鹿沼市デジタル・コミュニティ推進協議会
“花と緑と笑顔のあふれる地域づくり”を目指して、身近な地域や生活に密着した情報を発信します。




▲ 毎年この時期になると、加蘇コミセンにある桜の木が花を咲かせます

 

▲ きれいですね~ 花の甘い香りに誘われたのか、蜂が何匹か飛んでいました

 

▲ おや、桜の木々の間に蜂の巣がありますね  さきほど飛んでいた蜂もここから なわけないですね(笑)

 

▲ 蜂たちが巣を作ってます タイトルはnexus(きずな)というそうです

作者は「加蘇はたくさんの家族が幸せな生活を送るところ」と感じたそうで、「家を作る昆虫」の中からフタモンアシナガバチをモチーフに選び、この作品が出来上がったそうです

加蘇地区にはこの他にも2つのアート作品がありますので、加蘇にお越しのときはぜひ見てください 何があるかは見てのお楽しみ

 

 ▲ アートの位置図。「加蘇コミセン」、「旧加蘇出張所跡」、「そば処久我」の3か所にあります

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今年も新緑の板荷へようこそさつきマラソン 

 

奥の山に見える新緑も、せせらぎプール入口のケヤキも、いつの間にか濃さを増してきました。

 

板荷地区では、先週あたりから代かきが始まって、いつの間にか田植えが進んでいます。

 

新緑と東武線を撮影に来る カメラマン? 鉄道マニア? の姿もちらほら。

 連休は、新緑の板荷を散策してみてはどうでしょうか?

    

  黒川沿いのフジ                                        県道沿いのシャガ

 

 5月10日(日)には、第35回さつきマラソン大会が開催され、板荷地区はハーフコースの折り返し地点になります。

今年も、体育協会板荷支部では給水所を設けドリンクサービスを行います。

また、交通安全協会板荷支部では迂回路での交通案内も行います。

沿道での応援もよろしくお願いします。

   

昨年のさつきマラソン(給水所付近)の様子

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




新緑清々しい季節となりました。

ここ北押原地区内には市民生活には欠かすことのできない公共施設の

環境クリーンセンター焼却施設が立地しています。

現在、環境クリーンセンターごみ焼却処理施設大規模改修工事

総工事費約32億円の大工事が本格的にスタートしました。

そこで、これから定期的に改修工事の状況をお知らせいたします。

 

 125t大型クレーン 左の煙突が高さ50mあります。

 

屋根の上に雨よけテント設置 

 

 

発電棟建設現場 ここに蒸気発電機が設置されます。

 

 

屋根板を撤去して設置された可動式テント・大型クレーン・高さ50mの煙突

 

 

  ごみが焼却しきれません

 

~燃やすごみの減量にご協力ください~

クリーンセンターで焼却しきれない燃やすごみの外部処理費用は、2億円以上!

燃やすごみを一人、1日30g(握り寿司1カン)減らすことができれば市全体では

1年で3,500万円以上の節減効果があります。

ごみ減量のポイントを参考に、ぜひとも、燃やすごみの減量にご協力ください。

 

ごみ減量のポイント

ポイント① 紙類・段ボール箱・その他プラスチック製容器包装・衣類は分別して資源に!

        ゴミを焼却するには費用が掛かりますが、分別して資源にすれば資源物の売却益として

           鹿沼市の歳入になります。きちんと分別しましょう

        ※45Lのゴミ袋ひとつ燃やすのに約150円かかります。(1袋5㎏換算)

ポイント② 生ごみの水切りを徹底しよう!

         生ごみの約70%は水分です。よく水を切ると燃やす量が減り、焼却費用の節約につながります。

ポイント③ 生ごみは、コンポスト容器を使って堆肥化しよう!

         コンポスト容器や生ごみ処理機の購入には補助金があります。

          ※購入前にご連絡をいただくことが補助の要件となりますので、ご注意ください。       

 

        みなさまのご協力をお願いします

                       環境部清掃課 64-3241

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




明日は祝日

標高の高い古峯神社の周りの木々も芽吹いてきました。

神社に行く途中の桜並木は、大分葉が出てきましたが、まだ花が残っています。

もっと下って、

一の鳥居あたりの緑はこんな感じ。

字穴橋の袂の八重桜が花盛りです。

やまぶきロードも鮮やかに咲き誇っています。

大久保では田植えの準備ができました。

上大久保と草久の境のあたり、神舟神社のそばに

 

神舟堰があります。

これは、江戸時代の終わりに

あの二宮尊徳の養子が造ったのだそうです。

大芦川から水路が伸びています。

この水路のおかげで、大芦川より高い大久保に水を引いて

田圃を作れるようになったんだとか。

おそらく原始林や葦原だったであろう山間の平地を、

人の手で切り開いていった昔の人たちの偉業を考えると

ロマンを感じませんか?

