猫のひたい

杏子の映画日記
☆基本ネタバレはしません☆

バルタザールどこへ行く

2021-04-20 22:18:56 | 日記
1964年のフランス・スウェーデン合作映画「バルタザールどこへ行く」を観に
行った。

小村の教師の娘マリーは農園主の息子ジャックと共に、生まれたばかりのロバに
バルタザールと名前をつけかわいがる。ある日ジャックが引っ越すことになり、
バルタザールもどこかへ行ってしまう。それから10年、鍛冶屋の労役に使われ
ていたバルタザールは苦しさに耐えかねて逃げ出し、成長したマリー(アンヌ・
ヴィアゼムスキー)の元へ向かう。マリーは再会を喜び、またバルタザールに愛
情を注ぐようになるが、マリーに想いを寄せる不良のジェラール(フランソワ・
ラファルジュ)は嫉妬してバルタザールを痛めつける。

昔の映画のリバイバル上映。ヴェネツィア国際映画祭で審査員特別賞を受賞した
ロベール・ブレッソン監督作品。ロベール・ブレッソンという人を私は知らなか
ったが、とても好みの映画だった。ロバの視点から人間の愚かさや悲しさを描い
ている。大人になったマリー(10代後半くらい)は再びバルタザールをかわいが
り、いつも連れ歩くようになるが、マリーを好きな不良のジェラールはマリーと
バルタザールが一心同体であると感じ、嫉妬する。そして実家のパン屋でバルタ
ザールをこき使ったり仲間と共に痛めつけたりする。
ロバがとてもかわいい。優しい目をしている。そしていい演技をするのだ(演技
をしているつもりはないのだろうが)。マリーになついたり、酷使されて逃げた
り、反抗したりと感情がよく伝わってくる。やがてジャック(ヴァルテル・グレ
ェン)が戻ってきて、「子供の頃から好きだった」とマリーに求婚するが、マリ
ーは自分に頻繫に接触してくるジェラールを好きになっており、断ってしまう。
そしてマリーはジェラールに夢中になりバルタザールの世話をしなくなる。こう
してマリーは堕ちていくのだ。真面目なジャックの求婚を受け入れていればいい
のに、チンピラみたいなジェラールに惹かれるなんて。
バルタザールが運命に翻弄されていく様子が悲しい。彼はマリーの側にいる時だ
けが幸せだった。愚かさゆえ不幸になっていくマリーをどういう気持ちで見てい
たのだろう。映画は説明が少ないので少しわかりにくいところもあり、マリーの
父親の訴訟沙汰についてはよく理解できなかった。でもこういう淡々としたモノ
クロームの映画は好きだ。結局誰も幸せになれないし、それはバルタザールも同
じである。そして物語はあっけなく幕を閉じるが、悲しい余韻が心に残る映画だ
った。




映画評論・レビューランキング

人気ブログランキング
コメント (4)

見知らぬ乗客

2021-04-17 22:46:23 | 日記
1951年のアメリカ映画「見知らぬ乗客」。

テニス選手のガイ・ヘインズ(ファーリー・グレンジャー)は浮気性の妻ミリアム
(ケイシー・ロジャース)と離婚し、交際中の上院議員の娘アン・モートン(ルー
ス・ローマン)と再婚したいと望んでいた。ある日ガイは列車の中で見知らぬ男
ブルーノ・アントニー(ロバート・ウォーカー)から話しかけられる。ブルーノは
何故かガイの事情をよく知っており、彼の父親を殺してくれるなら自分がミリア
ムを殺そうと交換殺人を持ち掛ける。ガイは冗談だと思い取り合わなかったが、
その後ブルーノは本当にミリアムを殺害し、ガイにも殺人を実行するよう付きま
とうようになる。

