江別創造舎

地域文化振興活動・江別カルタ制作

2014年感謝の言葉!

2014年12月31日 | その他

本日、2014年12月31日、除夜を迎えました

江別創造舎は、皆様のご支援を得て、江別カルタの新たなページを繰り広げることができました。
そして、本年9月に江別カルタ第2版ができました!
心より感謝申し上げます。
ありがとうございました!

5年間の時を経て完成した江別カルタが昨年9月完成し、多くのメディアに取り上げていただきました。
そして、その効果を得て、本年自治会をはじめ児童会や市民団体の皆様から江別カルタ大会開催のご連絡を賜りました。
また、江別創造舎といたしましても、のっぽろ七丁目放送局様との連携事業を通じて江別カルタ大会を昨年(2013年)に引き続きまして開催させていただきました。

一歩、一歩、江別という街に
江別の文化・歴史を表した江別カルタが浸透していることを実感させていただいた年でございました。

今年の江別創造舎の活動の中で特記すべき事項は、
江別創造舎副代表 萬氏のアイデアによって煉瓦型江別カルタをはじめA6版江別カルタが完成したことです。
昨年度(2013年度)協働のまちづくり活動支援事業にご参加いただいた方からのアンケート要望「カルタがもう少し大きければ」に応えるべく、素晴らしいアイデアをもって製作された江別カルタです。
特に煉瓦型江別カルタは、多方面でご好評をいただいております。

デジタル化社会が進み、ボタン一つで、指1本スライドさせれば新たな情報が、社会が見えてくる時代、
江別カルタが導く空間は、アナログの世界です。
ご年配の方にとっては、昔懐かしいカルタです。
若者にとりましては、新鮮なカルタです。
江別の文化・歴史を語り合えるアナログ・ツールとしての江別カルタは、デジタル化社会の中で一層の役割期待があることを実感いたしました。

2014年、多くの皆様との出会いがございました。
そして、皆様のご支援を得て、江別創造舎は、地域文化振興活動の一歩歩みを進めることができました。
ご支援をいただきました皆様に心より感謝申し上げます!
ありがとうございました!

2015年、新たな年には
江別カルタを介した活動が、
多くの方々との出会いを生み、新たな発展を生む年にしたいと考えています。

皆様、
良いお年をお迎えください。
そして、
来年もご指導・ご支援の程、よろしくお願い申し上げます!




