江別創造舎

地域文化振興活動・江別カルタ制作

横須賀邦子氏ご講演大盛況!のご報告!

2009年02月28日 | イベント
 このたび江別創造舎主催「平成20年度市民・若者が講師!講座開講!」最終回を開催いたしましたので、ご報告いたします!

 2月26日(木)、横須賀邦子氏をご講師にお招きし、「江別市にふさわしい景観デザインとは」と題して、ご講演をいただきました。

 横須賀氏が代表を務めるNPO法人アース・ウインドは、生態系の観察会や環境旅行プログラム等各種講演会開催、そして野生動物対策資料作成等、北海道の自然保護と自然の美しさを未来に繋ぐための活動を推進していらっしゃいます。

 横須賀氏は、ご自身の活動を通じて自然や生活を構成する様々な要素をまず正しく理解すること、多面的な視線で地域をしっかりと見つめることの重要性を示唆されました。

 江別に相応しい環境デザインを考えるにあたっての重視点は、歴史を物語る遺跡やレンガ建築、広大な野幌森林公園やそこに住む野生動物、今日までの江別市の発展に深く関わってきた石狩川など江別市の財産をいかに活かしていくかにあります。
 また、4大学が所在する江別市にとって若者が住み易い居住区とは何かを考えることも大切なことです。

 江別市の住宅地は、全面積の10%程度です。
大都市に隣接する特異な自然林、野幌森林公園を擁する環境から得られる恵みの大きさ、生産者のたゆまない努力から生まれる農産品や酪農品を視野に入れて、
 江別に住む人が何を大事にしたいか、
 若者が住み易い街づくりのために何をすべきか
 郷土探訪地点(対雁番屋跡・江別発祥の地など)の保存 等
これらを踏まえつつ、多くの人たちの思いを集約しながら江別として目指す景観について検討する時期を迎えています。

 人々が通り過ぎる街ではなく、人々を引き寄せる美しい街をイメージするに充分に足る資産を保有していることを再認識し、この江別の宝を活かした美しい街に住む暮らしの実現に向けて、皆でゆっくり、時間をかけて検討していきましょう!

 横須賀氏が景観を題材に示唆された街づくり、地域づくりには、守っていくべきモノ、変化をしていなくてはいけないコトという深い意味があるように思います。
江別市は、過去から息吹を感じさせる生命体を数多く財産として保有しています。現代に生きる私たちが、いかにその息吹を甦らせられるか、次世代を担う若者にバトンタッチする前の大きな役割といえるでしょう。

 NPO法人アース・ウインド代表横須賀邦子氏のご講演は、広く若者にも伝えたい内容でした。貴重なご講演をありがとうございました!

 江別創造舎主催「平成20年度市民・若者が講師!講座開講!」事業は、昨年度9月開講し、6回の講演を開催して参りました。
 現役の学生さんや市民の方々に貴重なご講演を賜りましたこと、厚く御礼申しあげます。そして、講座をご聴講いただきました皆様には、感謝申しあげます。
 江別創造舎は、「個が生き、個が活かされる地域社会を目指して」今後も多種の活動を推進して参る所存です。

 何とぞ江別創造舎をご支援賜りますよう、よろしくお願い申しあげます!

