだのは、小さい子供連れがいないだろうと思ったので・・・
公開間もない土曜だというのに、6分ほどの入り。
マナーのいい心地よい静けさの中で観賞することができました
意外なことに観客の多くは男性の単独、女性の二人連れ。後は中年のご夫婦と言う感じで
若いカップルが意外といなかった・・

原作は、これで吉川英治文学新人賞を受賞した瀬尾まいこ氏
監督の小松隆志氏は、昨年のフジTV「結婚できない男」で大人の不器用な恋愛をコミカルに演出してらっしゃいました
音楽が小林武史氏ご存知、ミスチルやサザンのプロデュースをされています。
この、音楽がよかった

主人公の家族に関してはやや説明不足。
どこかに居るかも知れないが、やや現実的でない家族の設定。
登場人物も、セリフも少なめで、音楽もでしゃばらない過剰なものがナイ演出も
静かに、ゆっくりとした時の流れが心地いい・・・
このタイトルに惹かれてきた方も多かったと思うのだけど、ミスチルのくるみを聴きながら
ラスト、観客それぞれが思いを馳せるものがあっていい
そんな心に優しい映画でした

            

北乃きいちゃんは瑞々しく、勝地涼くんはハイテンション男の子を魅力的に
平岡祐太くんはナイスキャラ さくらも持ち味を生かせた演技で
ナイスキャスティング

            

ところで、この映画で男の天使に会えますよ

 。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


今夜の「堂本兄弟」の恭子ちゃん、白いワンピースに白いお花が可愛かったです
そういえば、ゲストの三船美佳さんとは「幸せになりたい!」で共演してたんですよね
ドラマで共演した方と、終了後もいい関係を続けていられるのは
忙しい女優でありながら本当にすごいこと。
いつもながら、人とのつながりを大事にする努力に感心するばかりです


コメント (8)   トラックバック (18)

暗い夜の・・・

2007-01-28 02:14:43 | Weblog
何度も
深呼吸してみた

でも・・・だめな日ってある


 S.E.N.S.......朝まで....眠りに就くまで

                


 1. Wish to Wish
  2. Fleeting Dreams
  3. Brightness
 4. Wish(ピアノ)
  5. Wish(レリーフ)
  6. Fleeting Dreams(ダークネス)
  7. Fleeting Dreams(ウィンズ)
 8. Kirara(ピアノ)
 9. I for You(インストゥルメンタル)
  10. Brightness(エンジェル)
  11. Perplexity
12. Wish
コメント

富豪刑事 2話

2007-01-26 23:58:12 | Heart pink
◆美術館の富豪刑事◆
ゲスト・・・岡田眞澄/伊藤正之/蒲生純一/松澤一之


県内の美術館を次々と荒らし名画ばかりを持ち去る“怪盗X〝・・って県内にどんだけ美術館があるんだぁ
「七瀬美術館」の館長・三井が、怪盗Xからの予告状が届いたと警備を依頼。捜査係が警備計画を検討する。ト、あの~おちょっとよろしいでしょうか・・・美和子は名画の周りにさらに名画を置くことで犯人を困惑させる方法を提案する。


今回も怪しげな俳優さんばかりがゲストでしたが、ファンファンが出てきた時点で
たいていの方は犯人がお判りだったでしょう
でもいいのです

お見送りの時と、晩餐の席で「おまえは天使のような子じゃあ~」と涙ぐむお爺様
毒ガス騒動の時のサイボーグのような動きの美和子さま
現ナマをお持ちでない美和子さま、お釣りも小切手でお支払い
そして狐塚刑事~~そ、そのゴッホの「ひまわり」にじゅーってあなた
ま、美和子さんも子供の頃モナリザにお髭を描いちゃったそうなので、大丈夫かも~

  神戸刑事 今回の自腹捜査支出額 47億2966万4929

そしてまたしてもエンディングの鎌倉組の渋いオジサマたちに見惚れ(カッコ良過ぎ
美和子さまの素敵さにやられリピしまくり
久しぶりに観てもホントにお洒落ですてきなエンドロールです

