江別創造舎

地域文化振興活動・江別カルタ制作

二大煉瓦工場進出

2010年06月30日 | 歴史・文化
 明治31(1898)年、32年、野幌駅南側1号線に面し、北海道炭鉱鉄道株式会社野幌煉瓦工場が相次いで操業を開始しました。

 その後、中小の煉瓦工場が軒を連ねました。
 これは、札幌、小樽に近隣した位置的な利便性もさることながら、原土や労力に加え、のぼり窯の燃料用薪が容易に得られたからです。

 北炭と舘脇は、大工場でした。
 両工場で職工、人夫など家族を含め約1千人を数えました。つまりは、野幌・殖民社内に煉瓦工場(職人長屋や共同風呂などを含め)という名の、異質の集落が生まれたようなものでした。
 異質とはいえ、農民の生活と生産活動は深く関わり、(1)薪を大量に買い上げてくれる、(2)野菜(山菜も含む)の需要も少なくない、(3)賃労働(日請人夫、運搬請負)も提供してくれるなど、その影響は計り知れないものでした。

 さらに、煉瓦工場は、農民にサイロや堆肥場、煙突などの資材を容易に提供するなど、営農の改善にも少なからずの影響を与えました。
 また、関矢、松川らと野幌煉瓦工場の久保兵太郎らの間に俳句会「好風会」が生まれました。兵村と比べ、野幌・殖民社の特徴的なものの一つは、こうした「風騒之道ヲ楽シム」(『野幌部落史』)趣味生活がみられたことでした。

 明治41年、北海道野幌林業試験場が原始林内・トマンベツに開場しました。この試験場が野幌・殖民社の農民に与えた「恩沢の絶大」(『野幌部落史』)は良く知られていました。例えば、研究し献上の人工造林地の設定は、伐木と多量搬出を伴い、冬期間の林業労働の道を拓きました。また、時代は下るが、大正期の森林防火組合の結成以降、林内副産物の権利を与えられました。そのため、春の竹の子、秋のキノコなどが自家の食卓はもとより市街や煉瓦工場などに持ち込まれ、家計を助けていました。

