思うがままに

Step by Step

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ETC車載器の申し込み

2005-07-22 | TIIDA

ETCを付けたいと思って早3ヶ月
そんななかなか踏ん切りのつかない私に朗報が飛び込んできた
それはOMC会員様限定「ETC特別キャンペーン!」
Panasonic製CY-ET900(6月20日発売)のETC車載器が税込9,980円というものだった
価格.comで調べてみても、その価格はネット最低価格(10,620円)よりも安かった
このチャンスを逃したら、また何ヶ月も「ETCを付けたいなぁ…」とウジウジ呟く自分の姿を想像してしまった

音声案内付、スピーカ付きアンテナ別置タイプで、「ETC初心者」で「車内はシンプル」の私には良い選択だと思える
また、価格.comの人気アイテムランキングでも1位~5位をPanasonic製が独占しているので間違いない製品のようだ
(OMCでやればポイントも貯まるし)早速、OMCのホームページから申込書をダウンロードし必要事項を記載し…FAX送信した

費用は次の通り
(1)車載器      9,980
(2)セットアップ料 3,150 (強制、ちょっと高いか?)
(3)特別保証契約  525 (任意、3年間保証(通常は1年))
(4)送料        840
    合計    14,495円 (任意分を外すと13,970円)

あとはETCサービス会社から本人確認の電話を受けて、約1週間で車載器が届くらしい

次はETCカードの手配…

これで、料金所での煩わしいお金のやり取りから開放される!!

「今の世の中、ETCを付けないでどうする?!」とすっかり気持ちが変わってしまった
人間、ちょっとしたきっかけで「気持ちだけは大胆」になるようだ


「宮廷女官チャングムの誓い」の記事を見て

2005-07-08 | 映画・ドラマ
7/7付 朝日新聞の夕刊に「宮廷女官チャングムの誓い」の記事があった

「宮廷女官チャングムの誓い」は毎週木曜日NHKのBS2で放送されている韓国ドラマだ
もともと、(NHK大河ドラマ以外の)ドラマは殆ど見ない私だったのだが、「冬のソナタ」で韓国ドラマというもの知り、今ではチャングムを観るために毎週木曜日のPM10:00にはTVの前にかじり付くようになってしまった
そして、このドラマが7/11~28の間に27話まで集中アンコール放送されるらしい

「宮廷女官チャングムの誓い」(全54話)は16世紀朝鮮王朝の時代を背景にした時代劇であり、幼い頃に父母を亡くし、宮廷の女官から王の主治医まで上りつめた一女性のサクセスストーリーである

日本のNHK大河ドラマに似たものだが、(日本人として)情けないかなその大河ドラマより興味深く面白い
はっきり言ってしまうと「比較できないほど良く出来ている」
昨年の大河ドラマ「新撰組」でやっとNHK独特の堅苦しさから脱したかと思えば、また「義経」では大袈裟で堅苦しい台詞の連発・・・・
(当時の人は本当にいつもあんなしゃべり方をしていたのだろうか?間の長さも観ていて辛くなる)
一方、この韓国版大河ドラマは、主人公チャングム(イ・ヨンエ)の聡明さと彼女の周りを取り巻く様々な人間描写もさることながら、ドラマ全体から発する活き活きとしたパワーや聞き応えのある台詞が観る者聞く者を虜にしてしまう

さて、来週から始まるアンコール放送は27話まで
27話と言えば、(ドラマには欠かせない)悪者の陰謀で、謀反人の汚名を着せられたチャングム達に死刑の危機が迫った処で終わってしまう
初めて観た人は、28話以降が再度放送されるまでの悶々とした日々をどう耐えて行くのだろうか?
私がもしその立場なら、それは一種の拷問になってしまう

昨日の通常放送分は38話目
一難が去って、チャングムにやっと生気に満ちた笑顔が戻ってきたというのに、予告編を観るとまた一難!
真正直に自分の信念を貫くことは大変なことだなあ・・・
思わず「がんばれ、負けるなチャングム!」と呟き、また長い1週間が始まった