指田文夫の「さすらい日乗」

さすらいはアントニオーニの映画『さすらい』で、日乗は永井荷風の『断腸亭日乗』です 日本でただ一人の大衆文化評論家です

野田真吉と中村麟子

2020年02月17日 | 映画
野田も中村も、記録映画の世界では有名だったが、私も見たのは、野田の作品が1本のみ。
中村は、非常にまじめな作風で、苦手の美術関係の『金色堂』と『明治の絵画』はさして感じるものはなかった。
だが、五島列島福江島の若者組は面白かった。下島という地域では、1980年代まで若者組があり、さらに大人組、子供組もあったとのこと。
結婚前の男が夜、小屋に集まって作業をするもので、祭りに使うもの等をみんなで作り、また女の組とも交歓したりする。
組の運営に必要な費用は、海岸で海藻を取って売ったり、祭りで御幣のお礼であがなう。
また、この村の結婚はほとんど村内だったそうで、それは男女の組の交流の中で生まれたそうだ。
普通、未開地域でも結婚は、村内で行われることは少なく、隣村から嫁をもらうことが多いが、世帯数400と比較的多かったので、村内婚が行われたのだろう。さらにもっと性的な成長を、こうした組が担っていたと想像されるが、中村はまじめなので、そうした描写はない。
このように、年代別に横断的な組織があり、さらに年功序列に縦に繋がっていたのだと思う。
こうした村的秩序は、会社や役所等にもあり、日本の社会の基盤だったのだろうと思う。




野田は、記録映画のみならず、映画批評界では有名だったが、一般に公開されたものは少ないと思う。
『忘れられた土地』は、東宝系の教育映画配給社で公開されたもので、青森の東海岸の寒村の記録。
農地はやせていて山瀬が吹くので冷害も起き、漁業は小舟による操業なので漁獲高は少なく、沖では大型船の操業が行われている。
要は、取り残された寒村ということだが、少々誇張があるように見えた。
『くずれる沼あるいは・画家山下菊二』は、個性的な前衛画家山下の個展、さらに彼のユニークな言動を描くもので、非常に面白かった。
中では、1966年に新宿西口で彼が友人と待合せしていた時に、警官の尋問を受け「時間がかかって待ち合わせに遅れた」と怒るところが面白い。
野田と山下は、もともと東宝教育映画部の同僚で、古くからの親友だったのでできた映画だろう、普段の山下の姿が捉えられている。
山下は、1960年代は相当に有名な人で、黒木和雄監督の劇映画『彼女と彼』には、主人公岡田英治の友人として出演している。
国立映画アーカイブ



コメント

『柿の木のある家』『花荻先生と三太』

2020年02月16日 | 映画
                        

『柿の木のある家』は、桑野みゆきが出た初期の作品で有名なので見に行くと主人公ではないのに驚く。
話は壺井栄の原作で、瀬戸内の小島、小豆島ではなく西の今治近くの島のようだ。
漁師の小杉義男と村瀬幸子との家には7人の子供がいて、真ん中の久恵(中村のり子)を東京の村瀬の兄の上原兼が養子に入っている家に上げることになる。
長女の桑野は、やはり東京の呉服屋に女中で行くことになっている。
この家の祖父は高堂国典で、島一番の柿の木を育てている。
桑野は、当時12歳だったが、大人びていて小学6年に見えなかったので、主人公にできなかったんだと思う。
東京の上原兼は、高峰三枝子と結婚しているが子はなく、また上流の不愉快な主婦を演じている。当時、ザーマス婆と言ったものだ。
まじめで素直な久恵は、東京の生活になじもうと努力するが、上原家の周囲には不幸な出来事が起きて、ついに上原は、久恵を島に返すことにする。
この辺の上原と高峰は、都会の人間の自分勝手さを出していて、笑える。
最後、高峰が妊娠していることが分かり、「自分のように一人っ子にしない方が良い」と久恵を島に夫妻が迎えに行くことでエンド。

