to Heart

~その時がくるまでのひとりごと

恭子ちゃんin大阪 会見2♪

2015-07-29 21:48:17 | Heart pink




深田恭子 初舞台で驚きの連続「映像の世界とは何から何まで違う」
深田恭子、初舞台の稽古で新鮮な喜び「毎日同じ時間に始まって同じ時間に終わる」
深キョン初舞台「不安がないとは嘘になる」
以前の記事に、
深田には、これまでも舞台への出演オファーが何度かあったが、タイミングが合わず断念していた。今回は昨年8月にオファーを受けた際、13年版の舞台映像を見て感涙し、出演を決めた。

とありましたが、大人びた外観とは裏腹に、芸能界にいてよくぞこんなに純粋に
ゆっくり育ってきたなあ・・・と思わずにいられない、ピュアな恭子ちゃん
このタイミングでの、舞台デビューがこの作品、ということに運命的なものを感じます.....。
だって、、、あの「白いねこ」ですよ?あまりに彼女にピッタリです

ホリプロの恭子ちゃん公式に、やっと「にじいろジーン」が追加されて、
雑誌情報も2つ程追加されています。

8月1日(土)『シアターガイド』(モーニングデスク)
8月6日(木)『Hanako』(マガジンハウス)



コメント

ミュージカル「100万回生きたねこ」PR会見♪

2015-07-27 19:06:01 | Heart pink

成河さんのコメント、
 「深田さんは新しい環境を素直に楽しんでる感じがする。
 舞台畑の僕らからしたら新鮮で驚かされるし、逆に教えられることがある。
 みんなホントに癒されています」

素直で前向きに頑張ってる恭子ちゃんが伝わってきて、本当に楽しみです



コメント (2)

「Boot!」&『MAQUIA』の恭子ちゃん♪

2015-07-26 23:15:54 | Heart pink





「100万回生きたねこ」公式Twitterは、
恭子ちゃんの練習風景をなかなか載せてくれないので、
やっとこの番組で恭子ちゃんの練習着姿を観れましたね~

12年度版(森山未来、満島ひかりさん)の映像も流れましたが、
恭子ちゃんの場面も、12年版も、「女の子とねこ」のシーンのみ。
「白い猫」は、本番までのお楽しみ~なんですね



深田恭子さんのオトナ可愛い魅力に迫る! 意外な趣味もチラッと公開

「MAQUIA」9月号に掲載中のインタビューの様子はコチラで公開されてます♪

カッコいい女性が時折見せる人間らしさこそ「可愛さ」

1年前の記事、、
いい部屋ネット 運命の出会い物語Episode1「運命の郵便物」
  今年の春先に、恭子ちゃんがCMキャラクターとなっている「いい部屋ネット」で運命の出会いの実話を募集していましたが、結果がコチラでご覧になれます。(原文のままではないと...

コメント

人生スイッチ

2015-07-26 13:39:58 | the cinema (サ行)

原題 RELATOS SALVAJES:WILD TALES
上映時間 122分 映倫 PG12
製作国 アルゼンチン/スペイン
脚本 ダミアン・ジフロン
監督 ダミアン・ジフロン
音楽 グスターボ・サンタオラヤ
出演 リカルド・ダリン/オスカル・マルティネス/レオナルド・スバラーリャ/エリカ・リバス/リタ・コルテセ/フリエタ・シルベルベルグ/ダリオ・グランディネッティ

「おかえし」――仕事の依頼を受け、指定された飛行機に乗ったファッションモデル。やがて、乗客全員が彼女の元カレと関わりあることが判明するが…。「おもてなし」――郊外のレストラン。ウェイトレスの女は、客として現れた男が、父を自殺に追いやり、母を誘惑した高利貸しと気づくが…。「エンスト」――荒野の一本道で前をノロノロ走るオンボロ車に、追い越しざまに罵声を浴びせる新車の男。運悪くパンクに見舞われ、タイヤ交換を始めたところに、先ほどのオンボロ車が追いついてくるが…。他、ささいなきっかけで、押さえ込んでいた怒りのタガが外れてしまう人々を待ち受ける衝撃の顛末を、辛口のユーモアで繊細かつパワフルに描いた全6編。


