江別創造舎

地域文化振興活動・江別カルタ制作

大学連携による江別市文京台地区防犯パトロール!

2011年06月30日 | 教育・学校

 このたび、大学連携による江別文京台地区防犯パトロールのご案内をいたします!

 北海道江別市文京台地区では、自治会と地域所在大学北翔大学・札幌学院大学・酪農大学3大学の連携により防犯パトロールを行っています。
 夏期防犯パトロールは、6月14日より8月まで文京地区自治会のご指導のもと防犯パトロールを行い、安全・安心な地域社会を目指しています。

 この防犯パトロールは、文京台地区におけるさまざまな問題が立て続けに起こった10年前から実施されています。
 地域の高齢化が進む中で、文京台地区には独り住まいの学生も多く、地域全体で地域の安全・安心を守ることが重要であり、地域に所在する3大学と自治会、地元警察署等との連携の防犯パトロールが実現しました。

 昨日(6/29)は、自治会関係者4名、北翔大学教職員2名と学生5名、酪農学園大学学生5名の16名で防犯パトロールを行いました。
 とても綺麗な星空の下、文京台地区センターに集合し、20時より21時までの1時間巡回パトロールをさせていただきました。
 閑静な住宅街、巨大森林公園側は暗く、16名の人数であればこそ安心して歩けるような場所もありました。
 高齢化が進む中で自治会のみでは継続的なパトロールの実現は困難であるという全国的共通の課題に対し、文京台地区では所在大学連携によって毎年実施しています。

 パトロール中には、自治会の方々との会話による良い交流の機会ともなりました。学生も大変興味深く耳を傾けていました。
 
 地域に活かされ、地域に生きる私たち、
 安心・安全な地域社会という共通の思いで繋がる人の和
 防犯パトロールは、夜空の下での温かな交流の場でもありました。

写真:北翔大学COLLEGE HALL PAL

コメント

人が集えば文殊の知恵袋講座開催のご報告!

2011年06月29日 | 教育・学校

 このたび、人が集えば文殊の知恵袋講座開催のご報告をいたします!

 昨日(6/28)、北翔大学エクステンションセンタ−教養講座「人が集えば文殊の知恵袋講座」(道民カレッジ連携講座)を開催いたしました。
 今回は、「春の歴史探訪」と題し、ゲストスピーカー渡辺良洪(わたなべよしひろ)氏をお招きして開催いたしました。
 本講座受講の方であれば既にご存知のとおり、渡辺氏の歴史探訪講座は、きちんとした資料に基づいてハンドブックを作成され、丁寧にご案内いただけるのが特徴です。

 今回のコースは、大麻(おおあさ)界隈を前回とは異なったルートで、ご参加の皆様と歴探訪をさせていただきました。
 天気予報ではあまり思わしくない情報が流れておりましたが、お天気も味方につけ、時には太陽も顔を出す中、楽しく散策をさせていただきました。
 ニセアカシの良い香りに包まれながら、道中はご参加者のご興味のありのお話しを伺ったり、エゾリスの姿に思わず微笑んだりと、思わぬ楽しい出来事も多くございました。
 日常生活で通り過ぎてしまう景観にも歴史があることを、資料に基づいて説明され、皆様の関心を高めていたことが印象的でした。

 2008年度から連続講座として開講して参りました「人が集えば文殊の知恵袋講座」において、今回初めてご参加いただけた方も複数いらっしゃったことは、大変有り難いと感じております。
 今後も多くの皆様のご支援をいただきながら、人が集えば文殊の知恵袋講座を開講していきたいと考えております。

 本講座、歴史探索講座においていつもご貢献いただいております渡辺氏には、心より感謝申し上げます。
 また、ご参加いただきました皆様、ありがとうございました。

 次回は、北翔大学大学祭において、江別創造舎が取り組む江別カルタ制作の中間報告をさせていただきます!
 ぜひ、ご期待ください!

(ご参考)
当ブログ2011年 5月11日(水)「6月度人が集えば文殊の知恵袋講座(道民カレッジ連携講座)開催のご案内!」
当ブログ2011年  4月 1日(金)「2011年度前学期人が集えば文殊の知恵袋講座開催のご案内!」

