to Heart

~その時がくるまでのひとりごと

9月に観たい映画

2008-08-31 23:15:22 | Weblog
一度書いて、画像も貼ったのに、
今回も自分のミスで一瞬にして消えてしまいました、、、ので、簡単になっちゃいます~
」マークは予告を観ている作品です。
8月は同じ作品を2度観たりして(2本も)そんなんで見逃しているものがあって、ちょっと焦ってます。

公開中、もしくはもう直ぐ終了の作品では,この3作品が観たい。
デトロイト・メタル・シティ
 音楽的にどぅかなあ、、と迷ってました

闇の子供たち
 予告でちょっと重いかなぁと思ってましたがやっぱり気になる♪

コレラの時代の愛』時代背景とか、ちょっと惹かれるラブストリーなのよね

《8月30日(土)公開作品》
20世紀少年
コレは絶対観ます

ハンコック』。。。予告観すぎた気も。。

《9月6日(土)公開作品》
シャカリキ!
幸せの1ページ』。。。
グーグーだって猫である』キョンキョン、今月2本あるんだ~♪

《9月13日(土)公開予定》
あぁ、結婚生活』ピアース・ブロスナンが出るのよね、ラブコメらしい

《9月20日(土)公開予定》
ウォンテッド』*9/13~9/15先行上映*
 ほとんどマカヴォイくん目当て

ベティの小さな秘密
ちょっと惹かれてしまいます♪

地球でたったふたり』・・・忍成君が出演してるし、ストーリーにも惹かれます

《9月27日(土)公開作品》
アイアンマン
 少しスリムな鉄人28号にみえる

トウキョウソナタ
 コレも絶対観たい問題は公開劇場よね。。。

最後の初恋』 J.フランコ君が出るのよね~(笑)

頑張って計画的に観ていけば、半分くらいは観れるかな~
コメント (16)   トラックバック (7)

新堂本兄弟

2008-08-31 21:32:42 | Heart pink
8/31 23:15~23:45 フジテレビ
ゲストは約1年ぶりの登場になるソロデビュー20周年の工藤静香さん
セッションする曲は中島みゆきの『宙船』
今度発売すると言う中島みゆきさんの曲をカバーしたアルバムの番宣ですね。

みんなで射的とかにも挑戦しています」と、きくちPの日記にあるのですが、
恭子ちゃんもトライしたのかな?
あとは気になるのは「光ちゃんの目撃談
だって、光ちゃんって、外歩いてそうじゃないし(笑)
車で信号待ちとかだったら、その方が確率は高そう~な気がする(笑) 
コメント

旅するジーンズと16歳の夏

2008-08-30 16:15:22 | the cinema (タ行)
ちがう場所、ちがう経験、ちがう悩み、ひとつの気持ち(ジーンズ)
THE SISTERHOOD OF THE TRAVELING PANTS
上映時間 118分
製作国 アメリカ
監督 ケン・クワピス
出演 アンバー・タンブリン/アレクシス・ブレデル/アメリカ・フェレーラ/ブレイク・ライヴリー/ジェナ・ボイド
母親たちが知り合ったマタニティ教室。それが4人の絆の始まり。生まれる前から同じ場所で同じ時間を過ごし、生まれてからもずっと一緒に、同じ気持ちを分かち合ってきた4人。自由奔放なブリジット、内気なリーナ、皮肉屋のティビー、情熱的なカルメン。性格はまったくバラバラでも、お互いに誰よりも分かり合っている大切な存在。つらい時も4人でいたから乗り越えてくることができた。
カルメンの父親が家を出ていった時も、10歳以上も年の離れた弟の誕生にティビーが憤慨した時も、そして、ブリジットの母親が自ら命を絶った時も……。他人には心を閉ざしてしまうリーナも、彼女たちと一緒なら自分らしくいられる。そんな4人が初めて別々に過ごすことになった16歳の夏。


それぞれ身長も体重もウエストサイズも違う4人の誰にもぴったりのジーンズを
旅立つ前に手に入れた少女たち。
その夏を乗り切るために、そのジーンズは彼女たちを選んだのかも知れない。
ジーンズは海を渡り、国境を越え、次の少女のもとへ行く。




ティビー]頭が切れ、シニカルで、どこか挑戦的なティビーは生きる意味を見つけたい
町に残ってスーパーでアルバイトをしながら、平凡な人達が退屈な仕事をし、意味のない人生を送っている姿を映し出した“ミジメンタリー”の制作をすることが課題。
ブリジット]超自信家でスポーツ万能。4人の中で一番精神的な強さを持ったブリジット。しかし、
実は心は喪失と向い合うのを恐れ、メキシコのサッカーキャンプに参加。ママの死を乗り越えたい

