猫のひたい

杏子の映画日記
☆基本ネタバレはしません☆

ベストセラー

2019-06-27 21:42:02 | 日記
2010年の韓国映画「ベストセラー」。

ペク・ヒス(オム・ジョンファ)は、10年に亘ってベストセラー作家として君臨して
きた。しかし、新作小説が盗作の疑惑を受け、一瞬にして作家としての名声を失い、
2年間創作できなくなってしまう。ヒスは娘ヨニ(リュ・スンニョン)を連れて、田
舎にある人里離れた別荘へ向かう。そこで執筆に専念しようと思ったのだが、その
家にやって来てから、ヨニが奇妙な言動を繰り返すようになる。

ホラー仕立てのサスペンス映画。女性作家ペク・ヒスはベストセラー作家だったが、
新作小説が盗作の疑惑を受けたことから、一瞬にして作家としての名声を失ってし
まい、その後2年間スランプ状態に陥ってしまう。しかし彼女の再起を信じる編集
長から、田舎の別荘に行って小説を書くよう勧められる。そこは昔孤児院だった大
きな屋敷だった。ヒスは幼い娘ヨニを連れてそこへ向かう。ところがそこにやって
来てから、ヨニが「2階にお姉さんがいるの」「お姉さんに歌を教えてもらったの」
などとおかしなことを口にするようになる。ヒスはヨニを怒るが、執筆が進まずに
焦っていたヒスは、ヨニがお姉さんから聞いた話を基に小説として書いてしまう。
出版されたその小説は瞬く間に売れるが、これもまた盗作の疑いをかけられてしま
い、ヒスは混乱する。
前半はオカルトかなと思って観ていたら、中盤からサスペンス・ミステリーに変わ
っていって、なかなかおもしろかった。ヒス役の人が熱演で、惹き込まれて観てし
まう。ヨニのエピソードには驚かされた。娘の妄想を基に小説を書いたのに、何故
それもまた盗作の疑いをかけられてしまうのか。ヒスはずっと前に出版された小説
が自分の作品とそっくりなのを知って、自分はこれを読んでいないのに、と驚く。
そして、屋敷が書かせているのだと確信する。
ヨニが会ったというお姉さんとは何者なのか。村人たちのおかしな態度は何なのか。
興味深くて一気に観てしまう。次第に謎がとけていく描写はおもしろかった。閉鎖
的な田舎の特徴をよく捉えていて、ああこういうことなんだな、とわかる辺りは異
常さが際立っていて目が離せない。ともあれ、人里離れた大きな屋敷には行きたく
ないものである。




映画評論・レビューランキング

人気ブログランキング
コメント

泣くな赤鬼

2019-06-22 18:47:57 | 日記
2019年の日本映画「泣くな赤鬼」を観にいった。

元・城南工業高校野球部監督・小渕隆(堤真一)は、日に焼けた赤い顔と、鬼のような
熱血指導で"赤鬼先生"と呼ばれ恐れられていた。だが、甲子園出場を目前にしながら
も夢に破れ、10年の月日が流れた今は、野球への情熱をすっかり失っていた。ある
日、小渕はかつての教え子・ゴルゴこと斎藤智之(柳楽優弥)と偶然再会する。ゴルゴ
は野球の才能は持ちながらも、挫折して高校を中退した生徒だった。しかし、今では
結婚して妻・雪乃(川栄李奈)と長男との幸せな家庭を持つ立派な大人に成長。ところ
が、そんな再会も束の間、小渕は雪乃からゴルゴが末期癌で余命半年であることを知
らされる。辛い現実を突きつけられた小渕の脳裏に、あの頃の記憶が甦った。

