育毛の道案内人が綴る事実・現実
育毛のご相談者の薄毛の悩みを伺っていると、発毛・抜け毛で頭皮と心身を壊して毛を無くしている事実と現実があります。
 



【2005年頃】

この頃、飲む育毛剤としてフィナステリドが日本でも認可されました。飲むだけで簡単に育毛の治療ができるので、15年間で薬を飲む人が激増したと言えます。

現在は、薬を飲んでいた経験者もしくは飲んでいる人は、ご相談者の8割くらいです。
まぁ、それだけ日本人は薬が好きなのでしょう。

それと現在の世の中の風潮がハマっているとも言えますね。
「手軽に、簡単に、安価に」治療をしたい人にとっては、個人輸入を利用すれば月額5000円もかからないくらいの費用で出来ますからね。ちょっとした育毛剤を買うよりも安価なわけです。

ところが、私が育毛を仕事として取り組み始めて2年3年した頃と比べてみると、ミノキシジル系の育毛剤・飲み薬とフィナステリドを飲んでいる人・使っている人が増えれば増えるほど、薄毛を治せない人が増えている傾向があります。

2005年までは、薬絡みではない人が多かったこともあり、「な~んだ、育毛って簡単じゃないか!」と感じるご相談者が結構多かったのです。
そう感じたのが、実はとても甘い認識で、たまたまそんなご相談者が続いただけだったのは確かです。

【心と体に問題があるのでは?】

「な~んだ、育毛って簡単だと思ったのは、たまたまだったのか!」と再認識したのには理由があります。それは、頭皮は誰が見ても薄い青白い色か艶のある白い色になり良い状態になり、毛に元気が出ているのに増えてこない人が続いたのですね。

ご相談を承る際、体の状態や食習慣も詳しくお聞きするのです。それらと効果の出方を振り返ってみると、「どうやら、心や体の状態が影響しているのではないか?」と感じる人が頭皮の状態が良くなっても毛が増える方に反応しないようなのですね。

それが分かったので、医学の勉強が必要か?と思ったのです。が、今さら医学の勉強をやり直す時間も無かったので、整体を通じて体のことを知ろうと考えたのです。中でも東洋医学の勉強ができうるような整体の学校を探して夜間に勉強をしたのです。

まあまあ、整体は実務をかなり丁寧に勉強しましたが、東洋医学に関しては奥が深すぎるので、入り口のさわりを勉強出来た・理解できたくらいですかねぇ。
夜間だけ5年近く通ったと思いますが、この時に勉強したことが今も生きています。弊社が提供している育毛法の基礎は、東洋医学的な考え方が基礎になっています。

そんなこんなで東洋医学的な考え方を取り入れると、やはり薄毛を治せるご相談者が着実に増えるようになっていたのですが、薬飲用者や使用者のご相談者が増え始めると治せない人が増えてきたのです。これが2010年くらいまでの話です。

【抜け毛を減らすと毛を無くす】

2005年くらいまでのご相談と実際に弊社でケアを始められた方の経過を見てわかったことの一つに、「抜け毛を減らすと毛を無くしてしまう」と言うのがあります。

こんなことを書くと、ネットの世界に限らず世間一般的には非難ゴウゴウになるのですが、それでも事実なので何度も書いています。

それが、確実に分かったご相談者がいます。

その方は、毛が抜けるのが嫌だったらしく、友人に「この育毛剤を使うと抜け毛が減るから良いよ」と薦められた育毛剤を使っていたそうです。そうしたら確かに抜け毛が減るのだが、毛も減るようになってきたので、洗髪する時も毛が抜けないように「ソーッ」と洗っていたそうです。

それでも何ともならないので、ご相談にいらしたのです。
そりゃね。相当悪い状態にしてしまっているんです。

触るだけでパラパラ抜けるし、お湯を当てると水流だけでボロボロ抜けてしまう毛ばかりなのです。当然ですが、次の世代の毛が全く育っていませんから、毛が抜けたら次の毛がないので、嫌でも毛が無くなっていきます。

「次の毛が育つケアじゃなく、今の毛を残すケアをしているから、毛が無くなっているのですよ。今からでも遅くはないので、次の毛を育てるケアに変えませんか?」と提案しましたが、毛は生え替わることで本数を維持できると言うのが理解できなかったようです。
抜け毛が減るとは血行・血流が落ち込むと言うことです。
だから、弊社でケアをしている人の抜け毛の本数を見ている、少し増え始めたと感じると、たいていの場合抜け毛の本数も増えています。その上抜ける毛も太くて長めに変化しています。

毛は抜けて生え替わっているから総本数を維持できているので、1年も2年も抜け毛がない状態が続くと毛を無くすサイクルに入っている可能性大です(ただし、抜ける毛の本数は個人差があり、かつ季節による抜け毛の増減はあります)。

【消費税減税から廃止にご賛同を】

「将来世代にツケを回すな!」って、いつから言われているか知っていますか?私の記憶が正しければ、消費税が5%に増税された時にはすでに言われていたように思います。

結果どうなったか?河川の氾濫や地震による津波で多くの国民が亡くなったのです。
それも、堤防やダムの補修・防潮堤の建設等々、議論されたり、洪水の危険があると言われていたのに、公共投資を減らした為に防災の公共投資が出来ずに、将来世代の命を奪ってしまっているのです。