リーナ]真面目で控え目内向的な性格のリーナは今の自分の殻を破りたい
夏休みに祖父母の住むギリシャを訪れて自分を見つめなおそうと決意していた。
[カルメン]情熱と鋭い分析力を併せ持つカルメンの夏の計画は離婚によって離ればなれになった父親のもとへ行って水入らずの楽しい時間を過ごすこと。もっとパパに愛されたい

人として初めて命の儚さ、不条理さに触れる瞬間―、
ひとが孤独を感じる瞬間。
人が弱さを認め強くなる瞬間。
愛が勇気を生み出す瞬間、を
上手く切り取って見せてくれる作品だったかな♪

それぞれのテーマに向かっていく少女たちに
ジーンズは新しい出会いを繋ぎますが、
一方で、人との距離の詰め方、『距離』というものの与える不安も
そこを埋めていく力も教えていたのではないかなぁ

4人ともなると、一人のエピに費やす時間も限られてくるし、
大抵は主に1人か2人を中心とした展開になっていくのが、
この作品では実に上手くバランスよく繋がって、4人の個性がよく描けていたと思う

強いて言えば、ブリジットの心境の変化がやや解り難かった印象があるけど、
そこは敢えてのことだったかも、、、「19歳~」を観たからそう思う

ま、しょうがない事とはいえ、順序を守って「19歳の~」を観ていれば
もっと彼女たちの心の奥が理解できたかもと思わせる、本当の意味で続編だったのだな~と思いました!

先に19歳の少女たちに会ってこられた方も(笑)
その前の、16歳の頃の彼女たちに訪れた試練の夏を覗いてみるのもいいですよ
コメント (4)   トラックバック (4)

カンフー・ダンク!

2008-08-29 00:23:00 | the cinema (カ行)
メガすげェェェェェ──
原題 KUNG FU DUNK/功夫灌籃
製作国・地域: 台湾/香港/中国
製作年度 2008年
上映時間 98分
監督 チュー・イェンピン
出演 ジェイ・チョウ/ チェン・ボーリン/バロン・チェン/シャーリーン・チョイ/ン・マンタ/エリック・ツァン

大学バスケットチームに入部した超人的な身体能力を持つ青年の活躍を、ワイヤーアクションや最新のVFXを駆使して描くアクション・コメディー。主演は、アジアのスーパースター、ジェイ・チョウが務め、豪快なダンクシーンを披露する。さらにチェン・ボーリン、エリック・ツァンらが競演し、スタッフにはハリウッドの特殊効果チームが参加。今までにないカンフーと壮絶なダンクシュートの融合は必見。(シネマトゥデイ)
孤児となりカンフーの達人に育てられ、自らもカンフーの使い手となった青年、ファン・シージエ。ある日、彼が公園で空き缶を巧みなコントロールで小さなゴミ箱に投げ入れるところを目にした中年の男、リーは、彼をスカウトし、大学のバスケットボール・チームに売り込む。最初はバスケの基本さえ知らなかったシージエだが、次第にチームにも溶け込み、勝利の立役者として大活躍する。そしていよいよ、悪質な反則を繰り返す極悪チームを相手に大学リーグの大一番を迎えるシージエたちだったが…。<allcinemaより>

用事が予定より早く終ったので、急遽あまり待ち時間のない「シネカノン有楽町2」で観てきました~。

今年公開のカンフーものはあまり乗らなくて、全てパスしてきたので、
カンフー+バスケのスポーツ・アクションコメディー、スカッと楽しかったです~♪

この作品でのジェイ・チョウは純粋でチョット天然入ってる天才癒し系青年なんですが、なかなか嵌ってました

自転車を漕ぎながら片想いのリリーを横目で見つつ過去の彼女たち(?)を回想するシーンも可愛いし
まだカンフー学校に居る時に、クラブでチョット暴れちゃうシーンもそのノリでおとぼけたっぷりなんだけど、
ここら辺からもうワクワク(笑)
とぼけたかる~いアクションに大げさに破壊しまくりでも、ジェイ・チョウがカッコイイ~

で、夜の公園で知り合った怪しい男の「富豪化計画」に乗って彼を捨てた親を捜すことになるんだけど
ここら辺はもう・・ってか、これが"奇跡のシンフォニー"じゃんって展開(笑)イヤ、ホントなの

そしていよいよマスコミを集めて「富豪化計画」がスタート。
田舎出の天才カンフー青年はバスケのルールも知らず、ましてダンクなんて見たこともないの。
ここでやっとチェン・ボーリンくん登場~ですが、
あらっ、ちょっとクライ?でもなかなか雰囲気あってステキでした
で、も一人暗いめのイケメン、バロン・チェンも登場~
もうこっから待ってました、バスケのお話しになります(笑)

リバウンドを制する者は 試合を制す

って、カッコいいこというんですが、そこはカンフー映画、ありえんだろーも
「まあ!オチャメ♪」と思って楽しめればOK~。
なんたって試合中の3人はカッコイイですもん


このクライマックスの大学リーグの決勝戦、もっと長く見せてくれればいいのに~と思ったのは私だけ?

