江別創造舎

地域文化振興活動・江別カルタ制作

えべつ市民環境講座「自然エネルギーの可能性」開催のご案内!

2011年09月30日 | イベント

 このたび、えべつ市民環境講座「自然エネルギーの可能性」開催のご案内をいたします。

 江別市環境課主催えべつ市民環境講座は8月より連続講座として開催され、このたび第5回を迎えます。
 第5回えべつ市民環境講座は、「自然エンルギーの可能性」をテーマに、日本のエネルギー事情とこれからの自然エネルギーの可能性と温暖化防止の取組についての講話です。

 第5回えべつ市民環境講座「自然エネルギーの可能」の日程は、下記のとおりです。
1.日 時   2011年10月22日(土)14:00~15:30
2.場 所   野幌公民館
3.参加費   無料
4.講 師   安倍隆(あんばいたかし)氏(北海道地球温暖化防止活動推進員)
5.定 員   80名
6.申込先   江別市環境課
        011−381−1019

写真:野幌公民館
 

コメント

スケルツォ公演のご案内!

2011年09月29日 | イベント

 このたび、スケルツォ公演のご案内をいたします!

 これまでの当ブログにおいてご紹介させていただきました加賀城匡貴氏率いるスケルツォが、札幌での特別公演と東京公演を行います。

 加賀城氏は、豊かな感性から「ものの見方をかえる」を通じた笑いを提供されています。
 
 いつもの日常生活の空間を、少し角度を変えて見ると、新たなモノが見えてくる。
新たなモノを見つけた発見から、思わず微笑みが生まれる。

 加賀城氏の活動に触れる時、
 いつも思い出すのは、ベルクソンが著した古典喜劇論「笑い」です。
 ベルクソンは、緊張と緩和の繰り返しの中で生きる人間特有の笑いというおかしみの構造を分析しています。

 このたびスケルツォは、メンバーの音楽にのせて加賀城氏の巧みなおしゃべりで展開する公演を行います。
 ユーモアと音楽で構成された空間は、笑いに包まれることでしょう。

 加賀城氏率いるツケルツォの公演日程は、下記のとおりです。
1.札幌特別公演
日 程  2011年11月3日(木・祝)
     第1回 開演16:00(開場15:30~)
     第2回 開演20:00(開場19:30~)
場 所  cube garden(キューブガーデン0
     札幌市中央区北二条東三丁目2−5
     011−210−9500
入場料  前売券3,800円/当日券4,400円(税込)
     1ドリンク別途500円
     全席自由席・整理番号付
取扱い  ローソンチケット(Lコード17375)
   
2.東京公演
日 程  2011年11月13日(日)
     開演19:00(開場18:00~)
場 所  Super Deluxe(スーパー・デラックス)
     東京都港区西麻布3−1−5
     03−5412−0515
入場料  前売券3,000円/当日券3,500円(税込)
     1ドリンク付/全席自由席
取扱い  ローソンチケット(Lコード32312)

 
 加賀城氏のご活動は、こちらをご覧ください。

写真:今回の公演ポスター

コメント

家庭防火群の防火訓練

2011年09月28日 | 歴史・文化

 江別警防団が誕生した時期、主婦を中心とした家庭防火群の防火訓練も町内ごと、部落ごとに反復されました。

 これは、空襲などによる火災を想定して実施されました。
すなわち、近隣町内のお母さんたちが、モンペ、割烹着、頭巾で身を固め、煎った大豆を入れた救急袋を下げながら、警防団の指揮のもと、貯水池から汲み上げた水をバケツリレーで火点(例えば、建物の2階)まで送り、消化しました。

 『演習ったら、警防団の人が来て教えてくれるのね。「そういう風にしたら間に合わないから、こうするんだ」ってさ、手本を見せてくれるのね。そんな訓練が一週間に1回とか、四日に1回とかあったね』(遠藤ヒデ・江別消防90周年記念誌)と、腰を据える暇もなかったようです。出なければ、非国民と白い目を向けられるのでした。

 この家庭防火群は、12年5月警視庁消防部の発送で組織されました。
そして、14年8月、内務省は「家庭防空隣保組織要綱」を定め、これを警防団の防空に協力する補助団体として位置づけました。
 上記の遠藤のヒデの言は、その江別における具体的展開を証するものです。