当ブログ2010年12月22日(水)「人が集えば文殊の知恵袋講座開催のご報告!」
当ブログ2010年12月21日(火)「本日!人が集えば文殊の知恵袋講座開催のご案内!」
当ブログ2010年12月 7日(火)「12月度人が集えば文殊の知恵袋講座(道民カレッジ連携講座)開催のご案内!」
当ブログ2010年12月 1日(水)「11月度人が集えば文殊の知恵袋講座開催のご報告!」
当ブログ2010年11月30日(火)「11月度人が集えば文殊の知恵袋講座開催のご案内!」
当ブログ2010年11月12日(金)「11月度人が集えば文殊の知恵袋講座(道民カレッジ連携講座)開催のご案内!」
当ブログ2010年10月26日(火)「10月度人が集えば文殊の知恵袋講座(道民カレッジ連携講座)開催のご案内!」
当ブログ2010年10月22日(金)「10月度人が集えば文殊の知恵袋講座ー関矢信一郎氏ご講演ご案内!」
当ブログ2010年10月 3日(日)「10月度人が集えば文殊の知恵袋講座内容変更のご案内!」
当ブログ2010年 9月24日(金)「2010年後学期人が集えば文殊の知恵袋講座(道民カレッジ連携講座)」開催のご案内!
当ブログ2010年 9月15日(水)「9月度人が集えば文珠の知恵袋講座開催のご報告!」
当ブログ2010年 9月14日(火)「本日!人が集えば文珠の知恵袋講座開催のご案内!」
当ブログ2010年 9月 7日(火)「2010年9月度人が集えば文珠の知恵袋講座開催のご案内!」
当ブログ2010年 8月20日(金)「9月度人が集えば文珠の知恵袋講座開催のご案内!」
当ブログ2010年 8月 2日(月)「8月度人が集えば文珠の知恵袋講座「コクヨのひらめき・はかどり・ここちよさ」開催のご報告!
当ブログ2010年 8月 1日(日)「本日!人が集えば文殊の知恵袋講座(道民カレッジ連携講座)開催のご案内!」
当ブログ2010年 7月23日(金)「8月度人が集えば文殊の知恵袋講座(道民カレッジ連携講座)開催のご案内!」
当ブログ2010年 7月13日(火)「番外編!KOKUYOひらめき・はかどり・ここちよさ!」
http://blog.ne.jp/ebetsusouzousha/d/20100713
当ブログ2010年 7月 7日(水)「7月度人が集えば文殊の知恵袋講座のご報告」
当ブログ2010年 7月 6日(火)「本日!7月度人が集えば文珠の知恵袋講座(道民カレッジ連携講座)」開催のご案内!
当ブログ2010年 6月29日(火)「7月度人が集えば文珠の知恵袋講座開催のご案内!」
当ブログ2010年 6月16日(水)「6月度人が集えば文珠の知恵袋講座開催のご報告!」
当ブログ2010年 6月15日(火)「本日!人が集えば文珠の知恵袋講座開催のご案内!」
当ブログ2010年 6月 1日(火)「6月度人が集えば文珠の知恵袋講座開催のご案内!」
当ブログ2010年 5月 9日(日)「人が集えば文珠の知恵袋講座開催のご案内!」
当ブログ2010年 4月 3日(土)「2010年度前半期人が集えば文珠の知恵袋講座ご案内!」
http://blog.goo.ne.jo/ebetsusouzousha/d/20100403
当ブログ2010年12月 9日(水)「人が集えば文殊の知恵袋講座ー佐々木和子氏ご講演大盛況!のご報告!」
当ブログ2009年12月 8日(火)「本日!人が集えば文殊の知恵袋講座開催のご案内!」
当ブログ2009年11月24日(火)「12月度人が集えば文殊の知恵袋講座開催のご案内!」
当ブログ2009年11月11日(水)「11月度人が集えば文珠の知恵袋講座加賀城剛貴氏ご講演大盛況!のご報告」
当ブログ2009年11月 2日(月)「11月度人が集えば文珠の知恵袋講座開催のご案内!」
当ブログ2009年10月21日(水)「人が集えば文珠の知恵袋講座開催のご報告!」
当ブログ2009年10月20日(火)「本日!人が集えば文珠の知恵袋講座開催のご案内!」
当ブログ2009年 9月19日(土)「10月度人が集えば文珠の知恵袋講座開催のご案内」
当ブログ2009年 9月 9日(水)「人が集えば文珠の知恵袋講座<秋の歴史探訪>」開催のご報告」
当ブログ2009年 9月 8日(火)「本日!人が集えば文珠の知恵袋講座秋の歴史探訪開催のご案内!」
当ブログ2009年 9月 2日(水)「9月度人が集えば文珠の知恵袋講座開催のご案内!」
当ブログ2009年 8月 3日(月)「人が集えば文殊の知恵袋講座ー佐藤一志氏ご講演大盛況!のご報告」
当ブログ2009年 8月 2日(日)「本日!8月度人が集えば文殊の知恵袋講座開催のご案内!」
当ブログ2009年 7月 8日(水)「7月度人が集えば文殊の知恵袋講座ー川守田順吉氏ご講演大盛況!ご報告」
当ブログ2009年 7月 1日(水)「7月度人が集えば文殊の知恵袋講座開催ご案内!」
当ブログ2009年 6月24日(水)「人が集えば文珠の知恵袋講座小川昌代氏ご講演大盛況!のご報告
当ブログ2009年 6月16日(火)「6月度人が集えば文殊の知恵袋講座ご案内!」
当ブログ2009年 5月27日(水)「2009年度人が集えば文殊の知恵袋講座ー春の歴史探訪ご報告」
当ブログ2009年 5月 3日(日)「人が集えば文殊の知恵袋講座ご案内!」
当ブログ2009年 2月28日(土)「横須賀邦子氏ご講演大盛況!のご報告」
当ブログ2009年 2月13日(金)「高木玲子氏ご講演大盛況!のご報告」
当ブログ2008年12月13日(土)「市民・若者が講師講座 植松直氏ご講演大盛況!のご報告」
当ブログ2008年12月 3日(水)「2008年度人が集えば文殊の知恵袋講座最終回!渡辺良洪氏ご講演大盛況!ご報告」
当ブログ2008年11月12日(水)「吉田絵里子氏ご講演大盛況!のご報告」
当ブログ2008年11月12日(水)「上村ひかり氏ご講演大盛況!のご報告」
当ブログ2008年11月 8日(木)「八重樫孝明氏ご講演大盛況!のご報告」
当ブログ2008年11月 8日(木)「山下恒平氏ご講演大盛況!のご報告」
当ブログ2008年11月 1日(土)「市民・若者が講師!講座開講第3回」開催のご案内」
当ブログ2008年10月25日(土)「久保泰雄氏ご講演大盛況!」のご報告
当ブログ2008年10月16日(木)「市民・若者が講師!講座開講!」のご案内
当ブログ2008年10月15日(水)「高瀬仁氏ご講演大盛況!ご報告」
当ブログ2008年10月15日(水)「横内豪氏ご講演大盛況!ご報告」
当ブログ2008年 9月19日(金)「江別創造舎主催ー横市拓摩氏ご講演大盛況!のご報告」
当ブログ2008年 9月18日(木)「本日!市民・若者が講師!講座開講!」
当ブログ2008年 9月17日(水)「人が集えば文珠の知恵袋講座第5回」佐々木孝一氏ご講演大盛況!のご報告
当ブログ2008年 8月25日(月)「人が集えば文殊の知恵袋講座第5回ご案内」
当ブログ2008年 8月17日(日)「市民・若者が主役!ー個が生き、個が活かされる地域社会を目指してー」
当ブログ2008年 8月 3日(日)「人が集えば文殊の知恵袋講座第4回」谷川幸雄氏ご講演大盛況のご報告
当ブログ2008年 8月 3日(日)「人が集えば文殊の知恵袋講座第4回」高崎格氏ご講演大盛況のご報告
当ブログ2008年 7月16日(水)「川守田順吉氏ご講演大盛況!のご報告」
当ブログ2008年 6月25日(木)「渡辺良洪氏ご講演大盛況!のご報告」
当ブログ2008年 6月17日(火)「江別市恊働まちづくり活動支援事業助成採択のご報告」
当ブログ2008年 6月 8日(日)「江別市恊働まちづくり活動支援事業公開選考会参加報告」
当ブログ2008年 5月28日(水)「漆崇博氏ご講演大盛況!幣のフィールドに向けたオブジェ制作と基調講演大盛況!のご報告」

写真:2011年6月度人が集えば文殊の知恵袋講座「春の歴史探訪」にて撮影
 当ブログ掲載許可を得て、撮影いたしております。 

コメント

煉瓦工場再び活況

2011年06月28日 | 歴史・文化

 野幌煉瓦工場は、日中戦争以降、時局の風を受けて沈滞の節を脱し、再び活況を取り戻しました。

 『石狩農業の中心地であると共に、将来工業地帯と伸びゆく江別町は、その後煉瓦の需要は非常なる勢ひを以て増加したために一時沈滞せる工場も全能力を挙げ、さらに本年に入りて三工場の設置をみるに至り』(昭15.10.2付北海タイムス)と有卦に入ったのでした。
 事実、この間、14年の米沢煉瓦工場から17年10月の石狩煉瓦有限会社まで、煉瓦、土管製造工場が次々と6社も設立されたのです。

