江別創造舎

地域文化振興活動・江別カルタ制作

江別が熱い!イベント満載の週末!

2011年07月31日 | イベント

 本日(7/31)、北翔大学祭が開催します!

 そして、昨日よりえべつ北海鳴子まつり&えべつ市民祭in野幌が開催中!です。
大麻(おおあさ)では、大麻銀座夏祭りも開催中ですよ~!

 江別が熱い!イベント満載の週末!
文京台から大麻(おおあさ)、そして野幌へと、美味しく、楽しい時間をお過ごしください。
 そして、夜19:20頃には、北翔大学祭恒例の花火大会をお楽しみください!

北翔大学祭
日時 2011年7月31日(日)10:00~
☆人が集えば文殊の知恵袋講座(道民カレッジ連携講座)
 江別創造舎「江別カルタ制作中間報告」 13:10~14:40
えべつ北海鳴子まつり&えべつ市民祭in野幌
日時 2011年7月31日(日)10:00~
場所 野幌八丁目商店街
   かわなか公園会場
大麻銀座夏祭り
日時 2011年7月31日(日)13:00~
旧ラルズマート横駐車場

写真:北翔大学COLLEGE HALL PAL

コメント

北翔大学祭!開催のご案内!

2011年07月30日 | 教育・学校

 このたび、北翔大学祭!開催のご案内をいたします!

 本日(7/30)、北翔大学祭前夜祭、そして明日大学祭(10時から)が開催されます。

 北翔大学・短期大学部の大学祭は、日頃の学びの成果が、演劇やファッションショーなどさまざまなイベントとして披露されます。
 このたびの大学祭に向けて、講義終了後毎日遅く迄準備を重ね、練習を重ねて参りました。
 ぜひ、ご覧ください!

 また、東北関東大震災のボランティア活動報告会も開催されます。
 その他、既にご案内どおり北翔大学エクステンションセンター教養講座「人が集えば文殊の知恵袋講座」において江別創造舎が現在取組む「江別カルタ制作中間報告」を行います。

 大学祭は、各種イベントを通じて、最も市民の皆様と楽しみながらも教育的関係を深められる場であると考えます。
 昨年度大学祭においても多くの方々にお越しいただきました。
今年も、皆様のお越しを楽しみにいたしております。

 なお、明日19:20頃には、北翔大学祭恒例の花火大会を開催します。
 北翔大学祭花火大会は、他のイベント同様とても好評をいただいております!

 皆様との大いに楽しみましょう!
 北翔大学でお会いしましょう!

写真:北翔大学COLLEGE HALL PAL 

コメント

あい(i)カフェ講座「伊能間宮蝦夷図の石狩・勇払横断ルート2」開催のご案内!

2011年07月29日 | イベント

 このたび、あい(i)カフェ「伊能間宮蝦夷図の石狩・勇払横断ルート2」開催のご案内をいたします!

 江別市民活動センタ−あい主催、あい(i)カフェ連続講座としてこれまで「地図から見る地域の移り変わり」をテーマに歴史講座が開講されてきました。
 本日(7/29)、「伊能、間宮蝦夷図の石狩・勇払横断ルート2」と題して、地名を中心に講話が開催されます。

 講師は、江別創造舎江別カルタ制作プロジェクトリーダーの渡辺良洪氏です。
丁寧な資料をもとに、説明がされます。
 ぜひ、ご聴講ください。

 あい(i)カフェ「伊能、間宮蝦夷図の石狩・勇払横断ルート2」の日程は、下記のとおりです。
1.日時   2011年7月29日(金)10:00~12:00
2.場所   江別市民活動センタ−・あい
3.講師   渡辺良洪氏(江別創造舎江別カルタ制作プロジェクトリーダー)

写真:北翔大学エクステンションセンタ−「人が集えば文殊の知恵袋講座」ゲストスピーカー渡辺良洪氏講演模様
 当ブログ掲載許可を得て、撮影・掲載いたしております。

コメント

悪路改修の請願

2011年07月28日 | 歴史・文化

 昭和初期における江別と近隣市町村を結ぶ主要道路は、国道27号(札幌~江別~岩見沢)、札幌稚内線(札幌~江別~当別・新篠津)、長沼江別線(江別~長沼・南幌向)、それに町村道・野幌駅~広島村、などである。

 いずれも整理いまだしの状態で、町道の場合は、部落会、道路保護組合から町長へ、国道などの場合は、町長名で石狩支庁長など上級官庁宛に頻繁に改修請願書がだされることになりました。

  昭和3年3月、早苗別道路組合では、国道27号の野幌~江別間約2里の砂利敷を請願しました。
 その中で、『本線ハ開墾日尚浅ク會テ砂利敷ヲ施行セラレタル事無之為メ地盤軟弱、加フルニ単馬ノ交通頻繁ニして道路ノ維持頗ル困難ヲ極メ、降雨期ニ入リテハ泥濘脚ヲ没シ殆ト人馬ノ通行杜絶ノ状態ニ陥リ』とあるように、泥汚にぬかった脚を一足ごとに抜きとってようやく進むという、道とはいえ字義どおり「道なき道」といってよいものでした。

 更に一例を挙げると、昭和12年1月、江別町長と白石村長は連名で国道27号・厚別、西野幌間の改良につき陳情書を出しました。
 同書は、『本区間ハ急坂路及紆餘曲折甚シキニ加へ路面又頗ル狭溢ナルカ故ニ交通事故ノ絶エ間ナク江別町大麻区岡田栄松ノ如キハ自動車ヲ避ケントシテ路面狭溢ナル為メ荷馬車諸共盛土ケ処ニ於テ転落シ一命ハ取止メタルモ遂ニ生涯ノ不具合ト相成候次第』云々と、人身事故を例に、その悪路ぶりを訴えざるを得ないほどでした。