重松清氏の短編小説の映画化。かつて野球の強豪校で監督をしていた教師の小渕は、
今はバリバリの進学校に勤務し、野球部は弱く、野球への情熱を失っていた。そんな
時に前の高校の教え子・ゴルゴと病院で再会する。小渕は胃の調子が悪く受診してい
たのだが、ゴルゴは会社の健康診断で引っかかったと言う。嬉しそうに小渕と話をす
るゴルゴ。その時はそれで別れたが、後日、ゴルゴの妻・雪乃が小渕の元を訪ねてき
て、夫が死んでしまうと泣き崩れる。
青春時代を振り返る切ない物語。ゴルゴは野球の素質は持ちながらも、努力すること
が苦手で、挫折して野球部をやめ、高校までもやめてしまった生徒だった。けれども
何故学校まで中退するに至ったのか、その心情が今ひとつわからなかった。野球をや
めたらやることが見つからなくなってしまったのだろうか。その辺りをもう少し丁寧
に描いて欲しかった。それにゴルゴのライバルだった和田(竜星涼)はもう10年も経
っているのに先生を恨み過ぎではないかと思った。グラウンドのシーンで和田が現れ
たのは偶然ではないだろう。あの時小渕に「来てくれたのか」という表情をさせて欲
しかったと思う。
色々と粗は目立つのだが、いい映画だった。原作は未読なので、原作の描写がどうな
っているのかわからないが、俳優たちの演技は皆素晴らしかった。特に堤真一と柳楽
優弥は本当に熱演だった。ラストシーンの堤真一の顔を上げた時の表情がとても良か
った。あの表情に全てが集約された物語だな、と思った。




映画評論・レビューランキング

人気ブログランキング
コメント (2)

ブラック・ウォーター

2019-06-18 21:31:04 | 日記
2008年のオーストラリア映画「ブラック・ウォーター」。

オーストラリア北部へ旅行に来たリー(メイヴ・ダーモディ)と姉のグレース(ダイアナ
・グレン)とその恋人アダム(アンディ・ロドレーダ)は、ガイドと共にマングローブが
生い茂る沼地へと入り込む。そこで釣りをしていると突如ボートが何かにぶつかって転
覆する。川に投げ出された一同がそこで目撃したのは、巨大なクロコダイルであった。

この手の動物パニック映画はよくあるが、本作が他と違っているのは、実話を基にして
いるということだ。2003年に実際に起きた事件だという。実話だと思うと恐ろしい。
姉妹と姉の恋人は川釣り体験ツアーに参加し、ガイドと共にボートに乗り込むが、何か
がボートにぶつかって転覆してしまう。ぶつかってきたのは巨大クロコダイルで、ガイ
ドはすぐに犠牲になってしまう。グレースとアダムは木に登るが、リーはひっくり返っ
たボートにしがみついたままだ。そのままではまたワニが襲ってくるからと、リーは命
がけで泳いで木に登る。しかしこれからどうすればいいのかわからない。木を伝って陸
地へ上がっても道に迷うだろうし、ボートで帰るにしてもまたワニに襲われる。3人は
木の上で途方に暮れる。
こういう映画だと、大体おバカな高校生や大学生が次々と巨大ワニに襲われるというパ
ターンが多いと思うが、この映画は登場人物が3人だけで、舞台のほとんどが沼地なの
で地味である。でもそれがかえってリアルな緊迫感をもたらしている。いつどこからワ
ニが現れるかわからない。助けを呼んでも来ない。絶望的な状況だ。それでも、やはり
ボートを元に戻して帰るしかないと、ボートのロープを手繰り寄せて何とか近づけよう
とする。
実際の事件も3人で、木の上に20時間以上いたそうだ。さぞ怖かっただろう。体力も消
耗するし。人間は巨大な動物には勝てない。死体もグロテスクだったし、色々とリアル
な感じでなかなかおもしろかった。



ふわ~あ。


















映画評論・レビューランキング

人気ブログランキング
コメント (2)

ブラック・ダイヤモンド

2019-06-12 21:31:51 | 日記
2003年のアメリカ映画「ブラック・ダイヤモンド」。

強盗団のリーダー、フェイト(DMX)は、ある宝石商の金庫破りを図っている時、自分
たちを追跡する男を発見する。その男、ダンカン・スー(ジェット・リー)は「金庫の
中の何を盗んでもいいが、ブラック・ダイヤモンドだけは置いていけ」と警告する。
スーの言葉を無視し、ありったけの宝石を強奪したフェイト一行だったが、犯罪組織
のボス、リン(マーク・ダカスコス)がフェイトの娘を誘拐する。娘と引き換えにブラ
ック・ダイヤモンドを要求するリン。窮地に陥ったフェイトの前に、スーが手を差し
伸べる。

