思うがままに

Step by Step

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

掃除機の買い替え

2009-12-01 | 家電

今年は家電買い替えの年になってしまった・・・・

2005年に買った日立の掃除機(たつまきサイクロン CV-SJ9)のパワーブラシモーターが回らなくなった
部屋の殆どがカーペットの我が家にとってパワーブラシが使えないのは致命的

さて次の掃除機はどうする?
この日立の掃除機は案外お気に入りで、価格.comで教えてもらったティッシュペーパーの2段挟みでメンテナンスがとても楽だし、ハンドリングも軽快で掃除することもさほど苦にならない
でも、あれからモデルチェンジされて、今じゃティッシュペーパーを挟むのが至難の業になってしまったようだ
掃除機の中にゴミをためたままにするのが嫌いな私にとってティッシュペーパーが使える機種が狙いだし、紙パック式のものは絶対にだめ!
日立がダメなら パナや三洋があるようだが、さてどうしよう??

三洋のSC-XW33Lか、パナのMC-S900Wのどちらかにしよう! と的を絞ってお店に品定めに行った
・・・と、そこへシャープ/EC-AX100が特価の34,800円の値札が目に入った
家に戻って、その機種の口コミを見てみた
うん、これが良さそうだ!

12月1日
YAMADAにて33,800円(3年保証付)にて購入


早速、掃除をしてみる

前の掃除機より断然静か!
自走式パワーブラシも快適!
でも、手元ハンドルが重たい!! 腕が疲れる!! (この重さは部屋が狭い家向きではないように思える)

ごみ捨ても簡単そうだがコツが要る

パーツを分解して水洗い
組み立てがややこしい
前の掃除機と比べてメッチャ複雑で合わせ面がどうなっているのか、方向がどうなっているのか・・・・
シャープのサイクロンの歴史は古そうだが、まだまだ改良の余地がありそうだ


掃除は私のテリトリー
今まで掃除機をかけることはさほど苦にならなかったが、この掃除機の手元ハンドルの重さにはちょっと閉口してしまう
慣れの問題かな??



12月2日(購入後2日目)
朝から全室を掃除 疲れた!
やはり手元ハンドルが重い お陰で右腕が張った状態
(この掃除機は片手だけでやってはダメということみたい)

吸込み口の重さは630g(カタログ値)
前の日立製は480g(実測値)
その差は150g
更にパイプもホースも前の掃除機より重いように思える
とにかく軽くしたいから「パイプホルダー」も外した
重い吸い口に加え、ジョイント部とスライド部の遊び(クリアランス)が大きくてがたついてしまいイライラさせてくれる

もうひとつ気に入らないのが、吸い口角度保持用の「ボールストッパー」
ビスを緩めてカバーを外すと、中にボールの「反発バネ」があった
それと抜いてカバーをセット
吸い口がダラ~としたままになるが、掃除をしてみると前より少し楽になった

固形物が吸い込まれると、ずーっとダストボックスの中でカラカラコロコロと音を立てながら回った

切りボタンを押すと、自動クリーニング工程に入り、最後にピーーーと長いブザーが鳴って終了
この長いブザー音がイライラしている私を更にイラつかせた
「ピッでええやん!」

ゴミ排出の解除レバーも押し難いし・・・・
粉ぼこりは飛び散るし・・・
(ああー ティッシュにくるんでポンの方が良かった~)

まだこの掃除機の良さが実感できない
(排気が爽やかな感じがする 音が小さい コードリールが塵落としと連動していない これらは良さだなぁ・・・)
いくら綺麗に掃除ができてもハンドリングがイマイチなのは困りものだ
もっとシンプルな掃除機にすべきだったと反省


むかし若かりし頃、設計打合で不二製油のあの人に言われた「○○さん Simple is BEST ですよ!」をふと思い出した



12月3日(購入後3日目)
寝室の掃除

なんか、掃除機本体とホースが変に絡むような動きをする・・・
前の日立と何が違うの?と調べてみると、本体側のホースは完全固定でルーズになっていない!
手元ハンドル側はルーズだけど、片側だけのルーズ構造は全体の動きが悪くなるのが分かった
やはりこういうことについては日立はさすがだな