ジェイ・チョウが歌う主題歌「マスター・チョウ」はノリがよくて
暫く脳内ヘビロテに~
♪僕は豆腐を売らない、トーフー、トーフー♪僕が学校で習ったのは、カンフー、カンフー♪
なんだそう~エンドで、歌にも字幕つけてくれればヨカッタのに~。

それにしても先日の「言えない秘密」といい、この曲といい、
ジェイ・チョウの音楽の才能には驚きですね~♪
しかも、この作品での撮影には上げ底シューズでやってたなんて公開しちゃうし、
性格の好さも感じてしまうわ~♪好感度アップよね


ところで「シネカノン有楽町2丁目」たまたま近くに居たのでコチラでの観賞となったんですが、、
あまりのスクリーンの小ささに、(それにオドロキの狭さ)思わず回れ右して出ようかと思いました
それでも本編が始まると少し拡大して横長になったけど、構造的にもフラットな造りで残念。
やはりこういう系の映画は、大きいスクリーンで観たかったわー!
コメント (8)   トラックバック (24)

学校じゃ教えられない!7限目

2008-08-28 18:48:44 | TV dorama
日テレ毎週火曜 後10:00~10:54
脚本: 遊川和彦
演出: 猪股隆一、木内健人、石原純
ディズニー映画大好きの夢見る乙女、英語教師の相田舞が社交ダンス部を立ち上げ、生徒たちの成長を後押しするちょっと翔んでる青春グラフィティー。

相田舞(25)英語教師 =深田恭子
氷室信二郎(年齢不詳)新任校長 =谷原章介
水木一樹 見た目もそこそこの優等生 =中村蒼 
見城瞳 面倒見のいい男前なオンナ =朝倉あき
成田静也 ナルシスト=前田光輝
鈴村レイ 潔癖症 =加藤みづき
稲井信太郎 突然破壊衝動が爆発!? =法月康平
亀田真帆 陸上部を辞め居場所を失う =夏目鈴
長崎きよし 性欲を抑えきれない =柳沢太介
吉澤可奈 NOと言えない =柳生みゆ 
西川叶夢 常に前向き =森崎ウィン 
横山永璃 恋愛中毒 =仲里依紗
影山盟子(年齢不詳) 校長代理 =伊藤蘭

[7限目] なぜ愛はひとを狂わせるの?
親友の叶夢(森崎ウィン)に未練を残したまま、一樹(中村蒼)は、瞳(朝倉あき)に交際を申し込んだ。叶夢のことを諦めるという言葉を信じた瞳は、OKの返事を出す。
後日、二人の交際宣言を聞き、祝福する社交ダンス部メンバーたち。
だが一樹は、永璃(仲里依紗)とラブラブな叶夢のことが気になって仕方がない。
瞳は、そんな一樹を複雑な表情で眺めていた。
舞(深田恭子)の提案で、社交ダンス部は夏期合宿をすることに。校舎に集まる部員たちだったが、練習そっちのけでリゾートモード全開。
一樹は、恋の相談ばかり持ちかけてくるメンバーや、永璃とのケンカに自分を巻き込む、叶夢の無神経な態度に、イライラを募らせていた。
そしてついに一樹は…!?


ついに今週は、一番デリケートな一樹の恋に焦点が!

一生打ち明けるつもりが無かった一樹でしたが、叶夢のことが気になって仕方がない。
交際宣言をしたこともあって、瞳も積極的になるんだけど、そんなに直ぐに叶夢を諦められるわけもなく、
瞳に試されてしまう一樹・・・


ラブハンターの舞ちゃんは、一樹が本当は誰を好きか知っていたんですねー
「好きな人と付き合えるのは、ホントは奇跡みたいなことなのに、些細な事で文句を言ってケンカばかりしてる」―皆に、ついに一樹はバクハツします。
そして、一樹の怒りの元である叶夢を殴ってしまう、、。
叶夢に嫌われようとした行動だったんだけど、
そんな一樹に舞チャンは、人生で一番つらいのは大切な人を失うことだと声をかけますが、
「一人には慣れてる」といって出て行っちゃう一樹。。。

そんな一樹に呼び出され、お洒落してとんで来た瞳に、あまりにもつれない仕打ち。
瞳は夜の部室に一樹を連れて行き勝負に出ようとするんだけど、、
「逃げてんじゃないわよ、(叶夢に)好きならスキって言えばいいじゃない!」
と。。。悲しい展開に
片付けで残っていた舞チャンが姿をみせると、瞳は「どこが間違ってたのかなあ、一生こうなのかなあ」と、
そんな瞳に舞チャン先生は、今回は「ポカホンタス」から~
自分の生き方に自信をなくしたポカホンタスに、木の精がこう言うの。
正しい道が 歩きやすいわけじゃない瞳は間違ってないよ。