横須賀邦子氏が代表を務めていらっしゃいますNPO法人アース・ウインドについては、下記をご覧ください。
http://e-wind.org/

(参考)
当ブログ 2月13日(金)「高木玲子氏ご講演大盛況!のご報告」
当ブログ12月13日(土)「市民・若者が講師講座 植松直氏ご講演大盛況!のご報告」
当ブログ12月 3日(水)「2008年度人が集えば文殊の知恵袋講座最終回!渡辺良洪氏ご講演大盛況!ご報告」
当ブログ11月12日(水)「吉田絵里子氏ご講演大盛況!のご報告」
当ブログ11月12日(水)「上村ひかり氏ご講演大盛況!のご報告」
当ブログ11月 8日(木)「八重樫孝明氏ご講演大盛況!のご報告」
当ブログ11月 8日(木)「山下恒平氏ご講演大盛況!のご報告」
当ブログ11月 1日(土)「市民・若者が講師!講座開講第3回」開催のご案内」
当ブログ10月25日(土)「久保泰雄氏ご講演大盛況!」のご報告
当ブログ10月16日(木)「市民・若者が講師!講座開講!」のご案内
当ブログ10月15日(水)「高瀬仁氏ご講演大盛況!ご報告」
当ブログ10月15日(水)「横内豪氏ご講演大盛況!ご報告」
当ブログ 9月19日(金)「江別創造舎主催ー横市拓摩氏ご講演大盛況!のご報告」
当ブログ 9月18日(木)「本日!市民・若者が講師!講座開講!」
当ブログ 9月17日(水)「人が集えば文珠の知恵袋講座第5回」佐々木孝一氏ご講演大盛況!のご報告
当ブログ 8月25日(月)「人が集えば文殊の知恵袋講座第5回ご案内」
当ブログ 8月17日(日)「市民・若者が主役!ー個が生き、個が活かされる地域社会を目指してー」
当ブログ8月 3日(日)「人が集えば文殊の知恵袋講座第4回」谷川幸雄氏ご講演大盛況のご報告
当ブログ8月 3日(日)「人が集えば文殊の知恵袋講座第4回」高崎格氏ご講演大盛況のご報告
当ブログ7月16日(水)「川守田順吉氏ご講演大盛況!のご報告」
当ブログ6月25日(木)「渡辺良洪氏ご講演大盛況!のご報告」
当ブログ 6月17日(火)「江別市恊働まちづくり活動支援事業助成採択のご報告」
当ブログ 6月 8日(日)「江別市恊働まちづくり活動支援事業公開選考会参加報告」
当ブログ5月28日(水)「漆崇博氏ご講演大盛況!幣のフィールドに向けたオブジェ制作と基調講演」

写真:横須賀邦子氏ご講演模様
  当ブログ掲載許可を得て、撮影掲載いたしております。
コメント

支笏洞爺国立公園ご案内!

2009年02月27日 | 地域
 このたび、支笏洞爺国立公園をご案内いたします!

 支笏洞爺国立公園は、北海道南部にあたる伊達市・洞爺湖町・壮瞥町・豊浦町の1市3町に跨がって広がる98,302ヘクタールの壮大な公園です。

 昨年(2008年)北海道洞爺湖サミットが開催され、この地から世界中に情報発信されました。
 美しい景観をなす洞爺の町の中心には、不凍湖である洞爺湖があります。雪化粧を施した山々をクルージングを楽しみにながら眺めることができます。
洞爺湖は、カルデラ湖(火山性陥没湖)で、年中凍らない不凍湖として有名です。
洞爺湖では、昼に湖から陸へ風邪(湖風)が吹き、夜には陸から風(陸風)が吹くことが多くなっています。風邪の方向が切り替わる朝夕の2回、風がぴたりと止み、鏡面のような美しい湖面が姿を現わします。

 この洞爺の街は、有珠山・昭和新山を擁し、お天気の良い日には羊蹄山を臨むこともできます。
 荘厳な山の眺望と奥深い森、湖、温泉等豊かな自然に加え、海の幸、山の幸に恵まれた豊富な食材、そして何より温かい人たちに魅せられて、国内外から多くの観光客が訪れています。

 この美しい景観をなす洞爺の街が、道内有数の観光地として位置づけられる強みは、地域住民の方々の結束力を力点とした行政・商店街・観光ホテルの連携にあります。複数回の火山噴火により街の危機を経験された地域住民、観光に関わる方々の強い街の再生を臨む気持ちが、「共生」へと導いていったのです。危機を強みに変えていく力強さと繊細かつ美しい景観によって形成された洞爺の街は、人工の街ではなく、心が宿る豊かさを誇る街といえます。

 洞爺湖周辺は、北海道フットパス事業のモデル地区にも指定されています。
季節折々の素晴らしい景観を眺めながら、カヌーやホーストレッキング、エステ、散策など訪れる人々の目的に応じて楽しみ方は多種揃っています!
きっと、訪れる方を魅了することと思います。

洞爺湖温泉観光については、下記をご覧ください。
http://www.laketoya.com/

御礼
 このたび、ゼミ視察研修(2/25-26)では、大変お世話になりまして、厚く御礼申しあげます。
 一泊二日の当ゼミ視察研修では、北島様のご尽力なくしてはこのような充実した行程を辿ることは不可能でした。あらためて御礼申しあげます。
北島様、観光協会の皆様、そして道外から洞爺湖町に移住し起業なさった高臣様、高橋様、貴重なお話しをありがとうございました!
 また、最後になりましたが、洞爺湖温泉万世閣の皆様、大変お世話になりまして、ありがとうございました!
皆様のご厚情に心より感謝申しあげます。感謝の気持ち一杯に帰途につきました。
ありがとうございました!