サスペンス・コメディということだったので、結構軽いキモチで行ってみたら、、
まさかの、笑えないコメディで、超~ブラックで、超~ワイルド
6つの短編集なのだけど、主人公たちは全く交わらない。
しれっと始まって唐突に終わらせる。

―最悪の先にある、予想を超えた結末を嗤え―
と、予告で言っていましたが、
タンゴの国、アルゼンチンですから、情熱がありあまるから~ぁ
ハゲしいです。とても笑えません。悲惨ですから~。


「おかえし」コレは最近の実際の悲惨な事件が思い起こされて、笑えない。
「おもてなし」コレは呆気にとられる。ちょっと嗤えるかも!凄いの、調理師のママ
「エンスト」グロイところもあってちょっと憤るけど、可哀想だけど最期は笑った。ゴメン!
「ヒーローになるために」ツイてない・・で終わらせなかった男の、ウソのようなエンド
「愚息」笑えないよ~~いいのか?アレで?!
「HAPPY WEDDING」スイッチが入った花嫁の凄まじいこと!だけど、、コレもまさかのエンド

テーマは、怒りと復讐でしょうか~。

感想を一口には言えないけど、笑えないけどニヤニヤできるし、普通に面白かった
ヤル気スイッチは「今でしょ!」なのだけど(笑)
怒りのスイッチは、、、まあ、教訓に、ということで
コメント (2)   トラックバック (16)

恭子ちゃん情報プチまとめ

2015-07-25 22:19:19 | Heart pink

8月1日(土) 8:30~9:55 フジ にじいろジーン
 短い予告がみれます、コチラ
8月8日(土) 23:30~24:00 TBS 「新チューボーですよ!」
 前回はたしか『専業主婦探偵』のPR出演だったでしょうか?
 恭子ちゃんのエプロン姿がとっても可愛かったですが
 番組の間、恭子ちゃんの出演ドラマの(他局のドラマも!)OSTがずっと流れて、
 番組スタッフの心遣いにグッときてしまったのでした

          


7月23日(木)『VOCE』9月号(講談社)
7月23日(木)『MAQUIA』9月号(集英社)
7月28日(火)『MORE』9月号(集英社)
8月7日(金)『LEE』(集英社)
8月11日(火)『sweer』9月号(宝島社)
8月12日(水)『GINZA』9月号(マガジンハウス)

 
コメント (2)

Boot!でミュージカル「100万回生きたねこ」

2015-07-20 22:19:05 | Weblog

Boot!
 7/20(月)26:49~26:56 【TBS1】
 7/21(火)26:29~26:36  〃
 7/22(水)26:19~26:26   〃
 7/23(木)26:49~26:56   〃

■ミュージカル「100万回生きたねこ」 100万回生まれ変わっては、死んでゆくねこ…。
この夏、誰もが忘れられないあの名作が帰ってくる!
2013年、イスラエルの演出家ユニット「インバル・ピント」と「アブシャロム・ポラック」が演出・振付・美術を手掛け、舞台化。
この夏、成河 深田恭子をはじめとする新キャストを迎え、新たな冒険に乗り出します!!
<出演> 成河、深田恭子他


1年前の記事は・・・
恭子ちゃん情報☆
恭子ちゃんの今度の出演番組はTBSテレビ未来遺産“終戦69年”ドラマ特別企画遠い約束~星になったこどもたち~8月25日(月)よる9:00から「平清盛」以来の、ケンイチくん...