財務省発の財務官僚を守る為の「将来世代にツケを回すな!」プロパガンダに騙されてはいけませんよ。このプロパガンダの恐ろしいところは、国民の命を奪っても誰も責任を取らないことと被災者からも税金を容赦なく取ること。狂気の沙汰としか言えませんよね。
そんな政策を変える為の政策を提言しましょう。
【反消費税】【反グローバリズム】【反構造改革】
【令和の政策ピボット】
https://reiwapivot.jp/


国民を守り豊かにする政策を実践するには、たくさんの国民の賛同が必要です。

以下は日本が財政破綻しない例えです。

日本と言う家族があります。
その中に、政府と言う父親がいて、日本銀行と言う母親がいます。
国民や銀行等の金融機関や他の企業等の法人は子供です。

実は、この家族の中で父親が事業をする為に国債と言う借用証書を法人と言う事業者に支払い、事業者は銀行に借用証書を持ち込み現金化して国民(子供)に給料を支払います。銀行は国債と言う借用証書を国民に販売して金利を稼いだり、日銀当座預金に預けて現金化して企業に貸し出して金利を稼ぎます。

これを見ただけでも分かりますよね。
日本と言う家族の中だけでお金が回っているだけで、日本と言う家族自体には何の負債もないのです。
(だから国の借金と言うのは、タチの悪いウソ表現と言えます)

極端な話、日本の家族内の誰かの負債がいくら増えても、破綻はしないと言うことです。誰かの資産になるだけの話です。

にも関わらず、現在この日本と言う家族中で政府と言う父親が1000兆円の負債があるから破綻する。将来世代にツケをを先送りするな!と言われている訳です。

父親の負債を減らすと国民に支払う給料が減りますから、そりゃ国民が貧乏になっていきます。
(現実、日本国民の平均収入が1997年より120万円以上減っています)

ところが、この日本と言う家族には日本銀行と言う母親がいて、日本銀行は国債を買い取ることができます。今日本銀行が大規模金融緩和と言って大量に国債=政府の借用証書を買い取っているのです。

その額約450兆くらい。
父親の借金が半分近くまで減ってしまったわけですね。

現在、日銀当座預金(日銀と銀行・政府しか持てない口座)にはお金が天文学的に増えているのですが、政府が緊縮財政でお金を使わない上に消費税で国民から強制的にお金を巻き上げているものだから、世の中にお金が回らず、物やサービスが売れなくなっているのです。

こんな時に、企業は銀行からお金を借りてまで事業を拡大するなんてするはずがありません。

だから、悪魔の愚策である消費財は廃止して、政府が負債を増やせば(公共投資・科学技術投資・教育投資・設備投資)、国民の収入になり日本は再度豊かな国になると言う簡単な話です。
政府の負債が増えても財政破綻なんかなりようがないのです。

豊かな日本の未来の為に、消費税廃止と投資拡大を勧めましょう!
その為には多くの日本人の賛同が必要です。以下からご賛同下さい。
【令和の政策ピボット】
https://reiwapivot.jp/


【本拠地の移転について】

現在、育毛相談WEBの本拠地は埼玉県のさいたま市北区土呂町です。20年近くここで育毛相談を承りケアの提供をしてきました。

この度、私の私的な事情により、本拠地を関西に移転することになりました。2019年度の7月から11月の間に、兵庫県西宮市の甲子園口近辺に移転する予定です。関東甲信越東北在住の方でご相談をご検討中の方は、お早めにお越し下さいませ。


また、弊社では現在提携店を募集しています。特に関東近辺で弊社に通われているお客様を引き継いで頂ける店舗を募集中です。つい最近千葉県の鍼灸師の方・広島県のエステサロン経営者の方と契約を済ませて、弊社のメソッドをお伝えしているところです。

提携店へのメソッドの提供にも時間を取れなくなってくるので、ご検討中の方はお早めに資料を請求の上でお問合せ下さいませ。

メールマガジン「育毛法を探るコツ」

無料のメールマガジン「育毛法を探る12のコツ」のご講読は以下からメールアドレスをご登録下さい。育毛相談の内容を元にして配信します。あなたの薄毛を治す方法が見つかるかもしれません。

携帯でメールを受信するのが面倒な人向けに、LINEにてバックナンバーをお知らせしています。

LINEにて「友達に追加」して下されば1週間に1回バックナンバーのURLをお知らせします。[ID:@epc8977v]友だち追加

hotmail・outlook・msn・icloud・me・mac等のメールアドレスではメールマガジンを受信できません。

yahoo!メール・Gmailのフリーのアドレスの場合、迷惑メールフォルダーに入っていることが多いので迷惑メールでない処理をして下さい。また「プロモーションタブ」「ソーシャルタブ」「新着タブ」に入っていることがあるので、それらのタブもご確認下さい。

スマホ・ガラケー等のモバイルで受信する場合は、セキュリティ設定でドメイン[@genki-life.net][@39auto.biz]に受信許可を与えないと受信できません。LINEにて友達に追加して下さるのが良いかと思います。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 育毛相談過去2... 育毛相談過去2... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。