(参考)
当ブログ2010年 6月28日(日)「村の運営」
当ブログ2010年 6月21日(月)「関矢孫左衛門の力業」
当ブログ2010年 6月20日(日)「集団移民の最初の冬」
当ブログ2010年 6月17日(木)「障害を乗り越えた集団移民の実現」
当ブログ2010年 6月14日(月)「独立移民入植」
当ブログ2010年 6月12日(土)「北越殖民社が越後と交わした互換約定書」
当ブログ2010年 6月11日(金)「殖民社の創立」
当ブログ2010年 6月10日(木)「野幌兵村と日露戦争」
当ブログ2010年 6月 8日(火)「西洋屯田江別兵村」
当ブログ2010年 6月 7日(月)「屯田兵二足の草鞋」
当ブログ2010年 6月 3日(木)「ラッパの響き」
当ブログ2010年 6月 2日(水)「江別村の設置」
当ブログ2010年 5月31日(月)「制度の変遷」
当ブログ2010年 5月30日(日)「屯田兵移住のみちのり」
当ブログ2010年 5月29日(土)「屯田兵設置の目的」
当ブログ2010年 5月26日(水)「屯田兵の設置」
当ブログ2010年 5月24日(月)「集団帰還の前後」
当ブログ2010年 5月23日(日)「組合事業」
当ブログ2010年 5月20日(木)「共救組合設立」
当ブログ2010年 5月19日(水)「廃使置県・保護の打ち切り」
当ブログ2010年 5月15日(土)「海運の統一」
当ブログ2010年 5月13日(木)「石狩厚田の漁場」
当ブログ2010年 5月11日(火)「移民の保護と自立」
当ブログ2010年 5月10日(月)「小樽から対雁へ」
当ブログ2010年 5月 8日(土)「宗谷越冬と先遺隊」
当ブログ2010年 5月 7日(金)「日露樺太千島交換条約」
当ブログ2010年 4月30日(金)「対雁の市街地的発展から農村村形成」
当ブログ2010年 4月28日(水)「豊平川の流れ」
当ブログ2010年 4月27日(火)「幌内鉄道と村の衰退」
当ブログ2010年 4月22日(木)「函館・福山・江差」
当ブログ2010年 4月21日(水)「室蘭の状況」
当ブログ2010年 4月20日(火)「根室・釧路・厚岸の状況」
当ブログ2010年 4月19日(月)「小樽港の発展」
当ブログ2010年 4月18日(日)「札幌市街の発展」
当ブログ2010年 4月16日(金)「対雁駅逓所開設」
当ブログ2010年 4月15日(木)「対雁街道開設」
当ブログ2010年 4月14日(水)「ライマンが見た対雁」
当ブログ2010年 4月13日(火)「移民の挫折」
当ブログ2010年 4月12日(月)「最初の集団移民」
当ブログ2010年 4月11日(日)「従駕日録」
当ブログ2010年 4月10日(土)「開拓使の設置」
当ブログ2009年 7月29日(水)「大麻駅開設」
当ブログ2009年 6月30日(火)「夕張鉄道接続駅ー野幌駅」
当ブログ2009年 1月13日(火)「郵便業務の開始」
当ブログ2008年12月19日(金)「人力軌道」
当ブログ2008年11月 9日(日)「通信の発達」
当ブログ2008年11月 3日(月)「野幌市街地」
当ブログ2008年10月28日(火)「野幌駅の開業」
当ブログ2008年10月17日(金)「北海道炭礦鉄道会社から北海道鉄道株式会社へ改称」
当ブログ2008年10月 3日(金)「江別市章制定と江別市民憲章」
当ブログ2008年 9月11日(木)「最初の機関車 義経号.弁慶号」
当ブログ2008年 9月 3日(水)「要衝 江別港」
当ブログ2008年 8月 1日(金)「上川丸の就航」
当ブログ2008年 7月21日(月)「江別村商家」
当ブログ2008年 7月19日(土)「北海道三県の諸事業分割」
当ブログ2008年 7月10日(木)「空知集治監の開設」
当ブログ2008年 7月 5日(土)「対雁郵便局から江別郵便局へ」
当ブログ2008年 7月 4日(金)「駅逓所開設」
当ブログ2008年 7月 3日(木)「教頭頭取兼顧問ケプロンの北海道開拓」
当ブログ2008年 7月 2日(水)「札幌ー対雁ー江別ー岩見沢道路開通」
当ブログ2008年 7月 1日(火)「榎本武揚 顕彰碑騎馬像」
当ブログ2008年 6月30日(月)「江別最初の学校ー対雁学校」
当ブログ2008年 6月28日(土)「対雁学校の教育」
当ブログ2008年 6月26日(木)「移民扶助規則2」
当ブログ2008年 6月24日(火)「石狩川沿岸」
当ブログ2008年 6月23日(月)「北越殖民社の開拓」
当ブログ2008年 6月22日(日)「国内3番目に開通した幌内鉄道ー江別駅の誕生」
当ブログ2008年 6月20日(金)「移民扶助規則設定」
当ブログ2008年 6月19日(木)「蝦夷地改称2」
当ブログ2008年 6月19日(木)「飛騨屋と石狩山伐木」
当ブログ2008年 6月16日(月)「蝦夷地から北海道へ改称ー蝦夷地は皇国の北門」
当ブログ2008年 6月12日(木)「村名選定ー江別村」
当ブログ2008年 6月11日(水)「江別屯田兵入地」
当ブログ2008年 6月10日(火)「地名解」
当ブログ2008年 6月 9日(月)「場所請負制の成立」
当ブログ2008年 6月 7日(土)「元禄御国絵図」
当ブログ2008年 6月 4日(水)「屯田兵制度の設置」

註:江別市総務部「新江別市史」173-174頁.
写真:明治30年代のぼり窯
 江別市郷土資料館に提供された資料を複写・掲載いたしております。
コメント

7月度人が集えば文珠の知恵袋講座開催のご案内!

2010年06月29日 | 教育・学校
 このたび、7月度人が集えば文珠の知恵袋講座(道民カレッジ連携講座)開催のご案内をいたします!

 北翔大学エクステンションセンター教養講座「7月度人が集えば文珠の知恵袋講座」のゲストスピーカーは、本学大学院人間福祉学研究科生の佐藤健伍氏をお招きいたします。
 佐藤健伍氏は、地域空間ユニバーサルデザインについて研究されており、江別市大麻(おおあさ)夏祭り等にご参加の方々におかれましては既にご存知のことと思います。
 一昨年前から大麻地区夏祭り会場に、佐藤氏ら学生制作のテーブル・椅子を配し、夏祭りにご参加の市民の方々にご利用いただいています。
 こうした地域空間設計の活動についてご講演をいただきます。

 7月度人が集えば文珠の知恵袋講座の日程は、下記のとおりです。
1.日   時  2010年7月6日(火)13:10-14:50
2.場   所  北翔大学
3.企画・運営  田口智子(北翔大学短期大学部教授)
4.ゲ ス ト  佐藤健伍氏(北翔大学大学院人間福祉学研究科生)
5.題   目  
「6月度人が集えば文珠の知恵袋講座ーバリアフリーを重視した地域空間設計」
6.参 加 費  500円
  ただし、既に本年度当講座受講されお支払い済みの方は不要です。
  本年度より事務手数料および学外歴史探訪の際の保険料込みとして、500円のご参加費をお支払いいただいております。
7. 申 込 先   北翔大学エクステンションセンター
         011-387-3939