太陽がいっぱい」で有名なパトリシア・ハイスミスの小説を映画化した、アル
フレッド・ヒッチコック監督作品。知らない男から交換殺人を提案された男の恐
怖を描いている。テニス選手のガイはある日列車の中でファンだという男ブルー
ノから話しかけられる。自分の私生活についてよく知っており、馴れ馴れしいブ
ルーノにガイは不快感を抱く。そしてブルーノは自分がガイの妻を殺すからガイ
に自分の父親を殺してくれと話す。ガイは相手にせずに列車を降りるが、数日後
妻のミリアムが殺されたことを知る。やがてガイの元に「約束通りミリアムを殺
したから今度は俺の父親を殺してくれ」という脅迫状が届くようになる。
交換殺人というのは完全犯罪になりやすいだろう。被害者と加害者の間に全くつ
ながりがないのだから。ガイはブルーノの冗談だと思っていたことが現実になり、
恐怖を覚える。警察に行こうとするが、ブルーノから「嘱託殺人だと思われるぞ
」と言われ窮地に陥る。そしてブルーノは何度も脅迫の手紙を送りつけたり、ガ
イの近くに現れたり、ガイの身近な人たちにまでガイの友人を装って接触してき
たりして、ガイは気が気でない。こういうハラハラする演出はやっぱりヒッチコ
ックはうまいなあと思う。観ていて緊張感が途切れない。
やがてガイの恋人のアンはブルーノに不審なものを感じるようになり、ガイを問
い詰める。ガイはアンに打ち明けるが、解決策は浮かばず、ブルーノの脅迫はエ
スカレートしていく。この映画には大きな見どころがいくつかあり、1つはガイ
のテニスの試合のシーンだろう。ブルーノの家に行こうとしているガイは早く試
合を終わらせたくて必死になる。解説者の「ガイ・ヘインズはいつもとは違う攻
めのテニスをしています」という言葉にもガイの焦りは表現されていて、ガイと
一緒にドキドキしてくる。それからブルーノがライターを側溝に落としてしまい、
手を突っ込んで取ろうとするがなかなか取れない、というシーンもブルーノの焦
りをこちらも同時に感じるようである。
そしてクライマックスの遊園地の回転木馬のシーンは圧巻。ヒッチコック映画の
中でもハラハラ感は屈指ではないだろうか。回転木馬であんなに迫力あるシーン
を思いつくなんてすごいと思う。無関係の人が1人死んだのはちょっときつかっ
たが。あのシーンは結構長く、どういう結末を迎えるのだろうと観ていたが、結
末をあっけないと感じる人もいるかもしれない。でも私はあのあっけなさもいい
と思った。サスペンスの見本のような映画で、とてもおもしろかった。


良かったらこちらもどうぞ。アルフレッド・ヒッチコック監督作品です。
サイコ

マーニー
私は告白する



映画評論・レビューランキング

人気ブログランキング


コメント (6)

父、帰る

2021-04-13 22:53:21 | 日記
2003年のロシア映画「父、帰る」。

アンドレイ(ウラジーミル・ガーリン)とイワン(イワン・ドブロヌラヴォフ)の
兄弟は、母親と祖母と暮らしており、父親(コンスタンチン・ラヴロネンコ)の
顔は写真でしか知らなかったが、ある日12年ぶりに父親が帰ってきた。これ
までどこにいたのか全く語らない父親に当惑する2人だが、父親は明日から2
人を連れて旅に出ると言う。翌朝、3人は釣り道具と共に車で出かけるが、父
親は行き先も告げず、高圧的な態度で子供たちに接する。兄のアンドレイはそ
れでも父親に好意的だったが、弟のイワンは不満を募らせていく。

