閉伊川ワカサギ博士の何でも相談室

Welcome to Dr. WAKASAGI at HEI-RIVER 森川海をつなぐ学び合いの活動を紹介します

ジャブジャブおもしろ自然観察会in 青梅市

2013-07-31 | NMEA全米海洋教育者学会年会

かんぽの宿からとても眺めがいいですね。


海水浴ならぬ,川水浴ですね。水が冷たくて気持ちがいいですね。



朝靄が立ちこめています。



何と学生がカジカ大卵型を採集しました!びっくり


学習会が始まりました。


こちらでも美味しいニジマスを頂きました。

コメント

ジャブジャブおもしろ自然体験会in 羽村市

2013-07-31 | 水圏環境教育
羽村市,青梅市の主催するじゃぶじゃぶ自然観察会の講師として研究室で参加してきました。多摩川上流には,まだ残された水圏環境が・・・何と驚いたことにカジカ大卵型(清冽な淡水で生活する魚です),サワガニ(このカニも貴重ですね)を子どもたちが採集しました。水温も12度前後で透明度も良かったです。本当に驚きました。実際に足を運んでみてわかることですね。


羽村駅から現地へ


途中,東京は思えない美しい稲原


駐車場脇の水路


多摩川到着,会場目指して歩きます


水中の生き物博物館の旗


本日使う,さぐり(あんま)釣り用の竿。羽村市産の竹です。


三田一族が支配していたそうです。


観察会開始


さぐり釣開始


伝統漁法を教わっています



↑さぐり釣はじまりました。子どもだけでなく親も必死です。

釣の後は美味しい炭焼きのニジマス


ウグイが採集されました。


カヌー協会さんによる安全教育


カジカ大卵型でした。


水圏環境リテラシーの勉強会が始まりました。




コメント

7月30日(火)のつぶやき

2013-07-31 | ツイッター
コメント

7月29日(月)のつぶやき

2013-07-30 | ツイッター

生命の発生と宇宙の歴史 goo.gl/mbZrhP

1 件 リツイートされました

コメント

宇宙の形成と生命の発生

2013-07-29 | 水圏環境教育

生命の誕生は150億年の宇宙の歴史の中でごく最近のことである。
(松岡正剛 情報の歴史を読む NTT出版)
コメント

7月27日(土)のつぶやき

2013-07-28 | ツイッター
コメント

和食の良さを見直して朝日新聞2013/07/27

2013-07-27 | ツイッター


「小腹が空いたら枝豆,干し芋がおすすめ,海外のトップモデルたちも持ち歩いています」と。
コメント

チリのサーモン養殖による赤潮被害は深刻であることを日本人は良く理解すべきである

2013-07-27 | 水圏環境教育
日本の多くのスーパーで出回っているチリの養殖銀ザケはパタゴニア地方(氷河とフィヨルドが美しい)で養殖されているが,今赤潮の発生が問題になっている。

サケの給餌養殖は環境を破壊している。赤潮の発生は続けば逆に雇用を失うことにつながる。また,自然環境を破壊する。雇用を失い,自然環境を失うことは避けたい。と地元の人々は語っている。We don’t want Quellón to become another Lota, if the sea’s resources die, Quellón dies.

http://www.patagonjournal.com/index.php?option=com_content&view=article&id=206:massive-protests-against-salmon-farming-in-chiloe&catid=1:latest&Itemid=85&lang=es
コメント

水産政策はこのままでいいのか?

2013-07-27 | 水圏環境教育
水産物消費量の減少が甚だしい。
消費者の水産物離れだ。
この流れは世界の流れに逆行する。
このままでは決して良くない。
廃棄物処理のための河川や海になってはいけない。

もう一度,海の恵み,「水産」について国民的な議論が必要だ。


さらに,水産物の値段が下がっている。海外では値段が高くなっているというのに。水産政策に問題があることの証明か。


追い打ちをかけるように放射能問題により海外の評価は厳しい。


水産の実効的価値を高める努力を民間だけでなく,国策としてしっかりと打ち出してほしい。
コメント

7月25日(木)のつぶやき

2013-07-26 | ツイッター

フレッシュマンセミナー4日目 番屋食堂の発祥保田漁協協同組合訪問 blog.goo.ne.jp/hypom/e/b0ce50…


コメント