 この時代、軍需最優先による資材の配給統制により醸造業など大方の中小工場では事業縮小ややむなきに至りました。
 しかし、『無限ノ資材ヲ擁スル煉瓦土管工業ハ時局産業ノ勃興ト共ニ愈々𣪘賑ヲ極メ』(昭和16年江別町事務報告)たのでした。
 その後も工場の新設、増設が相次ぎ、野幌の地は、煉瓦工場の巨大煙突が林立しました。そのため、後日譚ですが、米国戦闘機グラマンも巨大煙突を敬遠して野幌空襲を避けたとの笑い話を残したほどでした。

 最も製品のそのものは、選挙区の窮迫化に伴走し粗製乱造に傾きました。
当時の煉瓦女工中島キクによると、『量さえあれば何でもいいの。投げればガシャって割れるしネ。カルシューム煎餅みたいだねって。そんなもの作っていました。』
 これは、極端な話しとしても、増産、増産の大号令に急がされ、決して品質良好という訳にはいきませんでした。

註:江別市総務部「えべつ昭和史」84-85頁.
写真:米澤煉瓦株式会社(2010年夏撮影)

コメント

ヤツメうなぎ漁の盛衰

2011年06月27日 | 歴史・文化

 昭和初期の江別の漁家は、12から13戸の間を前後し、14から15隻の船を有しており、鮭、うぐい、ヤツメうなぎを穫っていました。
 ヤツメうなぎは、その一部を燻乾して市場に送り出すのが、一般的な漁家の営みでした。

 その後、昭和10年頃までは、ほぼ同水準の漁獲量で推移していました。
そして、11年8月、町では美原に八つ目乾燥場を建設、燻乾品を特産として後押しすることになりました。
 9年から10年の両年にわたり、ヤツメは異常な豊漁となり、10年からは北海道水産株式会社との提携でヤツメ肝油の製造を開始しました。
 さらに、11年からは消費者の要望多く、素乾品として加工を開始するなど、ヤツメはにわかに脚光を浴びつつあったのです。

 ところが、その後漁獲量は思わしくありませんでした。
産卵期における上流での捕獲に因があるのではないか等、様々な対策が検討されましたが、決め手がありませんでした。
 15年2,300貫、16年9,466貫、17年5,346貫と豊凶の振り幅が大きく推移しましたが、再び9年の13,059貫、10年の39,188貫の豊漁をみることはありませんでした。

 最も15年以降になると、徐々に労力と資材の不足が漁家にも押し寄せてきました。
『銃後食糧ノ重大ナル責務ヲ担ヒ(中略)、資材不足ヲ克服シ生産拡充ニ努メ』(昭和17年江別町事務概況)ましたが、いかんせん空しいものとなりました。

 なお、17年には大川通りに札幌郡漁業組合事務所が設置され、19年には前年公布された水産業団体法により、江別漁業会が設立、漁業者も戦時下の完全な統制下におかれることになりました。