(ご参考)
当ブログ2010年 6月16日(水)「6月度人が集えば文珠の知恵袋講座開催のご報告!」
当ブログ2010年 6月15日(火)「本日!人が集えば文珠の知恵袋講座開催のご案内!」
当ブログ2010年 6月 1日(火)「6月度人が集えば文珠の知恵袋講座開催のご案内!」
当ブログ2010年 5月 9日(日)「人が集えば文珠の知恵袋講座開催のご案内!」
当ブログ2010年 4月 3日(土)「2010年度前半期人が集えば文珠の知恵袋講座ご案内!」
http://blog.goo.ne.jo/ebetsusouzousha/d/20100403
当ブログ2010年12月 9日(水)「人が集えば文殊の知恵袋講座ー佐々木和子氏ご講演大盛況!のご報告!」
当ブログ2009年12月 8日(火)「本日!人が集えば文殊の知恵袋講座開催のご案内!」
当ブログ2009年11月24日(火)「12月度人が集えば文殊の知恵袋講座開催のご案内!」
当ブログ2009年11月11日(水)「11月度人が集えば文珠の知恵袋講座加賀城剛貴氏ご講演大盛況!のご報告」
当ブログ2009年11月 2日(月)「11月度人が集えば文珠の知恵袋講座開催のご案内!」
当ブログ2009年10月21日(水)「人が集えば文珠の知恵袋講座開催のご報告!」
当ブログ2009年10月20日(火)「本日!人が集えば文珠の知恵袋講座開催のご案内!」
当ブログ2009年 9月19日(土)「10月度人が集えば文珠の知恵袋講座開催のご案内」
当ブログ2009年 9月 9日(水)「人が集えば文珠の知恵袋講座<秋の歴史探訪>」開催のご報告」
当ブログ2009年 9月 8日(火)「本日!人が集えば文珠の知恵袋講座秋の歴史探訪開催のご案内!」
当ブログ2009年 9月 2日(水)「9月度人が集えば文珠の知恵袋講座開催のご案内!」
当ブログ2009年 8月 3日(月)「人が集えば文殊の知恵袋講座ー佐藤一志氏ご講演大盛況!のご報告」
当ブログ2009年 8月 2日(日)「本日!8月度人が集えば文殊の知恵袋講座開催のご案内!」
当ブログ2009年 7月 8日(水)「7月度人が集えば文殊の知恵袋講座ー川守田順吉氏ご講演大盛況!ご報告」
当ブログ2009年 7月 1日(水)「7月度人が集えば文殊の知恵袋講座開催ご案内!」
当ブログ2009年 6月24日(水)「人が集えば文珠の知恵袋講座小川昌代氏ご講演大盛況!のご報告
当ブログ2009年 6月16日(火)「6月度人が集えば文殊の知恵袋講座ご案内!」
当ブログ2009年 5月27日(水)「2009年度人が集えば文殊の知恵袋講座ー春の歴史探訪ご報告」
当ブログ2009年 5月 3日(日)「人が集えば文殊の知恵袋講座ご案内!」
当ブログ2009年 2月28日(土)「横須賀邦子氏ご講演大盛況!のご報告」
当ブログ2009年 2月13日(金)「高木玲子氏ご講演大盛況!のご報告」
当ブログ2008年12月13日(土)「市民・若者が講師講座 植松直氏ご講演大盛況!のご報告」
当ブログ2008年12月 3日(水)「2008年度人が集えば文殊の知恵袋講座最終回!渡辺良洪氏ご講演大盛況!ご報告」
当ブログ2008年11月12日(水)「吉田絵里子氏ご講演大盛況!のご報告」
当ブログ2008年11月12日(水)「上村ひかり氏ご講演大盛況!のご報告」
当ブログ2008年11月 8日(木)「八重樫孝明氏ご講演大盛況!のご報告」
当ブログ2008年11月 8日(木)「山下恒平氏ご講演大盛況!のご報告」
当ブログ2008年11月 1日(土)「市民・若者が講師!講座開講第3回」開催のご案内」
当ブログ2008年10月25日(土)「久保泰雄氏ご講演大盛況!」のご報告
当ブログ2008年10月16日(木)「市民・若者が講師!講座開講!」のご案内
当ブログ2008年10月15日(水)「高瀬仁氏ご講演大盛況!ご報告」
当ブログ2008年10月15日(水)「横内豪氏ご講演大盛況!ご報告」
当ブログ2008年 9月19日(金)「江別創造舎主催ー横市拓摩氏ご講演大盛況!のご報告」
当ブログ2008年 9月18日(木)「本日!市民・若者が講師!講座開講!」
当ブログ2008年 9月17日(水)「人が集えば文珠の知恵袋講座第5回」佐々木孝一氏ご講演大盛況!のご報告
当ブログ2008年 8月25日(月)「人が集えば文殊の知恵袋講座第5回ご案内」
当ブログ2008年 8月17日(日)「市民・若者が主役!ー個が生き、個が活かされる地域社会を目指してー」
当ブログ2008年 8月 3日(日)「人が集えば文殊の知恵袋講座第4回」谷川幸雄氏ご講演大盛況のご報告
当ブログ2008年 8月 3日(日)「人が集えば文殊の知恵袋講座第4回」高崎格氏ご講演大盛況のご報告
当ブログ2008年 7月16日(水)「川守田順吉氏ご講演大盛況!のご報告」
当ブログ2008年 6月25日(木)「渡辺良洪氏ご講演大盛況!のご報告」
当ブログ2008年 6月17日(火)「江別市恊働まちづくり活動支援事業助成採択のご報告」
当ブログ2008年 6月 8日(日)「江別市恊働まちづくり活動支援事業公開選考会参加報告」
当ブログ2008年 5月28日(水)「漆崇博氏ご講演大盛況!幣のフィールドに向けたオブジェ制作と基調講演大盛況!のご報告」

