江別創造舎

地域文化振興活動・江別カルタ制作

夢工房トンデンファームガーデンセール開催中!のご案内!

2014年08月31日 | イベント

 このたび、夢工房トンデンファームガーデンセール開催中!のご案内をいたします!

 夢工房トンデンファームでは、恒例のガーデンセールを開催中!です。
 袋入りウインナー(粗挽き・チーズ・ハーブ3種類)、
 石狩川ベーコンスライス、
 そして、
 自社直営白老牧場による和牛肉、
 豚肉、
 など、トンデンファームならではのこだわりの製品が揃っています!

 小動物の触れ合いも楽しめますよ!

 夢工房トンデンファームガーデンセールの日程は、下記のとおりです。
1.期 間   2014年8月31日(日)まで
        10:00~17:30
2.場 所   夢工房トンデンファーム
        江別市元野幌968−5
        011−383−8208



写真:アルパカ隊(アース君、スカイちゃん、ドリーム君)
 注目!アルパカ隊全員カメラ目線です!

コメント

北翔大学保護者相談会開催のご案内!

2014年08月30日 | 教育・学校

 このたび、北翔大学保護者相談会開催のご案内をいたします!

 北翔大学および短期大学部、大学院では、保護者の方対象の相談会を開催いたします。

 在学中の様子、
 就職や編入など進路に関すること、
 その他、大学生活に係る事項等、
 日頃の大学生活全般について、保護者の方からの相談事項は勿論、日頃学生に密接に関わっている教員からの情報提供などを行う機会として保護者相談会を開催しています。
 こうした保護者の方と教員の情報共有することによって、大学と家庭双方から学生を最適に導いていく機会としています。

 今回は、本学会場として開催しますが、
 各地方においても、地方会場を別途週末に設定して、保護者会を開催します。
 一人暮らしをする学生への保護者の方の心配も、こうした機会を利用することで学生理解を生む機会にもなっています。

 少子高齢化社会にあって、高等教育機関としての大学の役割は、単なる知識を提供する媒体ではなく、さまざまな教育プログラムを設定し、実践力・人間力を養成することが求められています。
いわば、就職活動や就業後に至るまでの実績に結びつく教育が、即戦力として求められてきている、ともいえます。
 そこには、保護者の方の学生時代と比して産業構造も激変し、社会構造も大きな変化を成している現代にあって、現代社会に即した考え方、判断が必要となるからです。
 日頃の学習状況、学生生活の情報交換と共に、保護者の方と教員との情報共有の場として保護者会は、重要な役割を果たしているのです。

 

写真:北翔大学COLLEGE HALL PAL

 

コメント

小麦フェスタ2014inえべつ開催のご案内!

2014年08月29日 | イベント

 このたび、小麦フェスタ2014inえべつ開催のご案内をいたします!

 明日(8/30)!
 小麦フェスタ2014 in えべつが開催されます!

 小麦フェスタ2014 inえべつは、
これまで開催してきた小麦フェスタ、
農業まつり、
まるごと江別、
これらを同時に開催することとなったイベントです。

江別の豊かな地財を感じ、味わうことができるイベントです。

たった一日だけのイベントですが、
とっても内容充実、盛りだくさんのプログラムで展開されます。

ぜひ!おでかけください!

 小麦フェスタ2014 in えべつの日程は、下記のとおりです。
1.日  程   2014年8月30日(土)
         10:00~16:00

2.場  所   江別市民会館

3.内  容
 具体的内容は、江別市公式HP内~小麦フェスタ2014 in えべつ~こちらをご覧をください。

4.問合せ先   小麦フェスタ2014 in えべつ実行委員会
                     011−381−1025



写真:小麦フェスタ2014 in えべつ 公式ポスター

コメント

江別市商工会議所 市民健康セミナー「大丈夫だよ、がんばろう!」開催のご案内!

2014年08月28日 | イベント

 このたび、江別市商工会議所 市民健康セミナー「大丈夫だよ、がんばろう!」開催のご案内をいたします!

