思うがままに

Step by Step

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

丹後半島 袖志の棚田

2005-10-30 | ぶらっと-棚田

'05.10.29~30に妻と二人で丹後半島を訪れた
そして、袖志の棚田へ

私はもともと奈良盆地のほぼ中央の農家に育ったので田園風景はいつも見慣れた風景だった
しかし、子供の頃周囲の山々を眺めながらその近くまで行ってみたいと思っていたことがあった
単なる冒険心からなのかも知れないが、今でもそう思っていた頃の自分を微笑ましく思う
やがて時が流れ、私は一人で旅をすることが多くなった
自分の周りにはない色々な景色を見ることに喜びを感じた
旅で巡り会う多くの人々との語らいも心地良かった
旅は自由空間の中に自分の本来の姿や心を開放するものだとも思った

棚田を見ると、山裾まで行ってみたいと思っていた子供の頃の自分に出会える

さて、この袖志の棚田は棚田百選の中のひとつだ
山裾に広がる棚田と海にへばりつくような民家の風景が素晴らしい









道は車が1台通れるほどで、すれ違うポイントが少ないので大変だった
そんな坂道を、腰の曲がったおばあさんが野菜を積んだ乳母車を押していた
車が来たことに気付いて、おばあさんは早足で少し道幅が広がったところまで…
私は車から降りてその乳母車を押してあげたい衝動に駆られた
そして、田舎にいる母のことをふっと思い出してしまった


車用の掃除機購入

2005-10-21 | TIIDA
毎週のテニスの後、ラケットバッグや靴底の砂が車内に散乱してしまって困っていた
だから車内の掃除に使える強力な掃除機が欲しくなって写真の充電式掃除機を買った
(もともとこの機種は、家の中でちょっとした時にお手軽に使える掃除機として商品化されたらしい)

先ず、上の写真は充電/保管状態、下の写真はそれらをバラバラにした状態

充電式だから掃除機本体には電気コードがないし、結構吸引力も強力、パワーブラシ、スキマノズルも付いていて適材適所の掃除ができるのが有難い
このパワーブラシは手に当てると痛いぐらいグルグル回ってくれて、カーマットやその下の掃除には持って来い
重さもパワーブラシを付けると1.4kg、外すと1.2kgでハンドリングにも困らない

連続使用時間は、次の通り
吸引力として「強」:約10分 「中」:約25分
(パワーブラシ使用時、強:約8分 中:約18分)
充電時間は約2時間

価格.comで送料込みの最低値段を見ると8,200円、ミドリ電化で8,800円だったので迷わず買ってしまった

シール剥がしには殺虫剤!

2005-10-18 | 車のこと

ちょっとした用事で日産のお店に…
物欲しそうな顔をしていた訳ではないが、「これどうぞ」と写真のキャンピング用のコップセットを頂いた

ケースには『丸く大きなシール』が貼ってあった
こういうのを見ると直ぐに剥がしたくなるのが私の性分
(ちなみに「NISSAN」のネームは、シールではなく直接塗装したもので取れないし剥がせない)

そして、いつもあとで「しまった!糊が取れない!」と嘆く羽目に…
「シールの剥がし方」をネットで探してみる
アイロン(これはダメ)、お湯、お酢、洗剤、消しゴム…
いろいろ試したけれど、こびり付いた糊が取れない
ふと、「殺虫剤で綺麗に取れる」というものを見つけた
「えっ! そんなのウソじゃ…??」と半信半疑、ダメモトで試してみる
我が家にあったのは、もう15年も前からある「コックローチS」
取れ残った糊の部分に殺虫剤を吹きかけティッシュで拭い取る
「おおっ!素晴らしい! 糊には殺虫剤が良く似合う??」
(ケースにこびり付いていた糊がご覧の通り綺麗に取れました)
次はコップの底のシールも剥がさねば…

カーショップに行けばシール剥がしのグッズが売られているようだが、ひょっとしたら殺虫剤の方が安価かも知れない!

それから後日、TIIDAのバックガラスに貼ってあった低燃費と低排出ガス?それらの2枚のシールも剥がしてしまった
糊も残らず綺麗になったし、TIIDAの後ろ姿も私の気持ちもすっきりとした


My TIIDAの誕生日

2005-10-12 | TIIDA
今日、10月12日はMyTIIDAの誕生日(登録日)

この1年間のTIIDAの走行と燃費に関する集計及び結果は次の通り
 ・総走行距離 :10,497km
 ・走行時間  :352.5h(ナビ表示値)
 ・平均車速  :29.8km/h
 ・消費ガソリン:794L
 ・平均燃費  :13.2km/L
納車後、まもなくして充分な走行もせず、ある掲示板に「平均燃費13km/L」と記載して投稿したことがあった
10・15モードで18.2km/Lだから、13km/Lという値はそれくら行けるはず…という期待を込めた値だった
結果として、ほぼ同等の燃費が達成できたことの満足感、そして投稿者として一応の責任を果たせた格好になったことは幸いだ(ホッ…)
普段は街乗り&ちょい乗りの状態で、休日はたまに郊外まで足を伸ばす、年に3~4回程度の泊りがけで遠出するという条件からすると充分な燃費だろう