(参考)
当ブログ2011年7月19日(火)「道路保護組合」
当ブログ2011年7月18日(月)「昭和初期の道路状況」
当ブログ2011年7月17日(日)「企業道路整備令」
当ブログ2011年7月12日(火)「国家総動員法による経済統制」
当ブログ2011年6月28日(火)「煉瓦工場再び活況」
当ブログ2011年6月27日(月)「ヤツメうなぎ漁の盛衰」
当ブログ2011年6月22日(水)「路上の商い」
当ブログ2011年6月20日(月)「景気回復の兆し」
当ブログ2011年6月19日(日)「商圏の消失」
当ブログ2011年6月12日(日)「北電進出と町の期待」
当ブログ2011年6月 3日(金)「火力発電所委員会開催」
当ブログ2011年5月31日(火)「北電の誘致と岡田伊太郎」
当ブログ2011年5月30日(月)「富士から王子へ」
当ブログ2011年5月29日(日)「明治製糖の進出」
当ブログ2011年5月23日(月)「煉瓦工場以外の工場の様子」
当ブログ2011年5月22日(日)「野幌煉瓦株式会社設立」
当ブログ2011年5月21日(土)「不況と工場縮小閉鎖」
当ブログ2011年5月20日(金)「旧町村農場春の感謝祭開催のご案内!」
当ブログ2011年5月19日(木)「野幌兵村部有地解放自作農創設期成会結成」
当ブログ2011年5月18日(水)「羊毛報国」
当ブログ2011年5月15日(日)「馬の兵器化」
当ブログ2011年5月14日(土)「乳牛の増加と戦時下の事情」
当ブログ2011年5月13日(金)「町村農場と江別の酪農」
当ブログ2011年5月  9日(月)「青年活動の光彩」
当ブログ2011年5月  2日(月)「市民生活に関わる制度成立」
当ブログ2011年4月30日(土)「労働組合結成」
当ブログ2011年4月24日(日)「町警察署から国家警察へ」
当ブログ2011年4月16日(土)「青年団の再建」
当ブログ2011年4月15日(金)「戦後開拓の諸相」
当ブログ2011年4月14日(木)「農業共同組合の成立」
当ブログ2011年4月10日(日)「農業委員会法制定」
当ブログ2011年4月 9日 (土)「農地委員会の発足」
当ブログ2011年4月 3日 (日)「相撲・武道の奨励」
当ブログ2011年3月 7日 (月)「軍需と酪農」
当ブログ2011年3月 1日 (火)「江別郵便局通信業務拡充」
当ブログ2011年2月28日(月)「河川改修と集落」
当ブログ2011年2月26日(土)「庁立高女」
当ブログ2011年2月18日(金)「農村恐慌」
当ブログ2011年2月17日(木)「失業救済事業ノ件」
当ブログ2011年2月12日(土)「治安維持法成立」
当ブログ2011年2月10日(木)「富士製紙頼みの財政」
当ブログ2011年2月  9日(水)「庁舎の新築」
棟ブログ2011年2月  5日(土)「刷新の執行体制」
当ブログ2011年1月30日(月)「納税組合」
当ブログ2011年1月25日(火)「兵事と公衆衛生」
当ブログ2011年1月22日(土)「大正期の財政事情ー不況と増税」
当ブログ2011年1月21日(金)「石狩川架橋」
当ブログ2011年1月12日(水)「北海道道路令公布」
当ブログ2010年12月30日(木)「大正の風」
当ブログ2010年12月29日(水)「町村制の意味」
当ブログ2010年12月28日(火)「三村合併江別村トナス」
当ブログ2010年12月27日(月)「郡界の変更」
当ブログ2010年12月26日(日)「役場と兵村」
当ブログ2010年12月15日(水)「警察の権限」
当ブログ2010年12月14日(火)「口語歌人 伊東音次郎」
当ブログ2010年12月13日(月)「1級町村施行」
当ブログ2010年12月11日(土)「町村制の意義」
当ブログ2010年12月 8日(水)「小作問題の浮上」
当ブログ2010年12月 3日(金)「金肥の導入」
当ブログ2010年12月 2日(木)「兵村の地殻変動」
当ブログ2010年11月29日(月)「北日本製紙から王子製紙へ」
当ブログ2010年11月26日(金)「農業改良実行組合」
当ブログ2010年11月25日(木)「野幌兵村農業振興会」
当ブログ2010年11月23日(火)「産業組合法施行」
当ブログ2010年11月22日(月)「聖徳太子堂)
当ブログ2010年11月21日(日)「馬鈴薯澱粉の製造」
当ブログ2010年11月18日(木)「糧秣廠と商人
当ブログ2010年11月17日(水)「軍馬飼糧とえん麦」
当ブログ2010年11月16日(火)「江別の酪農」
当ブログ2010年11月14日(日)「精米工場の増加」
当ブログ2010年11月13日(土)「経緯度・標高」
当ブログ2010年11月10日(水)「原始林と貯水池」
当ブログ2010年11月 6日(土)「蛸足式直播機」
当ブログ2010年11月 5日(金)「篠津原野排水計画」
当ブログ2010年11月 4日(木)「対雁泥炭地試験場」
当ブログ2010年11月 3日(水)「石狩川流域泥炭地」
当ブログ2010年11月 2日(火)「札幌製糖会社設立」
当ブログ2010年11月 1日(月)「牛馬貸与規則」
当ブログ2010年10月21日(水)「殖民社の畜力農業」
当ブログ2010年10月20日(火)「第1回国勢調査」
当ブログ2010年10月18日(月)「貯水池の出現」
当ブログ2010年10月15日(金)「米作定着の道筋」
当ブログ2010年10月14日(木)「北海道庁米作方針転換」
当ブログ2010年10月13日(水)「自転車競技」
当ブログ2010年10月 6日(水)「菊花と川柳」
当ブログ2010年10月 5日(火)「大正期の公衆衛生問題」
当ブログ2010年10月 1日(金)「共同物揚場」
当ブログ2010年 9月29日(水)「物資の集散」
当ブログ2010年 9月28日(火)「水陸の結節点」
当ブログ2010年 9月27日(月)「明治末期の製造業」
当ブログ2010年 9月22日(水)「岩田煉瓦工場」
当ブログ2010年 9月12日(日)「水路測定事業に伴う地図の整備」
当ブログ2010年 9月 8日(水)「三角測量事業の成果」
当ブログ2010年 9月 2日(火)「三角測量の開始」
当ブログ2010年 9月 1日(月)「田内・内田東北海道調査」
当ブログ2010年 8月30日(月)「松本大判官の上川・十勝視察」
当ブログ2010年 8月27日(金)「ライマンの石狩川・十勝川探査」
当ブログ2010年 8月26日(木)「明治期初期内陸部踏査」
当ブログ2010年 8月12日(水)「武四郎北海道国郡図の限界」
当ブログ2010年 8月11日(火)「国郡選定と地図作製の影響」
当ブログ2010年 8月 9日(月)「国郡選定と北海道国郡図」