水と緑のきれいな西大芦、これからも大切にしていきたいです。

連休に西大芦を訪れる皆さん、

どうか、

ごみはお持ち帰りください。

自然を乱すことのないように。

また、きれいな山や川ですが、すべて自然です。

危険なところに立ち入らないようご注意ください。

山や川で遊ぶ際は、都会の公園で遊ぶような軽装は危険です。

急カーブや坂でのスピードの出しすぎ、見通しの悪いところの駐停車などもご注意ください。

どうぞ、マナーを守って、

西大芦をお楽しみください。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




4月28日(火)晴

西大芦小学校の校庭で

子どもたちが長靴を履いて集合しています。

こんないいお天気に長靴??

だって、今日は大芦川に行くんだもん♪

学校から500メートルほど歩いた、大芦川の鹿の入橋付近です。

大芦漁協のトラックが来ました。

この、積んでいる大きな箱状のものが生簀(いけす)です。

生簀から分けられたアユの稚魚を子どもたちに配ります。

↓バケツの中は、10センチくらいに成長した稚魚がいっぱい

みんな大はしゃぎで浅瀬に入り、

稚魚を放流しました。

深い川底まで透き通って見える澄んだ大芦川。

こんな美しい場所に生まれて、

ここでしかできない体験ができて、

西大芦小学校の子どもたちがうらやましい!!

この日は、ALTのポール先生も参加して、

感激の OH MY GOD!! を連発していました。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




4月25日(土)

西大芦コミュニティセンターを会場に、

西大芦地区婦人防火クラブ主催で

鹿沼消防署員を講師にAEDや応急処置の講習会が開かれました。

婦人防火クラブの会員のほか、

地域の皆さんにも声をかけました。

西大芦コミュニティセンターにもAEDは設置してありますが、

いざという時に使い方がわからなくては意味がありません。

AEDの操作方法のほか、

心臓マッサージや人工呼吸等の救命措置をはじめ

熱中症やけがなどの対応も学びました。

今年度から開設された西大芦小学校の学童保育

芦の子クラブの指導員さんも参加してくれました。

また、これからの行楽シーズン、

川遊びの事故なども考えられます。

備えあれば憂いなし!!ですね。

 

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




昨年、東部台コミュニティセンター講堂南側の植え込みにエンドウ豆を植えることになりました。

 

 

 

ただし、このえんどう豆、そんじゃそこいらのえんどう豆じゃございません。

なんと、金のマスクで有名なツタンカーメンの墳墓の副葬品の中にあったといわれている豆。

3000年前の豆の子孫なの?

マジですか???

 

栄町にお住いの方が、○○町の先生から譲り受けた貴重な豆です。

早ければ3月に花が咲くといわれていましたが、

すっかり種を植えたことを忘れておりまして、

つい最近、植え込みをのぞいたところ、

あらあら、こんなに大きく成長していました。

 

 

まもなく花が咲いて、収穫もできるかもよ。

 

東部台浪漫、

みなさん、楽しみにしていてください!

 

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




陽気が良くなって、

山がもこもこしてきました。

 

西大芦です。

フォレストビレッジのグラウンドが、

桜の花びらに埋め尽くされて、とってもきれい

 

ピンク色に染まっています。

桜はそろそろ終わりですが、

フォレストビレッジでは、

可憐な花が次々と咲いて、

春の花盛りシーズンが始まりました。

もちろん、

西大芦と言えば、

フォレストビレッジに来る前に…

ほら

やまぶきロードも

こんなに見事に咲いています。

やまぶきの足元を見ると、

なるほど。

空は晴れて、とってもいい気分。

西大芦にサイクリング

またはドライブに来てみませんか。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今日も雨が降ってしまいました。