写真:「人が集えば文珠の知恵袋講座ー春の歴史探訪2010」の模様
 北海道埋蔵文化財センターの方のご配慮の下、ご参加の皆様と写真撮影をいたしました。皆様のご了解を得て、撮影・当ブログ掲載をいたしております。
コメント

村の運営

2010年06月28日 | 歴史・文化
 村の運営の中枢は、北越殖民社が担っていました。
 特に、江別村が2級町村制を施行するまでの間(明治39年<1906年>)、殖民社は、役場の代行機関だったのです。

 殖民社は、これらの責任を全うするため、村づくりのため村民一統の組織や施策をぬかりなく展開しました。
 組織のことをいえば、社と移民協議のうえ年番(組長)をおきました。10戸1組とし、1組の中から一人の年番を選出しました。

 また、明治24年5月竣工の瑞雲寺は、村運営の要に位置づけられていました。
 明治24年8月、関矢孫左衛門は、神社地を選定しました。そこに、隆神之処と記した神標を立て、祭文を奉じ神事を行いました。
 これが、野幌神社の始まりです。
 当初は、関矢が神主を務めていましたが、翌25年菊田章三郎が社掌となりました。明治28年には、神殿拝殿を建て、改めて郷里越後から弥彦大神の分霊を奉斉しました。

 明治24年、寺と神社ができました。
 それらは、移民の心を一つにする村の重りでもありました。
 気風の異なる人々をまとめあげ、そのエネルギーを村づくりに集中させるためには申合規約だけでは足りなかったのです。
 人知人力と共に、神や仏の力を、神仏の装置を、必要としたのです。

 年番制、瑞雲寺、神社等は、いずれも村の運営の要となっていましたが、これらを大きく束ねていたのが、北越殖民社でした。
 北越殖民者は、会社組織でありましたが、同時に星霜を重ねるにつれ関矢孫左衛門を頂点とする同族的結社ともいうべき色彩を帯びていました。
 移民の側においては、同族的な紐帯こそ頼りであり、救いでもあったのです。