 江別市商工会議所では、市民健康セミナーとして「大丈夫だよ、がんばろう!~乳がんを乗り越えてステキに生きる~」を開催します。
講師は、タレントであり、乳がん経験者でいらっしゃる山田邦子氏です。
厚労省がんに関する普及啓発講談会メンバーでもいらっしゃる山田邦子氏の自らの体験と活動をふまえたご講話です。

 なお、ご聴講には事前申込が必要です。

 江別市商工会議所市民健康セミナー「大丈夫だよ、がんばろう!」の日程は、下記のとおりです。
1.日  程   2014年9月3日(水)
         開場  13:30
         開演  14:30~15:40(予定)
2.場  所   江別市民文化ホールえぽあホール
         江別市大麻(おおあさ)中町26−7
3.講  師   山田 邦子氏(タレント・厚労省がんに関する普及啓発懇談会メンバー)
4.参加費用   1,000円
5.定  員   先着450名
6.申 込  先   江別市商工会議所
         011−382−3121
         011−385−2100



写真:江別市民文化ホールえぽあホール

コメント

準用財政再建計画の可決

2014年08月27日 | 歴史・文化

 26日正午過ぎ、地方公営企業法に基づく準用財政再建企業指定の申し出については、起立採決の結果22対6で病特委員長報告どおり可決しました。
 なお、賛成は、民主クラブ、市民クラブ、江政クラブ、公明党、反対は社会党、共産党、革新市民会議でした。

 この指定の申し出の可決を受け、2月28日の本会議に再建計画の中味である地方公営企業法に基づく準用財政再建計画の承認について、が提案され、同日病特に付託されました。
3月3日、病特は、これを賛成多数で可決、翌4日の本会議における病特委員長の報告、討論、採決の結果、これも賛成多数で可決されました。
そして、同5日、市は再建計画書を自治省に提出、自治省は同10日付けで承認、ここに正式に準用再建の軌道がひかれたのでした。

 なお、3月10日開催の議会におき、山田市長は病院再建問題についての責任を明らかにするため、自ら減給措置をとることを言明、同30日、これが本会議で可決されました。
措置内容は56年4月から12月までの9ヶ月間、月額の20%を減ずるものでした。
また、岡助役も同期間、月額15%の減給となり、それぞれ市理事者としての責任を明らかにしました。

 この措置に反対の議員は一人でした。
その反対理由は、『利子を含めて24億円の赤字は、市長の病院経営の失敗から生まれたものでした。
これを市民の負担に押し付けて、自分は9カ月間の20%の減棒でもって済むというような、そういう甘い問題ではありませんでした。市民は到底納得しない。』というものでした。
事態の深刻さに鑑み、さらに粛然とした責任の取り方を求めたものであることを、付記します。


註:江別市総務部「えべつ昭和史」621-622頁.
写真:昭和46年開院20周年江別市立病院全景
 同上書605頁掲載写真を複写し、当ブログ掲載いたしております。

コメント

厳しい準用再建の条件2

2014年08月26日 | 歴史・文化

 山田市長が再三再四言明、政治生命を賭けるとした55年度収支均衡化は、同年度病院事業特別会計予算(案)におき、収支とも28億6,105満2千円で55年3月議会に上程されました。
 これは、実に10余年ぶりの均衡予算となりました。
内容的には、年度途中のベースアップなどが見込まれておらず、問題なしとはしないが、一応、53年度からの再建実施計画の第1段階がクリアされ、いよいよ問題の焦点は累積不良債務の解消、すなわち準用再建にしぼられてきたのです。

 55年6月、岡助役は自治省との協議に入り、大筋において準用再建適用の了解を得ることになりました。
同再建が適用されると、この時点での試算では不良債務元金18億5,500万円と、再建期間7カ年の金利合わせて24億4,500万円のうち、元金の2分の1と金利の一部計12億5,200万円が特別交付税で補填され、残り約半分を市の一般会計から繰り入れるというものでした。
この国の資金を導入するためには、再建計画の柱として、医業収益の約66%(54年度)を占める人件費の抜本的見直し、看護婦など職員の配置転換、勧奨退職、欠員不補充など、市職労との対立が必至のものをさけて通るわけにはいきませんでした。

