江別創造舎

地域文化振興活動・江別カルタ制作

30年代開拓地の秋

2013年04月30日 | 歴史・文化

 秋、江別祭も終わりました。
日ごと足早に秋色が濃くなりました。
吹く風も、夏の疲れに気怠く通り過ぎていきました。

 9月末になると、わずかな新田にも稲穂が満ちていきました。
金色に輝きながら目礼する稲穂と、しら茶けてきた留葉の葉先が、田をわたる秋風に一斉にふるえ、一斉にとまりました。
倒伏の凹みで巻いた風が、たわわに実った稲の芳しい匂いをすくい、農夫の胸の底に落としました。

 藁葺きの納屋のまわりは、セイタカアワダチ草が生い茂り、その足許には薄紫色の野菊が密生していました。

 西日に銀色に輝くススキの中のハサ木につながれた馬が、驚いたように嘶きました。
もうじき陽は、北日本製紙株式会社江別工場の煙突の向こうに隠れるところです。
煙突の背の陽は、紅に燃え、穏やかな秋風がわたる頭上は、海藻の陰に見え隠れする桃色の珊瑚のように、一刷毛、うっすらと染まっていきました。

 やがて、北東からの風が、唐萁口の開拓地を襲うでしょう。
体の芯が凍る程冷たい風の季節の到来です。
時雨がきて、氷雨がきて、翼となり、そして幾日も雪が降り続き、幌向原野は白一色に埋め尽くされます。

春の土埃りと夏の水、そして冬の雪との年々が、開拓民の年々を染め上げていくのです。

註:江別市総務部「えべつ昭和史」453-454頁.
写真:豊幌の開拓地
 同上書453頁掲載写真を複写し、当ブログ掲載いたしております。

コメント

リニューアル予告展示「北海道開拓記念館から北海道博物館へ」のご案内!

2013年04月29日 | イベント

 このたび、北海道開拓記念館リニューアル予告展示「北海道開拓記念館から北海道博物館へ」開催中!のご案内をいたします!

 2015年春、北海道開拓記念館は北海道博物館としてリニューアルします。
そのリニューアルに向けて、北海道博物館の目指す姿や今後の活動等についての紹介がされるリニューアル予告展示会が開催中!です。

 なお、このリニューアル予告展示会は、今後2013年9月から2014年2月まで道北地方の博物館にて巡回される予定です(公式ホームページより)。

 リニューアル予告展示会「北海道開拓記念館から北海道博物館へ」の日程は、下記のとおりです。
1.期間   2013年4月27日(土)~5月12日(日)
        9:30~16:30
        *入場は16:00まで
2.場所   北海道開拓記念館2階と区別展示室


写真:北海道開拓百年記念塔

コメント

北海道開拓記念館永倉新八関係資料蔵出し全点公開中!のご案内

2013年04月28日 | 歴史・文化

 このたび、北海道開拓記念館永倉新八関係資料蔵出し全点公開中!のご案内をいたします!

 北海道開拓記念館では、永倉新八の関係資料をゴールデンウィーク限定として、蔵出し全点公開しています。

 永倉新八関係資料蔵出し全点展示公開の日程は、下記のとおりです。
1.期 間  2013年5月12日(日)まで
2.場 所  北海道開拓記念館常設展示場地下収蔵陳列室
3.入場料  一般500円・大学および高校生170円・中学生以下無料
4.問合先  北海道開拓記念館
       011ー898−0456

写真:北海道開拓百年記念塔

コメント

北海道開拓の村「春・むら・ロマン」開催のご案内!

2013年04月27日 | イベント

 このたび、北海道開拓の村「春・むら・ロマン」開催のご案内をいたしてます!

 北海道開拓の村恒例行事、「春・むら・ロマン」が下記日程のとおり開催されます。
4月28日(日)~29日(祝・月)
11:00/14:00  大道芸人の実演

4月28日(日)
11:00/13:30  むらの和太鼓まつり
13:30/14:40  昔話のおはなし会

4月29日(祝・月)
11:00/13:00  童謡・唱歌・わらべ歌
13:00/14:30  北海道郷土民謡

5月3日(金)~6日(月)
10:00~16:00  端午の節句 兜づくり
13:00        端午の節句鯉のぼりをあげよう
11:00/14:00  大道芸人の実演


写真:北海道開拓百年記念塔

コメント

円山動物園にて豊平館&プロジェクションマッピング上映のご案内!

2013年04月26日 | 教育・学校

 このたび、円山動物園にて豊平館&プロジェクションマッピング上映のご案内をいたします!