『花荻先生と三太』は、ラジオの「三太物語」の映画化で、3本目とのこと。横浜の水源である道志村で、若い花荻先生(津村悠子)が赴任してくると、三太をはじめ腕白連中と仲良くなる。
この辺の描き方は、清水宏的で、私は面白くなかった。
だが、相模湖祭りあたりから、さすが鈴木英夫監督、劇は盛り上がってくるが、そこに書留が来て、花荻が音楽学校の先生として採用される通知が来る。
生徒との別れがあり、バスで花荻は去っていくが、どこまでも追いかけてくる生徒の姿を見て、花荻は村に戻る。
後に、花荻の津村悠子は、若尾文子と共に『十代の性典』で、「セイテン女優」となる。
阿佐ヶ谷ラピュタ

コメント

『新聞記者ドキュメント』

2020年02月15日 | 映画
菅義偉官房長官の天敵・東京新聞社会部遊軍記者の望月衣塑子記者の記録である。
その言動については、政治的立場によって賛否はあるだろうが、本来新聞等のマスコミは、政治などの権力を監視し報道するのが使命である。
中では、地方の放送局の記者が言う「もし左翼政権ができたとしても、やることは同じだ」というのは、その通りである。
彼女は、沖縄の辺野古埋立の土砂投入について、官房長官に質問するが、まさに木で鼻を括るご回答の連続。
かつて、小沢一郎が「悪代官」にたとえられたが、現在は菅義偉長官が悪代官顔だろう。

              

だが、ここで追及される問題、森友学園等で出てきた安倍政権と官僚の癒着は、元をたどれば、民主党政権の失敗に起因すると思う。
もう一つ、大きなことは、中国、韓国の存在が大きくなり、総体的に日本の地位が低下してきたことである。
ここでも、望月記者へ「朝鮮人」とのヘイト電話が出てくる。それは、彼らの危機感の現れである。

民主党政権は、コンクリートから人へ、反原発、東アジア重視の政策など、見るべきものはあったが、あまりにも運営が稚拙だった。
その最たるものは、官僚の使い方で、当時は消えた年金問題等、日本中で国への批判が強かったので、国の行政のすべてを批判し否定する方向がやたらに強かった。
横浜という、地方の木端役人に過ぎなかった私でも、横浜市のことを知っていて、思っているのは私たちだという自負はあった。
われわれとは比較できないほどの誇り高い国の官僚にとって、民主党の「官から民へ」等のスローガンは最悪だった。
小沢一郎のような、国の裏も表も知っている政治家ならともかく、昨日今日に議員になったものが、国を批判するなど、ただのお笑いだった。
そして、民主党政権が崩壊し、自民党に戻ったので、これで永久にはともかくとして、自分が国に在籍する間は、当分自民党政権だろうと思うのは当然であろう。
前川喜一元文部次官のような人は稀で、大部分は長いものには巻かれ、御身大切に生きるのは仕方ないことだ。
今回の検事長を定年延長し検事総長にするまでやるのだから、安倍政権に尻尾を振る者が出てくるのも自然の成行だろう。
こうなってしまうのも、日本の社会が、「村」であるからだ。森達也監督が取材を拒否される内閣の記者会見も、記者会が村だからで、日本中はすべて巨大な村であり、余計者は排除されるのだ。
前川氏が、ここで言うように、
「安倍政権は、国民をバカだと思っている」の通り、ここでの参議院選挙でも、自公政権は勝利する。

だが、私は決して悲観していない。一度でも民主党政権という、反自民の政権ができたことは無意味ではないと思う。
打者で言えば、1本もヒットがなければ永久に打率ゼロだが、1本でもヒットがあれば、ゼロではないからで、いつか反自民勢力が回復することもありうるからだと思う。
まあ時間はかかるだろうが。
横浜シネマリン

コメント

『バリー・シール アメリカをはめた男』

2020年02月14日 | 映画
TWA航空の優秀な若手パイロットだったバリー(トム・クルーズ)は、ある日シーファーという男から中米への飛行と撮影を依頼される。これは、CIAのエージェントだったのだ。
そこは、中米のニカラガで、左翼の武装組織サンディニスタの基地を撮影することで、秘密の飛行だったが、報酬として莫大な金を貰う。