(参考)
当ブログ2011年6月20日(月)「景気回復の兆し」
当ブログ2011年6月19日(日)「商圏の消失」
当ブログ2011年6月12日(日)「北電進出と町の期待」
当ブログ2011年6月 3日(金)「火力発電所委員会開催」
当ブログ2011年5月31日(火)「北電の誘致と岡田伊太郎」
当ブログ2011年5月30日(月)「富士から王子へ」
当ブログ2011年5月29日(日)「明治製糖の進出」
当ブログ2011年5月23日(月)「煉瓦工場以外の工場の様子」
当ブログ2011年5月22日(日)「野幌煉瓦株式会社設立」
当ブログ2011年5月21日(土)「不況と工場縮小閉鎖」
当ブログ2011年5月20日(金)「旧町村農場春の感謝祭開催のご案内!」
当ブログ2011年5月19日(木)「野幌兵村部有地解放自作農創設期成会結成」
当ブログ2011年5月18日(水)「羊毛報国」
当ブログ2011年5月15日(日)「馬の兵器化」
当ブログ2011年5月14日(土)「乳牛の増加と戦時下の事情」
当ブログ2011年5月13日(金)「町村農場と江別の酪農」
当ブログ2011年5月  9日(月)「青年活動の光彩」
当ブログ2011年5月  2日(月)「市民生活に関わる制度成立」
当ブログ2011年4月30日(土)「労働組合結成」
当ブログ2011年4月24日(日)「町警察署から国家警察へ」
当ブログ2011年4月16日(土)「青年団の再建」
当ブログ2011年4月15日(金)「戦後開拓の諸相」
当ブログ2011年4月14日(木)「農業共同組合の成立」
当ブログ2011年4月10日(日)「農業委員会法制定」
当ブログ2011年4月 9日 (土)「農地委員会の発足」
当ブログ2011年4月 3日 (日)「相撲・武道の奨励」
当ブログ2011年3月 7日 (月)「軍需と酪農」
当ブログ2011年3月 1日 (火)「江別郵便局通信業務拡充」
当ブログ2011年2月28日(月)「河川改修と集落」
当ブログ2011年2月26日(土)「庁立高女」
当ブログ2011年2月18日(金)「農村恐慌」
当ブログ2011年2月17日(木)「失業救済事業ノ件」
当ブログ2011年2月12日(土)「治安維持法成立」
当ブログ2011年2月10日(木)「富士製紙頼みの財政」
当ブログ2011年2月  9日(水)「庁舎の新築」
棟ブログ2011年2月  5日(土)「刷新の執行体制」
当ブログ2011年1月30日(月)「納税組合」
当ブログ2011年1月25日(火)「兵事と公衆衛生」
当ブログ2011年1月22日(土)「大正期の財政事情ー不況と増税」
当ブログ2011年1月21日(金)「石狩川架橋」
当ブログ2011年1月12日(水)「北海道道路令公布」
当ブログ2010年12月30日(木)「大正の風」
当ブログ2010年12月29日(水)「町村制の意味」
当ブログ2010年12月28日(火)「三村合併江別村トナス」
当ブログ2010年12月27日(月)「郡界の変更」
当ブログ2010年12月26日(日)「役場と兵村」
当ブログ2010年12月15日(水)「警察の権限」
当ブログ2010年12月14日(火)「口語歌人 伊東音次郎」
当ブログ2010年12月13日(月)「1級町村施行」
当ブログ2010年12月11日(土)「町村制の意義」
当ブログ2010年12月 8日(水)「小作問題の浮上」
当ブログ2010年12月 3日(金)「金肥の導入」
当ブログ2010年12月 2日(木)「兵村の地殻変動」
当ブログ2010年11月29日(月)「北日本製紙から王子製紙へ」
当ブログ2010年11月26日(金)「農業改良実行組合」
当ブログ2010年11月25日(木)「野幌兵村農業振興会」
当ブログ2010年11月23日(火)「産業組合法施行」
当ブログ2010年11月22日(月)「聖徳太子堂)
当ブログ2010年11月21日(日)「馬鈴薯澱粉の製造」
当ブログ2010年11月18日(木)「糧秣廠と商人
当ブログ2010年11月17日(水)「軍馬飼糧とえん麦」
当ブログ2010年11月16日(火)「江別の酪農」
当ブログ2010年11月14日(日)「精米工場の増加」
当ブログ2010年11月13日(土)「経緯度・標高」
当ブログ2010年11月10日(水)「原始林と貯水池」
当ブログ2010年11月 6日(土)「蛸足式直播機」
当ブログ2010年11月 5日(金)「篠津原野排水計画」
当ブログ2010年11月 4日(木)「対雁泥炭地試験場」
当ブログ2010年11月 3日(水)「石狩川流域泥炭地」
当ブログ2010年11月 2日(火)「札幌製糖会社設立」
当ブログ2010年11月 1日(月)「牛馬貸与規則」
当ブログ2010年10月21日(水)「殖民社の畜力農業」
当ブログ2010年10月20日(火)「第1回国勢調査」
当ブログ2010年10月18日(月)「貯水池の出現」
当ブログ2010年10月15日(金)「米作定着の道筋」
当ブログ2010年10月14日(木)「北海道庁米作方針転換」
当ブログ2010年10月13日(水)「自転車競技」
当ブログ2010年10月 6日(水)「菊花と川柳」
当ブログ2010年10月 5日(火)「大正期の公衆衛生問題」
当ブログ2010年10月 1日(金)「共同物揚場」
当ブログ2010年 9月29日(水)「物資の集散」
当ブログ2010年 9月28日(火)「水陸の結節点」
当ブログ2010年 9月27日(月)「明治末期の製造業」
当ブログ2010年 9月22日(水)「岩田煉瓦工場」
当ブログ2010年 9月12日(日)「水路測定事業に伴う地図の整備」
当ブログ2010年 9月 8日(水)「三角測量事業の成果」
当ブログ2010年 9月 2日(火)「三角測量の開始」
当ブログ2010年 9月 1日(月)「田内・内田東北海道調査」
当ブログ2010年 8月30日(月)「松本大判官の上川・十勝視察」
当ブログ2010年 8月27日(金)「ライマンの石狩川・十勝川探査」
当ブログ2010年 8月26日(木)「明治期初期内陸部踏査」
当ブログ2010年 8月12日(水)「武四郎北海道国郡図の限界」
当ブログ2010年 8月11日(火)「国郡選定と地図作製の影響」
当ブログ2010年 8月 9日(月)「国郡選定と北海道国郡図」
当ブログ2010年 8月 4日(水)「煉瓦事始」
当ブログ2010年 7月29日(木)「屯田兵本部宅地造成着手」
当ブログ2010年 7月27日(火)「鉄道郵便制度」
当ブログ2010年 7月25日(日)「幌内鉄道」
当ブログ2010年 7月15日(木)「江別駅開業」
当ブログ2010年 7月14日(水)「大河のほとり」
当ブログ2010年 7月12日(月)「江別村」
当ブログ2010年 7月 3日(土)「野幌報徳社発足」
当ブログ2010年 6月30日(水)「二大煉瓦工場進出」
当ブログ2010年 6月28日(日)「村の運営」
当ブログ2010年 6月21日(月)「関矢孫左衛門の力業」
当ブログ2010年 6月20日(日)「集団移民の最初の冬」
当ブログ2010年 6月17日(木)「障害を乗り越えた集団移民の実現」
当ブログ2010年 6月14日(月)「独立移民入植」
当ブログ2010年 6月12日(土)「北越殖民社が越後と交わした互換約定書」
当ブログ2010年 6月11日(金)「殖民社の創立」
当ブログ2010年 6月10日(木)「野幌兵村と日露戦争」
当ブログ2010年 6月 8日(火)「西洋屯田江別兵村」
当ブログ2010年 6月 7日(月)「屯田兵二足の草鞋」
当ブログ2010年 6月 3日(木)「ラッパの響き」
当ブログ2010年 6月 2日(水)「江別村の設置」
当ブログ2010年 5月31日(月)「制度の変遷」
当ブログ2010年 5月30日(日)「屯田兵移住のみちのり」
当ブログ2010年 5月29日(土)「屯田兵設置の目的」
当ブログ2010年 5月26日(水)「屯田兵の設置」
当ブログ2010年 5月24日(月)「集団帰還の前後」
当ブログ2010年 5月23日(日)「組合事業」
当ブログ2010年 5月20日(木)「共救組合設立」
当ブログ2010年 5月19日(水)「廃使置県・保護の打ち切り」
当ブログ2010年 5月15日(土)「海運の統一」
当ブログ2010年 5月13日(木)「石狩厚田の漁場」
当ブログ2010年 5月11日(火)「移民の保護と自立」
当ブログ2010年 5月10日(月)「小樽から対雁へ」
当ブログ2010年 5月 8日(土)「宗谷越冬と先遺隊」
当ブログ2010年 5月 7日(金)「日露樺太千島交換条約」
当ブログ2010年 4月30日(金)「対雁の市街地的発展から農村村形成」
当ブログ2010年 4月28日(水)「豊平川の流れ」
当ブログ2010年 4月27日(火)「幌内鉄道と村の衰退」
当ブログ2010年 4月22日(木)「函館・福山・江差」
当ブログ2010年 4月21日(水)「室蘭の状況」
当ブログ2010年 4月20日(火)「根室・釧路・厚岸の状況」
当ブログ2010年 4月19日(月)「小樽港の発展」
当ブログ2010年 4月18日(日)「札幌市街の発展」
当ブログ2010年 4月16日(金)「対雁駅逓所開設」
当ブログ2010年 4月15日(木)「対雁街道開設」
当ブログ2010年 4月14日(水)「ライマンが見た対雁」
当ブログ2010年 4月13日(火)「移民の挫折」
当ブログ2010年 4月12日(月)「最初の集団移民」
当ブログ2010年 4月11日(日)「従駕日録」
当ブログ2010年 4月10日(土)「開拓使の設置」
当ブログ2009年12月 7日(月)「江別市民会館開館」
当ブログ2009年 8月11日(火)「宅地開発と環境の調和」
当ブログ2009年 8月10日(月)「森と川に抱かれた村と煉瓦工場」
当ブログ2009年 7月29日(水)「大麻駅開設」
当ブログ2009年 7月17日(金)「文芸活動」
当ブログ2009年 7月10日(金)「れんが100年」
当ブログ2009年 6月30日(火)「夕張鉄道接続駅ー野幌駅」
当ブログ2009年 5月10日(日)「明治期の製造業 木工場」
当ブログ2009年 4月 6日(月)「大正7年北海道食物百番附」
当ブログ2009年 3月 4日(水)「八つ目鰻漁業」
当ブログ2009年 1月25日(日)「火薬庫(屯田兵第三大隊本部跡」
当ブログ2009年 1月13日(火)「郵便業務の開始」
当ブログ2009年 1月 7日(水)「野幌煉瓦工場」
当ブログ2008年12月19日(金)「人力軌道」
当ブログ2008年11月14日(金)「被服庫」
当ブログ2008年11月 9日(日)「通信の発達」
当ブログ2008年11月 3日(月)「野幌市街地」
当ブログ2008年10月28日(火)「野幌駅の開業」
当ブログ2008年10月17日(金)「北海道炭礦鉄道会社から北海道鉄道株式会社へ改称」
当ブログ2008年10月 3日(金)「江別市章制定と江別市民憲章」
当ブログ2008年 9月11日(木)「最初の機関車 義経号.弁慶号」
当ブログ2008年 9月 3日(水)「要衝 江別港」
当ブログ2008年 8月 1日(金)「上川丸の就航」
当ブログ2008年 7月21日(月)「江別村商家」
当ブログ2008年 7月19日(土)「北海道三県の諸事業分割」
当ブログ2008年 7月10日(木)「空知集治監の開設」
当ブログ2008年 7月 8日(火)「江別名産を食す」
当ブログ2008年 7月 5日(土)「対雁郵便局から江別郵便局へ」
当ブログ2008年 7月 4日(金)「駅逓所開設」
当ブログ2008年 7月 3日(木)「教頭頭取兼顧問ケプロンの北海道開拓」
当ブログ2008年 7月 2日(水)「札幌ー対雁ー江別ー岩見沢道路開通」
当ブログ2008年 7月 1日(火)「榎本武揚 顕彰碑騎馬像」
当ブログ2008年 6月30日(月)「江別最初の学校ー対雁学校」
当ブログ2008年 6月28日(土)「対雁学校の教育」
当ブログ2008年 6月26日(木)「移民扶助規則2」
当ブログ2008年 6月24日(火)「石狩川沿岸」
当ブログ2008年 6月23日(月)「北越殖民社の開拓」
当ブログ2008年 6月22日(日)「国内3番目に開通した幌内鉄道ー江別駅の誕生」
当ブログ2008年 6月20日(金)「移民扶助規則設定」
当ブログ2008年 6月19日(木)「蝦夷地改称2」
当ブログ2008年 6月19日(木)「飛騨屋と石狩山伐木」
当ブログ2008年 6月16日(月)「蝦夷地から北海道へ改称ー蝦夷地は皇国の北門」
当ブログ2008年 6月14日(日)「江別市名産!ヤツメウナギ」
当ブログ2008年 6月12日(木)「村名選定ー江別村」
当ブログ2008年 6月11日(水)「江別屯田兵入地」
当ブログ2008年 6月10日(火)「地名解」
当ブログ2008年 6月 9日(月)「場所請負制の成立」
当ブログ2008年 6月 7日(土)「元禄御国絵図」
当ブログ2008年 6月 4日(水)「屯田兵制度の設置