ジェット・リー主演のアクション・サスペンス。と言ってもサスペンス要素はあまり
ないけれど。王道のアクション映画で、ジェット・リーがかっこよかった。サングラ
ス姿もいいし、片手をポケットに入れたまま敵を倒すのも良かった。冒頭の高層ビル
のベランダ侵入パフォーマンスから惹き込まれた。ただやっぱりアメリカ映画なので、
大柄なアメリカ人たち(特に黒人)と比べると小柄で地味だなー、と思った。これは仕
方ないか。
ブラック・ダイヤモンドの正体も興味深かった。「ブラック・ダイヤモンドだけは置
いていけ」などと言うから、スーも別の強盗なのかと思ったら、そう来たか、という
感じ。フェイトは子供がいるのに強盗団って…まともな仕事をしろよ、と思った。そ
の娘が誘拐されて、人質になっているところにスーが助けに入るのだが、リンを中心
とする犯罪組織は悪で、フェイトたちは善、みたいな図式になっているのがちょっと、
と思った。強盗も犯罪なのだが。
地下鉄アクションやカーチェイスがすごくて、見どころ満載である。ただそのために
ジェット・リーのアクションが少し霞んでしまった感がある。他の俳優たちのアクシ
ョンシーンもかなり多いので。それが残念。終盤のスーとリンの戦いのシーンは良か
った。リンなんてヘリコプターが爆発したのに生きてるなんて、不死身か!という感
じ。まあストーリーもそこそこおもしろかったが、もっとジェット・リーの活躍を見
たかったな。




映画評論・レビューランキング

人気ブログランキング
コメント

静寂の森の凍えた姉妹

2019-06-08 22:14:54 | 日記
2016年のアイスランド映画「静寂の森の凍えた姉妹」。

アイスランドの平和な都市レイキャヴィク。ある日、凍てついた森の中で幼い姉妹の
他殺体が見つかる。捜査を担当することになった女性刑事エッダ(マルグレート・ヴ
ィルヒャムズドッテイル)と同僚のヨイ(スヴェイン・オーラフル・グンナルソン)は、
過去に性犯罪歴のある男たちを中心に捜査を進めていく。その中には、釈放されたば
かりのエッダの弟アンドリ(ピエトゥル・オスカル・シーグルドソン)もいた。やがて、
知的障害者のマグニ(ハンネス・オーリ・アウグストソン)が容疑者として浮上する。

アイスランドのミステリー・サスペンス映画。雪深い森の中で発見される幼い姉妹の
他殺体。観ていても凍えるような思いだ。アイスランドでは凶悪事件はあまり起きな
いらしいが、姉妹が1度に殺害されるという大事件に街は大騒ぎになる。姉妹の母親
が遺体を確認するシーンは本当に胸が痛む。過去に性犯罪歴のある男たちを中心に捜
査していくが、皆アリバイがある。アイスランドは性犯罪歴のある者に対して非常に
厳しいらしく、連行されても文句は言えないようだ。そして彼らに対する人々の差別
もひどい。
やがて知的障害のあるマグニが自白したとヨイは言い出す。しかしエッダは、彼は目
撃された白い車も持っていないし、運転もできないと反対する。それでもヨイや上層
部はマグニを犯人だと決めてかかる。孤軍奮闘して真犯人を見つけようとするエッダ
だったが、捜査は手づまりになる。
地味で暗くてとても後味の悪い映画だった。私はこういう映画が好きなのだが。1つ
わからないことがある。姉妹の母親は娘の日記を見つけるのだが、そこには犯人に結
びつくような記述があったのに、彼女はそのページを破って警察に隠すのである。あ
れが何故なのかわからなかった。あの記述がわかればもっと早くに真犯人に辿り着く
手がかりになったであろうに。その点がわからなかった。
ラストで犯人ははっきりするのだが、それでもとても後味は悪い。アイスランド映画
は「レイキャヴィク・ホエール・ウォッチング・マサカー」しか観たことがなかった
が、あちらは笑えるスプラッター・ホラーだった。本作はなかなかおもしろかった。




映画評論・レビューランキング

人気ブログランキング
コメント