猫のひたい

杏子の映画日記
☆基本ネタバレはしません☆

Re:LIFE~リライフ~

2019-01-31 21:35:02 | 日記
2014年のアメリカ映画「Re:LIFE~リライフ~」。

若くしてアカデミー脚本賞に輝き、ハリウッドのトップ脚本家となったキース・マイ
ケルズ(ヒュー・グラント)。しかし、その後15年もの間ヒット作に恵まれず、妻にも
逃げられるどん底の生活を送っていた。そんな彼が渋々引き受けたのが、田舎町の大
学でのシナリオコースの講師だった。当初は好き勝手な振る舞いで学科長からも再三
忠告を受けるキースだったが、学生たちの映画への真剣な思いに触れる中で、いつし
か自身も失いかけていた情熱を取り戻していく。

コミカルなドラマ映画。ヒュー・グラントってどうしてこんなにダメ男の役が似合う
んだろう。アカデミー脚本賞を過去に受賞し注目されたキースだが、その後はさっぱ
りヒット作に恵まれず、いつしかハリウッドからも見捨てられた存在になっていた。
そんな時、田舎町の大学でのシナリオコースの講師の仕事が舞い込む。先生なんて好
きじゃない、できないとゴネるものの、生活がかかっているため仕方なく引き受ける
ことになる。当初は早速女子学生と関係を持ったり、女性教授を怒らせてしまってク
ビも危うくなったりと勝手なことばかりをしていたが、学生たちの方はアカデミー賞
脚本家の授業が受けられると大喜びで、皆熱心である。
やる気を失いかけていた脚本家のキースだが、学生たちが本当に映画が好きで、自分
の講義を真剣に聞いてくれている姿を見ているうちに、教えることの楽しさに目覚め
ていく、その過程が良かった。別れた息子ともう1年も話していないと授業でつい話
してしまうが、絶対電話するべきと学生に励まされたり。学生たちもキースのプライ
ベートな面を知ることができて喜んでいる。スター・ウォーズおたくで、書く脚本が
全てスター・ウォーズから抜け出せない男子学生の話もおもしろかった。
とにかくヒュー・グラントがうまい。彼の魅力満載の映画である。映画自体も彼と同
様にコミカルでチャーミングな作品だった。




映画評論・レビューランキング

人気ブログランキング
コメント (2)

オールド・ボーイ

2019-01-26 21:47:11 | 日記
2003年の韓国映画「オールド・ボーイ」。

ごく平凡な人生を送っていたオ・デス(チェ・ミンシク)はある日突然拉致され、気が
つくと小さな監禁部屋にいた。理由もわからぬまま15年も監禁され続け、突如開放さ
れる。事件の真相究明と復讐を誓うデスの元に現れた謎の男(ユ・ジテ)は、5日間で
監禁の理由を解き明かせと命じ、デスに携帯電話を与える。

第57回カンヌ国際映画祭で審査員特別グランプリを、第37回シッチェス・カタロニア
国際映画祭でグランプリを受賞したパク・チャヌク監督のミステリー映画。日本の漫
画が原作らしいが、私は原作を読んでいないので原作に忠実な内容になっているかど
うかはわからない。ある日突然拉致されたオ・デス。彼はそのまま15年も監禁されて
しまう。監禁部屋にはテレビがあり、デスは妻が殺害され、姿を消している自分が疑
われていることをニュースで知る。何が何だかわからないデス。食事以外することの
ない彼は日記をつけ始め、いつか開放された時に犯人たちに復讐するため、体を鍛え
るのだった。
ものすごくおもしろかった。15年も監禁された主人公オ・デスが、開放され、何故自
分が監禁されたのかその真相を、友人や知り合った若い女性と共に探っていく。真実
に少しずつ近づいていくその過程が本当におもしろい。そして犯人の男の恐るべき執
念。人はここまで誰かを憎み続けていられるものなのか。犯行の理由はオ・デスも忘
れていた大昔の出来事にあったのだ。
アクションシーンもすごい。監禁中体を鍛えていただけあってデスはとても強くなっ
ていた。そして衝撃的なラスト。すごくおもしろかったが、救いのないラストがキツ
過ぎて観ているのに疲れてしまう。この映画は体力のある時にしか観られないな~と
思う。エンディングの音楽もとても良かった。韓国映画のパワーを感じさせられる作
品。かなり好きな韓国映画のひとつである。


良かったらこちらもどうぞ。パク・チャヌク監督作品です。
復讐者に憐れみを




映画評論・レビューランキング

人気ブログランキング
コメント (10)

U.M.A. レイク・プラシッド

2019-01-22 21:10:41 | 日記
1999年のアメリカ映画「U.M.A. レイク・プラシッド」。

メイン州の静かな湖で、ダイバーが謎の生物によって下半身を食いちぎられる事件
が起こった。遺体には、爬虫類のそれと酷似した巨大な歯が付着していた。調査の
ためニューヨークからやってきた博物館の研究者ケリー(ブリジット・フォンダ)は、
密猟監視員のジャック(ビル・プルマン)と地元の保安官ハンク(ブレンダン・グリー
ソン)、ワニ好きの大富豪ヘクター(オリヴァー・ブラット)らと共に生物の捕獲を
行おうとするが、やがて体長10m級の巨大なワニが姿を現す。