註:江別市総務部「えべつ昭和史」82-83頁.
写真:ヤツメウナギドゥ
 江別市郷土資料館にて許可を得て撮影し、当ブログ掲載いたしております。

コメント

野幌商店街軒先ジャックストリートチョークアートコンテスト参加者募集!

2011年06月26日 | イベント

 このたび、野幌商店街軒先ジャック ストリート・チョークアート・コンテスト参加者募集のご案内をいたします!

 野幌商店街振興組合青年部八考会は、野幌商店街八丁目を考える会として発足し、これまでにもさまざまなイベントを企画・運営されてきました。
 恒例となりました野幌商店街軒先ジャック&ストリート・チョークアート・コンテストが今年も開催されます。

 既に軒先ジャック出店応募は終了しましたが、ストリート・チョークアート・コンテスト参加者募集中です!
 野幌商店街振興組合理事長をはじめ皆様の熱い思いを会場で感じてください!

 野幌軒先ジャック ストリート・チョークアート・コンテスト参加者募集について、下記のとおりです。
1.募集期間   2011年7月11日(月)まで
2.開催日時   2011年7月16日(土)11:00~15:00
         野幌商店街軒先ジャック同時開催
3.会  場   野幌八丁目通り野幌商店街内特設会場
4.募集内容   (1)募集人数20組(1組1~3人まで)
         (2)テーマは自由
         (3)材料費1チーム千円(当日受付へ支払い)
            チョーク白・赤・青・黄・緑・茶・紫・橙の8色
         (4)路上キャンパス1坪(3.3平方メートル)程
         (5)制限時間2時間以内(11時~13時)
5.応 募 先    江別ぷらっと
           江別市野幌町55-5 / TEL.&FAX.011-391-9100
6.応募方法    所定の申込用紙持参もしくは送付
          江別ぷらっとにて申込用紙を入手
7.そ の 他    優秀作品には賞金2万円・準優勝作品には1万円が贈呈
          佳作には賞品が準備されています。

写真:江別ぷらっと    

コメント

トンデンファームガーデンセール&WEえべつ祭開催のご案内!

2011年06月25日 | イベント

 このたび、トンデンファームガーデンセール&WEえべつ祭開催のご案内をいたします!

 夢工房トンデンファームでは、6月度ガーデンセールを開催します。
また、北海道中小企業家同友会江別地区会WEえべつ祭が同時開催です。
 
 トンデンファームご自慢のベーコンや生ハムをはじめ、黒毛和牛(トンデンファーム白老牧場より直売)が特別価格で提供されます。
 ガーデンセール文字通り、トンデンファームガーデンでは、恒例の焼き鳥等の実演販売も行っています。

 なお、今回は、北海道中小企業家同友会江別地区会WEえべつ祭が同時開催され、町村農場のチーズ等乳製品を味わうことができる他、炭焼き串焼きや江別地ビール、地酒、江別米等々、多々江別特産が勢揃いします!
 また、東日本震災復興支援チャリティとして訳あり商品販売コーナーが今回も設置されます。

 ぜひ、江別特産を大いに味わってください!