当ブログ2010年 8月 4日(水)「煉瓦事始」
当ブログ2010年 7月29日(木)「屯田兵本部宅地造成着手」
当ブログ2010年 7月27日(火)「鉄道郵便制度」
当ブログ2010年 7月25日(日)「幌内鉄道」
当ブログ2010年 7月15日(木)「江別駅開業」
当ブログ2010年 7月14日(水)「大河のほとり」
当ブログ2010年 7月12日(月)「江別村」
当ブログ2010年 7月 3日(土)「野幌報徳社発足」
当ブログ2010年 6月30日(水)「二大煉瓦工場進出」
当ブログ2010年 6月28日(日)「村の運営」
当ブログ2010年 6月21日(月)「関矢孫左衛門の力業」
当ブログ2010年 6月20日(日)「集団移民の最初の冬」
当ブログ2010年 6月17日(木)「障害を乗り越えた集団移民の実現」
当ブログ2010年 6月14日(月)「独立移民入植」
当ブログ2010年 6月12日(土)「北越殖民社が越後と交わした互換約定書」
当ブログ2010年 6月11日(金)「殖民社の創立」
当ブログ2010年 6月10日(木)「野幌兵村と日露戦争」
当ブログ2010年 6月 8日(火)「西洋屯田江別兵村」
当ブログ2010年 6月 7日(月)「屯田兵二足の草鞋」
当ブログ2010年 6月 3日(木)「ラッパの響き」
当ブログ2010年 6月 2日(水)「江別村の設置」
当ブログ2010年 5月31日(月)「制度の変遷」
当ブログ2010年 5月30日(日)「屯田兵移住のみちのり」
当ブログ2010年 5月29日(土)「屯田兵設置の目的」
当ブログ2010年 5月26日(水)「屯田兵の設置」
当ブログ2010年 5月24日(月)「集団帰還の前後」
当ブログ2010年 5月23日(日)「組合事業」
当ブログ2010年 5月20日(木)「共救組合設立」
当ブログ2010年 5月19日(水)「廃使置県・保護の打ち切り」
当ブログ2010年 5月15日(土)「海運の統一」
当ブログ2010年 5月13日(木)「石狩厚田の漁場」
当ブログ2010年 5月11日(火)「移民の保護と自立」
当ブログ2010年 5月10日(月)「小樽から対雁へ」
当ブログ2010年 5月 8日(土)「宗谷越冬と先遺隊」
当ブログ2010年 5月 7日(金)「日露樺太千島交換条約」
当ブログ2010年 4月30日(金)「対雁の市街地的発展から農村村形成」
当ブログ2010年 4月28日(水)「豊平川の流れ」
当ブログ2010年 4月27日(火)「幌内鉄道と村の衰退」
当ブログ2010年 4月22日(木)「函館・福山・江差」
当ブログ2010年 4月21日(水)「室蘭の状況」
当ブログ2010年 4月20日(火)「根室・釧路・厚岸の状況」
当ブログ2010年 4月19日(月)「小樽港の発展」
当ブログ2010年 4月18日(日)「札幌市街の発展」
当ブログ2010年 4月16日(金)「対雁駅逓所開設」
当ブログ2010年 4月15日(木)「対雁街道開設」
当ブログ2010年 4月14日(水)「ライマンが見た対雁」
当ブログ2010年 4月13日(火)「移民の挫折」
当ブログ2010年 4月12日(月)「最初の集団移民」
当ブログ2010年 4月11日(日)「従駕日録」
当ブログ2010年 4月10日(土)「開拓使の設置」
当ブログ2009年12月 7日(月)「江別市民会館開館」
当ブログ2009年 8月11日(火)「宅地開発と環境の調和」
当ブログ2009年 8月10日(月)「森と川に抱かれた村と煉瓦工場」
当ブログ2009年 7月29日(水)「大麻駅開設」
当ブログ2009年 7月17日(金)「文芸活動」
当ブログ2009年 7月10日(金)「れんが100年」
当ブログ2009年 6月30日(火)「夕張鉄道接続駅ー野幌駅」
当ブログ2009年 5月10日(日)「明治期の製造業 木工場」
当ブログ2009年 4月 6日(月)「大正7年北海道食物百番附」
当ブログ2009年 3月 4日(水)「八つ目鰻漁業」
当ブログ2009年 1月25日(日)「火薬庫(屯田兵第三大隊本部跡」
当ブログ2009年 1月13日(火)「郵便業務の開始」
当ブログ2009年 1月 7日(水)「野幌煉瓦工場」
当ブログ2008年12月19日(金)「人力軌道」
当ブログ2008年11月14日(金)「被服庫」
当ブログ2008年11月 9日(日)「通信の発達」
当ブログ2008年11月 3日(月)「野幌市街地」
当ブログ2008年10月28日(火)「野幌駅の開業」
当ブログ2008年10月17日(金)「北海道炭礦鉄道会社から北海道鉄道株式会社へ改称」
当ブログ2008年10月 3日(金)「江別市章制定と江別市民憲章」
当ブログ2008年 9月11日(木)「最初の機関車 義経号.弁慶号」
当ブログ2008年 9月 3日(水)「要衝 江別港」
当ブログ2008年 8月 1日(金)「上川丸の就航」
当ブログ2008年 7月21日(月)「江別村商家」
当ブログ2008年 7月19日(土)「北海道三県の諸事業分割」
当ブログ2008年 7月10日(木)「空知集治監の開設」
当ブログ2008年 7月 8日(火)「江別名産を食す」
当ブログ2008年 7月 5日(土)「対雁郵便局から江別郵便局へ」
当ブログ2008年 7月 4日(金)「駅逓所開設」
当ブログ2008年 7月 3日(木)「教頭頭取兼顧問ケプロンの北海道開拓」
当ブログ2008年 7月 2日(水)「札幌ー対雁ー江別ー岩見沢道路開通」
当ブログ2008年 7月 1日(火)「榎本武揚 顕彰碑騎馬像」
当ブログ2008年 6月30日(月)「江別最初の学校ー対雁学校」
当ブログ2008年 6月28日(土)「対雁学校の教育」
当ブログ2008年 6月26日(木)「移民扶助規則2」
当ブログ2008年 6月24日(火)「石狩川沿岸」
当ブログ2008年 6月23日(月)「北越殖民社の開拓」
当ブログ2008年 6月22日(日)「国内3番目に開通した幌内鉄道ー江別駅の誕生」
当ブログ2008年 6月20日(金)「移民扶助規則設定」
当ブログ2008年 6月19日(木)「蝦夷地改称2」
当ブログ2008年 6月19日(木)「飛騨屋と石狩山伐木」
当ブログ2008年 6月16日(月)「蝦夷地から北海道へ改称ー蝦夷地は皇国の北門」
当ブログ2008年 6月14日(日)「江別市名産!ヤツメウナギ」
当ブログ2008年 6月12日(木)「村名選定ー江別村」
当ブログ2008年 6月11日(水)「江別屯田兵入地」
当ブログ2008年 6月10日(火)「地名解」
当ブログ2008年 6月 9日(月)「場所請負制の成立」
当ブログ2008年 6月 7日(土)「元禄御国絵図」
当ブログ2008年 6月 4日(水)「屯田兵制度の設置