コメント

富豪刑事 1話

2007-01-23 00:46:30 | Heart pink
『富豪刑事』

原作・・・・筒井康隆
脚本・・・・蒔田光治:福田卓郎
監督・・・・長江俊和:常廣丈太
音楽・・・・辻 陽
主題歌・・・及川光博『愛のメモリー』
主演深田恭子
  ・・・・山下真司/鈴木一真/西岡徳馬/相島一之/載寧龍二/升毅/寺島進/野波麻帆/市毛良枝/夏八木勲
  ・・・・虎牙光揮/中山恵/能勢あんな/筒井康隆

◆富豪刑事の囮◆
第1話ゲスト・・・温水洋一/甲本雅裕

「5億円事件」の時効が迫るなか、大富豪で政財界にも顔が利くという神戸喜久右衛門の孫娘、神戸美和子が赴任してくる。
焼畑署員は「遅刻しそうなのでヘリ」でご出勤の美和子をなんとか早く辞めさせようとするが、着任早々の行き詰る捜査会議の席で突然美和子の手が挙がる。あの~ぉ、ちょっとよろしいでしょうか?
同僚たちの冷ややかな態度に気付きもしない、富豪ならではの発想、金遣い(失礼)で事件を解決へと導いていく。

刑事があんな長い爪してていいのかぁ~とか
いくらなんでも新人刑事にこんな大きな事件は任せないだろうとか考えちゃいけません
美和子さまのありえねえ度を楽しむサスペンスコメディなんですから

車で出勤すると思いまきびしを撒く、庶民の代表?のような狐塚刑事(←犯罪じゃん
美和子の車に傷をつけようとする婦警(←犯罪じゃん
気付けば美和子の周りは敵意に満ちているのに気付かない美和子さま←あの~ォ、ちょっとよろしいでしょうかァ・・・

                  

容疑者ふたりに大金を使わせて5億円に手をつけさせるという美和子の考えに
目を細めて喜ぶお爺様がかわいい
傍で冷静に見守る松江さんもいいですわ

結局美和子さまの目論見通りに事ははこんでいったかのようにみえたのだが・・

エンドロールはとってもお洒落ミッチーの歌に
マジなかっこいい表情の鎌倉組の面々素敵です
そしてゴージャスな美和子さまくぎづけでした


コメント (2)   トラックバック (1)

雪?

2007-01-21 01:50:06 | Weblog

今日はとっても寒かった
朝は雪がちらついていたらしいし

珍しく「お弁当はいらない」って子供は早く出かけて行っちゃって
今日は学食で食べるんだとか

映画を見に行く約束も
友達が仕事になっちゃって延期しかたないね。。。

夕方買い物に出かけた時も、路面がジャリって濡れてたから霙が降ったのかも
この前雨が降った日に、いっぱい荷物を持ったまま派手に転んだお店に行ったんだけど
今日は荷物も軽かったし、慎重に歩きました
ホント、あの時は知り合いに会わなくてよかった・・・
雨の日、ビルの入り口に敷いてあるカーペットのめくれには要注意です

コメント

富豪刑事

2007-01-18 23:54:58 | Heart pink
はぁ~~~って、ため息がでちゃう美和子さま
そう・・今は「富豪刑事」を観ています

最初の「富豪刑事」の方
ピントのずれた令嬢役がぴったりとハマッて
一話完結なので毎回の事件も、それに伴う奇抜な
お金にモノいわせる捜査方法も面白く
また様々なファッションも楽しめ大好きな作品でした
そうそう
毎回目の玉が飛び出るほどの自腹捜査費用を公式HPに見に行くのも
このドラマのファンの楽しみでした

まだまだ3話。
でもコレ、感想書くとしたら・・・1話づつ?
うう~ん 考えてみよう・・・

コメント

南くんの恋人

2007-01-15 01:28:17 | TV dorama
昨日まで観ていたので、少し覚書程度の感想など

2004 夏クールのテレビ朝日開局45周年記念ドラマ

原作......内田春菊
脚本......中園ミホ:『やまとなでしこ』『スタアの恋』『ハコイリムスメ!』『anego~アネゴ~』
音楽......住友紀人:『やまとなでしこ』『恋ノチカラ』『アンフェア』『ダンドリ。』『ブスの瞳に恋してる』
主題歌....嵐瞳の中のGalaxy
監督......佐藤嗣麻子:『嫉妬の香り』『動物のお医者さん』
   ......『アンフェア(脚本)』『YASHA-夜叉-』『恋におちたら~僕の成功の秘密』『犬神家の一族』