もう、まちなかでは桜はすっかり散って葉桜になっていますね。

西大芦は、今花盛り。

西大芦の桜をご覧ください。

4月10日の庄屋の枝垂桜の様子です。

↑こちらは、下大久保の大芦川沿い、大芦神社の桜。4月15日の様子です。

↑同じく4月15日岩根沢橋の桜。

↑こちらは、旧西大芦東小学校跡地。

西大芦東生活改善センターの桜。4月15日の撮影です。

↑同じく4月15日。西大芦護国神社の桜。

↑こちらは4月17日。下大久保長昌寺の桜です。

↑こちらは、4月17日の、

旧西大芦西小学校跡地。西大芦西生活改善センターの桜です。

西大芦西小学校の二宮金次郎は台座から落ちてお座りしていました。

さて、↑こちらは、今日4月20日の西大芦護国神社の桜です。

今日は護国神社の例祭でしたが、あいにくの雨。

花散らしの雨になってしまいました。

護国神社のあたりを、雨の様子を見ながらうろうろしていると、

神社の隣の古鹿の入不動尊からもなかなかいい眺め。↑

さらに、護国神社の左隣の稲荷社には、こんなかわいい

お稲荷さんが↓

ちょっと、ユニークな顔をしているでしょ。

これからも、西大芦いろいろ探検して回りたいと思っております。

お楽しみに♡



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




150420:雨

お天気が長続きしません。なんとなく肌寒い日になってます。

足場は全部外れて、茶色の壁が見えるようになりました。

これ、木造ですが、板壁というわけではありません。「窯業系サイディング木目調」という材料を使っています。

表面は木目でも、瓦のような材質で、耐火性になっています。

 

こちらは、昨日から走っているという、特急「日光詣」スペーシア。金色の車体に黒とオレンジのラインが高級な感じですね。

コンパートメント車には「日光詣」の文字と三猿のマーク。

この写真は、ブレと曲りとピンボケの三拍子そろってしまったものを修正しました。連写モードで撮ると一番いいタイミングでは写せないものです。(反省)

ではまた。

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




  じゃがいも畑で自然とのふれあい 

 平成27年4月13日(月)、板荷小学校のそばの畑で鹿沼市農業委員会の方たちが指導者となり、板荷小学校3年生から6年生によるじゃがいもの栽培体験学習が行われました。

 じゃがいもの栽培を通し、植物や自然に対する興味関心を育て、地域の方との活動を通し交流を深め、自分でじゃがいもを育てることで、生産者のご苦労を知り感謝の気持ちを持つという「自然動植物愛護」 「地域連携」 「食育」 の 三つの柱 を狙いに初めての企画が実行されました。

 

じゃがいもを切って

 

 

手を切らないでね

 

 

殺菌のためにじゃがいもの切り口に灰を付けます。

 

 

灰を付けた面を上に芽を下に

 

 

 みんな上手に並べましたね

 

 

 鹿沼市農業委員会会長からお話をいただいているところです。

今後、学校ボランティアの『一洗舎クラブ』の皆様にもお世話になり、草取りや芽かきなどの作業をしていきます。7月中旬には、おいしいじゃがいもの収穫祭が行われます。  

楽しみに待っててね!



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




鹿沼総合体育館より生まれたダンスチーム「Diamond」。

東部台のふれあいさくらまつりで、元気なパフォーマンスを披露してくれました。

 

 

映像は

 

 

 

オリジナルメンバー24名、2期生19名の43名で6つのユニットにて活動中。

公式フェイスブックは⇒https://www.facebook.com/forestarena.diamond

 

応援よろしくお願いします!

 

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




お昼の天気予報が当たりました。

板荷コミセン周辺は、午後からいきなり激しい雨とともに雹が降りました。

時間にして10分くらいでしょうか。

まさに春の嵐です。

被害がないとよいのですが・・・

    

   板荷コミセンの駐車場

 

     

 屋根も白く 

 雨上がり

                

                       雹ではなく、 です



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




小中学校の入学式が終わり、一斉登校となる平成27年4月13日(月) 午前7時20分から東武線板荷踏切(板荷駅北側)で

交通安全協会板荷支部による早朝街頭啓発活動が行われました。

曇り空でしたが、 役員さん、 駐在さん、  自然体験交流センターの職員さん、 コミセン所長が参加しました。

『春の交通安全県民総ぐるみ運動 』は、5月に行われます。

 

桜は散り始めましたが、通学・通勤途中の沿道には、花々がきれいに咲いています。

  ヤマブキ

 シバザクラ

 ユキヤナギ

 ヤシオツツジ

 ハナダイコン

 ニリンソウ 

今日も、無事故・無違反で、いってらっしゃい。      

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




4月5日、東部台地区コミュニティ推進協議会(奈良部実会長)主催の第10回東部台ふれあいさくらまつりが、栄町1丁目ふれあい公園で開催されました。

 

 

高靇蓮の軽快なお囃子が景気付け

 

 

小雨交じりの天気でしたが、満開の桜の下、ヒップホップダンスやようかい体操、フラダンス、空手など、華麗なステージが繰り広げられました。

 

 

 

 

 

射的やストラックアウト、輪投げなどのゲーム広場は、行列が出来るほどの大盛況。

 

 

 

クリオーネさんのバルーンアート

 

模擬店も大盛況

 

 

クラシックバイクの初展示

 

 

 

自衛隊車両展示

 

フィナーレの大抽選会は、豪華景品を前に会場が熱気に包まれ、大いに盛り上がりました。

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