註:江別市総務部「えべつ昭和史」90頁.
写真:江別市総務部「新江別市史」392頁。
 同上書図6-3江別付近の道路図(昭和8年頃)を複写・当ブログ掲載いたしております。

コメント

7月度人が集えば文殊の知恵袋講座(道民カレッジ連携講座)開催のご案内!

2011年07月26日 | 教育・学校

 このたび、7月度人が集えば文殊の知恵袋講座(道民カレッジ連携講座)開催のご案内をいたします!

 北翔大学エクステンションセンター教養講座「人が集えば文殊の知恵袋講座」の7月度は、北翔大学祭当日に開催いたします。
 任意団体江別創造舎が全力で手がける江別カルタ制作の中間報告を行います。

 地域文化振興活動の一環とした江別カルタは、江別市在住の皆様は勿論、近隣もしくはご遠方の方々との、それぞれの地域文化振興交流の担い手となることを願って、真摯に取組んでおります。

 まもなく開催です!
北翔大学祭と併せて、お楽しみください!
皆様とお会いできますことを楽しみにいたしております。

 なお、ご参加の方で、江別創造舎制作「江別カルタ図案化ポスター」をお持ちでない方には、当日ご配布いたします。

 7月度人が集えば文殊の知恵袋講座の日程は、下記のとおりです。
1.日 程  2011年7月31日(日)13:10~14:40
2.場 所  北翔大学543教室
3.講 師  田口智子(北翔大学短期大学部教授)
       渡辺良洪氏(元江別市郷土資料館勤務)
       川守田順吉氏(元DNP勤務)
4.受講料  無料
5.申込先  北翔大学エクステンションセンター
       011−387−3939
6.その他  
 今回は北翔大学祭企画として開催することから、皆様にドリンクを準備いたしております。

写真:江別カルタ図案化ポスター(江別創造舎制作)

コメント

ひらめき☆ときめきサイエンス~一日大学生体験!のご案内!