 プロジェクションマッピングとは、建物に映像を投影して動いているように見せる手法です。
今回の円山動物園のイベントは、同園と北海道コカ・コーラボトリング札幌の共催で、「白クマの親子がつむぐ北の大地の物語」と題して、ホッキョクグマ親子が豊平館の壁に色塗りを行うなど建物を造り上げていくアニメーション上映(約5分間)です。

 本年(2013年)2月5日から2月11日の期間開催されましたさっぽろ雪まつりの大雪像の一つである豊平館の雪像に、プロジェクションマッピングを上映し、人気を集めたものの、人出の多さから安全性確保のために期間内途中で上映が中止となりました。

 そして、今回のプロジェクションマッピングを上映するのは、発砲スチールで制作された巨大模型豊平館(高さ2.5m、幅6m)を円山動物園に設置して、その巨大模型豊平館に映像を投影します。

 この巨大模型豊平館を制作したのは、江別市所在北翔大学生涯学習システム学部芸術メディア学科デザインコースの学生たち(指導教員千里政文先生)です。

 北翔大学少額学習システム学部芸術メディア学科の学生たちの自信作、
ぜひ、ご覧ください!
上映期間はゴールデンウィーク期間を挟んでいますので、ぜひ円山動物園にお出かけいただき、プロジェクションマッピングも併せてお楽しみください!
 
 なお、当企画は人気企画であり、上映期間内円山動物園内にて整理券が配布されますので、ご理解ください。

 円山動物園での豊平館&プロジェクションマッピング上映の日程は、下記のとおりです。
1.期  間   2013年4月26日(金)~5月11日(土)の16日間
2.場  所   円山動物園
         札幌市中央区宮ケ丘3番地1
3.問合せ先   円山動物園
         011−621−1426

 北翔大学生涯システム学部芸術メディア学科学生による巨大模型制作模様については、こちらをご覧ください。

 円山動物園については、こちらをご覧ください。


写真:北翔大学


コメント

30年代開拓地の春

2013年04月25日 | 歴史・文化

 春、5月に入ると、馬追山の肩口をかすめた風が、日ごとに烈しさを増してきました。

 開拓民のいう馬糞風邪は、2日、3日と吹きつのり、やがて雨となりました。
1日雨が降りしきると、翌日は雨のない、穏やかな1日となりました。
そんな日は、畑隅に切られた明渠の端の泥炭ツツジも、息づいてのびやかにみえました。

 翌日、風は西から穏やかに吹き、夕方には凪ぎました。
そして、また夜が開けると、南からの馬糞風が3日、4日と吹きつのりました。
そんな繰り返しが札幌祭りまで続き、そのたびごとに風の唸りは高まっていきました。
 6月10日頃を折り目に、さしもの烈風も間遠になっていったのです。
この烈風は、茫漠たる幌向原野を席捲しました。
まるで大魔神がビロードのマントを広げ、小人の集落を襲うように、幌向村の開拓地を土埃りの中に抱きかかえ、瞬秒ののち、地形的に唐箕の口に面したかたちの豊幌開拓部落をも襲いました。
乾き切った泥炭地の表土は、煤状の土埃りとなって、唸りとともに空に舞い上がりました。
太陽は、土埃りの中で、霧の夜のガス燈のように滲んで揺れていました。

 無論、東方の俊鋭な夕張山系の遠嶺も、西の手稲連山のそれも見えません。
ただ、烈風の唸り声と、北を走る国鉄函館本線の列車の引き裂かれた汽笛だけが、畑中にしゃがみこんだ男と女の耳元をかすめ飛んでいきました。


註:江別市総務部「えべつ昭和史」453頁.
写真:豊幌の開拓地
 同上書453頁掲載写真を複写し、当ブログ掲載いたしております。

コメント

ラブアース・クリーンアップin北海道2013のご案内!

2013年04月23日 | イベント

 このたび、ラブアース・クリーンアップin北海道2013のご案内をいたします!

 北海道初市民・企業・行政による恊働活動~全道民が主体となるゴミ拾いムーブメントを展開しているのがラブアース・クリーンアップin北海道です。

 ラブアース・クリーンアップin北海道は、地域の環境を大切にする心を、誰でも参加できるゴミ拾いで、育み、つなぎ、よりよい北海道の環境を次世代に残していくことを目指して活動されています。
*以上公式HPより引用

 各地で活動展開される中、今月末には江別市所在株式会社スーパーライン北翔様による江別市337号線美原大橋付近でのゴミ拾いが開催されます。
 一般参加者の受入が可能となっています。
株式会社スーパーライン北翔様のゴミ拾い日程は、下記のとおりです。

1.日  程  2013年4月27日(土)9:00~17:00
2.場  所  江別市337号線美原大橋付近
3.参加団体  株式会社スーパーライン北翔
        江別市江別太305−15
        011−384−6955
        *一般参加者受け入れ可能
4.参加申込  ラブアース・クリーンアップin北海道事務局
        011−521−4660
        E-mail  lecu@kitanet.org

 ラブアース・クリーンアップin北海道については、こちらをご覧ください。


写真:ラブアース・クリーンアップin北海道2013チラシ
 北海道中小企業家同友会札幌支部江別地区会総会(2013.4.17開催)にて頂戴したチラシを複写し、当ブログ掲載いたしております。

コメント

観察会春の花を見つけよう!開催のご案内!