それと、これも最初から気になっていた「回転ブラシが何かの拍子に止まってしまう現象」
ローラースイッチをテープで固定して絶対回るように細工して掃除してみた
やはり、何かの拍子に回転が止まる
スイッチは2重構造になっているのだろうか?
お客様相談室でこの現象を確認してみると「ローラースイッチがONの場合、吸込口をいくら動かしたり方向を変えたりしてもブラシの回転は止まらない」という回答だった
この結果、メーカーの点検修理となった
(ブラシが回らなくなってしまったけど、また前の掃除機が活躍してくれると思うと変に嬉しくなった)

更に、お客様相談室から聞き出したことを付記しておく
「今の重い吸込ヘッド(630g)と最新機種用の軽量ヘッド(480g、購入価格1万円)のジョイント部は同じなので交換可能」(但し、メーカーは推奨できない模様)
近々、現物をチェックしてからどうするか考えてみよう


12月4日
宅急便が来て掃除機が引き取られて行った


12月5日
シャープの修理センターから電話が入った
「お客様ご指摘のローラースイッチを押した状態でブラシが止まる現象を確認しました・・・・」
私は『クレーマーじゃない!』ことが証明されて安堵した
吸込ヘッドが新品になって12月8日に戻って来る


12月8日
シャープの修理センターから掃除機が戻った
吸込ヘッド、パイプ、ホースが新品となったおかげで、便利ブラシとパイプホルダーの予備が出来てしまった
(どうせなら、吸込ペッドは軽量タイプをサービスして欲しかった・・・)

掃除をしてみる
今日は腕が張らなかった
パワーブラシが動いたり止まったりしてたことが原因だったようだ


まとめ
○空気の流れは紛れもなく固気分離に適したサイクロン構造
  (固形分が容器内で溜まってしまうものではなかったが、サイクロンを設計したことがあるので良く分かる)
○(日立の前機種よりは遥かに)静か
○ダストカートリッジの着脱が凄く簡単
○吸込口ヘッドが重い分、床面に密着するし、パワーブラシも強力
○電気コードリールを伸ばす時が静か(前機種は塵落とし機構が働いてうるさかった)
○排気臭は殆ど感じない(プラズマクラスターが効いてるのか?)
△ボタンを押してゴミ出しポンは良いのだが、前機種のティッシュに包んでポンの方が良かった
△吸込は前機種の方が強かったような気がする
△フィルター塵落としのカチカチはまともな仕事をしていないように思える
 (他社掃除機の手動塵落としの振動はもっと強烈)
×固形分を吸い込んでしまうと、ずーっとカラコロチリチリゴロゴロと音を立てながら回ってる!!
×ダストカートリッジ装填時、前後が分かり難い → テプラで[前]と書いたテープを貼った
×ダストカートリッジの分解/清掃/組立がややこしく手間がかかる
×吸込み口ヘッドが重くて手も腕も疲れる おまけにパイプもホースも重いような
×吸込口ヘッド、ズームパイプのジョイントの遊びが大きく動かすたびにコツコツと音が鳴る
×掃除機本体側のホース接続部がルーズ構造になっていない(前機種は本体側もハンドル側もルーズ構造)
×吸込口ヘッドのボールストッパーは余計 → 取り外した
×吸込口ヘッドが倒れ過ぎる → 緩衝材を貼って角度を抑制させた
×本体の取手が掴み難い → 取手がペタンとならないように浮かせるように工夫
×終了時のブザー音がうるさい → ブザー音が出る穴にテープを貼った → あまり効果無し



'10.10中旬
フィルターを透かして見ると穴があいているような箇所がいっぱい
客相にTELを入れて状況確認
我が家まで点検に来てくれることになり、ついでに新品のフィルターと比較確認したいと申し入れた
サービスマン曰く、フィルターのトラブルは皆無だと言う
原因分からず、新品のフィルターを無償で譲り受けた
新品を使ってからは蓋の内側に付着する細かなホコリの量も減った