江別創造舎

地域文化振興活動・江別カルタ制作

江別カルタ句㉛ 「け」の句

2018年10月23日 | 江別カルタ詠み句と取り札

 このたび、江別カルタ㉛「け」の句をご紹介いたします!

 顕彰碑
 榎本武揚
 騎馬姿

 
  榎本武揚は、箱館戦争後、許されて北海道開拓使に出使していました。
 「オランダで学んだ学問の成果を北海道開拓に生かしてほしい」という黒田清隆の要請に応えてのものでした。

 明治6年(1873年)対雁に農場を開く(大岡金太郎名義)、農場は榎本の没後、小作人に解放されました(大正8年)。
一帯は、対雁番屋が置かれた位置に近接し、江別発祥の地でもありますた。
 
 (以下略)


 *以上、江別カルタ解説書「け」の句引用


ぜひ、江別文化・歴史を題材とした江別カルタでお楽しみください


*江別カルタメール問合せ先:江別創造舎事務所<北翔大学田口研究室>
              E-mail taguchi@hokusho-u.ac.jp




註 :江別カルタ<江別創造舎制作>「け」の句解説書引用
*江別カルタ解説書は、佐々木孝一氏<元江別市情報図書館館長>に執筆していただいています。
写真:江別カルタ「け」の句詠み札と取り札
*江別カルタの外箱と解説書には、江別産小麦ハルユタカ加工原料紙を使用しています。
*江別カルタ第2販販売中です。

コメント

江別カルタ句㉚ 「ま」の句

2018年09月11日 | 江別カルタ詠み句と取り札

 このたび、江別カルタ㉚「ま」の句をご紹介いたします!

 柾葺き<まさぶき>と
 切妻屋根<きりづまやね>の
 中隊本部

 
  野幌屯田兵第二中隊本部は、屯田兵入地直前の建築と考えられ、野幌併存のほぼ中央、練兵場(第二中学校校地)に隣接した2番通りに面して建てられています。
 
 洋風2階建、建物面積48坪(150,72平方m)、
 屋根は切妻造りで柾葺、
 構造はバルーンフレームと呼ばれ開拓当時の米国風建築手法がとられています。
 (以下略)


 *以上、江別カルタ解説書「ま」の句引用


ぜひ、江別文化・歴史を題材とした江別カルタでお楽しみください


*江別カルタメール問合せ先:江別創造舎事務所<北翔大学田口研究室>
              E-mail taguchi@hokusho-u.ac.jp




註 :江別カルタ<江別創造舎制作>「ま」の句解説書引用
*江別カルタ解説書は、佐々木孝一氏<元江別市情報図書館館長>に執筆していただいています。
写真:江別カルタ「ま」の句詠み札と取り札
*江別カルタの外箱と解説書には、江別産小麦ハルユタカ加工原料紙を使用しています。
*江別カルタ第2販販売中です。

コメント

江別カルタ句㉙ 「や」の句

2018年07月26日 | 江別カルタ詠み句と取り札

 このたび、江別カルタ㉙ 「や」の句をご紹介いたします!

 山守る
 育種場
 木の香り

 
 国道12号を札幌方面から走ると、酪農学園大学のキャンパスの奥の小高い丘の上に、赤い大きな屋根が見えてきます。
 この建物が、北海道林木育種場旧庁舎です。
平成13年(2001年)には、国の登録有形文化財となりました。
(以下略)

 *以上、江別カルタ解説書「や」の句引用


ぜひ、江別文化・歴史を題材とした江別カルタでお楽しみください



*江別カルタメール問合せ先:江別創造舎事務所<北翔大学田口研究室>
              E-mail taguchi@hokusho-u.ac.jp




註 :江別カルタ<江別創造舎制作>「や」の句解説書引用
 *江別カルタ解説書は、佐々木孝一氏<元江別市情報図書館館長>に執筆していただいています。

写真:江別カルタ「や」の句詠み札と取り札
 *江別カルタの外箱と解説書には、江別産小麦ハルユタカ加工原料紙を使用しています。
 *江別カルタ第2販販売中です。

コメント

江別カルタ句㉘ 「く」の句

2018年05月12日 | 江別カルタ詠み句と取り札

 このたび、江別カルタ㉘ 「く」の句をご紹介いたします!

