思うがままに

Step by Step

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

新聞のエッセイから

2009-09-25 | ひとりごと
昨日、朝刊に目を通していないなぁ・・・
今朝の朝刊を見ていてそのことに気付いた

整理BOXに入っていた新聞を抜き取り、流し読みするようにページをめくった

ふと 『夫のぬか漬け 毎朝の味』 という短いエッセイが目に止まり何気なく読んだ



毎朝の日課となったご主人のぬか床を混ぜる姿
帰宅途中の車中で夕食の食卓に置いたぬか漬けの香りを心待ちにしておられる奥様の姿が自然と浮かんできた
微笑ましく心安らぐエッセイだった

妻も私も年金が貰える歳になったら田舎に移り住みたいと思い描いている
そこで、私もぬか漬けに挑戦だ

御所谷東側の山へ

2009-09-20 | 山登り・ハイキング
数曽寺山塊に登った時、更に東に続く鉄塔を何度か眺めたことがある
今日は、その巡視路を歩いてみることにした

出発は上鴨川住吉神社側の鉄塔176から172へ向かい、デカンショ街道を歩いて車に戻るルートとした



巡視路はどこから始まるのか?
先ず上鴨川住吉神社に車を停めて辺りを見回した
目の前は鉄塔176でその向こうが鉄塔175
鉄塔176すぐ下の「電柱と青いフェンス」が登り口だと察した


上鴨川住吉神社の背後に続く鉄塔177を振り返った


鉄塔176への巡視路入口 (車は広場に停めた)


鉄塔176 (巡視路入口から18分)
南方向は下鴨川の集落


北方向は上鴨川の集落


最奥は西光寺山か?


西方向に鉄塔175、174へと続く その向こうに数曽寺山塊が見える


鉄塔175~174への巡視路は南面のため明るい


数曽寺山塊最高峰のP459  美しい!
遠くに笠形山が見える






鉄塔174に到着  御所谷新池が姿を現す


P459を見てるだけで心が落ち着く


鉄塔173に到着


御所谷新池に降りた


池岸の道


御所谷新池の堰堤に立つ
手前の鉄塔が173


堰堤の端っこの溢流堰に腰を下ろし、鍋焼きうどんの用意
煮詰まるまでの待ち時間、ふと南の山々を眺めた時、橋の下にスズメバチの巣が見えてしまった!
エエッー! 
巣の周りをハチが飛び交っていた
あの橋を渡ってここに来た・・・・ 知らぬが仏だったのか・・・


ハチを警戒しながら同じ場所で急いで食事を済ませた
全く美味しくも何ともない!

食べ終わって堰堤に上がった
で、あの橋を走りながら駆け抜けるべきか? それとも? ・・・・


橋を渡る勇気が出て来ない
だから溢流堰の斜面をよじ登ることにした


鉄塔172




P459から東に伸びる尾根


向こうは鉄塔173、174、175


麓から鉄塔172を見上げる


デカンショ街道を歩く
これはツリガネニンジンか?








バイカモ?


車を停めた場所に戻った


上鴨川住吉神社  本殿は国重文である




神社裏に鉄塔177への巡視路入口を確認
いつか歩いてみよう


上鴨川神社から車を北東の方へ走らせた
今田町市原に抜ける山道だ

途中、道標(市指定文化財、右きよみづ 左ほっけ)を見つけた
この道は播州清水寺への参道だったのだ


上の写真の道標からもう少し行った所でも清水寺への道標を見つけた 場所はここ
少し歩いてみたが薄暗い・・・



更に今田町市原へ車を走らせた
途中、細い谷道となったため引き返し家路についた

トレッキングシューズ購入

2009-09-18 | 備品
藪歩きのせいで側面がボロボロになってきたトレッキングシューズ
そろそろ新しいのを買いたいと思っていたところにABC-MARTの新聞チラシが目に入った

早速お店に行って悩んだあげくにGT9557というものを買った

何を悩んだのか?
それは、藪歩きも多い私にとって
・表面のメッシュがすぐに切れてしまうような気がする
・メッシュの中に小枝や枯葉や砂がたんまり入ってしまいそうだ
・その入ったものを取り除くのも大変だろう
と言うことだった

多分、悩みは現実のものになるだろうと思いながらも、結果的に購入

藪歩きをするような日は古い靴を履くことにしよう




千ヶ峰に履いて行った
右小指が痛くなった
それ以来 このシューズは履かなくなった
勿体ないことをしてしまった

私の足は、3E以上のものしかダメだと改めて痛感した

朝焼け

2009-09-11 | ひとりごと
東の空が赤かった
朝焼けだ!
ここに移り住んでこんな綺麗な朝焼けを見たのは初めてのような気がする