いつも頼りにされる側で、甘える事が無かった瞳を舞チャンが優しく包んであげて、ここが今回のうるうるポイントだったよ~
いつもの瞳に戻りました♪

そして一樹も一大決心で、翌日叶夢をプールサイドに呼び出して
ナントカ(笑)自分の気持ちを伝えます
ここは可笑しくて、切なくて、爽やかで、よく出来ていたと思います。



その後の叶夢の行動も、なんかこのキャラだからね~とちょっと安心するところでした
みんなで集まって花火をしながら、そこにはいつもの叶夢、いつもの瞳の姿があって
一樹のナレーション
僕はなんて幸せなんだろう、、僕は一人じゃない。こんな大切な仲間がたくさんいる―。
そして――夏休みも終わり、文化祭まで1ヶ月を切ったあの日、事件は起きた―


昨日は忙しくて、録画を見直すことができなくて、またしても記事が遅れました
でもでも、予告にちょっと映ってたポニーテールの女子高生は、正しく恭子ちゃん
舞チャン大ピーンチのようですがまだまだ女子高生姿があんなに可愛い~
もう、あと残り3回になっちゃいましたが、次回は高校時代の舞チャンのエピソード?
来週も楽しみ~♪


コメント (4)   トラックバック (7)

言えない秘密

2008-08-26 23:24:42 | the cinema (ア行)
もう会うことができなくても
あなたにだけは伝えたい。

原題 不能説的・祕密
製作国・地域 台湾
製作年度 2007年
上映時間 102分
脚本 ジェイ・チョウ、トー・チーロン
監督 ジェイ・チョウ
音楽 テルサック・ヤンバン、ジェイ・チョウ
出演 ジェイ・チョウ/グイ・ルンメイ/アリス・ツォン/アンソニー・ウォン

アジアのトップスター、ジェイ・チョウが監督デビューを果たした切ないラブストーリー。運命の恋に落ちる恋人たちを待ち受ける皮肉な運命を衝撃の展開でみせる。本作でジェイ・チョウは監督、脚本、主演、音楽の4役を担当し、その天才ぶりをみせつけた。彼の相手を『藍色夏恋』のグイ・ルンメイ、父親を香港の名優アンソニー・ウォンが演じている。劇中で披露されるジェイ・チョウの神業のようなピアノの腕前と、確かな存在感に圧倒される。(シネマトゥデイ)

父親が教師をしている淡江音楽学校のピアノ科に転校してきたシャンルン(ジェイ・チョウ)は、旧校舎のピアノ室から聞こえる神秘的なメロディに誘われ、それを弾いていた女性、シャオユー(グイ・ルンメイ)と出会う。たちまち恋に落ちるシャンルン。身体が弱く休みがちなシャオユーだったが、2人の愛は急速に深まっていくかに思われた。そんな矢先、ふとした誤解からシャオユーはシャンルンの前から姿を消してしまう。


公開間もないというのに、もう夕方2回の上映になってますが、いいんでしょうか?
こんな素敵な作品なのに?
と、いう訳で、『藍色夏恋』の文字と、音楽学校が舞台というだけでもう観たくて仕方が無かったので
観てきましたよ~かなりお気に入りになりました~♪
でも――、感想は秘密。言えないの(笑)
ラブストーリーだけど、ミステリー的要素もあって、フツウに始まる序盤から気を抜いてはいけません

途中であなたの頭の中に?! ??!?、?!???が膨らんできた時、
たぶん恋に眼がくらんでいるシャンルンよりも先に
あなたの方が秘密に気が付くでしょう

ジェイ・チョウの出演作、「王妃の紋章」「頭文字[イニシャル]D」も未見ですし、
CDも持っていませんが、久々にこのサントラ欲しいです!
作品中の早い段階で彼の神業的ピアノ演奏が披露されます
ピアノ王子との楽譜を賭けたバトルシーンは圧巻です
もう序盤からピアノの音色で心は掴まれていましたが、とにかく煉瓦のクラシックな校舎に溢れるピアノの音色
堅苦しい制服姿の高校生
どこかノスタルジックな雰囲気がこのあとの展開にマッチしてたし
これは直ぐにでもまた観に行くかも

気になるラストは、意見の分かれるところかも・・・ 私は好きですけど・・

香港の青春モノには自転車の二人乗りが良く合います♪


 少し女性らしくなったね
もういいかげん、『藍色夏恋』続編作って下さい(笑)
去年アチラで放映された、チェン・ボーリンくんとのCMみて、余計にその後の2人が見たいです~