キャスト..深田恭子 二宮和也
    ...田辺誠一/名取裕子/西村雅彦/宮地真緒/石井智也/石橋奈美/北村総一朗

物語は原作が漫画なのでお伽噺のような設定
10年程前には高橋留美子さんと武田真治さんでドラマ化されており当時話題になっていましたが
私はちゃんとは観ていませんでした


書道部の堀切ちよみ(恭子ちゃん)と駅伝部の南進(二宮和也)は、交際11ヶ月なのにキスもまだという純愛カップル。その関係から前進しようと内緒で始めたアルバイトも終わり、旅行のことを打ち明けようとした矢先、ケンかをした帰り道で事故にあい16センチの身長になってしまう・・・

           

娘に若くして駆落ちされ、亡くしてしまったおじいちゃんに妨害される純なふたり
教育熱心というより過剰に息子に期待する南家の父親
なぜかちよみと南くんの間に割って入ろうとする野村さん
小さくなったちよみを必死で護ろうとする南くんと
小さくっても恋人らしくありたいと頑張るちよみちゃん
幼いラブストーリーのようだが、人と人の関わり方を優しく諭してるようでもあり
時々ハッとして胸を突かれるシーンもある
とくにこのドラマでの南くんの母親(名取裕子)の存在は大きい
奮闘する南くんを温かく見守り、大らかな愛情でささえるのが良い
最初は頼りない南くんが次第にカッコよくなっていくその微妙な変化を
ニ宮くんが上手く演じていました
小さくても母性を感じさせる、つよく優しいちよみちゃんに胸がいっぱいになりました

ちよみちゃんは16センチなので
ふたりが会話する時も、ダンスをする時もほとんどが別撮りのはずなのに
恭子ちゃんと二宮君はそれを全く感じさせない目線、声のトーン。流石という感じです

ドラマのラストに関して、’94版「南くん」を観たひとは
「え~っ」とか「うそ・・」と思われたかも知れないけど
続編も出来るんじゃないのという終り方で私は喜びました・・未だにそんな情報はないけど
とにかく、人って若いうちからいつも選択をしながらすすんできたのね・・・
二人の最後の選択が胸を打った可愛いラブストーリーです

            


コメント   トラックバック (1)

カクモナガキ不在

2007-01-14 00:09:26 | Weblog

・・・ってオーバーなタイトルを付けちゃいましたが

去年は映画「天使」の公開で始まり
春に「富豪刑事DX」があったもののそれ以降連ドラがなく、、
やっぱり淋しいです「赤い奇跡」「大奥」のスペシャルだけでは...

もちろん「堂本兄弟」は毎週の楽しみではありますが
ここ最近は発言の機会もあまりなく、、あったとしても
やっぱりなんか違うと思うの・・・
やっぱりドラマ

と、いうことで
「南くんの恋人」1話から観ていました
けっこうグッとくるシーンも多くて
強気で可愛いちよみちゃん&ニノにどっぷりの2日間でした

あ~あ、明日からはなにをみようかな・・・
コメント (2)

スケキヨさん

2007-01-09 23:58:59 | Weblog
ブックマークのところにある
新米編集者スケキヨさんの「犬神日記」
とっても面白いのでいつも楽しみに覗いてるんですが、今年なかなか更新されず
長い正月休みなんだなあ・・と思っていたら
お気の毒なお正月だったようです

