Eight-Door Memories

~ 〃歌探し人〃 takaboh のブログ ~         ※コメントは、管理者の承認後に表示されます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Jackson Browne - The Road

2018-01-05 21:56:48 | ライブ・レポート
Jackson Browne - The Road


2018年、明けましておめでとうございます。

昨年は、ジャクソン・ブラウンの東京公演を見ることができ、会場でmacckさんご夫妻にもお会いすることができ、素晴らしい一時を過ごすことができました。

ブログも休止してしまうと今度は書こうと思いながらも、なかなか再開できないでいるグータラ状態が続いています。

今年は、少しでも書こうと思ったりもしていますが、続けていくということは本当に大変なことです。

でも、mackkさんを見習って、間を置きながらも何か感じたら、少しずつでも書いていこうと思います。

ところで、この歌、ダニー・オキーフの歌ですが、ジャクソンは「Running On Empty」で取り上げておりました。

大好きな歌です。自分もnanaで歌ってみました

nanaは持ち時間が90秒しかないので、だいぶ省略して歌っています。(^^;

最後にオリジナルをお届けします。

Danny O'Keefe - The Road - Live at McCabe's


今日はこんなところで、今年も宜しくお願いします。

                        takaboh(タカボー)
コメント

please be with me / Cowboy

2017-07-28 20:15:51 | マイ・フェイバリット

 

10代の頃は、ハードロックも聴いていた時期もありました。20歳頃から、好みがアコースティック・サウンドのほうに変わってしまい、ハードロックの中でも最後に聴いたのが、オールマン・ブラザーズ・バンドだった。

その頃は、既にデュアン・オールマンはオートバイ事故により他界していたが、「デュアン・オールマンの遺産」という2枚組のLPレコードがリリースされ、その中にデュアンのスライド・ギターがfフューチャーされたこの曲が入っていて、好きになった。

クラプトンがドラッグ中毒から復活し、初めてリリースしたレイドバック・サウンドのアルバム『461 Ocean Boulevard』で、この曲を取り上げていた。

 

  Please be with me / takabohのnana

そんなわけで、好きな歌だったので、自分もnanaで西やん(nishinarigenjinさん)の弾き語りに、スライド・ギターとコーラスでコラボさせていただいたので、90秒だけですが、よかったら聴いて下さい。

 

コメント (2)

nanaというスマホのアプリ

2017-07-25 20:11:32 | その他


スマホにして以来、すっかりSNSとかにはまり、久しぶりの投稿になります。(^^;)

これを期にまた少しはこちらも更新していきたいと思っていますので、また宜しくお願いします。

ところで、今回は、スマホのnanaという音楽アプリのことを書いてみます。

2年くらい前に友人から娘がnanaで歌っているので聞いてほしいということで、初めてnanaのことを知り、娘さんの歌を聴いてみて、自分もやってみようかなということで、始めたらハマってしまい、今では自分の投稿や参加者とのコラボで670近い曲数になってしまいました。(^^;)

nanaは、著作権等の関係で90秒という制限がついていますが、他の方が作った演奏をお借りして歌ったり、いろいろと音楽の交流ができて楽しいです。

自分のnanaページのURLは、次のとおりですので、パソコンでも確認できますので、よかったら聴いて下さい! m(_ _)m
takabohのnanaのページ

それでは、今回はこの辺で失礼します。

コメント

グレン・フライ

2016-01-26 19:20:22 | ウエスト・コースト



  I Found Somebody Glenn Frey - YouTube

 1月18日の元イーグルスのグレン・フライが亡くなったというニュースが飛び込んで来ました。

 彼がそのような状態だったとは、まるで知らないでおりましたので、非常に驚きました。

 67歳だったということで、まだ若かったですね!

 ドン・ヘンリーはまだ存命ですが、イーグルスの顔が一人欠けてしまい、本当に残念です。

 学生時代、彼等がデビューしたあたりカントリー・ロック・フレーバーを残したサウンドが大好きでした。

 ウエストコースト・サウンドの代表格だったイーグルスは、やはり今でも小生の記憶の中の大きな存在です。

 この歌は知りませんでしたが、イーグルス時代を彷彿とさせるサウンドと曲調ですね。

 グレン・フライのご冥福をお祈りいたします。

コメント (2)

アリソン・クラウス

2016-01-15 20:59:16 | カントリー・ブルーグラス


  Alison Krauss and Union Station - Lay My Burden Down [Live]




新しい年になりました。だいぶ更新できずおりましたが、本年も宜しくお願いいたします。

仕事は、あまりしていないのですが、なんやかんやといろいろと忙しくすっかり更新をサボってしまいました。

聴くほうの音楽は、ルーツ音楽は好きなのですが、最近あまり聴けずにおり、どういうわけか環境音楽のようなものとか、クラシックなど癒やされるようなものをBGMとして聴いているような感じになっています。

YouTubeで、いろいろと試聴するような時間もなく・・・、弁解ばかりになっていますね!

そういうわけで、今日は、静かで、アコースティックなアリソン・クラウスの歌を取り上げてみました。

ユニオン・ステーションですが、生音の良さを感じさせる素晴らしいバンドですよね!

アリソン・クラウスの歌を最高に引き立ててくれるバンドだと思います。

それではまた宜しくお願いします。

コメント