2011年07月24日 | 教育・学校

 このたび、ひらめき☆ときめきサイエンス、一日大学生体験!のご案内をいたします!

 既に当ブログ(6/8)にてご案内をいたしております「ひらめき☆ときめきサイエンス~大学研究室にようこそ!」が、まもなく開講いたします。
 
 当企画プログラムは、「派遣労働って何?ディベートで考える派遣労働」です。
 対象は、高校生です(学年は問いません)。
 当初定員20名限定といたしておりましたが、お仲間お誘い合わせうえ、多数のご参加をお待ちいたしております。

 派遣労働ってどんな働き方?
 ディベートって何?
 こうした疑問に講義を通じてお話しをします。

 参加者の方々と運営スタッフ(学生)共に、和気あいあいとした雰囲気の中で、
 お話しをしましょう!
 当日は、ドリンクとクッキー、勿論昼食も準備しています。
 ぜひ、お気軽にご参加ください。

 ひらめき☆ときめきサイエンス一日大学生体験!については、下記のとおりです。
1.日時  2011年8月5日(金)10:00~15:30
2.場所  北翔大学543教室
3.対象  高校生(学年問いません)
4.講師  田口智子(北翔大学短期大学部教授)
5.内容  「派遣労働って何?ディベートで考える派遣労働」
      10:00~10:15  開講式
      10:15~11:30  講義
      11:30~12:00  プレ演習(ゲーム感覚を取り入れた演習)
      12:00~12:50  昼食
      ★大学食堂にて特製お弁当を準備しています。
      12:50~15:05  ディベート演習(休憩含む)
      15:05~15:30  修了式
      ★当プログラムを修了すると「未来博士号」を授与いたします。

6.参加費 無料
 昼食・クッキー&ドリンク付
7.申込・問合先 
 北翔大学企画部教育研究支援課  千広 敦子(ちひろ あつこ)
 011−387−4158
 011−387−1542
 chihiro@hokusho-u.ac.jp
      
(参考)
当ブログ2011年6月8日(水)「KAKENHIひらめき☆ときめきサイエンス~ようこそ田口研究室へ~」

写真:北翔大学COLLEGE HALL PAL

コメント

えべつの夏祭り!大麻・文京台2011開催のご案内!

2011年07月23日 | イベント

 このたび、えべつ夏祭り!大麻(おおあさ)・文京台2011開催のご案内をいたします!

 本日(7/23)より2日間、大麻・文京台2011江別市民夏祭りが開催されます。
学生、市民団体等さまざまな企画満載です!
両日共、焼き鳥や綿飴等の屋台やビアガーデンが出店されます。

 えべつ夏祭り!大麻・文京台2011の日程は、下記のとおりです。
1.期 間  2011年7月23日(土)~24日(日)
        7月23日(土)出店は14時から
        7月24日(日)12時~21時
2.場 所  大麻中央公園宮町グランド
3.問合先  大麻・文京台まちづくり協議会
       011−386−2037

 詳細は、えべつ広報公式HPをご覧ください。

写真:JR函館本線大麻駅

コメント

北翔大学・短期大学部オープンキャンパス開催のご案内!

2011年07月21日 | 教育・学校

 このたび、北翔大学および短期大学部オープンキャンパス開催のご案内をいたします!

 今週末は、北翔大学・短期学部のオープンキャンパスを開催します。
 各学部・学科の特徴を直接体感できる良いチャンスです。
 
 また、学内には在学生スタッフ(通称PAL-C)が皆さんをご案内をいたします!
 今期入学した学生の中には、このPAL-Cに憧れて入学早々PAL-Cに入ったという声も聞かれます。

 本学学内には笑顔と挨拶が溢れています!
 どこかに張り紙をして指示しているわけではありません。
 自然に溢れる笑顔と挨拶、
 北翔大学・短期大学部は、こうした自然に生まれた健全な校風の中で、
 幅広い知識と技能を身につける豊かな教育があります。

 オープンキャンパス当日には、無料送迎バスが運行しています。
 ぜひ、ご利用ください。
 なお、遠方からお越しの方で、宿泊を希望される方は、事前に下記より申込のうえ、本学宿泊施設を利用することができます。

 北翔大学および短期大学部のオープンキャンパスの日程は、下記のとおりです。
1.期間  2011年7月23日(土)~24日(日)
      11時より受付開始
2.場所  北翔大学内

 オープンキャンパスおよび無料送迎バス、宿泊申込等については、こちらをご覧ください。
 
写真:北翔大学COLLEGE HALL PAL

コメント

道立図書館北方資料室書庫ツアー開催のご案内!

2011年07月20日 | イベント

 このたび、北海道立図書館北方資料室書庫ツアー開催のご案内をいたします!