コメント (6)

ボヴァリー夫人とパン屋

2015-07-19 15:29:32 | the cinema (ハ行)

原題 GEMMA BOVERY
上映時間 99分 映倫 R15+
製作国 フランス
監督 アンヌ・フォンテーヌ
出演 ファブリス・ルキーニ/ジェマ・アータートン/ジェイソン・フレミング/ニールス・シュナイダー/ピップ・トレンス/メル・レイド

フランスのノルマンディ地方。パリのいまは出版社を退職し、故郷であるこの地で父のパン屋を継いだマルタン。単調な毎日にあって、彼の唯一の楽しみが読書。中でもフローベールの『ボヴァリー夫人』をこよなく愛していた。そんなある日、向いにイギリス人の夫婦が越してくる。なんと、彼らの姓はボヴァリー! しかも妻のジェマは小説さながらの奔放な女性だった。すっかり彼女から目が離せなくなり、ひとり妄想を膨らませていくマルタン。そこへ若くて美しい青年エルヴェが現われ、案の定ジェマは夫の目を盗んで情事を重ねるようになる。このままでは彼女が小説と同じ運命を辿ってしまうのではと気が気でないマルタンだったが…。

今は田舎町のパン屋でも、出版社に勤めていたというだけあって
愛読書は『ボヴァリー夫人』のマルタンは、
ちょっと生真面目な、でも、とんでもない妄想オヤジ(笑)

向いの古屋敷に越してきたイギリス人夫婦の姓がボヴァリー!!で、
その妻が官能的に自分の焼いたパンを食べたところから妄想オヤジに火が点いた

恋するオヤジの妄想は膨らみ、ジェマから目が離せないケド、
キケンな恋の傍観者でいたはずが、、、ちょっと介入~
果たして、恋するマルタンは何をしでかしたのか?
ジェマの恋の行方は??



主演のファブリス・ルキーニは「しあわせの雨傘」でドヌーヴの夫だった以外観てないのですが、恋に堕ちた中年オヤジのドギマギ感、
己の誘惑に勝てないイヤらしい目線、上手いです(笑)
途中からはちょっとキモイストーカーみたいだと思ってしまったわ

自分と同じ名前の人妻を演じたジェマ・アータートン「プリンス・オブ・ペルシャ」「ビザンチウム」など濃い役を観て来た所為か
本作のほぼスッピンに近いそばかすだらけの顔が新鮮でした
で、イギリス人の新妻設定だからなのか?ふくよかさを強調するワンピースばかりでしたが
時折、ああ、やっぱりフランス映画だわ~と感じる粋なファッションも披露

そのジェマとキケンな恋にのめりこむ王子、エルヴェ役のニールス・シュナイダーも脱いでます(笑)
昔は好きだったなあ~、こういう美形男子♪

いかにもフランスで受けそうな、ちょっと毒のあるコメディ。
私的満足度を☆にすると3つ半(5点満点で)、というところでしょうか~

それにしても・・・
――あなたは私を発酵させる――という
キャッチコピーの、あなたってダレ?(笑)

1年前の記事・・・
マレフィセント
製作年 2014年上映時間 97分監督 ロバート・ストロンバーグ脚本 リンダ・ウールヴァートン出演 アンジェリーナ・ジョリー/シャールト・コプリー/エル・ファニング/サム...
コメント   トラックバック (5)

『FYTTE』本日発売♪

2015-07-16 22:20:22 | Heart pink

フィッテ最新号

恭子ちゃんの名を騙った数々のダイエットは、全くのウソです!
まあ、恭子ちゃんのファンは知っていると思いますが(笑)
白湯にしても、ダイエットが目的ではないし、
このところの雑誌でちゃんと恭子ちゃんがコメントしてますが、
恭子ちゃんはダイエットはしてないですよね

お弁当にしても、健康志向からきているものだし、
「心と身体にいい」自分がゴキゲンになる生活を目指して
それが綺麗な海にいく事であり、サーフィンにつながって、
無心に野菜を切ってお料理して、それが身体にいい食生活につながる――

年齢を重ねていっても、ますます美しいのは、
彼女がちゃんと周りとコミュニケーションもとれて
ちゃんと自分をみつめて磨き続けた証し。
キレイは、心と身体の中から生まれる、を実践した証し。

ネットで様々なデマが流れても、殆ど恭子ちゃんがコメントすることは無いですが、
このところの雑誌でちゃんと語ってくれて、
いつもデマや中傷記事で悔しい想いのファンは、なんだか嬉しいのです