 さらに、内務省は、15年9月訓令「部落会、町内会等整備要綱」を各都道府県に示し、行政の下請け機関としての部落会、町内会を整備し、さらにその下に10戸内外を単位とする隣組を組織するよう、指導しました。
 これは、同年10月に発足する大政翼賛会の施策を、国内すみずみまで浸透させようというものでした。
 江別においては、16年に大政翼賛会江別支部(支部長坪松唯三郎町長)が結成され、同時に従来の自治機構である区制を廃止し、内務省により官民一体、戦時下の行政の全てを包括したのでした。
 そのため、家庭防火群も、この隣組と一体化し、一般的には隣組の名で呼ばれるようになりました。

註:江別市総務部「えべつ昭和史」125-126頁.
写真:昭和15年11月野幌防火群の皆さん
 同上書125頁掲載写真を複写・当ブログ掲載いたしております。

コメント

江別警防団誕生

2011年09月27日 | 歴史・文化

 昭和14年4月、消防組と防護団が統合され、江別警防団が誕生しました。

 統合の理由は、軍主導の防護団と警察の指揮したにある消防組との間に、任務の重複、指揮系統の二元化、速成の防護団と伝統的精神に立脚する消防団の摩擦軋𨏍が各地に頻繁に起こり、改組統合を求める声が次第に高まったためです。

 14年1月、警防団令が公布されました。
江別において、同年2月の町会に「警防団設置方申請ノ件」が上程可決、町内一円、人口19,206人、戸数3,307戸を大正に、防空、防火、警護などに当たることになりました。
 団を第一から第四までの4分団に分け、それぞれの分団には必要に応じ、(1)消防部、(2)交通整理部、(3)燈火管制部兼警護部、(4)警報部、を設置しました。
 また、これとは別に本部付けとして、(1)救護部、(2)配給部、(3)避難管理部、(4)防毒部、(5)工作部、が設けられました。

 14年4月1日、江別警防団の結団式が江別高女において行われました。これ以降、同団は、戦後の22年7月25日、江別消防団として再編されるまでの8年4ヶ月を、江別の防空、防火の中心組織として、日常的活動を反復実践することになりました。

註:江別市総務部「えべつ昭和史」124-125頁.
写真:昭和14年4月江別警防団結団式
 同上書124頁掲載写真を複写し、当ブログ掲載いたしております。

コメント

現場消防士による「江別の救急」講座開催のご案内!

2011年09月26日 | イベント

 このたび、現場消防士による「江別の救急」講座開催のご案内をいたします!

 救急について日頃あまり理解していないことは、意外に多くあります。
本講座では、現場消防士による江別の救急の実態を詳しく知ることができます。

 ぜひ、この機会をご活用ください。

 現場消防士による「江別の救急」講座の日程は、下記のとおりです。
1.日 程   2011年9月27日(火)18:30~20:00
2.場 所   野幌公民館
3.費 用   無料
        直接会場にお越しください。

写真:野幌公民館

コメント

本日!コメディ・クラウン・サーカス開催のご案内!

2011年09月25日 | イベント

 このたび、コメディ・クラウン・サーカス開催のご案内をいたします!

 本日(9/25)、江別市コミュニティセンターにおいてコメディ・クラウン・サーカスが開催されます。
 当ブログにおいても既にご案内をさせていただいております(9/8)。

 5人のクラウン(道化師)によるコメディ・サーカスが、このたび江別にやってきます。
 1994年に結成されたコメディ・クラウン・サーカスは、全国の小学校をはじめ各所で活動をさている団体です。

 コメディ・クラウン・サーカスの日程は、下記のとおりです。
 なお、チケット当日券もございますが、完売の場合はご容赦ください。
1.日程   20119月25日(日)14:00~15:30(13時開場)
2.場所   江別市コミュニティセンター
       江別市3条五丁目11−1<JR北海道函館本線江別駅下車徒歩3分程)
3.料金   当日券2,500円<全席自由・定員350名>

写真:コメディ・クラウン・サーカスのリーフレット

コメント

北海道開拓の村秋のふるさとまつり開催中のご案内!

2011年09月24日 | イベント

 このたび、北海道開拓の村秋のふるさとまつり開催中のご案内をいたします!

 北海道開拓の村のでは、農村地域で行われていた収穫祭を再現した秋のふるさとまつりが開催中です。
 開拓の村では、旧信濃神社等農村群にて、さまざまなイベントが開催中です。

 北海道開拓の村秋のふるさとまつりの日程は、下記のとおりです。
1.期間   
  2011年9月25日(日)まで
2.期間内共通イベント
(1)10:00~16:00 露店 <金魚すくい、輪投げなど各種1回100円>
(2)10:00~15:00 大道似顔絵描き 1枚500円
(3)11:00と13:30 農作物試食提供
(4)その他  かかしづくり等藁細工実演・販売 など
3.9月24日(土) 大道芸人実演<紙芝居、がまの油売り、南京玉すだれなど
  第1回11:00~
  第2回13:30~
4.9月25日(日)
(1)11:00~ 神社祭礼
(2)12:00と14:30 田舎芝居

写真:北海道開拓百年記念塔

コメント

トンデンファームガーデンセール&WEえべつ祭開催のご案内!