そこから、中南米に高速ジェット機で往復することになり、それまで住んでいたニューオリンズのバント・ルージュから、アーカンソー州の田舎町に移住させられる。
飛行は拡大し、パナマのノリエガ将軍とのコカインの取引にかかわることになる。
さらに複数の高速機を所有し、従業員も多数雇用し、町はにぎわい、銀行までができる。



これは、1980年代のレーガン時代に起きた、イラン・コントラ事件の一部であり、コカイン、銃、金を三角取引し、中南米の反米勢力を撲滅するためだった。
イラクに対抗させるために、イランにアメリカが武器を売っていたという信じがたい事件だったが、そこにはイスラエルも介在していたというのだから、摩訶不思議な事件だった。その金をニカラグアの反左翼武装勢力のコントラへ援助していたのだ。
レーガンは、彼らを「自由の戦士」と称揚していた。
面白いのは、トムのおかげで大金持ちになった妻のところに、バカな弟が来てバカな事件を起こすが、トムがシーファーに頼んで無罪放免にしてもらうのや、莫大な金の使い方で、まさに大笑いだった。
最後、FBI他、麻薬取締局、税関等に検挙されるが、裁判では微罪になり、保釈される。
だが、彼は毎日車とホテルを変えて用心していたが、ある夜に銃殺されてしまう。
これは、彼が用心のために自分で撮っていたビデオによる説明ですべてが展開されてゆく。
誠にアメリカの裏というか、恥部を描いた作品で、アメリカをはめた男ではなく、アメリカにはめられた男である。
ザ・シネマ

コメント

羽仁進、樋口源一郎作品4本

2020年02月12日 | 映画
樋口源一郎は、記録映画でも古い人だが、以前見たら意外にも面白かったので、見に行く。
『女王蜂の神秘』は、蜜蜂の生態を記録したもので、非常に不思議なことに驚くが、途中少々眠くなる。
女王蜂、働き蜂、オスとメスのハチは、それぞれがばらばらの個体なのではなく、全部で一つの個体だと言うのには感心する。
代表作の『真正粘菌の生活史』にあっては、その不思議さはさらに増す。『きのこの世界』といい、すべて微細な生物、それも植物と動物の境目のような生物に異常と言うほどの関心を持って作品を作ったのは凄いと思う。




羽仁進で、最初に見たのは『不良少年』で、次は『初恋地獄篇』で、共に池袋の文芸坐だったと思う。
すごいとは思ったが、どこか気分の悪さを感じていた。
1954年の『教室の子どもたち』は、東京墨田区あたりの小学校2年の生徒の記録で、文部省作品なので「生徒指導の記録」となっているが、特に指導しているようには見えない。羽仁は、言うまでもなく相当に裕福な家の生まれだが、このように貧困な地域の人間を対象にするのは興味深い。
冒頭に、汚わい樽を積んだ荷車が交差点を横切っていく。当時は見慣れた風景で、バキューム・カーはまだできていない。
中では、中年のおばさんのような少女と非常に内気な少年にこだわっているのは、彼の性向故だろうか。
以前、知人で羽仁のプロダクションに出入りしている新聞記者がいたが、彼に言わせると「そこにはいつも美少年たちがいた」とのこと。
『不良少年』『初恋。地獄篇』『午前中の時間割』などの少年たちが想起される。
また、彼は野生動物へもこだわりがあるらしく、『動物園日記』は、上野動物園の記録だが、動物とその飼育員の姿に引かれるらしいのも彼の性向だろうと思った。要は、やさしい幼児的な人なのだろう。
最後、ライオンの子供が草原を走っていて「これは・・・」と思うと、今度できる多摩公園の動物園とのことで、1957年のこの時期にすでに計画が進んでいたのを初めて知った。
多摩動物公園は行ったことがないが、一度行ってみようと思う。
国立映画アーカイブ
コメント

日露戦争は、

2020年02月11日 | 映画
昨日の2月10日は、1904年に日露戦争が始まった日である。
この日露戦争には、いろんな意味があったが映画的にも大きな意義があった。
日本で言えば、新東宝の『明治天皇と日露大戦争』だが、それだけではない。
世界的にみれば、日露戦争は、歴史的に言えば、最初に世界中からニュース映画カメラマンが取材に来た戦争だった。
そんな昔からニュース映画があったかと思うかもしれないが、ニュースは映画の好材料だった。