 故郷(くに)思い
 匠の技で
 味噌づくり

 
  岩田家は、加賀藩の家臣でしたが、明治維新で禄を離れ、屯田兵として明治18年(1885年)渡道しました。

 給与地は、野幌兵村の一番通り沿い、八丁目と九丁目の間(現江別市情報図書館の敷地)でした。
たまたま兵村が、直営で野幌駅前に開いた雑貨店が営業不振になったことから、その経営を引き継いで、「丸の岩田」としました。

 (中略)
 明治33年(1900年)には、岩田合名会社を設立し、以後、食料品や雑貨を扱う岩田百貨店と親しまれてきました。
醸造工場は、現在恵庭市に移転しましたが、「紅1点」は広く人々の食卓にあがっています。
 (以下略)


 *以上、江別カルタ解説書「く」の句引用


ぜひ、江別文化・歴史を題材とした江別カルタでお楽しみください


*江別カルタメール問合せ先:江別創造舎事務所<北翔大学田口研究室>
              E-mail taguchi@hokusho-u.ac.jp




註 :江別カルタ<江別創造舎制作>「く」の句解説書引用
*江別カルタ解説書は、佐々木孝一氏<元江別市情報図書館館長>に執筆していただいています。
写真:江別カルタ「く」の句詠み札と取り札
*江別カルタの外箱と解説書には、江別産小麦ハルユタカ加工原料紙を使用しています。
*江別カルタ第2販販売中です。

コメント

江別カルタ句㉗ 「お」の句

2018年01月03日 | 江別カルタ詠み句と取り札

 このたび、江別カルタ㉖ 「お」の句をご紹介いたします!

 おかだ邸
 レトロな姿
 木の造り

 
 岡田伊太郎<明治10(1877)年〜昭和36(1961)年>は、福井県生まれの実業家・政治家でした。
 13歳の時、従兄の初代福山甚三郎を頼って渡道しました。
福山醸造に勤めた後、村会議員や道会議員を経て、大正8(1919)年、衆議院議員に初当選、通算5期を務めました。

 江別に電気を引くことが発端で電気事業に興味をもち、北海道電力の前身、函館水電の取締役、北電顧問などを歴任しました。

 (以下略)

 *以上、江別カルタ解説書「お」の句引用


ぜひ、江別文化・歴史を題材とした江別カルタでお楽しみください


*江別カルタメール問合せ先:江別創造舎事務所<北翔大学田口研究室>
              E-mail taguchi@hokusho-u.ac.jp




註 :江別カルタ<江別創造舎制作>「お」の句解説書引用
*江別カルタ解説書は、佐々木孝一氏<元江別市情報図書館館長>に執筆していただいています。
写真:江別カルタ「お」の句詠み札と取り札
*江別カルタの外箱と解説書には、江別産小麦ハルユタカ加工原料紙を使用しています。
*江別カルタ第2販販売中です。

コメント

江別カルタ句㉖ 「の」の句

2017年12月28日 | 江別カルタ詠み句と取り札

 このたび、江別カルタ㉖ 「の」の句をご紹介いたします!

 のぼり窯
 明治に産声
 野幌レンガ

 
 煉瓦工場が野幌に進出したのは、明治31年(1898年)3月、北海道炭礦鉄道株式会社が工場を開設し、業務を久保栄太郎に委託したことに始ります。
以降、大正14年(1925年)まで久保組が請け負い操業を続けました。

 当時の製法は、のぼり窯によるもので、燃料は薪、山の形に土盛りした片側に12〜13程度の窯を築造し、下部より焼き上げて片側ずつ交替で使用しました。

 野幌は、高台全部が豊富な原料地であったことから発展し、工場も大正年間には近代物なホフマン窯が導入されました。

 (以下略)

 *以上、江別カルタ解説書「の」の句引用


ぜひ、江別文化・歴史を題材とした江別カルタでお楽しみください


*江別カルタメール問合せ先:江別創造舎事務所<北翔大学田口研究室>
              E-mail taguchi@hokusho-u.ac.jp




註 :江別カルタ<江別創造舎制作>「の」の句解説書引用
*江別カルタ解説書は、佐々木孝一氏<元江別市情報図書館館長>に執筆していただいています。
写真:江別カルタ「の」の句詠み札と取り札
*江別カルタの外箱と解説書には、江別産小麦ハルユタカ加工原料紙を使用しています。
*江別カルタ第2販販売中です。

コメント

江別カルタ句㉕ 「ゐ」の句

2017年12月10日 | 江別カルタ詠み句と取り札

 このたび、江別カルタ㉕ 「ゐ」の句をご紹介いたします!

 今はなし
 村の渡しの
 船頭さん

 
  江別で最初渡船は、
 明治4(1872)年の豊平川渡船(旧豊平川河口、現新石狩大橋西袂)です。
 その後、
 対雁(ついしかり)〜篠津間の石狩川渡船(大正9年、石狩大橋架橋)、江別市街〜大川通間の江別川渡船(重兵衛渡し)など時代の推移と共に渡しの数を増していきました。

(一部省略)

 江別市街で木賃宿を営んでいた武田重兵衛が請け負っていたことから、重兵衛渡しという名がつけられました。車馬用大船と人員用舟を備え船頭も数人いたといいます。

 (一部省略)

 *以上、江別カルタ解説書「ゐ」の句引用


ぜひ、江別文化・歴史を題材とした江別カルタでお楽しみください


*江別カルタメール問合せ先:江別創造舎事務所<北翔大学田口研究室>
              E-mail taguchi@hokusho-u.ac.jp




註 :江別カルタ<江別創造舎制作>「ゐ」の句解説書引用
*江別カルタ解説書は、佐々木孝一氏<元江別市情報図書館館長>に執筆していただいています。
写真:江別カルタ「ゐ」の句詠み札と取り札
*江別カルタの外箱と解説書には、江別産小麦ハルユタカ加工原料紙を使用しています。
*江別カルタ第2販販売中です。

コメント

江別カルタ句㉔ 「う」の句

2017年10月10日 | 江別カルタ詠み句と取り札

 このたび、江別カルタ㉔ 「う」の句をご紹介いたします!