(ご参考)
当ブログ2014年12月19日(金)「江別市聚楽学園にて講演のご報告!」
当ブログ2014年11月  7日(金)「江別市蒼樹大学にて講演のご報告!」
当ブログ2014年10月27日(月)「江別市立中央中学校年壁新聞ご送付!御礼!」
当ブログ2014年10月16日(木)「本日!聚楽学園学園祭開催のご案内!」
当ブログ2014年10月  8日(水)「江別カルタ第2版完成!のご案内!」
当ブログ2014年 10月 3日(金)「江別カルタで辿る江別物語2014~北海道新聞江別版記事掲載御礼!」
当ブログ2014年  9月28日(日)「平成26年度協働のまちづくり活動支援事業 江別カルタで辿る江別物語2014開催のご報告!」
当ブログ2014年  9月27日(土)「カウントダウン!江別カルタで辿る江別物語2014開催まであと1日!のご案内!」
当ブログ2014年  9月26日(金)「カウントダウン!江別カルタで辿る江別物語2014開催まであと2日!のご案内!」
当ブログ2014年  9月22日(月)「第3弾平成26年度協働のまちづくり活動支援事業 江別カルタで辿る江別物語2014開催のご案内!」
当ブログ2014年  9月17日(水)「江別市立江陽中学校1年・3年壁新聞記者取材御礼!」
当ブログ2014年  9月13日(土)「第2弾平成26年度協働のまちづくり活動支援事業 江別カルタで辿る江別物語2014開催のご案内!」
当ブログ2014年  9月  2日(火)「江別市立中央中学校1年4組壁新聞記者取材御礼!」
当ブログ2014年  8月22日(金)「第1弾平成26年度協働のまちづくり活動支援事業 江別カルタで辿る江別物語2014開催のご案内!」
当ブログ2014年  8月  5日(火)「児童会にて江別カルタ大会開催!」
当ブログ2014年  8月  4日(月)「本日!8月度人が集えば文殊の知恵袋講座開催のご報告!」
当ブログ2014年  8月  3日(日)「本日!8月度人が集えば文殊の知恵袋講座開催のご案内!」
当ブログ2014年  5月30日(金)「平成26年度協働のまちづくり活動支援事業公開プレゼンテーション開催のご案内!」
当ブログ2014年  5月26日(月)「江別創造舎ブログ開設6周年!」
当ブログ2014年  5月15日(木)「ブログバーツ型環境貢献サービス提供企業グリムス(gremz)様からブログ紹介御礼!」
当ブログ2014年  4月  1日(火)「日本郷土かるた協会会報に江別カルタ原稿掲載御礼!」
当ブログ2014年  2月16日(日)「平成25年度協働のまちづくり活動支援事業報告会開催のご報告!」
当ブログ2014年  2月15日(土)「平成25年度協働のまちづくり活動支援事業報告会開催のご案内!」
当ブログ2014年  2月  1日(水)「江別創造者メンバー募集のご案内!」
当ブログ2014年  1月28日(火)「平成25年度ボランティア活動者研修会 講演&江別カルタ大会開催のご報告!」
当ブログ2013年11月17日(日)「平成25年度生涯学習フェスティバル参加のご報告!」
当ブログ2013年11月16日(土)「本日!生涯学習フェスティバル開催のご案内!」
当ブログ2013年10月17日(木)「江別カルタ取材御礼!のご報告!」
当ブログ2013年10月10日(木)「江別カルタに関する取材御礼!」
当ブログ2013年10月  9日(水)「江別まち検定開催のご案内!」
当ブログ2013年  9月24日(火)「平成25年度恊働のまちづくり活動支援事業~江別カルタで辿る江別物語開催のご報告!」
当ブログ2013年  9月23日(月)「本日!江別カルタで辿る江別物語開催のご案内!」
当ブログ2013年  9月22日(日)「カウントダウン!江別カルタで辿る江別物語!開催まであと1日!」
当ブログ2013年  9月21日(土)「カウントダウン!江別カルタで辿る江別物語!開催まであと2日!」
当ブログ2013年 9月13日(金)「平成25年度恊働のまちづくり事業~「江別カルタで辿る江別物語」開催のご案内!
当ブログ2013年 9月12日(木)「江別カルタ完成のご報告!」
当ブログ2013年 8月 4日(日)「8月度人が集えば文殊の知恵袋講座開催のご報告!」
当ブログ2013年 6月25日(火)「平成25年度恊働のまちづくり活動支援事業採択のご報告!」
当ブログ2012年12月31日(月)「2012年感謝の言葉!」
当ブログ2011年10月29日(土)「本日!江別まち検定開催!のご案内!」
当ブログ2011年 9月11日(日)「菊とカルタと民謡」
当ブログ2011年 8月 1日(月) 「7月度人が集えば文殊の知恵袋講座開催のご報告!~江別カルタ制作中間報告」
当ブログ2011年 7月 6日(水) 「7月度人が集えば文殊の知恵袋講座(道民カレッジ連携講座)開催のご案内!」
当ブログ2010年10月 6日(水) 「菊花と川柳」
当ブログ2010年 7月24日(土) 「江別創造舎江別カルタ制作中間報告」
当ブログ2010年 5月28日(木) 「江別創造舎江別カルタ制作中間報告」
当ブログ2010年 5月25日(火) 「祝!江別創造舎ブログ解説2周年」
当ブログ2010年 3月26日(木) 「江別カルタ制作中間報告!」
当ブログ2010年 1月13日(水) 「江別カルタ詠み札句募集!のご案内!(再掲)」
当ブログ2009年12月16日(水)「北海道新聞江別支局取材御礼!」
当ブログ2009年 9月 1日(火) 「江別市立中央中学校3年5組壁新聞記者ご来校のご報告!」
当ブログ2009年 5月24日(日)「ブログ開設1周年を迎えてー感謝の言葉」
当ブログ2009年 1月29日(木)「北海道新聞江別支局取材御礼!」
当ブログ2008年 6月21日(土)「江別カルタ図案化ポスター完成披露!」
当ブログ2008年 5月25日(日)「江別創造舎です!よろしく!」