世界的にみて、戦争と革命はなんといっても大事件なので、ニュースの最大の材料で、それは現在のテレビでも同じだろう。
その10年前の1894年の日清戦争は、まだ映画が発展していなかったので、映像はほとんどなく、日本では絵による報道で、劇としての再現もあり、これは川上音二郎の戦争劇は日本中で大ヒットになった。
コメント

遠藤琢朗氏、死去

2020年02月09日 | 演劇
演出家の遠藤琢朗氏が亡くなられたそうだ、91歳。
彼は、演劇好きの人には知られていたが、そう有名ではなかっただろう。
その理由は、遠藤氏が有名になったのは、メジャーな演劇界ではなく、ややマイナーな場所で活動されていたからだろう。
横浜の運河の船で上演していた横浜ボートシアターの仮面劇で話題になり、私も『ミュージック・マガジン』で激評した。
説教節を基にした『小栗判官・照手姫』で、これは他の場でも上演され、紀伊国屋演劇賞ももらった。
その後、インドの『マハーバーラタ』を基にした『王子アビュマニの死』なども優れた劇もあったが、この10年間くらいはやや不振だった。
理由は明確で、ボートシアターの特色の一つである仮面劇の問題である。
役者は、自分の姿を見せたい者であり、それが仮面で顔を見せなくするのだから、役者は耐えられず、多くの方が辞められてしまうからだ。

             

「もう遠藤さんも限界だな」と思っていたが、2年前に見た『愛護の若』は非常に素晴らしく、大変に感動したものだ。
この時、遠藤さんは、「若い役者への訓練が大変だった」と話していた。
要は、現在の俳優には、文語文の台詞を言う訓練がなされていないので、文語文台詞が言えないのだ。
このことは、現在の演劇界で、歌舞伎出身の役者が評価され、活躍されていることにもつながっていると思う。
日本の演劇界に多大な功績を残された遠藤さんのご冥福をお祈りする。
コメント

『沖縄 久高島のイザイホー』

2020年02月08日 | 映画
1978年に沖縄の久高島で行われたイザイホーの模様を記録した映像で非常に貴重なものである。
ただ、それは学術的なスタンスで、またイザイホーも、島の人間のためにあるものなので、歌や動作も面白いものではない。

             

それは当然で、このイザイホーもそうだが、祭りは本来その地域の人のために行われるものなので、芸能的要素はないのである。
それが、ある機会で知られて人々の興味を引くようになると、次第に芸能化していき観光事業として発展してゆく。
このイザイホーは、そうした傾向とはまったく正反対にあるもので、本来は構成員や関係者のみだが、この時期でもすでにカメラで撮影する者がいる。
全員白装束の中年の女性による祭りで、「これが本来の祭りだな」と思った。
国立映画アーカイブ
コメント

明治時代でも港で隔離した

2020年02月08日 | 横浜
コロナウィルスの感染で大騒ぎだが、日本が開国した明治時代でも同様なことはあった。
開国、海港と共に、コレラ、チフス等が入ってきて、流行したこともあった。
そのために、横浜でも船を港に停泊させて隔離し、感染者は横浜の伝染病病院に入院させた。
この伝染病病院は、いろいろな経緯を経て、滝頭の脳血管医療センターになり、2001年に私も脳梗塞になった時に約半年間入院した。
今は、名称が変わり、脳卒中神経脊椎センターになっている。



クルーズ船に閉じ込められている方は、非常に大変だが、伝染病のさらなる感染を防ぐには仕方のないことであり、我慢していただくほかないだろう。


コメント

『アジアはひとつ』

2020年02月07日 | 映画
この映画の監督布川徹郎の初期の作品を見たことがある。
『早大闘争』で、1965・66年に早稲田で起きた「学費・学館闘争」を写真で記録した映画である。大島渚の『忍者武芸帳』のような作りである。
彼は、早稲田ではカメルポ研にいたが、その後は国内の「過激派」の活動を撮る記録映画監督になる。