 夢工房トンデンファームガーデンセール&WEえべつ祭の日程は、下記のとおりです。
1.期 間   2011年6月25日(土)~26日(日)10:00~17:30
2.場 所   夢工房トンデンファーム
        江別市元野幌
        ファーム内駐車場あり

写真:町村農場で生み出された名品たち

コメント

えべつ春の特産味覚まつり開催のご案内!

2011年06月24日 | イベント

 このたび、えべつ春の特産味覚まつり開催のご案内をいたします!

 江別河川防災ステーション内特産品販売コーナーにて、存分に江別特産を味わっていただくイベントが開催されます。
 江別河川防災ステーションは、災害時の避難指定施設であり、防災研修施設、市民交流施設としても活用されています。
 今回のイベントでは、当ブログにて既にご案内させていただいております町村農場や煉瓦餅本舗等の名品が出店されます。かりんとうまんじゅうや窯焼きピザ、ジンギスカンをはじめ、江別特産加工食品も味わえる企画です。
 ぜひこの機会により多くの方に江別特産品を味わっていただきたいと思います。

 えべつ春の特産味覚まつりの日程は、下記のとおりです。
1.日 時   2011年6月25日(土)~26日(日)10:00~16:00
2.場 所   江別河川防災ステーション
        江別市大川通6
        JR函館本線江別駅徒歩15分/中央バス東光町入り口下車徒歩6分
3.問合先   江別河川防災ステーション内特産品販売コーナー
        011−389−9757

コメント

のっぽろ七丁目放送局出演のご報告!

2011年06月23日 | 地域

 このたび、のっぽろ七丁目放送局に出演させていただきましたので、ご報告いたします!

 本年開局2周年を迎えられたのっぽろ七丁目放送局にお招きいただき、楽しい時間を過ごさせていただきました。
 パーソナリティを務めていらっしゃる有限会社機弘社代表取締役前田昭二氏の巧みなリードで、前田ワールドにどんどん引き込まれていきました。
 前田氏とのおしゃべりの間にも、視聴者の方々からメッセージが届けられ、地域に根ざし、地域に愛されているのっぽろ七丁目放送局の存在をあらためて体感した気がいたします。

 高度な技術を伴って築かれていく21世紀の社会は、
 最もアナログな関係性が豊かさを導き、
 その心の豊かさによって関係性を強め、深めていくのです。
 こうして築かれた社会に大きな機能を果たすのが
 現代の中核を成す高度な技術・知識を備えた人財なのです。
 
 のっぽろ七丁目放送局が果たす役割は今後一層大きく、その可能性を強く感じた次第です。
 コンビニエンスストアが単なる小売業ではなく、宅配業界や金融業界等の領域を機能付加させ、ますます社会的役割構想が高まるのと同様に、地域に根ざし、各専門家が集って形成されているのっぽろ七丁目放送局の役割は、地域社会の情報受発信基地としてさらなる発展が期待されます!
 そして、微力ながらもその一助となれれば嬉しく思います。

 のっぽろ七丁目放送局局長武田氏(のっぽろ印刷社長)をはじめ有限会社機弘社代表取締役前田昭二氏をはじめ皆様には大変お世話になりました!
ありがとうございました!
そして、今後共宜しくお願いいたします。
メッセージを届けてくださった皆様にも感謝いたします!
ありがとうございました!

 のっぽろ七丁目放送局については、こちらをご覧ください。

 のっぽろ七丁目放送局過去のライブは、こちらをご覧ください。

 のっぽろ印刷については、こちらをご覧ください。

 有限会社機弘社については、こちらをご覧ください。

(参考)
当ブログ2011年5月5日(木)「のっぽろ七丁目放送局開局2周年記念ビデオコンテスト作品募集のご案内!」

写真:放送終了後(6/22)武田社長、前田社長と共に写真撮影
 当ブログ掲載許可を得て、撮影・掲載いたしております。
 さくらピーシーガーデン社長成田様撮影ありがとうございました!

コメント (4)

路上の商い

2011年06月22日 | 歴史・文化

 昭和の始まりから10年代に至る間、江別の市街ではいろいろな行商人の姿がみられました。

 飴屋、薬売り、下駄の歯入れ、羅宇屋、白系ロシア人の羅紗売り、苺売り、それに野幌殖民社から野菜、山菜を背負子に満載したお婆ちゃん、などです。

 当時、江別小の高等科生で二条一丁目に居た高崎一夫は、目を細めて述懐しました。
『うん、江別橋のたもとは、毎年、香具師風の男が二人来て、茶碗や皿を売っていたの。そこは、在の人が行き来するところだから、一番いいの。そう、農家の人が雑穀を売って、空の馬車で戻る道だもの。男の一人は、ミカン箱の上で口上を述べる。"この茶碗は引っ張っても伸びない、押してもつぶれない~”なんて、お客を笑わせる。面白くて、毎日、見てたさ』

 風のどこかで 飴屋の笛が呼んでいる
 落葉している 町角の 下駄屋さん
                          (”雲雀” 鎌田国一郎より)

 飴売りは、頭の上に藁で編んだワッパを乗せ、その中に大きな桶を乗せてやってきます。幌掛けの大八車を引っ張ってきた下駄屋は、車の中で鼻緒のすげ替えや朴歯を作っています。年中ポォーッ、ポォーッと蒸気の笛を鳴らし、歩き回るのは、羅宇屋です。

 不況の最中であり、貧しい時代ではありましたが、笑いと沢山の世間知を振りまく大道の商人の姿は、町の風景に精彩と叙情を与えていたといえます。
 しかし、日中戦争が始まり、物資統制が強化されるにつれ、いつか路上の商いの姿も消えていきました。

