クールジャパン★Cool Japan

今、日本のポップカルチャーが世界でどのように受け入られ影響を広げているのか。WEB等で探ってその最新情報を紹介。

クールジャパン関連図書の一覧(2)

2009年09月19日 | coolJapan関連本のレビュー
★『私は日本のここが好き!―外国人54人が語る
この本は、『文藝春秋・特別版』平成18年8月臨時増刊号の中の特集「私は日本のここが好き!」で、この中でそれぞれ日本のよさを語った外国人52人に、さらに2人へのインタビューを加えて一冊の本にしたものだ。日本人がもっている良さを自覚し、それを持続していくことの大切さをつくづく感じさせる本だ。

★『格差社会論はウソである
この本のタイトルは刺激的だが、けっして現実にある格差を容認しようとする議論ではない。痛ましい現実に正面から立ち向かおうしない言葉だけの格差社会論は論外だが、統計資料などの根拠を示さず、日本の社会を否定的、悲観的にばかり見るのは危険だといっているのだ。マスコミによって暗い情報ばかり与えられていると見えにくいが、日本は今、困難な状況を克服してすばらしい国をつくっていくのにきわめて有利な立場にあるとし、それをしっかりとしたデータに基づいて主張している。この本でいちばん面白かったのは、日本のポップカルチャーが今世界に広がっている理由を日本の社会のユニークさ(知的な格差の少なさ)から論じている部分であった。

★『日本の曖昧力 (PHP新書)
著者、呉善花の「日本文化論」のほど、ながい歴史的なスパンの中でその特質を論じたものはないのではないか。欧米との比較ではなく、中国や彼女の出身国である韓国と比較することで、日本文化の特色を説得力をもって語ることに成功している。そして何よりも魅力なのは、日本のポップカルチャーが世界で受け入れられる理由を、縄文文化という歴史の根っこにさかのぼることで見事に解き明かしていることだ。日本のアニメやマンガの魅力をこのような歴史と文化の視点から主張した議論はこれまでなかったように思う。

★『アニメ文化外交 (ちくま新書)
著者は櫻井孝昌。コンテンツメディアプロデューサーという肩書きで、日本のアニメやファッションが世界の中でどのような位置を占め、外交上どのような意義があるかを研究しているという。また、世界中で「アニメ文化外交」講演を行っており、本書は各国で行った講演を通して、世界に日本のアニメがどのように受け入れられているかを、じかに肌で感じ取った最新のレポートになっている。

★『人類は「宗教」に勝てるか―一神教文明の終焉 (NHKブックス)
町田宗鳳はこの本で、縄文文化もそうであったような「多神教的コスモロジー」の復活に、一神教文明行きづまりを打破する重要な意味があるかも知れないと主張する。私は、その多神教的世界観が、日本のアニメやマンガに、たとえ無自覚的にせよ、かなり反映されているのではないかと思っている。

★『日本の「世界商品」力 (集英社新書)
世界が、日本のサブカルチャーに魅せられ、日本が想像する以上にクールジャパン現象が広がっている。アニメ、マンガ、ゲームや映画だけでなく、商品のデザインのセンスのよさ、さらに歌舞伎などの伝統文化の華麗さ、優雅さにも関心が強まっている。クールという言葉を広く、上品、上等といった視点で見ると、日本には上質、上等な文化的産業や、商品がきわめて多い。こうした日本の産業がめざす次のターゲットは、世界中の中流層の人々にマッチしたクール製品を提供することにあるのではないか。著者・嶌信彦は、それらがこれからの日本経済の成長エンジンとなる可能性があるとし、成長戦略としてのプレゼンテーションを、本書で試みている。

★『ウォーター・マネー「水資源大国」日本の逆襲 (Kobunsha Paperbacks123)<imgsrc="https://www.assoc-amazon.jp/e/ir?t=ishiinbr-22&l=as2&o=9&a=4334934420" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;">』
日本の水関連技術は、きわめてハイレベルで、世界リードしており、世界の水危機を救う可能性を秘めている。その「水テクパワー」は、世界が強く求める不可欠のものなので、水技術で、石油や食糧との取引おこなうこともありうる。ここから日本の逆襲がはじまるだろう、というのが著者の主張だ。

★『ジャパナメリカ 日本発ポップカルチャー革命
ジャパナメリカ」は、もちろん日本のポップカルチャーが、アメリカに影響を与えている現代の状況を表現する造語である。本書の目的は、海外の人々が日本文化に心酔するジャパノフィリアと呼ぶもの(このブログでクールジャパン現象といっているもの)がどうして起ったのか、その原因を探ることである。

この記事についてブログを書く
« クールジャパン関連図書の一... | トップ | 子どもの楽園(1) »
最新の画像もっと見る

coolJapan関連本のレビュー」カテゴリの最新記事