2010年度40周年を迎えた北方資料室は、昨年に引き続き本年も書庫ツアーを開催します。
 平素非公開とされている資料などを拝見することができます。

 なお、ご参加には事前申込が必要です。
下記の要領でお申し込みください。

 道立図書館北方資料室書庫ツアーの日程は、下記のとおりです。
1.日 程  2011年7月21日(木)14:00~15:00
2.場 所  道立図書館北方資料室
       江別市文京台東町41番地
3.参加費  無料
4.申込先  道立図書館北方資料室
       011−386−8523
       011−386−6906
       hoppokouza@library.ref.hokkaido.jp

 なお、申込書はこちらから入手することが可能です。

コメント

道路保護組合

2011年07月19日 | 歴史・文化

 大正15年、全町的組織である江別町道路保護組合が発足しました。

 これは、道庁の主導により進められていた道路愛護施策を受けたもので、町道は無論のこと、国道、地方費道などについても、町民総出で以下を内容とする維持修繕に汗することになりました。
(1)路面、橋面の掃除と修繕、除草、側溝の浚渫、(2)路面の整理(不陸均及穴埋等を含む)、(3)橋梁の障害となる流木、塵埃及流氷の除去、(4)橋梁の簡易な応急手当、(5)道路並木の保護及障害の伐採、(6)砂利敷その他の必要な工事、などです。
 単なる道路の維持修繕に留まらず、結構幅広い仕事を背負わされていたことが分かりました。

 (3)の流木は、夕張川の切替(昭和11年)まで、千歳川は春、秋の大水時、川面一杯流木で溢れていました、大川通りの人々などは、朝2~3時頃からトッパキ(トビ状のもの)を抱えて川辺に降り、流木拾いをしました。
 その流木で一冬の燃料が間に合う程でした。その意味で、流木も川の恵みにちがいなかったのですが、放っておくと橋を損なう危険がないわけではありません。
なお、夕張川切替後は、流木は主に石狩川を下りました。人々はチカ釣りのように川辺に密集し、終日、流木拾いに汗を流したのでした。
 
 道路保護組合は、事務所を役場内に置き、13支部で町内、部落の全域をカバーしました。この辺の消息につき美原70年史は、『道路の管理は、地域の住民の手によるしかなかった。そのため道路保護組合(美原支部)を設け、組合長が中心となり、道路の補修計画をたて、各部落に出没を要請しました。
 補修の材料としては製紙会社の炭ガラを冬季馬橇で運搬し、雪解け後散布した』などと、部落総出の労働奉仕であったことを伝えています。

 6年からは、秋季皇霊祭を道路愛護デーとし、全町民を奉仕作業(草刈り、不陸均、崩土取除、下水疎通、砂利敷、街路の掃除など)に出役させました。
 その他を含め、当時いかに道路保護が町民生活上の喫緊事であったか、またそれが町民の労働奉仕で支えられていたことが伺い知れます。