いまのところ、ワタクシ近辺は「ノロ」も「ボンゴレ」も大丈夫

つい最近目にしたブログで、もしかかったら、
這ってでも病院へ行き点滴を打って貰うべしとありました

気をつけていても避けられないものかも知れませんが
とりあえず3日ほどで少し快復されたとか・・よかったです

「犬神」観た人もこれからの人も一度のぞいてみては?
スケキヨさん、とっても面白いですよ~



コメント

家族

2007-01-08 23:57:28 | Weblog

お正月に起きた凄惨な兄妹の事件や
昨年離婚した友人のその後の様子を聞いたりで
「家族」というものについて
改めて考えさせられた・・・

夫婦は他人
兄弟は他人の始まりとも聞かされて育った
でも子供の頃はそれが実感としては分らなかった。。。

夫婦で居る事
兄弟であること
親子であることも・・・

嬉しいことや苦しいことを共有し、分かち合えなければ
ストレスになっていくのかも知れない


もう一年ほど前、ある雑誌のインタビューで
あたりまえの事なんて無い。みんな特別なことなんだって思う
って恭子ちゃんは言っていました
恋人や友達や仕事、その出会いのひとつひとつが特別で、幸せなことなんだって...。

いつもそう思って家族にも接する事ができたら
きっと違う私になれるんだろな・・・
コメント

会報

2007-01-06 00:33:48 | Weblog

今年は恭子ちゃんからの年賀状はこないのかな・・と思っていたら
ちゃんとキタ
しかも会報とセット

その中で恭子ちゃんがCMキャラクターのメナードのカレンダー撮影の様子が
レポートされていたんだけど
日付はなんと7月
もっと早く知らせてくれてもいいような・・・
会報は相変わらず白黒、きっとカレンダーの素敵な恭子ちゃんも黒のドレスなんだけど
表紙だけカラーじゃなく、中もカラーにして欲しいよ
このメナードのカレンダーは抽選でプレゼントされるとか

本当に綺麗な恭子ちゃん
籤運まったくナイけど応募してみようかしら

コメント

硫黄島からの手紙

2007-01-04 11:59:17 | the cinema (ア行)
昨日は思ったとおり、映画はどれも2回待ち
友人と短い協議のあと、『硫黄島からの手紙』を観る事に決めチケットを買ってすぐ
軽く一杯やりにいき、映画の後ふたりだけの新年会をやろうと盛り上がりました

             

『硫黄島~』はひと言で言うと素晴しく良質且つ上質な映画でした
戦争を知っている世代には心を抉られるような厳しさがあるかも知れません

今の平和や自由の前にあった理不尽な時代を生きた人々を
イーストウッドが静かに淡々と描いている
戦争を知らない世代の若者や大人にも確実に伝わってくるものがある映画だと思いました

なのに
私の隣のカップル、最初っから最後までガサガサ袋の音をたててポップコーンを食べていたの
食べていたのは男の方だけだったんだけど
どんな大きい袋だったんだよー気が散ったよ

その後、たまには2人で飲もう・・で
初めての居酒屋で新年会
楽しい時間はあっという間、今度また2人で会えるのはいつなんだろ
コメント (6)   トラックバック (2)

今日は映画

2007-01-03 13:16:34 | Weblog
勿論、「犬神」を観たいけど
今日はまだ皆学校も会社も休みだということで
混んでいたら別の何かにするかも・・・

昨日友人のお母さんが「武士の~」をみてキムタクのファンになったときいて
笑ってしまった
だって親子3代、ジャニーズファンってこと
一番遅れてきたキムタクファンってことで>>
とっても良かったとお薦めされちゃったそうです

ちなみに家では「エラゴン」をオススメされました

お正月はなんでも何処でも混んでるのを覚悟して、ええい
行ってきマッスル
コメント

とりあえず・・・

2007-01-02 23:59:55 | Weblog
おもいっきり夜更かし
おもいっきり朝寝坊ができて
ちょっと嬉しい

ついでに
今日は家に来てくれた友達とお買い物
思いっ切りというわけにはいかなかったけど
年末に時間がなくて自分の買い物などほとんど出来なかったので
いろいろ気に入った物が買えたので満足です

お正月だというのに、この頃はどこでも
2日から営業してるので
どこにいっても人だらけ・・・
さすがに荷物の重みと人ごみで疲れて帰ってきました
コメント