これは「カンフー~」の一枚ですが、
ジェイ・チョウ,角度によっては韓国人歌手「K」にも似てるし
横顔はマツケンこと松山ケンイチくんに似てますよね~。初めてって気がしなかった♪
なんかいきなり「カンフーダンク」も観たくなってきちゃった

撮影に使われた、舞台となる音楽学校は、ジェイ・チョウの出身校だということですが、
取り壊されたんでしょうか、気になります~ 
コメント (14)   トラックバック (16)

「学校じゃ~!」開始時間に注意♪

2008-08-26 18:10:02 | Weblog
早いもので、舞チャンの課外授業も、もう7回目だよ♪
今夜は野球があるので、延長になるかどうか要・注意
録画している方は予め30分の余裕をもっていた方がいいかも知れませんね。

26日 日テレ火曜 後10:00~10:54,,...ですが、
野球の延長は最大30分ということで、場合によっては15分の延長とか、、、
ギリギリまでわからないこともあるし、困りモノです。日テレ。。。

ところで昨日汐留でのイベントの様子、公式HPのスタッフブログにレポがありますね♪
校長(谷原さん)と部員のダンスとか
見てみたかったなー

とにかく、宿題さっさと片付けて、一応いつもの校門前に、集合してねー♪(笑)
コメント (2)   トラックバック (1)

今夜の『新堂本兄弟』

2008-08-24 22:43:18 | Heart pink
24(日) 23:15~23:45 フジテレビ
ゲストは初登場、唐沢寿明さん
KinKi Kidsの新曲『Secret Code』剛君のドラマの主題歌ですよね

恭子ちゃんは「ハコイリ」か何かの(たぶんフジの)番宣番組で、ご一緒だったと思いますが、
録画したものをまだ未確認のままです。
対戦・・・、あったかなあ。。会話はなかったんじゃないかしら?
唐沢さんは不思議な魅力を感じている俳優さんなので、いつか恭子ちゃんとも共演する事があったらいいな~

もう直ぐ公開の『20世紀少年』は絶対観たい作品ですが、
今回は番宣、なんか一人で頑張ってらっしゃいますね♪結構お見かけしますが、飽きません
光ちゃんと剛くんと3人でのヌンチャクコーナーも楽しみ

....................... ......................
8/25 追記
恭子ちゃんと唐沢さんは『2003 FNS秋のオールスター~』で
恭子ちゃん「ハコイリムスメ!チーム」唐沢さん「白い巨塔・チーム」で顔を合わせていますね。
(長い番組だったのでもう上書きしちゃって録画したものは残っていませんでした)
人数がとても多かったし、お2人とも覚えてなかったんですね
確かこの時は唐沢さん大活躍で、「白い巨塔」チームが優勝しました
コメント (2)

[イベント情報]汐留 日本テレビ

2008-08-24 01:26:10 | Weblog
 
8月25日(月)14:30~  汐留日本テレビ GO!GO!SIODOME ジャンボリー
ドラマ「学校じゃ教えられない!」ヒミツの夏期講習
人気ドラマ「学校じゃ教えられない!」から、校長役の谷原章介さんを迎え、ドラマの魅力・(秘)エピソードを公開!
(入場は無料です♪)
【出演】谷原章介、遊川和彦(脚本家)
    社交ダンス部員(中村蒼、前田公輝、朝倉あき、法月康平、加藤みづき、柳沢太介、夏目鈴、柳生みゆ)

恭子ちゃんは残念ながら出席しないのよね~そういえば、トムエリ・ペアも。
どなたか行かれたらお話聞かせて欲しいなぁ、、、

 http://www.ntv.co.jp/shiodome/event/2008jamboree/index.html

蒼くんの23日のブログにも
 http://ameblo.jp/nakamura-aoi
コメント

陸上400M リレー 日本男子"銅"!

2008-08-23 00:34:47 | Weblog
おめでとう~、朝原選手!
日本の短距離界を、長く引っ張ってきて遂に勝ち取ったメダルは、
前回、アテネで惜しくも届かなかったリレーで!

日本陸上界、トラック競技ではもはやメダルは取れないのではないかという
アメリカやカリブ勢の圧倒的強さの前で、
ラッキーもあったけど、
それも(バトンのつなぎも)実力のうち。
合宿で特に力を入れていたという日本のバトンリレーは、何度観ても素晴しい!

第一走者の塚原選手から2走の末続選手へ、
そして3走の高平選手は隣にウサイン・ボルトを追ってアンカーの朝原選手へ!
目頭が熱くなりました!喉元が熱くなりました!