 さらにまた、一般会計からの約12億円の持ち出しは、教育、福祉、道路、公園など一般行政の水準を、一時的にせよ停滞させることになりかねず、その面でも、苦悩のなかの第一歩であったのです。
 しかし、市理事者は、準用再建やむなし、しかも猶予もなく、市職労には理解を求め、かつ、一般行政水準の低下は最小限にとどめる努力をする、と議会で言明、退路を断ったのでした。

 55年6月時点における準用債券のための条件です。
しかし、同年11月になって明らかにされた自治省の指導見解は、さらに厳しいものとなりました。
すなわち、特別交付税の措置は、当初の約11億2千万(第1次案)から6億円前後と半額程度の下方修正となりました。
そして、再建計画の内容においては、
①職員26人の減員、
②給与の国公平準化(国家公務員と同じレベルにるす)、
③当面の国公との給与格差については、一般会計から資金の貸し付けを行うこと、
など、労働条件の変更を含むもののほか、
④老人専用の病床利用を90%以上保つこと、
⑤医療機械の導入により、医療機能の充実を図ること、
⑥救急医療体制を整え、人間ドックその他の住民検診を能率的に実施すること、
⑦一般会計との負担の明確化、
⑧企業債を増額し、建設改良の補填財源に振り替えること、
の8項目の実施と、加えて56年2月20日までに再建計画を提出することにより、56年度から対象にするというものでした。


註:江別市総務部「えべつ昭和史」618-619頁.
写真:昭和46年当時の放射線科
 同上書606頁掲載写真を複写し、当ブログ掲載いたしております。

コメント

北海道開拓の村十五夜行事体験のご案内!

2014年08月25日 | イベント

 このたび、北海道開拓の村十五夜行事体験のご案内をいたします!

 北海道開拓の村では、恒例の十五夜行事体験が開催されます。
これは、十五夜にお供えする月見だんごづくりをはじめ、ほおずき・すすき・栗などを採って村内住宅にお飾りするものです。
参加者がつくったお飾りは、持ち帰り可能です。
 お飾りが完成した後には、十五夜に関する昔話をボランティアの方がお話ししてくださいます。

 北海道開拓の村十五夜体験は、下記のとおりです。
1.日  程  2014年9月7日(日)
        第1回目10:00~
        第2回目14:00~
                     各回15組限定(家族対象)
2.場  所  北海道開拓の村内
3.費  用  無料
        *ただし、北海道開拓の村入場料は要
4.申 込  先  北海道開拓の村事業課
        011−898−2692
        *開催1ヶ月前より順次申し込み可能です。


写真:北海道開拓の村百年記念塔

コメント

第2回アイアンマン・ジャパン北海道開催のご案内!

2014年08月24日 | イベント

 このたび、第2回アイアンマン・ジャパン北海道開催のご案内をいたします!

 アイアンマン・ジャパン北海道は、
 スイム3.8km・バイク180.2km・ラン42.2kmの総距離約226.2kmを競うものです。
 会場は、昨年度に引き続き洞爺湖および羊蹄山麓周辺地域です。
 
 8月21日(木)より競技説明会や選手登録、ウェルカムパーティ等が開催されました。
 そして、本日(8/24)、いよいよ競技スタートです!


 アイアンマン・ジャパン北海道については、公式HPこちらをご覧ください。


 スケジュールについては、こちらをご覧ください。



写真:洞爺湖

コメント

アースドリーム!プレオープンのご案内!

2014年08月23日 | イベント

 このたび、アースドリーム!プレオープンのご案内をいたします!

 トンデンファーム アースドリーム角山農場が、
 昨日(8/22)よりプレオープンいたしました!

 おめでとうございます!

 この広大な土地に、
 アースドリームに関わっている方々の大きな夢が形となり、
 そして、訪れる人たちがハッピィになれる空間として、
 アースドリームがプレオープンをしました!