Fujisan.
コチラでも
コメント (4)

『美人百花』の恭子ちゃん♪

2015-07-15 23:42:36 | Heart pink




「ジョーカー・ゲーム」のロケで訪れた(例のバスマット事件を思い出しますが^^;)
バタム島、恭子ちゃんはお気に入りなんですね~

恭子ちゃんの過去ドラマに寄せる、百花女子の恭子ちゃん評が、
いちいち共感できて嬉しく、
画像は小さめなんですが、
デフォルメされた深キョン像ではない、
ナチュラル、飾らない恭子ちゃんが感じられる10のQ&Aも嬉しい


コメント (5)

ターミネーター:新起動/ジェニシス

2015-07-13 21:28:15 | the cinema (タ行)

原題 TERMINATOR: GENISYS
上映時間 125分
監督 アラン・テイラー
出演 アーノルド・シュワルツェネッガー/ジェイソン・クラーク/エミリア・クラーク/ジェイ・コートニー イ・ビョンホン/J・K・シモンズ

SFアクションの金字塔「ターミネーター」シリーズの第5弾。
2029年、機械軍との壮絶な戦いを繰り広げていた人類は、抵抗軍のリーダー、ジョン・コナーの活躍により劣勢を挽回、ついに勝利を手にしようとしていた。追い詰められた機械軍は、ジョンが存在した事実そのものを消し去るため、殺人サイボーグ、ターミネーターを1984年に送り込み、ジョンの母サラ・コナーの抹殺を図る。これを阻止するため、抵抗軍側はジョン・コナーの右腕カイル・リースが自ら志願して過去へ向う。ところが1984年に辿り着いたカイルは、いきなり新型ターミネーターT-1000に襲われる。その窮地を救ったのは、タフな女戦士サラ・コナーと敵のはずのターミネーターT-800だった。実はこの世界は、既にカイルの知る過去とは別のタイムラインを進んでいたのだった。
初日の夕方の回、観てきました~。
金曜日の夕方と言う事で、会社帰りのリーマンと、カップルでほぼ満席状態でした
みなさんの期待の程が感じられますが、シリーズの「1」と「2」は覚えていらした方が愉しめる内容。
これからご覧になる方は是非予習してからの鑑賞をオススメ


クリスタナ・ローケン演じる女性型ターミネーターとのバトルだったターミネーター3、
クリスチャン・ベイルが未来のジョン・コナーを演じたターミネーター4(2009)の舞台より11年後の、2029年から始まりますが、、

カイルが辿り着いた1984年のサラは、ターミネーターT-800をオジサンと呼び
もう既に親娘のようなカンケイにびっくり
で、現われるであろうT-1000を、手ぐすね引いて待っていたとは
でもって、カイルも観客も???だらけなのだけど、
サラとオジサンT-800は、ココから“審判の日”を回避する為のタイムマシンを準備していて
それには何故かT-1000が必要だったのね~。
そして、2017年(もぅすぐじゃん)ここからの展開にはお口あんぐり。でした

時間軸をいじり、タイムトラベルが簡単にできるから、何でもアリ

それにしても、正義のヒーローが一転してスカイネットの手先とは
先の相棒シリーズ最終回、「ダークナイト」を思い出しましたよ
そりぁ~ないぜ~!今までのは何だったんだぁ~?!と、言いたくなった、アレです

それでもストーリーは別として、
2Dでも十分、若シュワオジサンシュワも、機能まで老いたT-800と
無敵に思える変幻自在なT-1000やT-3000とのバトルはスリルがあって楽しめました
コメント (12)   トラックバック (47)

DOWN TO EARTH ANOTHER 発売♪

2015-07-06 22:01:39 | Heart pink




深田恭子 写真集 『 Down to earth another 』
昨日発売でしたが、もうお手元に届きましたか?
巷ではもう、品切れ状態みたいですが、
前作の未公開ショット集?!と驚くばかりのナチュラル、キュートな恭子ちゃん
Amazon.
楽天ブックス
TSUTAYAオンラインショッピング