おめでとう!!凄かったです!
そして、ご苦労様でした。



コメント (6)

ベガスの恋に勝つルール

2008-08-22 18:49:25 | the cinema (ハ行)
恋も、お金も、人生も。
幸運は、前向きな人の味方。

原題 WHAT HAPPENS IN VEGAS
上映時間 99分
監督 トム・ヴォーン
音楽 クリストフ・ベック
出演 キャメロン・ディアス/アシュトン・カッチャー/ロブ・コードリー/トリート・ウィリアムズ/デニス・ミラー/レイク・ベル/ デニス・ファリナ

キャメロン・ディアスとアシュトン・カッチャーの共演で贈るロマンティック・コメディ。
監督は主にTVで演出を手掛け本作で長編2作目のトム・ヴォーン。

ウォール街で働くジョイはその完璧主義な性格が災いし、フィアンセにフラれるハメに。一方、同じニューヨークで父親が経営する工場を解雇されたお気楽な男ジャック。そんな彼らはそれぞれ親友を連れて気晴らしにラスベガスへ繰り出し、ホテルの部屋のダブルブッキングがきっかけで出会った。ところが、すぐに意気投合した2人はその夜、酒を飲んでバカ騒ぎした末、勢いで結婚してしまう。翌日、事の次第に気付いた2人は一転して険悪モード。だが婚姻の無効手続きをしようとした矢先、ジャックがジョイの25セントを投入したスロットマシンで300万ドルもの大金を当てるのだった。しかし、賞金の所有権を互いに主張して譲らない2人は、その決着を法廷に委ねるが…。

実は6つも年上のキャメロン、場面によってはアシュトンくんとは姉弟に見えちゃったりするんだけど(笑)
底抜けに明るい笑顔を振りまくキャメロンがキュート♪

下ネタも結構アリなんですが、気持ち悪くならない程度、ってか、
やはりテンポのいい2人のやり取りと、カメラワーク、それとキャラクターのおかげかも

仕事はバリバリ、デキル女が恋につまづいて旅に出る~ってシチュエーションは
昨年の「ホリデイ」みたいですが(酔った勢いでベッドインまで同じ、笑)
今回は結婚までしちゃったんだから、やっぱりキャメロン半端じゃありません
「計画魔」という設定なんだけど、計画にないあんなこと、こんなことは、
目まぐるしい一夜の過ち
しかも相手は無職で子供じみてる男だし。
やっぱ、早いトコ150万ドル貰って、バイバイしちゃいなよ~って,
仕事で稼げるオンナなんだから!と思ったのは私だけじゃないはず。

だけど、「やれ」といわれる事は成し遂げた事がない根気のないジャックも、
300万ドルを独り占めせんと意外に頑張るし(笑)
シティーマラソン(だっけ?)を完走したのが自慢というだけあって、
そんなジャックの妨害には負けないタフなジョイ
手を替え品を替えてのバトルがテンポよく展開されていて楽しい♪

ジャックの家族に接近した辺りから、ジョイの気持ちが少しづつ変化してきて
保養地では素敵なシーンもみられるのですが・・
最後の法廷では思いがけない展開に、、、




最初の方では姉弟に見えちゃったりするアシュトンとキャメロンだけど、
スラッとしたふたりはとってもお似合いでした

プロポーションの良さを際立たせる、キャメロンのシンプルなファッションも良かった
いっつもゴテゴテしてないのよねー♪
甘さがどこかにあるんだけどつま先までシンプルなコーディネイト 好みです~

エンドロールの後にちょっとオマケ、最後まで席をたたないでね♪
コメント (22)   トラックバック (33)

学校じゃ教えられない!6限目

2008-08-20 23:30:20 | TV dorama
日テレ毎週火曜 後10:00~10:54
脚本: 遊川和彦
演出: 猪股隆一、木内健人、石原純
ディズニー映画大好きの夢見る乙女、英語教師の相田舞が社交ダンス部を立ち上げ、生徒たちの成長を後押しするちょっと翔んでる青春グラフィティー。

相田舞(25)英語教師 =深田恭子
氷室信二郎(年齢不詳)新任校長 =谷原章介
水木一樹 見た目もそこそこの優等生 =中村蒼 
見城瞳 面倒見のいい男前なオンナ =朝倉あき
成田静也 ナルシスト=前田光輝
鈴村レイ 潔癖症 =加藤みづき
稲井信太郎 突然破壊衝動が爆発!? =法月康平
亀田真帆 陸上部を辞め居場所を失う =夏目鈴
長崎きよし 性欲を抑えきれない =柳沢太介
吉澤可奈 NOと言えない =柳生みゆ 
西川叶夢 常に前向き =森崎ウィン 
横山永璃 恋愛中毒 =仲里依紗
影山盟子(年齢不詳) 校長代理 =伊藤蘭