(参考)
当ブログ2010年 6月21日(月)「関矢孫左衛門の力業」
当ブログ2010年 6月20日(日)「集団移民の最初の冬」
当ブログ2010年 6月17日(木)「障害を乗り越えた集団移民の実現」
当ブログ2010年 6月14日(月)「独立移民入植」
当ブログ2010年 6月12日(土)「北越殖民社が越後と交わした互換約定書」
当ブログ2010年 6月11日(金)「殖民社の創立」
当ブログ2010年 6月10日(木)「野幌兵村と日露戦争」
当ブログ2010年 6月 8日(火)「西洋屯田江別兵村」
当ブログ2010年 6月 7日(月)「屯田兵二足の草鞋」
当ブログ2010年 6月 3日(木)「ラッパの響き」
当ブログ2010年 6月 2日(水)「江別村の設置」
当ブログ2010年 5月31日(月)「制度の変遷」
当ブログ2010年 5月30日(日)「屯田兵移住のみちのり」
当ブログ2010年 5月29日(土)「屯田兵設置の目的」
当ブログ2010年 5月26日(水)「屯田兵の設置」
当ブログ2010年 5月24日(月)「集団帰還の前後」
当ブログ2010年 5月23日(日)「組合事業」
当ブログ2010年 5月20日(木)「共救組合設立」
当ブログ2010年 5月19日(水)「廃使置県・保護の打ち切り」
当ブログ2010年 5月15日(土)「海運の統一」
当ブログ2010年 5月13日(木)「石狩厚田の漁場」
当ブログ2010年 5月11日(火)「移民の保護と自立」
当ブログ2010年 5月10日(月)「小樽から対雁へ」
当ブログ2010年 5月 8日(土)「宗谷越冬と先遺隊」
当ブログ2010年 5月 7日(金)「日露樺太千島交換条約」
当ブログ2010年 4月30日(金)「対雁の市街地的発展から農村村形成」
当ブログ2010年 4月28日(水)「豊平川の流れ」
当ブログ2010年 4月27日(火)「幌内鉄道と村の衰退」
当ブログ2010年 4月22日(木)「函館・福山・江差」
当ブログ2010年 4月21日(水)「室蘭の状況」
当ブログ2010年 4月20日(火)「根室・釧路・厚岸の状況」
当ブログ2010年 4月19日(月)「小樽港の発展」
当ブログ2010年 4月18日(日)「札幌市街の発展」
当ブログ2010年 4月16日(金)「対雁駅逓所開設」
当ブログ2010年 4月15日(木)「対雁街道開設」
当ブログ2010年 4月14日(水)「ライマンが見た対雁」
当ブログ2010年 4月13日(火)「移民の挫折」
当ブログ2010年 4月12日(月)「最初の集団移民」
当ブログ2010年 4月11日(日)「従駕日録」
当ブログ2010年 4月10日(土)「開拓使の設置」
当ブログ2009年 7月29日(水)「大麻駅開設」
当ブログ2009年 6月30日(火)「夕張鉄道接続駅ー野幌駅」
当ブログ2009年 1月13日(火)「郵便業務の開始」
当ブログ2008年12月19日(金)「人力軌道」
当ブログ2008年11月 9日(日)「通信の発達」
当ブログ2008年11月 3日(月)「野幌市街地」
当ブログ2008年10月28日(火)「野幌駅の開業」
当ブログ2008年10月17日(金)「北海道炭礦鉄道会社から北海道鉄道株式会社へ改称」
当ブログ2008年10月 3日(金)「江別市章制定と江別市民憲章」
当ブログ2008年 9月11日(木)「最初の機関車 義経号.弁慶号」
当ブログ2008年 9月 3日(水)「要衝 江別港」
当ブログ2008年 8月 1日(金)「上川丸の就航」
当ブログ2008年 7月21日(月)「江別村商家」
当ブログ2008年 7月19日(土)「北海道三県の諸事業分割」
当ブログ2008年 7月10日(木)「空知集治監の開設」
当ブログ2008年 7月 5日(土)「対雁郵便局から江別郵便局へ」
当ブログ2008年 7月 4日(金)「駅逓所開設」
当ブログ2008年 7月 3日(木)「教頭頭取兼顧問ケプロンの北海道開拓」
当ブログ2008年 7月 2日(水)「札幌ー対雁ー江別ー岩見沢道路開通」
当ブログ2008年 7月 1日(火)「榎本武揚 顕彰碑騎馬像」
当ブログ2008年 6月30日(月)「江別最初の学校ー対雁学校」
当ブログ2008年 6月28日(土)「対雁学校の教育」
当ブログ2008年 6月26日(木)「移民扶助規則2」
当ブログ2008年 6月24日(火)「石狩川沿岸」
当ブログ2008年 6月23日(月)「北越殖民社の開拓」
当ブログ2008年 6月22日(日)「国内3番目に開通した幌内鉄道ー江別駅の誕生」
当ブログ2008年 6月20日(金)「移民扶助規則設定」
当ブログ2008年 6月19日(木)「蝦夷地改称2」
当ブログ2008年 6月19日(木)「飛騨屋と石狩山伐木」
当ブログ2008年 6月16日(月)「蝦夷地から北海道へ改称ー蝦夷地は皇国の北門」
当ブログ2008年 6月12日(木)「村名選定ー江別村」
当ブログ2008年 6月11日(水)「江別屯田兵入地」
当ブログ2008年 6月10日(火)「地名解」
当ブログ2008年 6月 9日(月)「場所請負制の成立」
当ブログ2008年 6月 7日(土)「元禄御国絵図」
当ブログ2008年 6月 4日(水)「屯田兵制度の設置」

註:江別市総務部「新江別市史」169-170頁.
写真:殖民広報
 北海道開拓記念館にて撮影許可を得て、撮影・掲載いたしております。

コメント

第47回 JAXAタウンミーティング「札幌から始まる宇宙開拓の夢」開催のご案内!

2010年06月27日 | 地域
 このたび、第47回 JAXA タウンミーティング「札幌から始まる宇宙開拓の夢」開催のご案内をいたします!