2013年04月22日 | イベント

 このたび、観察会春の花を見つけよう!開催のご案内をいたします!

 自然ふれあい交流館と北海道ボランティア・レンジャー共催により、観察会「春の花を見つけよう!」が開催されます。

 豪雪期間が長引いた北海道ですが、ようやく野幌森林公園にも春の気配が訪れました。
今回の観察では、野幌森林公園を春の花を探しながら散策します。
お申し込み不要です。

 観察会春の花を見つけよう!の日程は、下記のとおりです。
1.日   程   2013年4月25日(木)10:00~12:30
2.対   象   どなたでも参加可能
3.参 加 費   無料
4.そ の 他   雨具・防寒服
5.集 合 場 所   自然ふれあい交流館
          011−386−5832


写真:自然ふれあい交流館

コメント

夢工房トンデンファームガーデンセール開催中!のご案内!

2013年04月21日 | イベント

 このたび、トンデンファームガーデンセール開催中!のご案内をいたします!

 江別市元野幌所在トンデンファームにて恒例のガーデンセール開催中!です。
石狩川ベーコンスライスやビーフハンバーグなどお馴染みの商品が揃っています。
 また、今回から(4/20~)ベビーアルパカグッズが販売開始です。

 トンデンファーム敷地内レストラン松の実にてお食事も併せてご賞味ください!

 トンデンファームガーデンセールの日程は、下記のとおりです。
1.期間  2013年4月20日・21日
      10:00~17:30
2.場所  夢工房トンデンファーム
      江別市元野幌968−5
      011−383−8208


写真:トンデンファーム

コメント

都市化と消防体制

2013年04月20日 | 歴史・文化

 昭和43年10月、江別市消防本部庁舎は、高砂町に新築移転しました。

 43年7月、同本部に救急自動車1台が配置され、119番がスタートしました。
また、40年代に入り、大麻(おおあさ)団地や炭坑離職者アパート等、中高層建物の増加(44年3月現在・10m以上152棟、15m以上82棟)に対応するため、44年11月スノーケル車を導入しました。
45年10月には油火災に備えての初の化学車、同12月には当時頻発した豪雪による交通マヒと状態時の救助活動のスノーボードの配置、47年には近隣市町村との消防相互応援協定の締結など、この時期都市火災などに対応する備えを急ピッチで整備しました。
 しかし、防災に関する市民要望は多様であり、かつ広範にわたりました。
(中略)
 
 昭和40年代、確かに年々消防体制の強化はなされてきました。
住宅等の高層化、危険物施設の増加、プロパンガス器具、石油ストーブの普及など、一時代前と異なり、不慮の災害の危険性も増大していきました。
そのため、51年2月、市は「江別市火災予防条例」(昭和38年3月制定)を全面改正、多量の可燃性がすなどを発生する炉やボイラー、あるいは給湯・湯沸設備やサウナ設備などについて届け出を義務づけるなど、防火指導の強化を図りました。

 また、52年2月からは新型通信指令装置を始動させ、迅速な消化・救助活動体制を整えました。
加えて、地域における市民組織である消防分団の強化に努めました。
すなわち、消防団大麻(おおあさ)分団(40年)、同上江別分団(46年)、同東野幌分団(50年)の新設を行いました。
さらには、各地に自衛消防隊の結成、それに幼少年消防クラブや婦人防災クラブなどの組織化も行い、生活点における防火思想の徹底を図ることになりました。
 この間、55年4月、上江別の2戸1棟が子どもの火遊びから焼失、小学1年生の男の子を頭に兄弟4人を含め、2家族の男の子5人が焼死するという大惨事が起きました。

 この痛ましい事故は、夜のカギっ子という教育、労政、児童福祉などにまたがる時代の大きな社会問題を浮き彫りにしました。
また、同時に、石油ストーブや電気コタツという利器が、車同様、いつなんどき凶器に転じるかもしれぬ、そうした狭間に生きる現代人の陥穽をも、あらためて知らせたのでした。

 翌56年2月には、東野幌の住宅1棟が焼失、母子3人が焼死しました。
(中略)
 こうした傾向対策を含め、今後、ますます都市化の伸展に伴う防災対策は、それは広く水害、漁業被害、あるいは震災を含め、街づくりの主要な課題としてあり続けるのです。

註:江別市総務部「えべつ昭和史」452頁.
写真:昭和43年7月救急業務(119番)がスタートしました。
 同上書451頁掲載写真を複写し、当ブログ掲載いたしております。

コメント