本日はこんな記事も出てました~
[深田恭子]「夏やせ」特集で美背中と太もも大胆披露 「美容より健康が好き!」









コメント (4)

恭子ちゃんファンU25に朗報♪

2015-07-02 21:29:28 | Heart pink


幅広い世代の皆さんに、癒しを与えてきた恭子ちゃんですが、
ファンイベントもなくなって、生の恭子ちゃんに会えるチャンスは
舞台挨拶か、ドラマのエキストラか、TVのスタジオ観客といったところでしたが、
まだナマの恭子ちゃんをご覧になってない方、この舞台で是非
恭子ちゃんのオーラに触れてみて下さい

以下のお知らせは、そんな若い恭子ちゃんファンに嬉しいニュースです!
昨日(7/1)にメールが来ていたのですが、、、何十というメールに埋もれてました!


☆ミュージカル『100万回生きたねこ』 
 U25(25歳以下S席当日引換券)発売のおしらせ☆


成河、深田恭子が主演を務めるミュージカル『100万回生きたねこ』。
期待高まる本作の開幕に向け、夏休み突入直前キャンペーンとして、
2種類の企画チケットの発売が決定しました。
【第1弾】
25歳以下のお客様限定 U25(25歳以下S席当日引換券)を本日21時より発売いたします。
この機会に是非お求めください。
※第2弾は初演で大好評だったあの企画が復活!詳細は近日中にお知らせいたします。

販売席種:U25(25歳以下S席当日引換券)
料  金 :5,500円

【注意事項】
〇25歳以下のお客様が対象となります。(引換時:要証明書)
〇予定枚数終了次第、販売終了いたします。
〇前売りのみ取扱い。(当日券での取扱はございません)
〇当日指定券引換でのご案内となりますので、お座席はお選びいただけません。ご了承ください。

◆公演詳細・チケット購入はこちら
◆チケットのご予約はコチラ




成河と深田恭子が物語を歌にのせ…『100万回生きたねこ』―歌唱編―
コメント

今月の気になる作品♪

2015-07-01 23:09:46 | Weblog

梅雨らしい鬱陶しい日が続いていますが、
最近ふと気が付いて、寂しく思ったのは、、
雨の日に咲く傘の花が、とってもサビシイこと・・・
可愛い傘を店頭ではたくさん観るのに、手軽で軽いビニール傘が台頭していて、
まあ、男性が多いのですが、、、雨の日の景色が昔とは違いますね~

かく云う我が家も大きいビニール傘がびっしり。。。
折り畳みの傘を買っても使ってくれません
貴方のお宅には傘が何本ありますか?
  

さて恭子ちゃん情報に追われて、
先月のケンイチくんと伊勢谷さんの「天の茶助」感想もまだですが、
今月はとっても少ないです。

7月10日(金) 公開
ターミネーター:新起動/ジェニシス(2015)
アーノルド・シュワルツェネッガー/エミリア・クラーク/イ・ビョンホン/J・K・シモンズ
コレは期待を抑えるのがタイヘン

7月11日(土) 公開
ボヴァリー夫人とパン屋
ファブリス・ルキーニ/ジェマ・アータートン
フランスの人気コミックの映画化。もう流れは読めるけど、ラストが気になる

7/18 公開(土)
パージ(2013)
イーサン・ホーク/レナ・ヘディ
「1年に一晩(12時間)だけ殺人を含む全ての犯罪が合法になる」法律。それが「パージ」
これはシリーズもので、その1作目。
地元公開はナイですが、久しぶりのイーサン。今月は少ないので出来たら足を延ばしたい



7/25 公開(土)
人生スイッチ
アルゼンチン/スペインと、言う事で制作陣にペドロ・アルモドバルの名が!
主人公は「瞳の奥の秘密」のリカルド・ダリン。ちょっと苦手なおじさまだけど、
予告がもう、面白くて



あら
邦画が1本も無い
・アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン
・HERO
は、今のとこスルー予定ですが、良かったら背中を押してください♪
コメント (6)   トラックバック (6)