(参考)
当ブログ2011年6月20日(月)「景気回復の兆し」
当ブログ2011年6月19日(日)「商圏の消失」
当ブログ2011年6月12日(日)「北電進出と町の期待」
当ブログ2011年6月 3日(金)「火力発電所委員会開催」
当ブログ2011年5月31日(火)「北電の誘致と岡田伊太郎」
当ブログ2011年5月30日(月)「富士から王子へ」
当ブログ2011年5月29日(日)「明治製糖の進出」
当ブログ2011年5月23日(月)「煉瓦工場以外の工場の様子」
当ブログ2011年5月22日(日)「野幌煉瓦株式会社設立」
当ブログ2011年5月21日(土)「不況と工場縮小閉鎖」
当ブログ2011年5月20日(金)「旧町村農場春の感謝祭開催のご案内!」
当ブログ2011年5月19日(木)「野幌兵村部有地解放自作農創設期成会結成」
当ブログ2011年5月18日(水)「羊毛報国」
当ブログ2011年5月15日(日)「馬の兵器化」
当ブログ2011年5月14日(土)「乳牛の増加と戦時下の事情」
当ブログ2011年5月13日(金)「町村農場と江別の酪農」
当ブログ2011年5月  9日(月)「青年活動の光彩」
当ブログ2011年5月  2日(月)「市民生活に関わる制度成立」
当ブログ2011年4月30日(土)「労働組合結成」
当ブログ2011年4月24日(日)「町警察署から国家警察へ」
当ブログ2011年4月16日(土)「青年団の再建」
当ブログ2011年4月15日(金)「戦後開拓の諸相」
当ブログ2011年4月14日(木)「農業共同組合の成立」
当ブログ2011年4月10日(日)「農業委員会法制定」
当ブログ2011年4月 9日 (土)「農地委員会の発足」
当ブログ2011年4月 3日 (日)「相撲・武道の奨励」
当ブログ2011年3月 7日 (月)「軍需と酪農」
当ブログ2011年3月 1日 (火)「江別郵便局通信業務拡充」
当ブログ2011年2月28日(月)「河川改修と集落」
当ブログ2011年2月26日(土)「庁立高女」
当ブログ2011年2月18日(金)「農村恐慌」
当ブログ2011年2月17日(木)「失業救済事業ノ件」
当ブログ2011年2月12日(土)「治安維持法成立」
当ブログ2011年2月10日(木)「富士製紙頼みの財政」
当ブログ2011年2月  9日(水)「庁舎の新築」
棟ブログ2011年2月  5日(土)「刷新の執行体制」
当ブログ2011年1月30日(月)「納税組合」
当ブログ2011年1月25日(火)「兵事と公衆衛生」
当ブログ2011年1月22日(土)「大正期の財政事情ー不況と増税」
当ブログ2011年1月21日(金)「石狩川架橋」
当ブログ2011年1月12日(水)「北海道道路令公布」
当ブログ2010年12月30日(木)「大正の風」
当ブログ2010年12月29日(水)「町村制の意味」
当ブログ2010年12月28日(火)「三村合併江別村トナス」
当ブログ2010年12月27日(月)「郡界の変更」
当ブログ2010年12月26日(日)「役場と兵村」
当ブログ2010年12月15日(水)「警察の権限」
当ブログ2010年12月14日(火)「口語歌人 伊東音次郎」
当ブログ2010年12月13日(月)「1級町村施行」
当ブログ2010年12月11日(土)「町村制の意義」
当ブログ2010年12月 8日(水)「小作問題の浮上」
当ブログ2010年12月 3日(金)「金肥の導入」
当ブログ2010年12月 2日(木)「兵村の地殻変動」
当ブログ2010年11月29日(月)「北日本製紙から王子製紙へ」
当ブログ2010年11月26日(金)「農業改良実行組合」
当ブログ2010年11月25日(木)「野幌兵村農業振興会」
当ブログ2010年11月23日(火)「産業組合法施行」
当ブログ2010年11月22日(月)「聖徳太子堂)
当ブログ2010年11月21日(日)「馬鈴薯澱粉の製造」
当ブログ2010年11月18日(木)「糧秣廠と商人
当ブログ2010年11月17日(水)「軍馬飼糧とえん麦」
当ブログ2010年11月16日(火)「江別の酪農」
当ブログ2010年11月14日(日)「精米工場の増加」
当ブログ2010年11月13日(土)「経緯度・標高」
当ブログ2010年11月10日(水)「原始林と貯水池」
当ブログ2010年11月 6日(土)「蛸足式直播機」
当ブログ2010年11月 5日(金)「篠津原野排水計画」
当ブログ2010年11月 4日(木)「対雁泥炭地試験場」
当ブログ2010年11月 3日(水)「石狩川流域泥炭地」
当ブログ2010年11月 2日(火)「札幌製糖会社設立」
当ブログ2010年11月 1日(月)「牛馬貸与規則」
当ブログ2010年10月21日(水)「殖民社の畜力農業」
当ブログ2010年10月20日(火)「第1回国勢調査」
当ブログ2010年10月18日(月)「貯水池の出現」
当ブログ2010年10月15日(金)「米作定着の道筋」
当ブログ2010年10月14日(木)「北海道庁米作方針転換」
当ブログ2010年10月13日(水)「自転車競技」
当ブログ2010年10月 6日(水)「菊花と川柳」
当ブログ2010年10月 5日(火)「大正期の公衆衛生問題」
当ブログ2010年10月 1日(金)「共同物揚場」
当ブログ2010年 9月29日(水)「物資の集散」
当ブログ2010年 9月28日(火)「水陸の結節点」
当ブログ2010年 9月27日(月)「明治末期の製造業」
当ブログ2010年 9月22日(水)「岩田煉瓦工場」
当ブログ2010年 9月12日(日)「水路測定事業に伴う地図の整備」
当ブログ2010年 9月 8日(水)「三角測量事業の成果」
当ブログ2010年 9月 2日(火)「三角測量の開始」
当ブログ2010年 9月 1日(月)「田内・内田東北海道調査」
当ブログ2010年 8月30日(月)「松本大判官の上川・十勝視察」
当ブログ2010年 8月27日(金)「ライマンの石狩川・十勝川探査」
当ブログ2010年 8月26日(木)「明治期初期内陸部踏査」
当ブログ2010年 8月12日(水)「武四郎北海道国郡図の限界」
当ブログ2010年 8月11日(火)「国郡選定と地図作製の影響」
当ブログ2010年 8月 9日(月)「国郡選定と北海道国郡図」
当ブログ2010年 8月 4日(水)「煉瓦事始」
当ブログ2010年 7月29日(木)「屯田兵本部宅地造成着手」
当ブログ2010年 7月27日(火)「鉄道郵便制度」
当ブログ2010年 7月25日(日)「幌内鉄道」
当ブログ2010年 7月15日(木)「江別駅開業」
当ブログ2010年 7月14日(水)「大河のほとり」
当ブログ2010年 7月12日(月)「江別村」
当ブログ2010年 7月 3日(土)「野幌報徳社発足」
当ブログ2010年 6月30日(水)「二大煉瓦工場進出」
当ブログ2010年 6月28日(日)「村の運営」