写真:洞爺湖温泉万世閣ホテルレイクサイドテラス
コメント

本日!市民・若者が講師!講座開講!ご案内!

2009年02月26日 | イベント
 このたび、江別創造舎主催「市民・若者が講師!講座開講!」のご案内をいたします!

 本日(2/26)、江別創造舎主催「平成20年度市民・若者が講師!講座開講!」最終回にご講師を担っていただきますのは、NPO法人アースウィンド代表で、幅広くご活動なさっていらっしゃいます横須賀邦子氏です。
 皆様のお越しをお待ちいたしております!

 横須賀邦子氏のご講演日程は、下記のとおりです。
日 時  2月26日(木)13:30-15:00 
場 所  江別市民活動センター・あい
講 師  横須賀邦子氏(NPO法人アースウインドウ代表)
題 目  「江別市にふさわしい景観とは」
受講料  200円
その他  直接会場にお越しください。

(参考)
当ブログ 2月13日(金)「高木玲子氏ご講演大盛況!のご報告」
当ブログ12月13日(土)「市民・若者が講師講座 植松直氏ご講演大盛況!のご報告」
当ブログ12月 3日(水)「2008年度人が集えば文殊の知恵袋講座最終回!渡辺良洪氏ご講演大盛況!ご報告」
当ブログ11月12日(水)「吉田絵里子氏ご講演大盛況!のご報告」
当ブログ11月12日(水)「上村ひかり氏ご講演大盛況!のご報告」
当ブログ11月 8日(木)「八重樫孝明氏ご講演大盛況!のご報告」
当ブログ11月 8日(木)「山下恒平氏ご講演大盛況!のご報告」
当ブログ11月 1日(土)「市民・若者が講師!講座開講第3回」開催のご案内」
当ブログ10月25日(土)「久保泰雄氏ご講演大盛況!」のご報告
当ブログ10月16日(木)「市民・若者が講師!講座開講!」のご案内
当ブログ10月15日(水)「高瀬仁氏ご講演大盛況!ご報告」
当ブログ10月15日(水)「横内豪氏ご講演大盛況!ご報告」
当ブログ 9月19日(金)「江別創造舎主催ー横市拓摩氏ご講演大盛況!のご報告」
当ブログ 9月18日(木)「本日!市民・若者が講師!講座開講!」
当ブログ 9月17日(水)「人が集えば文珠の知恵袋講座第5回」佐々木孝一氏ご講演大盛況!のご報告
当ブログ 8月25日(月)「人が集えば文殊の知恵袋講座第5回ご案内」
当ブログ 8月17日(日)「市民・若者が主役!ー個が生き、個が活かされる地域社会を目指してー」
当ブログ8月 3日(日)「人が集えば文殊の知恵袋講座第4回」谷川幸雄氏ご講演大盛況のご報告
当ブログ8月 3日(日)「人が集えば文殊の知恵袋講座第4回」高崎格氏ご講演大盛況のご報告
当ブログ7月16日(水)「川守田順吉氏ご講演大盛況!のご報告」
当ブログ6月25日(木)「渡辺良洪氏ご講演大盛況!のご報告」
当ブログ 6月17日(火)「江別市恊働まちづくり活動支援事業助成採択のご報告」
当ブログ 6月 8日(日)「江別市恊働まちづくり活動支援事業公開選考会参加報告」
当ブログ5月28日(水)「漆崇博氏ご講演大盛況!幣のフィールドに向けたオブジェ制作と基調講演」

写真:「市民・若者が講師!講座開講!」高玲子氏ご講演模様(2009年2月)
コメント

ユニバーシアード冬季大会北翔大学茂野美咲選手金メダル!おめでとう!