(参考)
当ブログ2011年7月18日(月)「昭和初期の道路状況」
当ブログ2011年7月17日(日)「企業道路整備令」
当ブログ2011年7月12日(火)「国家総動員法による経済統制」
当ブログ2011年6月28日(火)「煉瓦工場再び活況」
当ブログ2011年6月27日(月)「ヤツメうなぎ漁の盛衰」
当ブログ2011年6月22日(水)「路上の商い」
当ブログ2011年6月20日(月)「景気回復の兆し」
当ブログ2011年6月19日(日)「商圏の消失」
当ブログ2011年6月12日(日)「北電進出と町の期待」
当ブログ2011年6月 3日(金)「火力発電所委員会開催」
当ブログ2011年5月31日(火)「北電の誘致と岡田伊太郎」
当ブログ2011年5月30日(月)「富士から王子へ」
当ブログ2011年5月29日(日)「明治製糖の進出」
当ブログ2011年5月23日(月)「煉瓦工場以外の工場の様子」
当ブログ2011年5月22日(日)「野幌煉瓦株式会社設立」
当ブログ2011年5月21日(土)「不況と工場縮小閉鎖」
当ブログ2011年5月20日(金)「旧町村農場春の感謝祭開催のご案内!」
当ブログ2011年5月19日(木)「野幌兵村部有地解放自作農創設期成会結成」
当ブログ2011年5月18日(水)「羊毛報国」
当ブログ2011年5月15日(日)「馬の兵器化」
当ブログ2011年5月14日(土)「乳牛の増加と戦時下の事情」
当ブログ2011年5月13日(金)「町村農場と江別の酪農」
当ブログ2011年5月  9日(月)「青年活動の光彩」
当ブログ2011年5月  2日(月)「市民生活に関わる制度成立」
当ブログ2011年4月30日(土)「労働組合結成」
当ブログ2011年4月24日(日)「町警察署から国家警察へ」
当ブログ2011年4月16日(土)「青年団の再建」
当ブログ2011年4月15日(金)「戦後開拓の諸相」
当ブログ2011年4月14日(木)「農業共同組合の成立」
当ブログ2011年4月10日(日)「農業委員会法制定」
当ブログ2011年4月 9日 (土)「農地委員会の発足」
当ブログ2011年4月 3日 (日)「相撲・武道の奨励」
当ブログ2011年3月 7日 (月)「軍需と酪農」
当ブログ2011年3月 1日 (火)「江別郵便局通信業務拡充」
当ブログ2011年2月28日(月)「河川改修と集落」
当ブログ2011年2月26日(土)「庁立高女」
当ブログ2011年2月18日(金)「農村恐慌」
当ブログ2011年2月17日(木)「失業救済事業ノ件」
当ブログ2011年2月12日(土)「治安維持法成立」
当ブログ2011年2月10日(木)「富士製紙頼みの財政」
当ブログ2011年2月  9日(水)「庁舎の新築」
棟ブログ2011年2月  5日(土)「刷新の執行体制」
当ブログ2011年1月30日(月)「納税組合」
当ブログ2011年1月25日(火)「兵事と公衆衛生」
当ブログ2011年1月22日(土)「大正期の財政事情ー不況と増税」
当ブログ2011年1月21日(金)「石狩川架橋」
当ブログ2011年1月12日(水)「北海道道路令公布」
当ブログ2010年12月30日(木)「大正の風」
当ブログ2010年12月29日(水)「町村制の意味」
当ブログ2010年12月28日(火)「三村合併江別村トナス」
当ブログ2010年12月27日(月)「郡界の変更」
当ブログ2010年12月26日(日)「役場と兵村」
当ブログ2010年12月15日(水)「警察の権限」
当ブログ2010年12月14日(火)「口語歌人 伊東音次郎」
当ブログ2010年12月13日(月)「1級町村施行」
当ブログ2010年12月11日(土)「町村制の意義」
当ブログ2010年12月 8日(水)「小作問題の浮上」
当ブログ2010年12月 3日(金)「金肥の導入」
当ブログ2010年12月 2日(木)「兵村の地殻変動」
当ブログ2010年11月29日(月)「北日本製紙から王子製紙へ」
当ブログ2010年11月26日(金)「農業改良実行組合」
当ブログ2010年11月25日(木)「野幌兵村農業振興会」
当ブログ2010年11月23日(火)「産業組合法施行」
当ブログ2010年11月22日(月)「聖徳太子堂)
当ブログ2010年11月21日(日)「馬鈴薯澱粉の製造」
当ブログ2010年11月18日(木)「糧秣廠と商人
当ブログ2010年11月17日(水)「軍馬飼糧とえん麦」
当ブログ2010年11月16日(火)「江別の酪農」
当ブログ2010年11月14日(日)「精米工場の増加」
当ブログ2010年11月13日(土)「経緯度・標高」
当ブログ2010年11月10日(水)「原始林と貯水池」
当ブログ2010年11月 6日(土)「蛸足式直播機」
当ブログ2010年11月 5日(金)「篠津原野排水計画」
当ブログ2010年11月 4日(木)「対雁泥炭地試験場」
当ブログ2010年11月 3日(水)「石狩川流域泥炭地」
当ブログ2010年11月 2日(火)「札幌製糖会社設立」
当ブログ2010年11月 1日(月)「牛馬貸与規則」
当ブログ2010年10月21日(水)「殖民社の畜力農業」
当ブログ2010年10月20日(火)「第1回国勢調査」
当ブログ2010年10月18日(月)「貯水池の出現」
当ブログ2010年10月15日(金)「米作定着の道筋」
当ブログ2010年10月14日(木)「北海道庁米作方針転換」
当ブログ2010年10月13日(水)「自転車競技」
当ブログ2010年10月 6日(水)「菊花と川柳」
当ブログ2010年10月 5日(火)「大正期の公衆衛生問題」
当ブログ2010年10月 1日(金)「共同物揚場」
当ブログ2010年 9月29日(水)「物資の集散」
当ブログ2010年 9月28日(火)「水陸の結節点」
当ブログ2010年 9月27日(月)「明治末期の製造業」
当ブログ2010年 9月22日(水)「岩田煉瓦工場」
当ブログ2010年 9月12日(日)「水路測定事業に伴う地図の整備」
当ブログ2010年 9月 8日(水)「三角測量事業の成果」
当ブログ2010年 9月 2日(火)「三角測量の開始」
当ブログ2010年 9月 1日(月)「田内・内田東北海道調査」
当ブログ2010年 8月30日(月)「松本大判官の上川・十勝視察」
当ブログ2010年 8月27日(金)「ライマンの石狩川・十勝川探査」
当ブログ2010年 8月26日(木)「明治期初期内陸部踏査」
当ブログ2010年 8月12日(水)「武四郎北海道国郡図の限界」
当ブログ2010年 8月11日(火)「国郡選定と地図作製の影響」
当ブログ2010年 8月 9日(月)「国郡選定と北海道国郡図」
当ブログ2010年 8月 4日(水)「煉瓦事始」
当ブログ2010年 7月29日(木)「屯田兵本部宅地造成着手」