第60回ヴェネツィア国際映画祭で金獅子賞と新人監督賞を受賞した、アンド
レイ・ズビャギンツェフ監督の人間ドラマ。母親と祖母と慎ましく暮らす兄弟
アンドレイとイワンの元に、家を出たまま音信不通だった父親が12年ぶりに
帰ってくる。写真でしか見たことのない父親の突然の登場に兄弟は戸惑うばか
り。しかも父親は、2人を連れて旅行へ行くと言う。翌朝車で出発した彼らは、
家から遠く離れた湖の無人島にやって来る。粗暴で高圧的な父親に憎しみを募
らせていくイワンだったが、それでもアンドレイは父親を慕おうとしていた。
しかし次第に父子の間でいさかいが起きるようになる。
この父親が何故家を出ていったのか、何故12年も経って突然帰ってきたのか、
その間どこで何をしていたのかという説明は物語の中で一切ない。それにこの
家族がどうやって生活していたのかもわからない。母親も祖母も働いている様
子がないし、父親が仕送りでもしていたのだろうか。母親も「パパが帰ってき
たわよ」と普通に(心の中はわからないが)受け入れている。ただ祖母は暗い顔
をしていたのであまり歓迎はしていないようだ。父親が帰ってきた翌日の朝食
ではピリピリした雰囲気が漂う。色々と謎が多いが、恐らくそれらはどうでも
いいことなのだろう。とにかく父親が帰ってきた、というところから映画は始
まっているのだ。
旅行へ行くにしても、息子たちだから良かったものの娘なら行かなかっただろ
う。無人島で父親は兄弟に色々なことを教える。この父親、サバイバル能力が
高いのだ。兄のアンドレイは釣りなどをそれなりに楽しんでいるが、弟のイワ
ンは父親に反抗的である。決してパパとは呼ばない。兄と話す時は「あいつ」
と言っている。突然現れた知らないおじさんに素直に従えないのも無理はない
と思う。そして父親の振る舞いはとにかく乱暴で居丈高で、アンドレイも不満
を感じるようになり、決定的な揉め事が起きる。
父親は自分が不在だった時間を取り戻そうと、息子たちに色んなことを教えた
かったのだと思う。でもいかんせんやり方が悪い。もっと子供たちに優しく接
することはできなかったのだろうか。そういう性格なのだろうが、不器用な人
だったのだろう。子供たちを愛しているのは伝わってきたが、自分をパパと呼
んでくれていたアンドレイまで反抗的にさせてしまった。ラストは衝撃的だが
とてもあっさりしている。見応えがあっておもしろかった。アンドレイ・ズビ
ャギンツェフの映画を観たのは「裁かれるは善人のみ」と本作だけだが、とて
もおもしろい。他の作品も観たい。




映画評論・レビューランキング

人気ブログランキング
コメント (2)

女王フアナ

2021-04-10 22:23:52 | 日記
2001年のスペイン・イタリア・ポルトガル合作映画「女王フアナ」。

15世紀後半のヨーロッパ。スペインを統一したイザベラ女王の娘フアナ
(ピラール・ロペス・デ・アジャラ)はハプスブルク家のフェリペ王子(ダ
ニエレ・リオッティ)に嫁ぐ。政略結婚にも関わらず2人は激しく愛し合
うが、ほどなくフアナはフェリペの度重なる浮気に悩まされるようになり、
同時に周囲の陰謀に巻き込まれていく。

不実な夫に対する激しい嫉妬から「狂女フアナ」と呼ばれたフアナ女王の
半生を描いた史実ロマン。スペインでは大ヒットしたそうだ。スペインの
イザベラ女王の娘フアナは16歳でフェリペ王子と結婚する。フアナはフェ
リペに一目惚れをし、フェリペも美しいフアナを気に入ったためしばらく
の間は熱愛の日々を過ごすが、フェリペはやがて他の女たちと浮気をする
ようになる。嫉妬の炎を燃やすフアナの行動は次第に常軌を逸していく。
そして民衆に絶大な支持を受ける女王となったフアナだが、政府の要人た
ちはフアナから王位を剥奪しそれをフェリペに与えようと画策するように
なる。
フェリペ役の俳優はそんなに美男ではないのだが、実際のフェリペはかな
りの美形だったらしい。まだ16歳のフアナにとっては初恋だったのでは
ないだろうか。フアナはフェリペに夢中になるが、彼は不誠実な男で、フ
アナは常に夫の浮気に悩まされるようになる。あまりの嫉妬深さから王宮
で「狂女」と言われるようになるが、映画を観る限りでは確かに嫉妬深い
が狂っているという程には思えない。が、実際のフアナはかなり異常だっ
たらしく、映画は少しマイルドに描かれているのかな、と思った。
フアナは夫のことで悩みながらも政治はちゃんとやっていたようで、国民
からの人気は高かった。それでも宮中では「狂女に政治は任せられない」
という意見が出始め、王位を剥奪してフェリペに与えようという陰謀が起
こる。だがフェリペは実際は王の器ではなかったらしい。やがてフェリペ
が急病のため若くして亡くなると(暗殺説もあるとのこと)、フアナはます
ます精神に異常をきたしていく。そして修道院のそばの城館に幽閉されて
しまう。
フアナは75歳で亡くなるまで40年以上幽閉されていたが、最後まで退位
を拒み、女王であり続けたという。フアナとフェリペの間には6人の子供
が生まれているので、フェリペもフアナを嫌いではなかったのかもしれな
いが、まあ、女好きだったんだろうな。フアナももう少し割り切れなかっ
たのかなあと思う。時代に翻弄された気の毒な女性である。衣装は赤を基
調としている感じでフランスとかの王宮ものとはまた違う華やかさで、美
しかった。脇役でジュリアーノ・ジェンマが出演していて、衣装のせいも
あって初めは気がつかなかったのだが、年をとってもやっぱりかっこよか
った。