2009年02月25日 | 教育・学校
 このたび、ユニバーシアード冬季大会にて北翔大学茂野美咲選手が金メダルに輝きましたので、ご報告いたします!

 北翔大学茂野美咲選手は、中国ハルビンで21日開催されましたユニバーシアード冬季大会ノルディックスキージャンプ女子個人(HS100m、K点90m)で1回目最長不倒の85m、2回目82.5mを飛び、198.5点という高得点で金メダルに輝きました!
おめでとうございます!!

 北翔大の学生の活躍は、まだまだ続きます!
皆様ご支援よろしくお願いいたします!

宮武選手の活躍情報は、次の頁でご覧ください!

(参考)
2009年2月25日(水)「北翔大学宮武祥子選手銀メダル!おめでとう!」
2009年2月25日(水)「アルペン成年女子A北翔大学高沢優選手初優勝!おめでとう!」
 
コメント

北翔大学宮武祥子選手銀メダル!おめでとう!

2009年02月25日 | 教育・学校
 このたび、ユニバーシアード冬季大会で北翔大学宮武祥子選手が銀メダルに輝きましたので、ご報告いたします!

 北翔大学宮武祥子選手は、中国ハルビンで開催されましたユニバーシアード冬季大会スノーボード女子パラレル大回転で銀メダルに輝きました!

先の茂野美咲選手と共に、宮武選手も頑張りました!
そして、まだまだ続きます!

北翔大学生涯システム学部健康プラニング学科3年高沢優選手も先輩に継いで初優勝しています!

(参考)
2009年2月25日(水)「ユニバーシアード冬季大会北翔大学茂野美咲選手金メダル!おめでとう!」
2009年2月25日(水)「アルペン成年女子A北翔大学高沢優選手初優勝!おめでとう!」

写真:2009年2月さっぽろ雪まつり会場設営「スノーボード」撮影

コメント

アルペン成年女子A北翔大学高沢優選手初優勝!おめでとう!

2009年02月25日 | 教育・学校
 このたび、北翔大学高沢優選手が、トキめき新潟国体にて初優勝を果たしましたので、ご報告いたします!

 北翔大学高沢優選手は、トキめき新潟国体にてアルペン(大回転)成年女子Aで1分6秒31の高得点で初優勝を果たしました!

 先輩に継いで、今後も大いに期待される選手です!

 雪深い北海道にあって、とっても熱い北翔大学!です。

(参考)
2009年2月25日(水)「ユニバーシアード冬季大会北翔大学茂野美咲選手金メダル!おめでとう!」
2009年2月25日(水)「北翔大学宮武選手銀メダル!おめでとう!」
コメント

開拓使の洋食の奨励

2009年02月24日 | 歴史・文化
 開拓使の外人顧問らは、北海道の米作には反対でした。

 ケプロンは、その第一報文に「日本ニ於テ食糧ニ充ベキ物産ヲ改正スルノ緊要ナルハ殆ド疑ヲ容ザルベシ、何トナレハ日本第一ノ物産ナル米ハ、培養ノ費最モ多ク其養分ニ至テハ他ノ穀類ニ劣ルヲ以テナリ、小麦ハ米ト養分等シクシテ、其培養費米ヨり少ナキコト二割五分トス、抑美国ノ人民ヲシテ百般ノ工芸ニ従事シ、以テ財本ヲ益シ、貿易ヲ盛ンニシ、且華美ノ品物ヲ多ク需要シ得ル所以ノ者ハ、他ナシ、其費用少キ蒸餅料ト、果実蔬菜トヲ作ルヲ以テナリ」と述べ、栄養の面からも主食は米から小麦に代え、果実、蔬菜を作って食生活の改善を図ることを提案しました。
アンチセル・クラークなども同意見でした。