 
写真:清水寺梵鐘
 毎年この時節にご紹介させていただいておりますが、清水寺鐘楼は、岩澤の梵鐘(京都市右京区所在)で鋳造されたものです。
(ご参考)2009年10月22日(木)「番外編!重要文化財清水寺梵鐘!」

コメント

北電火力発電所の廃止2

2014年12月30日 | 歴史・文化

 北電は、基本方針に立ち、跡地利用は①北電自身の事業施設を立地することを最優先とし、②土地の細分利用を避けるとともに、③総合的に緑化し、地域の開発計画に調和した土地の維持保全を行う、を重点方針としました。

 これに加え、変変所と同一敷地であること、ほかの研究機関との距離的な近接性は現状と変わりないこと、さらに加えて、江別のRTN構想に合致し、地元要望に応えることができるなどの理由から、総合研究所の移転が現実の日程表にのぼりました。

 こうした経過を辿り、火力廃止の跡地利用としては、総合研究所の移転に加えて花奔栽培センターの解説、そして鉄道用地については市に無償で譲渡し、市はこれを北電の歴史を顕彰した遊歩道四季のみちとして残すことになったのです。

 平成3年3月、北電株式会社火力発電所の3号機の運転が停止されました。
昭和10年12月の大日本電力株式会社(昭和9年12月北海道電燈株式会社かあら社名変更)江別火力発電所の稼働から数え、55年間にわたる火力の火が消えたのです。
閉所式は、平成3年3月27日、全ての発電機が止まり静まりかえった同所構内で橋本北電副社長、岡市長ら約100人が出席し、しめやかに行われました。



註:江別市総務部「えべつ昭和史」643-644頁.
写真:昭和3年3月27日閉所した北電江別火力発煙所
 同上書643頁掲載写真を複写し、当ブログ掲載いたしております。

コメント

北電火力発電所の廃止1

2014年12月29日 | 歴史・文化

 昭和62年4月、北電は老朽化している江別、滝川両火力発電所の廃止を決定しました。

 いずれも法定耐用年数(15年)を経過していることと、国内炭から外国炭への転換方針により、江別の場合は平成元年3月に1号機、以降2号機、3号機を順次廃止することが明らかにされました。
 江別の場合、1号機の廃止時点では市民経済に直接影響はないものの、2号機3号機が廃止され、火力自体が撤去した場合、年間約2億円の固定資産税の税収減や、下請け企業の受注減12億円、それに従業員世帯の生活物資購入など約5億円の減など、おおよそ20億円の経済的なダメージが予測されました。
そのため、市では火力の代替施設の誘致など、その対策に全力を傾注することになりました。

 以降、昭和63年3月、岡市長、高間専造市議会議長、泉重陽商工会議所会頭が北電本社に橋本常務を訪ね、跡地利用等についての要望書を手渡しました。
その後、平成元年、2年と再三再四にわたり要望と折衝を重ねた結果、北電側としても札幌・里塚にある総合研究所の跡地への移転に大きく踏み出すことになりました。
 発電所用地約26ha、近隣の社宅用地約7haという広大な一団の土地を、今後再び札幌近郊に求めることは至難であり、かつ、含資産としても北電が保有すべきとの認識からでした。
また、地元江別の跡地利用の要望にも応えなければならないとしたからです。


註:江別市総務部「えべつ昭和史」643頁.
写真:平成3年3月閉鎖した北電江別火力発電所
 同上書643頁掲載写真を複写し、当ブログ掲載いたしております。


コメント

文科省エグゼクティブ・フォーラム2015開催のご案内!