 JAXA(Japan Aerospace Exploration Agency/宇宙航空研究開発機構)は、日本の宇宙航空開発について広く市民と意見交換を行う機会として全国各所で「JAXA タウンミーティング」を開催をして参りました。

 「札幌から始まる宇宙開拓の夢」では、4月にディスカバリー搭乗された山崎直子氏のご講話が予定されています。
 事前申込等については、下記をご覧下さい。

1.日  時  2010年7月10日(土)18:00-20:00
2.場  所  札幌青少年科学館プラネタリウム
3.内  容  「札幌から始まる宇宙開拓の夢」     
(1)「国際宇宙ステーション「きぼう」日本実験棟やHTV(宇宙ステーション補給機)について
  JAXA 執行役 長谷川義幸氏
(2)「STS-131ミッションについて」
  宇宙飛行士 山崎直子氏
4.参 加 費  無料
5. 対  象  高校生以上
6.定  員  200名
7.応募方法  往復はがき
        イベント名
        住所・氏名・年齢・電話番号
        返信ハガキ:住所・氏名記入
8. 申込期限  2010年6月28日(月)必着
9.申 込 先  札幌青少年科学館
        〒004-0005 札幌市厚別区厚別中央1条5丁目2-20
        011-892-5001

http://www.jaxa.jp/townmeeting/

写真:愛・地球博でお披露目されたロボット(2005年愛知県)
 上記文面と写真は、関係ございません。
コメント

本日!部分月食!

2010年06月26日 | 地域
 本日(6/26)は、部分月食が起こります。

 月食には、皆既・部分・半影の3種類があります。地球の影の中に月の一部分のみが入る現象が部分月食です。
 今回の部分月食は、日本全国各地で観測が可能です。
 部分月食が始まる19時16分には、北海道・九州・中国・四国の一部の地域では、月が地平線に位置しているため観測することができなようです。

国立天文台発表月の出予定時間は、次のとおりです。
札幌 19時14.3分
仙台 18時59.5分
東京 18時56.1分
京都 19時10.7分
福岡 19時28.7分
那覇 19時21.2分

 部分月食は、肉眼でも観測することが可能です。
 
 国立天文台による部分月食については、下記をご覧下さい。
http://www.nao.ac.jp/hoshizora/topics.html 
 
コメント

番外編!南ア喜望峰

2010年06月25日 | 番外編
 現在サッカー・ワールドカップ2010のホストを務めている南アフリカケープタウンをご案内いたします!

 南アフリカの南西に位置するケープタウンは、1652年オランダ東インド会社の補給基地として建設された町であり、「マザー・シティ」とも称されています。

 このケープタウンの南には、ケープ半島が広がっており、その大陸最南西端には喜望峰(Cape of Good Hope)があります。
 また、この地域にはさまざまな動植物が生息していることからこの一帯を喜望峰自然保護区(Cape of Good Hope Nature Reserve)に指定されています。
 15-16世紀のポルトガル国王マヌエル一世が、ヴァスコ・ダ・ガマのインド航路発見を記念し、ポルトガルに希望を与えるという意味で喜望峰と名付けられたといわれています(以上、『地球の歩き方南アフリカ』参照)。

 南アフリカケープタウン市・2010FIFA World Cupについては、下記をご覧下さい。
http://www.capetown,gov.za/en/FIFA2010/Pages/defaultNew.aspx

写真:ケープ・ポイント<Cape Point 半島最南端>(2006年撮影)
 ケープ・ポイントの脇に見える白砂は、ディアス・ビーチ(Dias Beach)です。
 
コメント

国際教育音楽祭第21回PMF2010開催のご案内!

2010年06月24日 | 地域
 このたび、国際教育音楽祭第21回PMF2010開催のご案内をいたします!

 PMF(Pacific Music Festival:国際教育音楽祭)は、1990年度より札幌市開催を皮切りに昨年度まで第20回開催されました。
 1991年度より財団法人PMF組織委員会主催でコンサートホールや野外における各種プログラムによりコンサートが開催されています。

 本年度の公演回数は、教育重視を掲げています。そのため、昨年度より公演回数は減らし、36公演となっています。
 世界各国からオーディションに合格したアカデミー生91人(日本を含む18カ国)が札幌で素晴らしい音色を奏でます。

 国際教育音楽祭第21回PMF2010は、下記の期間で開催されます。
期間  2010年7月8日(木)ー8月5日(木)
    ただし、最終日は東京にてチャリティコンサート開催

 国際教育音楽祭第21回PMF2010については、下記をご覧下さい。
http://www.pmf.or.jp/

(参考)
当ブログ2009年7月4日(日)「PMF20周年記念演奏会ご案内!」

写真:ウィーン楽友協会ホール撮影
 上記文面と関係はございません。
コメント

番外編!岐阜県長良川鵜飼!

2010年06月23日 | 番外編
 このたび、岐阜県岐阜市長良川鵜飼をご紹介いたします!

 当ブログでも毎年ご紹介させていただいております岐阜県長良川(ながらがわ)鵜飼は、先月5月11日より開催されています。

 岐阜県岐阜市長良川鵜飼は、国重要有形民俗文化財指定鵜飼用具を身につけ、岐阜県重要無形民俗文化財指定の長良川鵜飼漁法によって、約1,300年程受け継がれて参りました。
 チャーリーチャップリンも感嘆されたといわれる岐阜県長良川の鵜飼をぜひご覧下さい!