 これら外人顧問の意見に従って開拓使は、明治7年6月に開催された勧業資金商議の際に、「西洋ニ則リ、麦、栗ヲ以テパンヲ製シ、食用ヲ弁ズルノ方法ヲ授ケ候義ハ、本使着目スルトコロナルモ、生来ノ風習一時ニ改ムルコト難シ、漸ク以テ勧誘ノ外有之間敷」(開拓使公文録)と、漸次パンおよび鹿肉などをもって、日本食に代えようと言う考え方を示しました。
特に、開拓使仮学校および付設の女学校などの生徒を対象に、パン食を常食することを決めました。

 明治10年9月には、全道一般に食物改良の諭達を発し、官吏に率先して実行、指導することを命じました。それによると、北海道は米産が少ないので多くを移入に求めなければならない。
 ところが、北海道に適した大麦・小麦・稗・馬鈴薯などは、これを主食に代えることができ、栽培労力がかからないうえに収穫も多く、しかも栄養があり、さらには家畜の飼料ともなるので、今後は道産出の穀物を食糧とするように留意すべしとうものでした。

 加工食品の奨励については実際に、物産局製粉場の製品の払下げを積極的に進め、ここで生産された麦粉・蕎麦粉によって、うどん・そうめん・生麺・焼麺・饅頭・パン菓子・蕎麦菓子などが多く作られ、札幌の名物になりました。
 畜産物は、牛乳が農学校農園で販売され、羊肉が札幌牧羊場で払下げられるなど、一般の需要にも供されるように努めました。

 黒田長官も洋食の奨励に熱心で、札幌には西洋料理に用いるいっさいの原料品を準備させました。また、外人顧問、農学校のコックなどを通じて、西洋料理の普及に努め、道外者の饗応には特にこれを用いさせるほどでした。

 このような官庁の普及奨励策にも関わらず、一般の関心は薄かったようです。
明治6~7年頃から石狩平野でも米の試作が成功したため、米作が漸次増加したこと、長年の根強い食習慣を変革することは、容易ではなかったからです。

(参考)
2008年9月 2日(火)「農話会と農談会」
2008年8月22日(金)「開拓使廃止に伴う勧農政策の変化―博覧会・共進会開催」
2008年7月 3日(木)「教頭頭取兼顧問ケプロンの北海道開拓」

註:北海道「新北海道史」992-994頁.
写真:2009年2月開催さっぽろ雪まつり雪像を背景に、札幌市大通公園に聳え立つホーレス・ケプロン像撮影
コメント

町道の認定

2009年02月23日 | 歴史・文化
 地方費道、準地方費道は、北海道長官が認定しました。
 道路法施行前、江別町域を通る地方費道は、札幌稚内線(現国道275号)だけでした。

 国道は、国庫の負担、地方費道以下は、北海道長官が拓殖上必要と認めたものに国庫補助(拓殖費)が交付されました。道路法施行を前に、大正9年2月の江別町会は、次の26路線を町道に認定しました。

1.兵村一番通り、2.兵村二番通り、3.兵村三番通り、4.兵村四番通り、5.当別街道、6.兵村十三戸通り、7,兵村横通り(各丁目通り)、8.対雁渡船場ニ至ル近道、9.雁来街道、10.対雁川下道路、11.墓地道路、12.角山道路、13.上の月道路、14.広島道路、15.野幌一号線道路、16.野幌二号線道路、17.伊達や指揮道路、18.志分別道路、19.試験場道路、20.官林本通り、21.当別街道、22.篠津村堤防道路、23.三十一線道路、24.三十二線道路、25.三十線道路、26.新兵村道路

 道路に関する町村の重要課題は、町村道をいかに早く地方費道、準地方費道に昇格させるかである。それは、道会議員や町村長などの手腕が期待されました。ちなみに、この年、道会議員に当選した河合才一郎は、自分に課せられた役割は、石狩川治水の促進と、「道路の問題では、江別、広島間の道路、幌向村から江別駅間の道路の修繕を地方費でやること」(大正13年12月11日付北海タイムス)と、力説しました。その河合の奮迅もあったのでしょう。
大正13年、幌向―江別太道路(通称幌向街道)が地方費道に編入されました。大正14年、広島街道が地方費道補助(3割)により改修を行い、翌15年も継続されました。さらに、この年には、長沼、江別線が準地方費道路に昇格しました。

(参考)2009年2月19日(木)「道路法施行」

註:江別市総務部「新江別市史」244-245頁.
写真:国道12号線から「開拓記念館・開拓の村」入口を撮影(2009年2月)
 写真では、歩道、車道が分からない程の積雪です。銀世界の北海道です。
コメント

平成20年度江別市恊働の街づくり支援事業報告会のご報告!