2014年12月28日 | 労働・雇用

 このたび、文科省エグゼクティブ・フォーラム2015開催のご案内をいたします!

 文部科学省では、講演会とフォーラムの2部形式でエグゼクティブ・フォーラムを開催します。
エグゼクティブ・フォーラムとは、
経験豊かな幹部職員による講演と若手および中堅職員による少人数制懇談会・フォーラムです。

 文科省エグゼクティブ・フォーラム2015参加には、事前申込みが必要です。
なお、定員を超えた場合は、抽選となります。

 文科省エグゼクティブ・フォーラムの日程は、下記のとおりです。
1.日  程   2015年1月16日(金)17:00~19:00
2.場  所   文科省情報ひろばラウンJ(旧庁舎1階)
3.内  容   
<第1部>17:00~17:30 幹部職員(高橋審議官)講演
     17:30~17:40 講演者との質疑応答
<第2部>17:45~19:00 若手・中堅職員との懇談会
4.対  象   国家公務員総合職(事務系・技術系)志望者
5.申込方法 メールにて下記を記載  
(1)件名「1/16EF②参加希望」と記載
(2)氏名・電話番号・メールアドレス・受験予定区分(事務系・技術系)
6.申込期限   2015年1月9日(金)12:00
7.申込・問合先 文科省大臣官房人事課任用班
         03−5253−4111(内戦2135)
         saiyou@mext.go.jp


写真:文科省エグゼクティブ・フォーラム2015チラシ

コメント

自然ふれあい交流館観察会&スライド会冬の楽しみ方開催のご案内!

2014年12月27日 | イベント

 このたび、自然ふれあい交流館 観察会&スライド会 冬の楽しみ方開催のご案内をいたします!

 野幌森林公園自然ふれあい交流館恒例行事、観察会&スライド会冬の楽しみ方が開催されます。
冬の森林公園の楽しみ方をスライドで確認すると共に、実際に森林公園を散策して実体験をすることができます。

 なお、ご参加には事前申し込みが必要です。

 自然ふれあい交流館 観察会&スライド会 冬の楽しみの方の日程は、下記のとおりです。
1.日  程   2015年1月17日(土)10:00~12:30
2.場  所   自然ふれあい交流館および野幌森林公園
3.集合場所   自然ふれあい交流館(解散場所も同様)
4.定  員   15名(先着順) 
5.事前申込   12月18日より受付開始~定員になり次第終了
6.費  用   無料
7.持  参 物   防寒服をはじめ防寒にかかるもの、飲み物等
8.申 込  先   自然ふれあい交流館
         011−386−5832



写真:自然ふれあい交流館

コメント

本日!ダイエーグループ上場廃止

2014年12月26日 | 番外編

本日(12/26)!ダイエーグループは、株式会社東京証券取引所において上場廃止されます。

 先月、11月26日臨時株主総会が開催され、ダイエーとイオンとの株式交換契約承認が可決されました。
また、2015年1月1日(木)をもって、イオン株式会社完全子会社化され、経営統合されることが発表されました。
*以上、ダイエーIR情報より引用

 今後は、フードスタイルストアおよび都市型SMの確率を目指し、イオングループの地域ドミナント戦略を推進していくことが示されています。(ダイエー公式HPより引用)
今回の完全子会社化による経営統合を「新生ダイエーグループの成長」と解釈し、「第二の創業として始動」と示しています。