 岐阜県岐阜市長良川鵜飼開催期間については、下記のとおりです。
1.開催期間  2010年5月11日(火)ー10月11日(火)
        ただし、中秋名月(本年は9月22日)と増水日は除く。
2.場  所  岐阜県岐阜市長良川

 また、鵜飼見物の楽しみ方の一つ鵜飼観覧船乗船については、下記をご覧ください。下記にて、鵜匠さんのかけ声が響く鵜飼の様子がご覧いただけます!
http://www.gifucvb.jp/sightseeing/ukai.php

 岐阜市鵜飼については、下記をご覧下さい。
http://www.city.gifu.lg.jp/c/06080021/06080021.html

(参考)
当ブログ2010年1月14日(金)「番外編!岐阜県下呂温泉合掌村!」
当ブログ2009年8月16日(日)「番外編!山紫水明の地岐阜県産銘茶美濃茶」
当ブログ2009年5月17日(日)「番外編!2009年岐阜市長良川鵜飼解禁のご案内!」
当ブログ2009年4月 8日(水)「番外編!世界一名桜~岐阜県淡墨桜」
当ブログ2008年8月31日(日)「番外編!日本三名泉 岐阜県下呂温泉と観光ヤナ!」
当ブログ2008年6月14日(土)「番外編!岐阜市長良川鵜飼のご案内!」

写真:岐阜県岐阜市長良川鵜飼の模様(友人撮影)
コメント

リクナビ!合説★LIVE札幌開催のご案内!

2010年06月22日 | 労働・雇用
 このたび、リクナビ合説★LIVE札幌開催のご案内をいたします。

 2011年新卒対象企業合同説明会が開催されます!
 また、自分に合った企業の見つけ方講座や就職面接対策セミナーも開催されます。
 大いにご活用ください!

 リクナビ合説★LIVE札幌のプログラムは、下記のとおりです。
1.日時  2010年6月27日(日)11:00-17:00
2.場所  札幌ファクトリーホール
      札幌市中央区北二条東三丁目
3.内容  (1)各企業担当者による説明(地元企業ブース設置)
      (2)オープニング講座
       「自分に合った企業の見つけ方講座」
      (3)就職面接対策セミナー

 リクナビ合説★LIVE札幌については、下記をご覧下さい。
http://gosetsu.com/2011/briefings/view/3607
コメント

関矢孫左衛門の力業

2010年06月21日 | 歴史・文化
 三島と入れ替わるように野幌に駆けつけた関矢孫左衛門は、衆議院議員の職を投げ打っての決意でした。
 「生ハ断然国会ヲ辞シ 終身開拓ノ業ヲ盡シ 野幌移民ト生命ヲ倶ニスルノ覚悟無ルベカラズ 此亦国家ニ盡スノ本分也 何天下後世ニ愧ンヤ」(明治24年7月13日『北征日乗』)。

 関矢が渡道の明治24(1891)年5月は、移住2年目の開墾正念場でした。開墾は、大約すると、(1)伐木、(2)笹刈り、(3)根焼き、(4)新地起こし、(5)ヂャキ播き(簡耕栽培=伐木し、笹を刈り、残った根株をさけて條をつけ、種をまく)、の順番とです。順番は皆同じですが、誰しも同じようにできるものではありません。例えば、同じ越後の民とはいえ、母村が山地と平地では、それまでの労働内容や生活慣行等も違います。
「平野出身者は樹を恐れ、山地出身者の婦女子は(中略)野良仕事は知らず(中略)、彼らの中には農民と偽って入地した者もあり、何処から仕事を初めて良いか方法がつかなかった。」(『野幌部落史』)。

 人間の集まる所です。呑み、打つ、喧嘩、夜逃げなどがなかったわけではありません。関矢もまた、平沢政栄門、松川安次郎らの協力を得て、移民を集めての訓話、それに廻村などを重ね、人心の一統、生活各般の指導に腐心しました。