映画評論・レビューランキング

人気ブログランキング
 
コメント (2)

再会の夏

2021-04-06 22:23:34 | 日記
2018年のフランス・ベルギー合作映画「再会の夏」。

1919年、第1次世界大戦が終わり、平和が訪れたばかりのフランスの田舎町。
猛暑が続く留置所の外で、黒い1匹の犬が昼夜を問わず吠え続けている。その
中では戦争の英雄ジャック・モルラック(二コラ・デュヴォシェル)が国家侮辱
罪で収監され、頑なに黙秘を続けていた。彼を軍法会議にかけるか否かを決め
るため、パリからやって来た軍判事のランティエ少佐(フランソワ・クリュゼ)
は、ジャックの体験した戦争の現実を調べていくうちに、農婦にしてはあまり
に学識豊かなジャックの恋人・ヴァランティーヌ(ソフィー・ヴェルベーク)と
幼い息子の存在が浮かび上がる。

ジャン・ベッケル監督による戦争をテーマにした人間ドラマ。戦争の英雄で武
勲をあげたはずのジャックは留置所に収監され、頑なに黙秘を続けている。真
相を調べるためにやって来た軍判事のランティエ少佐は、留置所の外で吠え続
ける1匹の犬に関心を寄せる。犬はジャックの愛犬だった。何故犬は留置所か
ら離れようとしないのか。忠誠心からなのか。何故ジャックは黙秘を続けるの
か。ランティエ少佐は真実を探り始める。
戦後を舞台にした物語で、もっとミステリーっぽい映画かと思ったら違ってい
た。特に悪人は登場しないし、どちらかと言えば感動系。ジャックは第1次世
界大戦の英雄としてレジオン・ドヌール勲章を授けられたが、その後国家侮辱
罪で収監されてしまう。ジャックが何をしたのかは後半でわかるのだが、そん
なことで国家侮辱罪になるなんて戦争があった時代なのだなあと思った。今だ
ったらそんなに大変なことかな、という感じなのだが。黙秘を続けるジャック
を取り調べるために派遣されてきたランティエ少佐は、ジャックの恋人である
ヴァランティーヌの存在を知る。
戦争で犠牲になるのはいつの時代も若者や女性たちだ。ジャックも英雄扱いさ
れているが少しも誇りに思っていない。「結局上層部は俺たちを犬のように服
従させようとしているだけだ」というジャックのセリフは胸に迫るものがある。
生還できた兵士たちも戦争という体験で深く傷ついているのだ。そんな彼らに
とって勲章はどれほどの価値があるのだろう。脱走兵が銃殺刑になるシーンは
観ていて辛かったが、兵士たちが酒を飲みながら歌を歌うシーンは良かったし、
少しだけ登場してランティエ少佐と会話する若い兵士も純粋さの象徴として描
かれていて、良かった。
ただ、ジャックが黙秘していた理由が結局それ?という拍子抜け感は否めなか
った。彼の誤解というか早とちりが原因だったのに、彼は死刑さえ望んでいた
のだ。ランティエ少佐は振り回されて、お疲れ様という感じ。それにヴァラン
ティーヌが何故学識豊かなのかもよくわからなかった。そこがポイントになっ
ているのかと思ったのだが。彼女は読書家で、それが理由?それだけ?という
感じはする。映画の原題は「Le collier rouge」で「赤い首輪」という意味だ
そうだ。レジオン・ドヌール勲章のリボンは赤いのでそれを指している。原題
を考えると感慨深いものはあるし、ランティエ少佐役のフランソワ・クリュゼ
の演技も良かった。




映画評論・レビューランキング

人気ブログランキング
コメント (2)