                 

そして、次第に海外へ対象を移していき、この映画では、八重山の漁民が沖縄から台湾等へ国境を越えて漁をしていることが証言される。
さらに、台湾の高砂族のかつての日本語の唄を歌う老人たちの姿が描かれる。
こうした取材は、竹中労の示唆によるものだったようだが、あまり上手くいっていないと見える。
その後、布川は関西の下層労働者の記録を撮るようになったらしいが、最後は相当に悲惨なものだったらしい。
国立映画アーカイブ
コメント

『黄金の旅チュンドワ・アフリカ東部海岸文なし漂流記』

2020年02月06日 | 映画
監督の西江孝之氏は、1960年代末、早稲田にあった「演劇長屋」では、有名な人だった。
おそらく、演劇をやっている変な連中に興味があったのだろうか、よく演劇長屋に来て話を交わしていたそうだ。
非常に面白い人だったという話が残っていて、まじめな記録映画監督だと思っていた私には意外な気がしたものだ。

東アフリカのタンザニアのモンバサの郊外の村に行く。
ここで歌が出てくるが、楽器がハルモニウム(卓上オルガン)で、言うまでもなくインドの楽器だが、歌のメロディはアラブ的で、アフリカ東海岸は、インドとアラブの文化の影響が大きいことが分かる。
漂流記なので、特に学術的な報告はなく、村の食糧、生活等が描かれる。
村に唯一あるトランジスターラジオから聞こえるのは、リンガラ、アフリカン・ルンバであり、この1970年代にすでに本来は西海岸の音楽が東でも流行していたことが分かる。
途中に村の祭りのようなことがあり、少年は打楽器のリフレインで恍惚に至る。祭りの意味の一つが、こうした憑依する体験だったことが分かる。
最後、少年が村を去っていくとき、監督は言う。
「これが本当のヒッピーだ」と。
この時期、まだヒッピームーブメントを信じている人は日本にもいたことが分かる。
ヒッピーは、欧米の文化の否定だったので、アフリカ、インド、アジアへの憧れがあったのだ。
国立映画アーカイブ
コメント

『否定と肯定』

2020年02月04日 | 映画
去年、放送された作品だが、久しぶりに見ごたえのある作品を見た。

       

ハリウッド映画に一番貢献したのは、ナチスドイツだという説がある。戦後の洋画の悪役として最も寄与したのはナチスであることは明らかだろう。
ここでも、悪役はホロコーストを否定するイギリスの教授アービングで、演じるテイモシー・スポールがまさに因業で偏見に満ちた学者を巧みに演じている。
アトランタの大学で近代史を教えるデボラ(レイチェル・ワイズ)は、ある日公開の講演で、アービングに論争を仕掛けられ、さらにイギリスで訴えられる。名誉棄損で、不思議なのは、被告側が立証するのだと言う。
普通、英米法では、原告側に立証責任があり、それに対し罪状認否が行われ裁判が始まるものだが。
東京裁判でも、初日にこのアレインメント・罪状認否があり、東條英機ら被告全員が無罪を申し立てた。この時、無罪と言うのには、被告の中には「私にも責任の一端はあるが・・・」と言って「無罪」を申し立てることに抵抗のあった人もいたそうだ。

イギリスの裁判は、アメリカとは異なり、事務弁護士と法廷弁護士が分かれていることも非常に興味深い。
当初、デボラは、法廷弁護士を信頼していなかったが、的確で証拠に基づく弁論の鋭さに驚く。
途中で、アウシュビッツを経験したという女性が証言したいとデボラに申し出てくるが、法廷戦術で証拠だけで弁論するとのことで、それは実現しない。
最後、裁判長が「原告が本当にホロコーストがないと信じていたら・・・」と言い、デボラは敗北かと思い、アメリカに戻る。
そして、もちろん判決はデボラ側の勝利。
この映画にも、もちろんユダヤ系の資本が入っているのだと思うが、よくできている作品だった。
コメント

恵方巻きはなかったのだが・・・

2020年02月03日 | その他
今日は節分なので、恵方巻を食べる。

                