 この労苦は、軍律が行動規範として日常生活までを律した兵村のものとは別種の「力業」でもありました。

(参考)
当ブログ2010年 6月20日(日)「集団移民の最初の冬」
当ブログ2010年 6月17日(木)「障害を乗り越えた集団移民の実現」
当ブログ2010年 6月14日(月)「独立移民入植」
当ブログ2010年 6月12日(土)「北越殖民社が越後と交わした互換約定書」
当ブログ2010年 6月11日(金)「殖民社の創立」
当ブログ2010年 6月10日(木)「野幌兵村と日露戦争」
当ブログ2010年 6月 8日(火)「西洋屯田江別兵村」
当ブログ2010年 6月 7日(月)「屯田兵二足の草鞋」
当ブログ2010年 6月 3日(木)「ラッパの響き」
当ブログ2010年 6月 2日(水)「江別村の設置」
当ブログ2010年 5月31日(月)「制度の変遷」
当ブログ2010年 5月30日(日)「屯田兵移住のみちのり」
当ブログ2010年 5月29日(土)「屯田兵設置の目的」
当ブログ2010年 5月26日(水)「屯田兵の設置」
当ブログ2010年 5月24日(月)「集団帰還の前後」
当ブログ2010年 5月23日(日)「組合事業」
当ブログ2010年 5月20日(木)「共救組合設立」
当ブログ2010年 5月19日(水)「廃使置県・保護の打ち切り」
当ブログ2010年 5月15日(土)「海運の統一」
当ブログ2010年 5月13日(木)「石狩厚田の漁場」
当ブログ2010年 5月11日(火)「移民の保護と自立」
当ブログ2010年 5月10日(月)「小樽から対雁へ」
当ブログ2010年 5月 8日(土)「宗谷越冬と先遺隊」
当ブログ2010年 5月 7日(金)「日露樺太千島交換条約」
当ブログ2010年 4月30日(金)「対雁の市街地的発展から農村村形成」
当ブログ2010年 4月28日(水)「豊平川の流れ」
当ブログ2010年 4月27日(火)「幌内鉄道と村の衰退」
当ブログ2010年 4月22日(木)「函館・福山・江差」
当ブログ2010年 4月21日(水)「室蘭の状況」
当ブログ2010年 4月20日(火)「根室・釧路・厚岸の状況」
当ブログ2010年 4月19日(月)「小樽港の発展」
当ブログ2010年 4月18日(日)「札幌市街の発展」
当ブログ2010年 4月16日(金)「対雁駅逓所開設」
当ブログ2010年 4月15日(木)「対雁街道開設」
当ブログ2010年 4月14日(水)「ライマンが見た対雁」
当ブログ2010年 4月13日(火)「移民の挫折」
当ブログ2010年 4月12日(月)「最初の集団移民」
当ブログ2010年 4月11日(日)「従駕日録」
当ブログ2010年 4月10日(土)「開拓使の設置」
当ブログ2009年 7月29日(水)「大麻駅開設」
当ブログ2009年 6月30日(火)「夕張鉄道接続駅ー野幌駅」
当ブログ2009年 1月13日(火)「郵便業務の開始」
当ブログ2008年12月19日(金)「人力軌道」
当ブログ2008年11月 9日(日)「通信の発達」
当ブログ2008年11月 3日(月)「野幌市街地」
当ブログ2008年10月28日(火)「野幌駅の開業」
当ブログ2008年10月17日(金)「北海道炭礦鉄道会社から北海道鉄道株式会社へ改称」
当ブログ2008年10月 3日(金)「江別市章制定と江別市民憲章」
当ブログ2008年 9月11日(木)「最初の機関車 義経号.弁慶号」
当ブログ2008年 9月 3日(水)「要衝 江別港」
当ブログ2008年 8月 1日(金)「上川丸の就航」
当ブログ2008年 7月21日(月)「江別村商家」
当ブログ2008年 7月19日(土)「北海道三県の諸事業分割」
当ブログ2008年 7月10日(木)「空知集治監の開設」
当ブログ2008年 7月 5日(土)「対雁郵便局から江別郵便局へ」
当ブログ2008年 7月 4日(金)「駅逓所開設」
当ブログ2008年 7月 3日(木)「教頭頭取兼顧問ケプロンの北海道開拓」
当ブログ2008年 7月 2日(水)「札幌ー対雁ー江別ー岩見沢道路開通」
当ブログ2008年 7月 1日(火)「榎本武揚 顕彰碑騎馬像」
当ブログ2008年 6月30日(月)「江別最初の学校ー対雁学校」
当ブログ2008年 6月28日(土)「対雁学校の教育」
当ブログ2008年 6月26日(木)「移民扶助規則2」
当ブログ2008年 6月24日(火)「石狩川沿岸」
当ブログ2008年 6月23日(月)「北越殖民社の開拓」
当ブログ2008年 6月22日(日)「国内3番目に開通した幌内鉄道ー江別駅の誕生」
当ブログ2008年 6月20日(金)「移民扶助規則設定」
当ブログ2008年 6月19日(木)「蝦夷地改称2」
当ブログ2008年 6月19日(木)「飛騨屋と石狩山伐木」
当ブログ2008年 6月16日(月)「蝦夷地から北海道へ改称ー蝦夷地は皇国の北門」
当ブログ2008年 6月12日(木)「村名選定ー江別村」
当ブログ2008年 6月11日(水)「江別屯田兵入地」
当ブログ2008年 6月10日(火)「地名解」
当ブログ2008年 6月 9日(月)「場所請負制の成立」
当ブログ2008年 6月 7日(土)「元禄御国絵図」
当ブログ2008年 6月 4日(水)「屯田兵制度の設置」

註:江別市総務部「新江別市史」168-169頁.
写真:野幌屯田兵屋
 北海道江別市野幌寿町19(湯川公園内)
コメント