当ブログ2010年 6月21日(月)「関矢孫左衛門の力業」
当ブログ2010年 6月20日(日)「集団移民の最初の冬」
当ブログ2010年 6月17日(木)「障害を乗り越えた集団移民の実現」
当ブログ2010年 6月14日(月)「独立移民入植」
当ブログ2010年 6月12日(土)「北越殖民社が越後と交わした互換約定書」
当ブログ2010年 6月11日(金)「殖民社の創立」
当ブログ2010年 6月10日(木)「野幌兵村と日露戦争」
当ブログ2010年 6月 8日(火)「西洋屯田江別兵村」
当ブログ2010年 6月 7日(月)「屯田兵二足の草鞋」
当ブログ2010年 6月 3日(木)「ラッパの響き」
当ブログ2010年 6月 2日(水)「江別村の設置」
当ブログ2010年 5月31日(月)「制度の変遷」
当ブログ2010年 5月30日(日)「屯田兵移住のみちのり」
当ブログ2010年 5月29日(土)「屯田兵設置の目的」
当ブログ2010年 5月26日(水)「屯田兵の設置」
当ブログ2010年 5月24日(月)「集団帰還の前後」
当ブログ2010年 5月23日(日)「組合事業」
当ブログ2010年 5月20日(木)「共救組合設立」
当ブログ2010年 5月19日(水)「廃使置県・保護の打ち切り」
当ブログ2010年 5月15日(土)「海運の統一」
当ブログ2010年 5月13日(木)「石狩厚田の漁場」
当ブログ2010年 5月11日(火)「移民の保護と自立」
当ブログ2010年 5月10日(月)「小樽から対雁へ」
当ブログ2010年 5月 8日(土)「宗谷越冬と先遺隊」
当ブログ2010年 5月 7日(金)「日露樺太千島交換条約」
当ブログ2010年 4月30日(金)「対雁の市街地的発展から農村村形成」
当ブログ2010年 4月28日(水)「豊平川の流れ」
当ブログ2010年 4月27日(火)「幌内鉄道と村の衰退」
当ブログ2010年 4月22日(木)「函館・福山・江差」
当ブログ2010年 4月21日(水)「室蘭の状況」
当ブログ2010年 4月20日(火)「根室・釧路・厚岸の状況」
当ブログ2010年 4月19日(月)「小樽港の発展」
当ブログ2010年 4月18日(日)「札幌市街の発展」
当ブログ2010年 4月16日(金)「対雁駅逓所開設」
当ブログ2010年 4月15日(木)「対雁街道開設」
当ブログ2010年 4月14日(水)「ライマンが見た対雁」
当ブログ2010年 4月13日(火)「移民の挫折」
当ブログ2010年 4月12日(月)「最初の集団移民」
当ブログ2010年 4月11日(日)「従駕日録」
当ブログ2010年 4月10日(土)「開拓使の設置」
当ブログ2009年12月 7日(月)「江別市民会館開館」
当ブログ2009年 8月10日(月)「森と川に抱かれた村と煉瓦工場」
当ブログ2009年 7月29日(水)「大麻駅開設」
当ブログ2009年 7月17日(金)「文芸活動」
当ブログ2009年 7月10日(金)「れんが100年」
当ブログ2009年 6月30日(火)「夕張鉄道接続駅ー野幌駅」
当ブログ2009年 5月10日(日)「明治期の製造業 木工場」
当ブログ2009年 4月 6日(月)「大正7年北海道食物百番附」
当ブログ2009年 1月25日(日)「火薬庫(屯田兵第三大隊本部跡」
当ブログ2009年 1月13日(火)「郵便業務の開始」
当ブログ2009年 1月 7日(水)「野幌煉瓦工場」
当ブログ2008年12月19日(金)「人力軌道」
当ブログ2008年11月14日(金)「被服庫」
当ブログ2008年11月 9日(日)「通信の発達」
当ブログ2008年11月 3日(月)「野幌市街地」
当ブログ2008年10月28日(火)「野幌駅の開業」
当ブログ2008年10月17日(金)「北海道炭礦鉄道会社から北海道鉄道株式会社へ改称」
当ブログ2008年10月 3日(金)「江別市章制定と江別市民憲章」
当ブログ2008年 9月11日(木)「最初の機関車 義経号.弁慶号」
当ブログ2008年 9月 3日(水)「要衝 江別港」
当ブログ2008年 8月 1日(金)「上川丸の就航」
当ブログ2008年 7月21日(月)「江別村商家」
当ブログ2008年 7月19日(土)「北海道三県の諸事業分割」
当ブログ2008年 7月10日(木)「空知集治監の開設」
当ブログ2008年 7月 5日(土)「対雁郵便局から江別郵便局へ」
当ブログ2008年 7月 4日(金)「駅逓所開設」
当ブログ2008年 7月 3日(木)「教頭頭取兼顧問ケプロンの北海道開拓」
当ブログ2008年 7月 2日(水)「札幌ー対雁ー江別ー岩見沢道路開通」
当ブログ2008年 7月 1日(火)「榎本武揚 顕彰碑騎馬像」
当ブログ2008年 6月30日(月)「江別最初の学校ー対雁学校」
当ブログ2008年 6月28日(土)「対雁学校の教育」
当ブログ2008年 6月26日(木)「移民扶助規則2」
当ブログ2008年 6月24日(火)「石狩川沿岸」
当ブログ2008年 6月23日(月)「北越殖民社の開拓」
当ブログ2008年 6月22日(日)「国内3番目に開通した幌内鉄道ー江別駅の誕生」
当ブログ2008年 6月20日(金)「移民扶助規則設定」
当ブログ2008年 6月19日(木)「蝦夷地改称2」
当ブログ2008年 6月19日(木)「飛騨屋と石狩山伐木」
当ブログ2008年 6月16日(月)「蝦夷地から北海道へ改称ー蝦夷地は皇国の北門」
当ブログ2008年 6月12日(木)「村名選定ー江別村」
当ブログ2008年 6月11日(水)「江別屯田兵入地」
当ブログ2008年 6月10日(火)「地名解」
当ブログ2008年 6月 9日(月)「場所請負制の成立」
当ブログ2008年 6月 7日(土)「元禄御国絵図」
当ブログ2008年 6月 4日(水)「屯田兵制度の設置

註:江別市総務部「えべつ昭和史」82頁.
写真:小林羊羹店の外販の様子
 同上書掲載写真を複写し、当ブログ掲載いたしております。

コメント

さっぽろキャンドルナイト開催のご案内!

2011年06月21日 | 地域

 このたび、さっぽろキャンドルナイト開催のご案内をいたします!

 一年の中で最も昼時間が長い夏至(6/22)に、20時から2時間電気を消して、スローな夜を過ごそう!を合い言葉に、さっぽろキャンドルナイトが今年も開催されます。

 札幌市では、2004年より各関連団体・企業との連携により環境文化都市を目指して実行委員会を発足させ、さっぽろキャンドルナイトを開催しました。
 そして、本年のキャンドルナイトに灯されるキャンドルには、3月11日発生東北・関東大震災への思い、環境エネルギーの検討等、一層私たちの生活に密着したものとして1本、1本灯されることと思います。

 札幌市では既にキャンドルナイトイベントが開催されています。
チャリティーも併用開催されている箇所もあります。
詳細は、こちらをご覧ください。

コメント