2009年02月22日 | イベント
 このたび、平成20年度江別市恊働のまちづくり支援事業のご報告をいたします!

 昨日(2/21)、江別市恊働の街づくり支援事業報告会が開催されました。
 江別創造舎をはじめ、江別子ども劇場、江別プレゼンテーション・パワーポイント実行委員会、美しいまちづくりエコの会、日本リサイクルネットワーク・えべつ、江別エコピク実行委員会、M'sキッチンの7団体のご報告がございました。

 皆様のご活動報告を拝聴し、ふと思い出した言葉がございます。(W.James, "Some Conclusions from The Co-operation of 14 Development Projects", Coucil of Europem, 1985)
 「地域発展とは、人々が自らの未来に関わること」ー問題の捉え方を変え、人々が変化の推進者となることを可能にするということです。そして、人々が消費者というよりも変化の創造者となるということです。

 素晴らしい活動報告を拝聴し、大変良い時間を共有させていただきました。
 また、今回の報告会では、既にインターンシップを開始した北翔大学短大部人間総合学科1年の学生が、江別市民活動センター運営スタッフの一人として役割を担わせていただいていたことは、やはり嬉しい気持ちで一杯でした。
 このインターンシップ生をはじめ一部の1年生には昨年度札幌市で開催された某学術学会全国大会の運営スタッフとして働いていただきました。一人ひとりの可能性は、誰にも図ることはできない。何かの機会を提供することによって、個々の可能性を拡げていくパワーを誰しも持ち合わせているのです。豊かな感性の持ち主ですから、きっと多くの方々との触れ合いの中で多くのことを吸収してくると思います。一ヶ月間のインターンシップですが、終了後の報告を楽しみにしております。

 このたびの報告会準備および運営をしていただきました江別市民活動センターの皆様、お世話になりまして、ありがとうございました!
江別創造舎は、皆様と共に真摯に活動を推進いたす所存です。今後ともご支援の程、よろしくお願いいたします

皆様お疲れ様でした!

(参考)
2009年2月22日(日)「本日!マロンちゃんのかんきょうもんだいってなんだべ開催ご案内!」
 
写真:江別創造舎活動報告中の小野孝雄氏
コメント

本日!マロンちゃんのかんきょうもんだいってなんだべ開催のご案内!

2009年02月22日 | イベント
 このたび、「マロンちゃんのかんきょうもんだいってなんだべ」開催のご案内をいたします!

 酪農学園大学4年生上村ひかり氏が主催する「江別エコピク実行委員会」は、環境問題を取り上げ、紙芝居を制作し、子どもたちに読み聞かせの活動をしていらっしゃいます。今回(平成20年度江別市恊働の街づくり支援事業報告会)は、昨年度の活動の新たな試み、紙芝居をデジタル化した活動のご報告でした。

 このデジタル化された「マロンちゃんのかんきょうもんだいってなんだべーぼくとマロンの大冒険」が、下記の日程で上映されます!ぜひ、お子様連れでお出かけください!
 なお、当日は「真冬のえべつ・フリーマーケット」が開催されており、フリーマーケット会場内で上映されます。お楽しみください!

1.日時  2月22日(日)12:00-12:20
2.場所 江別市民会館
     「真冬のえべつ・フリーマーケット」会場内
3.内容 タイトル「ぼくとマロンの大冒険」
  「ぼく」とひよこの「マロン」が、店に並ぶ海外産の小麦で作られたパンと江
 別小麦で作られたパンを見比べるところから物語が始まります。
  この「ぼくとマロンの大冒険」には、日常の食生活で考えてほしいメッセージ
 が託されています。

(参考)
2009年 2月22日(日)「平成20年度江別市恊働の街づくり支援事業報告会のご報告!」
2008年11月12日(水)「上村ひかり氏ご講演大盛況!のご報告」

写真:上村ひかり氏(エコピク実行委員会代表)活動報告の模様
コメント