2011年09月23日 | イベント

 このたび、トンデンファームガーデンセール&WEえべつ祭開催のご案内をいたします!

 トンデンファームでは、恒例のガーデンセールが開催されます。
また、今回は、北海道中小企業家同友会江別地区会によるWEえべつ祭が同時開催されます。
 トンデンファームお馴染みのハム・ウインナーをはじめトンデンファーム白老牧場の白老牛も破格値で味わうことができます。
 
 お腹を満たした後は、ファーム内で釣り堀やひき馬等子ども同伴で楽しめる空間が広がっています。
 
 なお、23日のみ、山口太鼓流北海若衆太鼓の演舞が披露されます!
ぜひ、江別の初秋をお楽しみください!

 トンデンファームガーデンセール&WEえべつ祭の日程は、下記のとおりです。
1.期 間 2011年9月23日(土・祝)~24日(日)10:00~17:30
      *山口太鼓流北海若衆太鼓演舞は、23日13時予定
2.場 所 トンデンファーム(江別市元野幌)
3.問合先 トンデンファーム
      011−383−8208

写真:トンデンファーム

コメント

後藤遺跡

2011年09月22日 | 歴史・文化

 北海道考古学の曙といわれる後藤遺跡は、現在新開地として開発が進む見晴台地区、5丁目通りと旧豊平川が交わる手前、旧飛行場一帯に広がる大墳墓群の遺跡として、早くから知られていました。

 この遺跡を最初に調査し、学会に発表したのが、当時札幌の小学校教諭であった後藤寿一です。
 『札幌郡江別町字江別兵村の北端にして、豊平川下流右岸の兵陵地帯。兵陵の一端は堆積せる火山灰の上に二、三十糎の表土を置く。その西北には、灌漑の小川と泥炭層からにじみ出た濁水とを集めて清澄を失った豊平川が、底知れぬ深さを讃えている。河岸は懸崖をなして十余米。東南に緩やかな傾斜をつくって、遠く兵村の耕地に連なる』("蝦夷往来"第8号。昭和7・7刊)。

 これは、後藤の調査報告書第一報の冒頭です。
此の遺跡からは竪穴式墳墓のほか、盛り土墳(北海道式古墳)と呼ばれ、地表に1mほど土盛りした直径4mほどの円形の墳墓が出土しました。遺体は、その中央の地表下30~50cm程度の長方形の穴に埋められていました。また、鉄製刀子や土師器、まが玉などのほか、わらび手刀と呼ばれる奈良時代の鉄刀も出土し、6世紀頃からの和人定住を推測させるなど、以降の研究に大きな期待を抱かせるものでもありました。

 この後藤の報告は、いち早く中央の学会に注目されることになりました。
すなわち、八幡一郎、喜田貞吉らが「人類学雑誌」等に紹介することになったのです。また、この後藤を中心とした江別兵村古墳等の一連の発掘調査は、それまで小規模かつ綿密でなかった北海道の考古学研究を基礎づけるものとして迎えられたのでした。

 なお、同遺跡は、40年の江別市教育委員会の発掘調査を経たのち、50年代に入り、土地区画整理事業の伸展に伴い、その行政発掘が本格化しました。この間、40年の星霜を経ますが、この7年の第一報が北海道における考古学研究の始まりだったのです。

註:江別市総務部「えべつ昭和史」115-116頁.
写真:後藤遺跡遠景
 同上書116頁掲載写真を複写・当ブログ掲載いたしております。

コメント

野幌の史跡を歩く「再発見・江別探訪」開催のご案内!

2011年09月21日 | イベント

 このたび、野幌の史跡を歩く「再発見・江別探訪」開催のご案内をいたします!

 江別市郷土資料館主催「再発見・江別探訪」が開催されます。
 今回は、野幌鉄南地区を散策しながら、史跡を巡ります。

 江別市郷土資料館主催「再発見・江別探訪」の日程は、下記のとおりです。
1.日  程   2011年9月22日(木)9:00~12:00
2.行  程   1号線、2号線、農材工業セラミック工場跡等
3.ガ イ  ド   廣田寛三氏(文化財保護委員)
4.参 加  費   無料
5.集合場所   江別国際センター前
         江別市東野幌本町7
6.定  員   50名
7.申 込  先   江別市郷土資料館
        011−385−6466

コメント