 小動物たちが、敷地内各所、のんびりお散歩をしています!
 また、乗馬や馬車などで楽しむこともできます!
 そして、レストランでお食事することもできます!
 トンデンファーム自慢のソーセージ製品を中心に堪能できますよ。

 トンデンファーム アースドリーム角山農場プレオープンについては、下記のとおりです。
1.期  間  2014年8月22日(金)~11月3日(月)
        10:00~16:00*レストランは19:00まで
        火曜日定休日
2.場  所  江別市角山584−1
        011−391−2500
        
 なお、アースドリーム プレーオープンについては、こちらをご覧ください。


写真:アースドリーム内レストランより撮影した夕陽<2014年7月撮影>
 アースドリームに精通した方々の中では認知されている2本寄り添う神の木と夕陽


コメント

第1弾!平成26年度恊働のまちづくり活動支援事業「江別カルタで辿る江別物語2014」開催のご案内!

2014年08月22日 | イベント

 このたび、平成26年度恊働のまちづくり活動支援事業「江別カルタで辿る江別物語2014」開催のご案内をいたします!

 任意団体江別創造舎は、昨年度に引き続き平成26年度恊働のまちづくり活動支援採択事業「江別カルタで辿る江別物語2014」を、のっぽろ七丁目放送局連携事業として開催いたします。

 江別創造舎は、「個が生き、個が活かされるまちづくり」、「地域が生き、地域が活かされる人づくり」を目指して、地域文化振興活動を推進しています。
昨年9月には、長年取り組んで参りました江別カルタを完成させることができました。
そして、平成25年度恊働のまちづくり活動支援事業に採択され、第1回江別カルタ大会を開催いたしました。

 事業を連携しているのっぽろ七丁目放送局は、「地域を元気に!」をスローガンに、地域の情報発信基地としての大きな役割を果たし、本年で開局5周年を迎えています。
毎週水曜日19時からライブで視聴でき、コメントをタイムリーに発信することにより、パーソナリティと視聴者とのコミュニケーションがそのまま活かされるしくみをつくっています。
勿論!これまでのプログラムは蓄積されていますので、いつでもインターネット上で視聴することができます。

 江別カルタを主軸として地域文化振興活動を推進する江別創造舎と、長年地域の情報発信基地として役割を果たすべく、さまざまなイベントに出向いて生きた情報発信に努めていらっしゃいますのっぽろ七丁目放送局、それぞれの特性を反映させた企画が、「江別カルタで辿る江別物語」(江別市教育委員会後援)です。

 江別カルタは、江別の文化・歴史を題材を48枚に表したいろはカルタです。
 この江別カルタで取り上げた題材を、
 現存する江別の地域遺産、風景をDVD化し、上映します。
 DVDに映し出される情景には、江別カルタの句を配し、
 江別の文化・歴史を身近なものに感じていただけることを期待しています。

 また、この江別カルタの解説書を執筆していただいた佐々木孝一氏の基調講演を開催します。
 佐々木氏の講演内容に即したDVDの上映も計画しています。
 視覚からも聴覚からも楽しめるプログラムです!

 こうした江別の文化・歴史の伝承ツールとして江別カルタと同様重要な役割を果たしている江別まち検定を採用して、「江別まち検定クイズ」もプログラム化しています。
ぜひ、皆様!ご参加し、共に楽しいひとときをお過ごしいただきたいと願っております。

 児童の方からご高齢の方まで、
 幅広い年齢層の方々にご参加いただき、
 江別の文化・歴史に触れ合いながら、知的コミュニケーションの場としていただければと考えております。

 皆様との出会いを楽しみにいたしております。

 「江別カルタで辿る江別物語2014」の日程は、下記のとおりです。
1.日 程   2014年9月28日(日)
        開場 12:30
        13:00~15:30
2.場 所   江別市民会館小ホール
        JR函館本線高砂駅下車徒歩7分程
        JR北海道バス江別市役所前徒歩3分程
3.内  容   基調講演(佐々木孝一氏 前江別市情報図書館館長)
        江別カルタ大会
        江別まち検定クイズ
        DVD上映
        インターネットテレビ中継
4.申込先   江別創造舎 (北翔大学短期大学部田口研究室内)
         011−387−4194
           taguchi@hokusho-u.ac.jp

写真:平成26年度恊働のまちづくり活動支援採択事業
   「江別カルタで辿る江別物語2014」チラシ

コメント