「恵方巻きなんてインチキ、コンビニの政略」という声がある。
たしかに関東に恵方巻きはなかったと思う。
だが、「恵方」という考え方は、江戸時代からあり、庶民はその年の恵方に行って初詣をした。
車も鉄道もろくになった江戸から明治時代、庶民は初詣と言っても、近くに行くしかなく、その年の恵方の神社仏閣に行ったのである。
お金持ちは、人力車で遠くまで行ったかもしれないが、庶民は無理である。
鉄道による初詣は、京王帝都電鉄や京浜急行電鉄が宣伝と自社利用に広めたものだとの説があるがたぶんその通りだと思う。
コメント

大鵬の豆まき

2020年02月03日 | 東京
今日は、節分で豆まきだが、池上本門寺の豆まきには、1960年代は大鵬が出てきていた。
本門寺は、児玉誉志夫の墓もあるように、「日本の黒幕」との繋がりが強いようで、溝口健二や市川雷蔵の墓があり、力道山も豆まきにはよく来ていた。
そのつながりだろうか、大鵬も毎年来ていた。
さすがに大きくて、首から上が完全に周囲の人から飛び出ていた。

            

大鵬は、やはり偉大な横綱だったと思うが、その大鵬から名をいただいた白鵬は近年は非常に評判が悪いのは大変に残念なことである。
今も、本門寺にはプロレスラーなどが来るようで、多くの人が集まってにぎやかな豆まきが行われているようだ。

コメント

『イヨマンテ・熊おくり』

2020年02月02日 | 映画
イヨマンテと聞いてすぐに思い出すのは、たぶん伊藤久男の大げさな歌だろう。
紅白歌合戦ほか、NHKでよく見たものだが、元は菊田一夫の『鐘の鳴る丘』の中の唄だそうだ。
菊田の『君の名は』には、北海道編があり、そのアイヌの娘は、北原三枝で、最後は佐田啓二に失恋し湖に身を投げて自殺してしまう。



菊田の表現には実際と違うところもあるようだが、これは本当にアイヌの萱野茂氏が、その地域の人や若者とやった「熊おくり」の儀式の記録である。
監督とインタビューは姫田忠義で、彼は民俗学の宮本常一に心酔し、全国の民俗的行事を映像化したが、非常に貴重な記録である。
最初に、小熊が飼育されている。約1年とのこと。
まず、男たちは森に行き、さまざまな木を切り出してくる。小枝で、祭式の祭壇の飾りや熊に当てる矢を作るもの。
小枝を用途に合わせて加工して行くが、それは男の仕事。
女は、米からどぶろく、粉からパンのような饅頭をつくっていく。

そして、当日は、まず熊を木で囲った折に入れ首に縄を付けたら、折から出して祭壇の前に引き出す。
そこには、近隣の村の代表が賓客として招かれている。

祈の後、木で作った多数の矢を放ち、熊は死ぬ。
小屋の中に熊を連れてきて、皮を剥ぎ、頭を切り、内臓も取り出す。
この時の熊はオスだったので、性器を取る。オスかメスかは、男女が綱引きをして戦い、その結果でオスかメスかを決めているとのこと。

この頃には、男はどぶろく、女は饅頭を食べ、祭式を祝う。
そして、祭壇に解体した熊の頭以下の手や足、そして性器等を木に立てかけて、あたかも熊がそこに立っているようにする。
その夜は、男女も歌い、踊るにぎやかな宴ですごす。
このようにして、熊おくりで、熊は神の世界に送られる。
ここには、熊の他、山の神、水の神、木の神、魚の神など、すべてに神がいる。
これは、そうした神々に感謝し、祝う祭式なのだ。
俗に神道では、日本には八百万の神がいるとされるが、それはこのアイヌの祭りにあるように、日本で狩猟採集を生業としていた時代の名残なのだと思えた。
この祭りが終わると、春が来て、狩猟の時を迎えるとのこと。
日本列島の一番古い時代のわれわれの祭式をはじめ生活と文化がうかがえる内容だった。
国立映画アーカイブ
コメント