感染症診療の原則

研修医&指導医、感染症loveコメディカルのための感染症情報交差点
(リンクはご自由にどうぞ)

医療従事者が曝露するもの

2019-08-27 | 青木語録
ロシアで原子力発電所の爆発がありました。(ようです)怪我をした方の中には高エネルギーγ線を放出するセシウム137で汚染している人がいて、医療従事者は曝露の危険がありました。医療従事者が受けた警告とは以下のようなものでした。

「怪我人の中には休暇でタイに行った者がおり、タイで福島県産の蟹を食べた可能性があり、蟹によるセシウム137に曝露する危険がある」 (信じられない・・)
https://www.msnbc.com/rachel-maddow-show

爆発現場の近隣で検出された放射性物質により、原子力潜水艦などの推進装置の爆発ではなく、原子炉の爆発であることが判明しています。

編集長は初めてロシアには海上に浮く原子炉(Floating Nuclear Plant)なるものがある事を知りました。危なくなったら自国から遠いところに曳航して行けば良いのですね・・

救急医療に従事する人は、危険な微生物のみならず危険な毒素(サリン)、放射性物質(セシウム)などにも曝露する可能性があるのですね・・

色々な事件が起こるので感染症だけに的を絞れない編集長でした
この記事についてブログを書く
« プライマリケア診断塾 ~な... | トップ | It's not my fight. 私が扱う... »
最近の画像もっと見る

青木語録」カテゴリの最新記事