[6限目] 好きなの?ヤリたいの?
舞(深田恭子)が、正式に部として認可された社交ダンス部初の発表会を、9月の文化祭でやると宣言。それが創作ダンスだと告げられた部員たちは、口々に文句を言いながらも練習を始める。
そんな中、一樹(中村蒼)と瞳(朝倉あき)は、目も合わさず、よそよそしい雰囲気の叶夢(森崎ウィン)と永璃(仲里依紗)に気付いた。
実は、叶夢は、永璃とラブホテルに入ったものの、“好きなのか”“それともやりたいだけなのか”と質問をされてフリーズし、キスさえしないで出てしまったのだ。
これを知った一樹と瞳は、懸命になだめるが…


今週の見所は、叶夢の「お前みたいに誰とでもラブホに行くような女と」発言に傷ついた永璃が
社交ダンス部を辞めたいと言い出し、
恋する人を見抜く力に絶対の自信を持つ舞チャンが、二人のために一計を案じ、
一肌脱ぐシーンでしたね♪

やはり部活を辞めると言い出した叶夢に、辞めないでくれたら「叶夢にだけみせてあげるTバック
あわやというところで、作戦通り永璃からの電話、メールがきて、
隠れて見守っていた部員たちや、
隠れて覗き見していた校長を安堵させました~ヨカッタよ~~



自分より異性経験がありそうな永璃に対して、自分を大きくみせたくて
ついバカにしたような言葉を吐いてしまうという叶夢に、舞チャンは
今週は「アラジン」から~
王女のジャスミンに恋したアラジンは一度はジーニーに王子にしてもらうけど、
「本当の自分で勝負しろ!」って言われるの。
女の子は、好きな人に経験があるとかそんなこと関係なくて、一番感じるのは心☆愛だと。
自分の事を一番愛してくれてるって気持ちが、一番嬉しいんだと。
そして、焦ってするもんじゃないの、Hは。それより、今の気持ちを大切にしなきゃ
恋に明日はないの!
恋は今しかないの!
と、叶夢を送り出す舞チャン先生



ちょっとかっこ悪い見つけられ方をした校長。
「貴方は本当に彼が何もしないと信じてたんですか?」「じゃぁ、コレ(防犯グッズ?)は何です?!」
「なんでこんなものが。。。アハハハ」 ・・・今週のツボでございました
あとは~、毎度お馴染みになった一樹の白昼夢ね(笑)

「王子様は日替わり」なんて言ってた永璃でしたが、瞳に本音で語るところは胸がキュンとしました。。。
相手に嫌われたくなくて突っぱねられない、、そんな弱い子だったのね

花火をみつめるそれぞれのカップルの心に舞チャンのメッセージは届いていました。
今夜も一樹のナレーション
―大事なのはテクニックなんかじゃない。知識でも経験でもない。大事なのは愛だ。
大事なのは、相手のことを大切だと思える気持を伝えることだ。
大事なのは、この一瞬を絶対に忘れないという気持ちだ―
う~~ん、青春~

さて、来週はトムに寄せる想いを断ち切ると言う一樹&瞳がメイン?
それと、舞チャンの隣に、愛を知らない男が一人~だよ♪こちらも楽しみになってきました
コメント (6)   トラックバック (7)

旅するジーンズと19歳の旅立ち

2008-08-20 09:44:03 | the cinema (タ行)
原題 THE SISTERHOOD OF THE TRAVELING PANTS 2
製作国 アメリカ
上映時間 119分
原作 アン・ブラッシェアーズ
監督 サナー・ハムリ
音楽 レイチェル・ポートマン
出演 アンバー・タンブリン/アメリカ・フェレーラ/ブレイク・ライヴリー/アレクシス・ブレデル/レイチェル・ニコルズ/レイチェル・ティコティン/ショーレ・アグダシュルー 

アン・ブラッシェアーズのヤングアダルト小説『トラベリング・パンツ』シリーズの映画化第2弾。4人とも大学生となりそれぞれの道を歩み始めた彼女たちの大人への成長と変わることのない強い絆を瑞々しく綴る。監督はミュージックビデオの世界で活躍し、これが長編2作目のサナー・ハムリ。


生まれたときから一緒だった4人の少女(アンバー・タンブリン、アメリカ・フェレーラ、ブレイク・ライヴリー、アレクシス・ブレデル)は別々の大学に進み、心のすれ違いも多くなっていた。16歳の夏をわかち合った1本のジーンズを、19歳の夏もまた交替で持つことにした4人。それぞれが未来の夢へと向かい、ジーンズとともにひと夏を過ごすことにするが……。(シネマトゥ