次にオプションについて
TIIDAで遠方に出かける時、重宝したのがナビだった
以前は、道路地図帳を手に持ったまま離せないカーチャンナビとトーチャンナビの精度の悪さとタイミングの悪さ、更に今どこを走っているのか?どっちを向いて走っているのか?さえ判らなくなって難儀したことは数え切れない
先ず、ナビは自車位置を的確に表示してくれるし、たまにトンチンカンな道順を案内してくれるものの曖昧な人間より遥かに信頼がおけるものと言える
(世の中にはもっと優れたナビがあるようだが、現状今のMOPのDVDナビですら基本的な機能しか使っていないのだから多機能も考えものだ)
一方、困ったことにナビの誘導で道を覚えない癖がついてしまった
何度か同じ道を走ることになると「ああ、この道か…」という具合に不確かな記憶が蘇る程度で、ナビは運転を楽にさせてくれるものの人間を怠け者にさせる道具とも言える
そうは言っても、初めての道でのナビの誘導は、時として「神様のお導き」とも思えてしまうほど…

ETCは、「装着したからこそ判るこの便利さ…」と言えるものだ
前車の購入時はインターネットすらなかった時代
今や、ちょっとした疑問や有益な情報は、マウスの左クリックでいとも簡単に文字で絵で写真で画面表示される
そんな中で、このETC、そして凸面式ルームミラー(これは日産初心者さんから教えて頂いた、どうしているんだろう?)やタイヤ交換はTIIDAを楽しく心地良く安全に運転させてくれるものとなった
特にタイヤ交換(REGNO/GR-8000)はTIIDAの走りに高級車のような安定感と重厚感、そして静寂感をもたらしてくれた

(一般の)人間は一人では生きて行けないように、私のカーライフはメーカー、ディーラー、そして掲示板等の多くの方々の誠意と声と情報に支えられていると言っても過言ではないだろう

今日誕生日を迎えた我がパートナーであるTIIDAも多面に渡る多くの声(要望/批判等)を糧に更なる改善/改良が加えられる日も近いことだろう
私が常々言葉にした「後方視界の悪さ」をどんな形で改善されて行くのかが個人的に興味深いのだが…

12ヶ月法定点検

2005-10-03 | TIIDA
【点検結果(メンテプロパック24利用)】
○全て異常無し
○ブレーキパッド
 前輪:左8.0mm 右8.1mm
 後輪:左4.0mm 右4.0mm
○タイヤ溝の深さ(8/23 REGNO/GR-8000に交換)
 前輪:左7.1mm 右7.0mm
 後輪:左7.3mm 右7.2mm

【交換部品】
○エアコン用フィルター
 総走行距離が約10,170kmの状態で、多少汚れがあったという程度
 まだまだ使用可能な状態だった
 車内ではタバコを吸わない&外気導入する機会が少ない の2点の理由からであろう
 次回からは1.5~2年毎程度の頻度で交換するのが良さそうである
○CVTフルード
 2万キロ毎程度の交換で良いと言われていたが、今回交換を依頼した
 交換直後の帰路で、音質が優しくなった/軽やかな走行になったと感じた
 改めて、CVTフルード交換した翌日も20km程ではあるがTIIDAを走らせた
 すると、燃費が伸び、発進性が良くなり、駆動音が低減しているのに気付いた
 この違いはどういうことなのか?
 フルード交換によって伝達効率がUPしたのだろうか?
 フルード+工賃=12,000円程度かかったが結果的に交換は正解だったと判断できる

○エンジンオイル関連
 8/22にオイルフィルターと共に交換済みなので、今回は無し

【その他点検】
○5イヤーズコート
 「点検サービス記録」に「キレイな車ですね」のところにチェックが入っていた
 ただ、それだけのことだが、この点検を受けないと今後の保証対象とならない
 (確かにキレイな車だと我ながら自己満足)
○天井部のシミ
 左ドア上部、ルームランプの近傍に発生した赤み帯びたシミの点検を依頼した
 メーカー側の施工段階に於ける接着剤が悪さをしたようだ
 無償扱いで全面張り替え(別途後日の作業)となった
 (シミ発生原因の詳細までは良く判らないが、綺麗になることで気持ちが晴れた)

【所感】
我がTIIDAも来週でとうとう1歳を迎える
飛び石、他人からの擦り傷、他車のドア打傷に合いながらも、ほぼ新車の輝きと状態を保っている
今回の点検で、無償で傷を目立たなくして頂いたのだが、そもそもウォームシルバーだから余計目立たないのかも知れない
これからも、我がパートナーであるTIIDAを大事にしよう!
そんな気持ちがまた新たに沸いてきた