釣船 開進丸(鯛ラバ、ジギング、一つテンヤ)

釣れる日もあれば、釣れない日もある。楽しかったり、悔しかったり「船釣り」の一時を過ごしてみませんか。

6月8日 赤潮が発生

2021年06月09日 | 日記
去年も、赤潮が発生した記憶が有る。

確か、今頃だった様な気がする。

海中が富栄養化になって、酸素が不足していく。

確かそんな状態になっていくのでは、無かったか。


昨日からの、潮の異変に苦戦している。

「釣果を求めて、朝間詰めに入るポイントを変えます」

風が北西になっている。

時間経過と共に、海も凪になっていく筈。


魚礁周りから攻めていく。

ベイト反応は、まずまずと言った感じだ。

「ベイトの正体が知りたいですね」

そんな話をしていると、黒原さんにアタリが来た。

「ベイトの正体が分かりますよ」




真鰺が、ヒットしてきた。


上野さんも、アタリを捕らえている






良型の真鰺が、上がってきた。


「釣れる内に、鰺を釣りましょう」

昨日からの潮の不調に、何とかして釣果を上げたい。








高妻さんにも、アタリが来た。

良型の真鰺が、ポツポツと上がってくる。

「嬉しい釣果」に、ホッとする。


鰺の釣果が、気持ちを楽にしてくれる。

移動するポイントは、迷ったが…。

この時期は、やはりイサキを狙いたい。


浅い岩場に移動する。


しかし、浅場では、海面に赤潮が薄く漂ってる。

海中の“ノロ”みたいな汚れも漂っている。

そう言った漂流物の少ないポイントに入る。




上野さんにアタリが来た。




40センチを超える、真鰺が上がってきた。

「これは、大きいですね」と、笑顔が輝く。


高妻さんも、アタリを捕らえている。








真鰺、ウッカリカサゴ、ニベと、順調にヒットだ。








黒原さんの真鰺も、良型。

連発するアタリではない。

ポイントに見当を付けて、拾い釣りの様な感じになっている。


潮がイマイチなのだからか、針はずれが多い。

周りにいる仲間からの連絡も「針はずれが多い」と、言っている。


昼過ぎになると、赤潮があちらこちらで見られる様に広がってきた。





赤潮の不調の中、頑張って頂いた高妻さん、上野さん、黒原さんには感謝申し上げたい。
コメント   この記事についてブログを書く
« 6月7日 潮に異変 | トップ | 6月9日 真鯛がヒット »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事