当ブログ2010年 7月27日(火)「鉄道郵便制度」
当ブログ2010年 7月25日(日)「幌内鉄道」
当ブログ2010年 7月15日(木)「江別駅開業」
当ブログ2010年 7月14日(水)「大河のほとり」
当ブログ2010年 7月12日(月)「江別村」
当ブログ2010年 7月 3日(土)「野幌報徳社発足」
当ブログ2010年 6月30日(水)「二大煉瓦工場進出」
当ブログ2010年 6月28日(日)「村の運営」
当ブログ2010年 6月21日(月)「関矢孫左衛門の力業」
当ブログ2010年 6月20日(日)「集団移民の最初の冬」
当ブログ2010年 6月17日(木)「障害を乗り越えた集団移民の実現」
当ブログ2010年 6月14日(月)「独立移民入植」
当ブログ2010年 6月12日(土)「北越殖民社が越後と交わした互換約定書」
当ブログ2010年 6月11日(金)「殖民社の創立」
当ブログ2010年 6月10日(木)「野幌兵村と日露戦争」
当ブログ2010年 6月 8日(火)「西洋屯田江別兵村」
当ブログ2010年 6月 7日(月)「屯田兵二足の草鞋」
当ブログ2010年 6月 3日(木)「ラッパの響き」
当ブログ2010年 6月 2日(水)「江別村の設置」
当ブログ2010年 5月31日(月)「制度の変遷」
当ブログ2010年 5月30日(日)「屯田兵移住のみちのり」
当ブログ2010年 5月29日(土)「屯田兵設置の目的」
当ブログ2010年 5月26日(水)「屯田兵の設置」
当ブログ2010年 5月24日(月)「集団帰還の前後」
当ブログ2010年 5月23日(日)「組合事業」
当ブログ2010年 5月20日(木)「共救組合設立」
当ブログ2010年 5月19日(水)「廃使置県・保護の打ち切り」
当ブログ2010年 5月15日(土)「海運の統一」
当ブログ2010年 5月13日(木)「石狩厚田の漁場」
当ブログ2010年 5月11日(火)「移民の保護と自立」
当ブログ2010年 5月10日(月)「小樽から対雁へ」
当ブログ2010年 5月 8日(土)「宗谷越冬と先遺隊」
当ブログ2010年 5月 7日(金)「日露樺太千島交換条約」
当ブログ2010年 4月30日(金)「対雁の市街地的発展から農村村形成」
当ブログ2010年 4月28日(水)「豊平川の流れ」
当ブログ2010年 4月27日(火)「幌内鉄道と村の衰退」
当ブログ2010年 4月22日(木)「函館・福山・江差」
当ブログ2010年 4月21日(水)「室蘭の状況」
当ブログ2010年 4月20日(火)「根室・釧路・厚岸の状況」
当ブログ2010年 4月19日(月)「小樽港の発展」
当ブログ2010年 4月18日(日)「札幌市街の発展」
当ブログ2010年 4月16日(金)「対雁駅逓所開設」
当ブログ2010年 4月15日(木)「対雁街道開設」
当ブログ2010年 4月14日(水)「ライマンが見た対雁」
当ブログ2010年 4月13日(火)「移民の挫折」
当ブログ2010年 4月12日(月)「最初の集団移民」
当ブログ2010年 4月11日(日)「従駕日録」
当ブログ2010年 4月10日(土)「開拓使の設置」
当ブログ2009年12月 7日(月)「江別市民会館開館」
当ブログ2009年 8月11日(火)「宅地開発と環境の調和」
当ブログ2009年 8月10日(月)「森と川に抱かれた村と煉瓦工場」
当ブログ2009年 7月29日(水)「大麻駅開設」
当ブログ2009年 7月17日(金)「文芸活動」
当ブログ2009年 7月10日(金)「れんが100年」
当ブログ2009年 6月30日(火)「夕張鉄道接続駅ー野幌駅」
当ブログ2009年 5月10日(日)「明治期の製造業 木工場」
当ブログ2009年 4月 6日(月)「大正7年北海道食物百番附」
当ブログ2009年 3月 4日(水)「八つ目鰻漁業」
当ブログ2009年 1月25日(日)「火薬庫(屯田兵第三大隊本部跡」
当ブログ2009年 1月13日(火)「郵便業務の開始」
当ブログ2009年 1月 7日(水)「野幌煉瓦工場」
当ブログ2008年12月19日(金)「人力軌道」
当ブログ2008年11月14日(金)「被服庫」
当ブログ2008年11月 9日(日)「通信の発達」
当ブログ2008年11月 3日(月)「野幌市街地」
当ブログ2008年10月28日(火)「野幌駅の開業」
当ブログ2008年10月17日(金)「北海道炭礦鉄道会社から北海道鉄道株式会社へ改称」
当ブログ2008年10月 3日(金)「江別市章制定と江別市民憲章」
当ブログ2008年 9月11日(木)「最初の機関車 義経号.弁慶号」
当ブログ2008年 9月 3日(水)「要衝 江別港」
当ブログ2008年 8月 1日(金)「上川丸の就航」
当ブログ2008年 7月21日(月)「江別村商家」
当ブログ2008年 7月19日(土)「北海道三県の諸事業分割」
当ブログ2008年 7月10日(木)「空知集治監の開設」
当ブログ2008年 7月 8日(火)「江別名産を食す」
当ブログ2008年 7月 5日(土)「対雁郵便局から江別郵便局へ」
当ブログ2008年 7月 4日(金)「駅逓所開設」
当ブログ2008年 7月 3日(木)「教頭頭取兼顧問ケプロンの北海道開拓」
当ブログ2008年 7月 2日(水)「札幌ー対雁ー江別ー岩見沢道路開通」
当ブログ2008年 7月 1日(火)「榎本武揚 顕彰碑騎馬像」
当ブログ2008年 6月30日(月)「江別最初の学校ー対雁学校」
当ブログ2008年 6月28日(土)「対雁学校の教育」
当ブログ2008年 6月26日(木)「移民扶助規則2」
当ブログ2008年 6月24日(火)「石狩川沿岸」
当ブログ2008年 6月23日(月)「北越殖民社の開拓」
当ブログ2008年 6月22日(日)「国内3番目に開通した幌内鉄道ー江別駅の誕生」
当ブログ2008年 6月20日(金)「移民扶助規則設定」
当ブログ2008年 6月19日(木)「蝦夷地改称2」
当ブログ2008年 6月19日(木)「飛騨屋と石狩山伐木」
当ブログ2008年 6月16日(月)「蝦夷地から北海道へ改称ー蝦夷地は皇国の北門」
当ブログ2008年 6月14日(日)「江別市名産!ヤツメウナギ」
当ブログ2008年 6月12日(木)「村名選定ー江別村」
当ブログ2008年 6月11日(水)「江別屯田兵入地」
当ブログ2008年 6月10日(火)「地名解」
当ブログ2008年 6月 9日(月)「場所請負制の成立」
当ブログ2008年 6月 7日(土)「元禄御国絵図」
当ブログ2008年 6月 4日(水)「屯田兵制度の設置

註:江別市総務部「えべつ昭和史」88-89頁.
写真:昭和10年代の馬車,馬橇
 同上書88頁掲載写真を複写、当ブログ掲載いたしております。

コメント