 1957(昭和32)年4月10日、大栄薬品工業株式会社(株式会社ダイエー前身)を設立しました。
  大阪市に主婦の店1号店(店名 主婦の店・ダイエー薬局)をオープンさせました。
 その10年後には、日本初本格的郊外型ショッピングセンターをオープンさせました。
 また、日本初ハンバーガーショップ ドムドム(1970)をはじめ、
 ローソン1号店オープン(1975)、
 日本初ノーブランド商品の発売(1978)、
 日本初 屋根開閉式多目的スタジアム福岡ドームを開業(1993/1988ダイエーホークス発足)等、
 2000年までのダイエーは、中内功(なかうちいさお)氏の采配のもと日本最大流通システムを構築したのです。
当時ダイエー帝国と総称された史実は、時代を牽引していたことの表れともいえます。

 イオンにつては、(以下イオン公式HPより引用)
1758年小間物屋を千葉県にて創業(屋号篠原屋)、1887年岡田屋に改称し、
1926年9月株式会社岡田屋呉服店を設立しました。
その後、経営統合を果たし、1970年ジャスコ株式会社と社名を変更しました。
1974年東証・大証・名証各第2部株式上場、2年後1976年には各証第1部上場を果たしました。
1989年イオングループを発足し、国内外の経営統合をし、
現在、アジアNO.1スーパー・リジョナル・リテイラーを目指し、革新し続けています。


写真:ホワイトイルミネーション in Sapporo
 上記文面とは関係ございません。


コメント

A HAPPY X'mass!

2014年12月24日 | その他

A HAPPY X'mass!

世界中が夢に包まれる時、
A HAPPY X'mass!

幼い頃からの夢の続き、
A HAPPY X'mass!

素敵に 乾杯!


幼少時から親しんできたウォルトディズニーの世界、
アメリカに次いで世界で2番目に出来上がった東京ディズニーランドでは、
クリスマスムービーがご覧いただけます!

A HAPPY X'mass!
素敵な夢を!



写真:ミュンヘンクリスマス in Sapporoにて撮影



コメント

松ぼっくりのクリスマスツリーづくり開催中!のご案内!

2014年12月23日 | 歴史・文化

 このたび、松ぼっくりのクリスマスツリーづくり開催中!のご案内をいたします!

 自然ふれあい交流館では、
 松ぼっくりを使ったクリスマスツリーづくりを開催します。

 どなたでもご参加いただけますよ!
 事前申し込み不要です。

 自然ふれあい交流館 松ぼっくりのクリスマスツリーづくりの日程は、下記のとおりです。
1.期  間   2014年12月25日(木)まで9:30~16:30
2.場  所   自然ふれあい交流館
3.費  用     無料
4.お問合先     自然ふれあい交流館
         江別市西野幌685−1
         386−5832



写真:自然ふれあい交流館

コメント

本日!朔旦冬至!

2014年12月22日 | 歴史・文化

本日(12/22)!
19年に1度の朔旦冬至です!

冬至とは、1年で最も夜の時間が長く、お昼の時間が短くなることを意としています。
また、新年を前に太陽の力が強まるという意味から、中国では一陽来復(いちようらいふく)と言われます。

本年は19年に1度の朔旦冬至!
朔旦冬至とは、冬至と新月が重なる冬至を意としています。

これから寒さが増す時節、
柚子湯に入って温まり、
健康に過ごしたいですね。




写真:ホワイトイルミネーション in Sapporo 214
 上記文面とは全く関係ございません。

コメント

本日!北海道開拓の村カボチャ粥の提供!

2014年12月21日 | イベント

 このたび、本日!北海道開拓の村カボチャ粥の提供!のご案内をいたします!

 本日(12/21)!、
 北海道開拓の村年中行事カボチャ粥が提供されます。
 明日の冬至に向けて、
 無病息災を願って提供されるカボチャ粥です。
 
 北海道開拓の村カボチャ粥の提供の日程は、下記のとおりです。
1.日   程  2014年12月21日(日)10:00~16:00
2.場   所  北海道開拓の村内 旧武井商店酒造部
3.入   村   料  一般¥680−/高校・大学生¥550−/中学生以下・65歳以上無料
4.お問合せ先  北海道開拓の村
         011−898−2692




写真:北海道開拓の村 

コメント