モンスター・パニックもののB級映画だが、ブリジット・フォンダやオリヴァー・
ブラットといった有名俳優が出演している。メイン州の湖でダイバーが体を半分引
きちぎられて死亡するという事件が起きる。何によって殺されたのかがわからない。
やがて遺体に残されていた歯から、ワニだということがわかる。ニューヨークから
博物館の研究者であるケリーが訪れ、ワニの種類を特定するが、そんなに大きなワ
ニがいるなどと誰も想像できない。だがケリーたちは船で調査に出た時、巨大なワ
ニの姿を目にすることになる。
ヒロインのケリーの性格が悪くダメ女なのがいい。あれが嫌だのこれが嫌だのと文
句ばかり。実は彼女は女友達に裏切られて失恋したばかりなのだ。ジャックや保安
官は半分呆れながら彼女と行動を共にするが、次第に親しくなっていくというあり
きたりの展開。それでもテンポが良くそれなりに怖いシーンもあるので、何となく
おもしろく観られる。
ワニのことを届け出なかったばあさんは逮捕されないのだろうか。そのために何人
も人が死んだというのに。しかもラストでもばあさんは懲りていない。何も考えず
にサラっと映画を観たいな、という時には最適な映画。



ベルに怒られるノエル。鉛筆描きなので見にくくてごめんなさい。






映画評論・レビューランキング

人気ブログランキング
コメント (8)

猟人日記

2019-01-19 20:52:24 | 日記
2003年のイギリス映画「猟人日記」。

1940年代後半のグラスゴー。作家志望のジョー(ユアン・マクレガー)は、貨物船の
雑役人として働いていた。ある日、彼は船上から女性の遺体を発見し、寝食を共に
する船の所有者レズリー(ピーター・ミュラン)と一緒に引き上げる。遺体は警察に
引き渡したが、その頃から、ジョーはレズリーの妻エラ(ティルダ・スウィントン)
を誘惑し、彼女と関係を持つようになる。だがジョーには秘密があった。

ユアン・マクレガー主演のサスペンス映画。主人公のジョーはとにかく女性にだら
しがない。次々と関係を持つ。船の仕事をする前は、恋人を働かせて自分は小説を
書き、結局ものにならなかったヒモである。そして船の上から女性の遺体を発見し、
その頃から急に船長の妻エラを意識するようになる。そしてエラを誘惑して関係を
持つ。その後も女性遍歴を重ねる。タイトルは猟人日記というより猟女日記にした
方がいいくらいだ。とにかくユアン・マクレガーのラブシーンが多い。観ていてう
んざりするほど。特に観たくはないのに無理矢理観せられている感がある。
ジョーには節操というものがないらしい。誰とでも寝る。そして船上から発見した
女性は実はジョーとつながりがあったのだ。だが物語は思わぬ方向へ進んでいく。
最初の方は少し退屈だが、その辺りからおもしろくなっていく。女性の遺体は殺人
事件として捜査され始めるのだ。それがどうなっていくのか、その過程はおもしろ
い。
ジョーはひたすら最低の男である。その最低男が次々と女性と関係していく映画、
という感じ。後味は悪い。イギリス映画って、エラ役のティルダ・スウィントンが
主演した「少年は残酷な弓を射る」や、「BOY A」など、重たくて後味が悪い映画
が多いと思う。私は好きだけど。




映画評論・レビューランキング

人気ブログランキング
コメント (4)

プレッジ

2019-01-15 20:51:11 | 日記
2001年のアメリカ映画「プレッジ」。

その日、定年退職を迎えた刑事ジェリー(ジャック・ニコルソン)は、仲間が開いて
くれたパーティーで楽しい時間を過ごしていた。が、そこへ少女強姦殺人事件の報
が。ジェリーは、少女の母親に懇願され、犯人の逮捕を約束する。退職までに残さ
れた時間はわずか6時間。しかし、目撃証言によって容疑者が連行され、自白も引
き出し、何とか逮捕に漕ぎ着けた。その後、容疑者は拘置所内で自殺を遂げるが事
件は一応の決着を見たかに思われた。しかしジェリーには何か腑に落ちないものが
あった。やがて、真犯人が別にいると確信したジェリーは、退職後も1人独自の捜
査を続ける。

ショーン・ペン監督のサスペンス・ミステリー。定年退職を迎えた刑事ジェリー。
その日に残忍な少女強姦殺人事件が起きる。目撃証言からすぐに容疑者が連行され
るが、男には知的障害があり、ジェリーは自白も刑事によって誘導されていると感
じる。やがて容疑者は刑事の拳銃を奪って自殺。事件は一応決着したと思われたが、
気になったジェリーは退職後も捜査を続ける。その中で被害者と同じ年頃の娘を持
つ母親と親しくなり、3人で家族のように暮らし始める。
別の真犯人の存在を確信するジェリーだが、それは妄想なのか?と観ていて感じさ
せられる。怪しい男も登場し、わからなくなるが、妄想ではなかったということを
観ている方も確信する。しかしある事情でジェリーが捕まえることはできなくなる。
おもしろい映画なのだが、このラストが残念な気がする。これによってジェリーは
昔の刑事仲間からも妄想にとりつかれていると思われ、恋人からも愛想を尽かされ
てしまう。
ジェリーの推理は当たっていたのに、ジェリーがとてもかわいそうなのである。ど
うしてショーン・ペンはこういうラストにしたのだろう。悪が必ずしも正当に裁か
れるとは限らない、ということを言いたかったのだろうか。それにしてもジェリー
にとっては悲惨なラストである。ジェリーが1人捜査をし、真犯人を推理していく
過程はとてもおもしろい。それだけにラストが消化不良で、納得できない人もいる
だろう。そういう映画だと言われればそうなのだが、私は残念。プレッジとは固い
約束、誓約といった意味である。




映画評論・レビューランキング

人気ブログランキング
コメント (2)