 浦篠津
 故郷偲び
 名づけたり

 
 浦篠津は、石狩川沿岸の22線から30線まで、9号線より北側の地名です。
新潟県三島郡来迎寺村字浦村からの移住開懇者が多かったことから、
浦篠津という名で呼ばれました。

 明治30年頃、泥炭地、水害常襲地であるにも関わらず入植者が相次ぎました。
大正に入って、排水・客土の土地改良により稲作もできるようになりました。

 昭和10(1935)年の字名改正により、
 下当別太、上当別太と共に、氏神様に八幡様を祀っていることから、
 八幡と命名されました。
 *以上、江別カルタ解説書「う」の句引用


ぜひ、江別文化・歴史を題材とした江別カルタでお楽しみください


*江別カルタメール問合せ先:江別創造舎事務所<北翔大学田口研究室>
              E-mail taguchi@hokusho-u.ac.jp




註 :江別カルタ<江別創造舎制作>「う」の句解説書引用
*江別カルタ解説書は、佐々木孝一氏<元江別市情報図書館館長>に執筆していただいています。
写真:江別カルタ「う」の句詠み札と取り札
*江別カルタの外箱と解説書には、江別産小麦ハルユタカ加工原料紙を使用しています。
*江別カルタ第2販販売中です。

コメント

江別カルタ句㉓ 「む」の句

2017年08月20日 | 江別カルタ詠み句と取り札

 このたび、江別カルタ㉓ 「む」の句をご紹介いたします!

  昔から
  江別の自慢
  ヤツメ

 
  江別の漁業は、石狩川の鮭漁を中心でした。
 しかし、大正以降の石狩川沿岸地区の開発や河川改修工事の影響などにより漸次減少傾向を辿り、主産物はヤツメウナギへと移行しました。

 ヤツメウナギは、ウナギという名がついていますが、分類上は、円口類で、ウナギの仲間ではありません。昭和初期の専業漁業者は12戸前後です。
石狩川内水面漁業で漁獲量は豊凶を繰り返しながら、現在に続いています。

 戦後、江別漁業協同組合が札幌市篠路から岩見沢市北村砂浜に到る約13kmに漁業権を設定していましす。
 秋と春に産卵のため遡上するヤツメを、カヤで編んだ半紡鐘形の漁具「どう」を使って獲っています。
 *以上、江別カルタ解説書より一部引用


 ぜひ、江別文化・歴史を題材とした江別カルタでお楽しみください


*江別カルタメール問合せ先:江別創造舎事務所<北翔大学田口研究室>
              E-mail taguchi@hokusho-u.ac.jp





註 :江別カルタ<江別創造舎制作>「む」の句解説書引用
   *江別カルタ解説書は、佐々木孝一氏<元江別市情報図書館館長>に執筆していただいています。
写真:江別カルタ「む」の句詠み札と取り札
   *江別カルタの外箱と解説書には、江別産小麦ハルユタカ加工原料紙を使用しています。
   *江別カルタ第2販販売中です。

コメント

江別カルタ句㉒ 「ら」の句

2017年08月02日 | 江別カルタ詠み句と取り札

 このたび、江別カルタ㉒ 「ら」の句をご紹介いたします!

  欄干に
  今も伝える
  軌道橋

 
 昭和21年(1927年)8月、江当軌道が営業開始しました。
 江当軌道は、当別市街を起点とし、
 江別町字篠津の石狩大橋のたもとを終点とする延長約11kmのミニ鉄道です。

 動力は、主に蒸気機関車で貨車と客車を牽引しました。

 昭和9年(1934年)11月、
 札沼線の札幌〜当別間が開通したことから、終業を迎えました。

 今日、市内にこの軌道の名残りを留めるのは、
 美原30線の篠津川に架かる「軌道橋」の名のみです。

 *以上、江別カルタ解説書より引用


 ぜひ、江別文化・歴史を題材とした江別カルタでお楽しみください


*江別カルタメール問合せ先:江別創造舎事務所<北翔大学田口研究室>
              E-mail taguchi@hokusho-u.ac.jp





註 :江別カルタ<江別創造舎制作>「ら」の句解説書引用
   *江別カルタ解説書は、佐々木孝一氏<元江別市情報図書館館長>に執筆していただいています。
写真:江別カルタ「ら」の句詠み札と取り札
   *江別カルタの外箱と解説書には、江別産小麦ハルユタカ加工原料紙を使用しています。
   *江別カルタ第2販販売中です。

コメント