『旅するジーンズと16歳の夏』を観てから観に行こうと思っていたのに、そんな暇も無く公開になってしまい、
ちょっとフライング~コチラを先に観てしまいました。
それでも大まかな粗筋は漠然と頭にあったので、それなりに楽しんで観ることは出来ました。
が、これからご覧になる方は、前作を先にご覧になることをオススメします
冒頭少しの説明と幾つかのシーンが流れるのですが、
きっとその映像にも「何故?」が付きまとうような気がするからです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

母親同士がマタニティ教室で出会った縁で、生まれる前から親友だった4人の少女たちが、
初めてバラバラに過ごすことになった16歳の夏から3回目の夏―

別々の大学に進み、会うことも少なくなり、
それぞれが自分の夢に向かう道を歩いているかのようにみえていたが、
夏休みを迎え、それぞれのテーマをもって過ごす事になる

19歳というまたしても訪れた転換期と、ジーンズに託す彼女たちの寂しさや怒りや、優しさを綴る
そして、少し成長した彼女たちの迷いや、勇気や愛も・・・

誰しもが友達との付き合いの中で、一度は経験したことがあるだろう心のぶつかり合いや
新しい環境の中に溶け込むことの難しさ、
居場所のない孤独感、警戒心・・・
そして、どんな事も、あるがままの事実を認め、受け入れること、許すこと――
これらは人との繋がりの中で、大人になってもある意味難しく、ずっと続いていくテーマかも知れませんね

4人のエピソード、全てが良かったし、其々にジンとくるところがあり、
音楽も大好きなレイチェル・ポートマン
ロケ地もステキ旅に出たくなりました~

 カルメンのお相手の彼がなかなかイイよぅ
本当にイギリス出身の俳優なのか?今回のワタクシ的イチオシ
・・・カルメンの何処を気に入ったんだろ

-------------------------------------------------------------
この作品を鑑賞後、前作旅するジーンズと16歳の夏も観る事が出来ました♪
感想は、後日。あ、ひと言だけ、、良かったですよ!!
コメント (8)   トラックバック (12)

学校じゃ教えられない!の日

2008-08-19 21:27:30 | Heart pink
今夜、6話のメインは5番カップル(っていうんだねー)
 トムエリ(笑)のお話です~

公式のリレーブログで瞳役の朝倉あきちゃんが教えてくれてますので
早速つかっちゃいました

けっこう何処にでもいそうなキャラ、トムエリ(笑)
一番幼い気もスルこのカップルの本音がみえるかな?

少~しづつ変ってる引きこもり、氷室校長と舞ちゃん先生の関係も気になるところ


  今夜も、校門前ねぇ~~
コメント (2)   トラックバック (1)

YOMIURI テレビ館~♪

2008-08-18 20:20:17 | Heart pink
昨日は友達と久しぶりにお茶してお買い物~♪
で、待ち合わせ早々にコチラを戴きました~(友人は読売購読者なのです♪)
画像は表紙の恭子ちゃんですが、裏表紙にはこのイチゴと小花のキュートなワンピの
ひざ上までの恭子ちゃんがメロンちゃんを抱えて載っています
読売の販売店でだれでも購入できるそうですが、
インタビュー、少し抜粋してご紹介しますね

Close Up
深田恭子「学校じゃ教えられない!」
私は恋のキューピッドにはなれません
「大切にしている事は」の質問に「笑顔」と即答。
「楽しい気持ちをおすそ分けしたいから。なるべく笑顔でいるんです」と付け加える。彼女の最大の魅力だ。
これまで演じてきたヒロインたちも、こぼれるような笑顔で周囲をなごませ、励ましてきた。「学校じゃ教えられない!」でも、明るく元気でメゲない教師を演じている。


悩める生徒たちの背中を押してくれる"妖精"のような存在。恋をしている人や、寂しい人を見抜く能力もある。
「舞チャンならではの才能ですよね。だから、世話を焼きたくなるんでしょう。
私は何も気付かないで生きていきたいです(笑)。
そんな才能があったら、毎日、ハラハラしちゃうから」
「いじめの話も出てきますが、つらいだろうなあと胸が痛くなる。
悩んでいる人には、『卒業して社会に出たら、もっと楽しいことがあるよ』と声を掛けたくなります」
など、
恭子ちゃんらしくインタビューに答えています。

ディズニーランド、以前も好きだといってたし、篠原ともえちゃんと行ったりしてますが、
それにしても2週続けてとは!月に一度は行ってるそうですヨ

ところで、オリンピックが始まって、益々ドラマの視聴率は厳しいですが、
このドラマは特にワンセグで観ている人が多いらしいですね~
ワンセグアクセス数、日テレ"ダントツ1位"だそうです
そんなに人と観るのが気まずいかな~って言ったら、
「キッチンやお風呂でもみれるから」その友人も先週はワンセグで観たらしい
ぅ~~~ん、、時代なのかな~。
でもやっぱり大画面で観たい派なの、私、、
コメント