猫のひたい

杏子の映画日記
☆基本ネタバレはしません☆

恋するシェフの最強レシピ

2022-05-19 22:00:00 | 日記
2017年の香港・中国合作映画「恋するシェフの最強レシピ」。

ビジネスにも食事にも常にパーフェクトを求め、世界の味を知り尽くした
やり手の若手実業家のルー・ジン(金城武)。彼が買収に成功した上海の名
門ホテルで有名料理長が提供する料理はどれも彼を感動させるものではな
かったが、見習いシェフのグー・ションナン(チョウ・ドンユィ)が編み出
す斬新なレシピだけはジンの舌を満足させた。ジンが指定したテーマに合
わせ、完璧な料理を次々と提供していくションナン。2人は食を通して心
を通わせていくが、ジンたちの前にションナンの才能を凌ぐ美人シェフ(
リン・チーリン)が現れる。

ロマンティック・ラブ・コメディ。上海で名門ホテルの買収に成功した実
業家のルー・ジンは、ビジネスにも食事にもパーフェクトを求める高慢な
男。"絶対味覚"を持つジンにとって、このホテルの有名料理長が提供する
メニューはどれも特別に感動できるものではなかった。けれども自由な発
想で斬新なレシピを編み出す見習いシェフのションナンだけがジンの舌を
満足させることに成功する。互いに顔を合わせることなく、ジンがテーマ
を決めて料理をオーダーすると、ションナンもプライドをかけて完璧な料
理を作り出していく。その対決がヒートアップすればするほどジンはショ
ンナンに会ってみたいと思うようになる。
ルー・ジンは美食家で潔癖症で傲慢な資産家だ。金城武はこういう役がよ
く似合うと思う。彼を満足させるシェフはなかなかいない。ところがショ
ンナンが作った料理にだけはジンは感動を覚える。そして作ったのが女性
シェフであることも言い当ててしまう。ジンは彼女に会ってみたいと思う
ようになるが、実はジンとションナンは何度も会っているのである。ジン
はションナンの顔を知らないがションナンはジンを知っており、遭遇しそ
うになる度にションナンは逃げたり隠れたりしようとするが、その際いつ
もやっかいな事が起きてしまい、ジンは彼女を疫病神扱いする。
王道の少女漫画的ラブコメなのだが、結構おもしろかった。ジンのスーツ
ケースから大量の「出前一丁」が出てくるのが笑えた。金城武主演の香港
映画でも出前一丁が登場したが、中華圏で出前一丁は人気があるのだろう
か。ホテルのキッチンで出前一丁を作ろうとするジンだが、完璧主義者な
のでインスタントラーメンの作り方にも非常なこだわりがある。そのシー
ンがユーモラスでいい。ジンがションナンの正体に気づいてからは2人の
距離は縮まっていくが、最初はジンはションナンを天才的なシェフという
興味で見ている。
よくあるように親しくなった2人はケンカ別れをしてしまうが、それで初
めてお互いをとても大切に思っていることに気づく。もうベタベタの王道
である。最後の方で2人の仲を取り持つのがションナンの愛犬だというの
もいい。ションナンは愛犬に向かって「裏切者」と言っていたが。ジンと
ジンの父親が話すシーンはちょっと切なかった。登場する料理がどれもと
てもおいしそうで、特にチョコレートケーキは食べてみたかったなあ。残
念だったのはセリフが広東語ではなく中国語だったこと(私は広東語が好
きである)と、ションナン役のチョウ・ドンユィがかわいくなかったこと。
金城武の相手役としては釣り合っていないと思った。でも全体としてはお
もしろかった。




映画評論・レビューランキング

人気ブログランキング
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

宿命

2022-05-15 21:53:45 | 日記
2008年の韓国映画「宿命」。

父の死後、男癖の悪い母の家を出たウミン(ソン・スンホン)は、道端で
裏社会で生きるドワン(キム・イングォン)に出会う。ウミンとドワンは
意気投合するが、ドワンと組んでいるチョルジュン(クォン・サンウ)は
ウミンの存在を快く思っていなかった。彼らは人生をやり直すため、対
立する組織の金を盗む作戦を実行するのだが、失敗し、ウソンは逮捕さ
れる。2年間の服役生活を終えて出所し、裏社会に戻ったウミンが目に
したのは、多くの部下を従えるチョルジュンの姿だった。

ソン・スンホンとクォン・サンウ共演のサスペンス・アクション。この
2人の共演は豪華だが、それ程おもしろくなかったかなあ、という感じ。
ウソンは裏社会で生きるドワンと知り合い、仲良くなる。だがドワンと
組んでいるチョルジュンはそれをあまり良く思っていない。ドワンは重
い薬物中毒で、ウミンはドワンを治してやりたいと思っていた。やがて
チョルジュンたちは足を洗うために、対立する組織のカジノを襲撃して
金を強奪する計画を立てるが、失敗し、ウミンはリーダーから代表して
自首してくれと言われる。ウミンは自首し、2年間の服役を終えて戻る
が、その間にチョルジュンは出世して多くの部下を抱えていた。
足を洗うために強盗をするというのがヤクザの考え方だなあ。1からや
り直そうとは思わないのだろう。仲間のために代表して自首させられた
ウソンは気の毒だ。ウソンという人は根はいい人なのだが、なかなか普
通の生活に戻れない。親友のドワンの薬物中毒はますますひどくなって
おり、ウソンは何とかしなければと思う。しかしこれは本人に治そうと
いう気持ちがなければなかなかうまくいかないものである。
クォン・サンウが演じるチョルジュンのキャラクターに魅力を感じない
のが残念。見た目はもちろんかっこいいのだが、チョルジュンは短気で
やたらすぐに怒ったりどなったりして、うるさいというか落ち着きがな
いというか。もっとどっしりと構えていられないのか、と思う。チョル
ジュンが夫婦関係がうまくいっていない妹から相談を受けて、後日妹の
夫に「ケンカするのはいい。だが妹に手をあげたら承知しない」と言う
シーンは静かな迫力がある。妹の夫は「はい、約束します」と答えるが、
ああいう義兄がいたら怖いだろうなあ。チョルジュンはロクな人間では
ないが妹はかわいいんだな、と思った。
全体的にアクションが弱いというか、ヤクザがどうして銃を持たずに棒
や刃物で戦っているのだろう、と思った。ヤクザ映画ならやっぱり銃だ
ろう。だから迫力が今ひとつなのだ。棒でボコボコ殴っててもねえ。終
盤は悲劇的な方向へ向かう。ウソンとドワンがそれぞれよりを戻そうと
していた元恋人の女性たちもかわいそうだ。ラストはあっけなく、いき
なり終わる感じ。この終わり方は賛否あるかもしれないが、私はまあ良
かったんじゃないの、と思った。でも物語自体がもっとおもしろかった
ら良かったなあ。スンホンとサンウ目当てに観るのならいいかもしれな
い。




映画評論・レビューランキング

人気ブログランキング

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

不都合な理想の夫婦

2022-05-11 22:15:00 | 日記
2019年のイギリス映画「不都合な理想の夫婦」を観に行った。

1986年、ニューヨークで貿易商を営むイギリス人のローリー・オハラ
(ジュード・ロウ)は、アメリカ人の妻アリソン(キャリー・クーン)と娘
と息子と共に幸せに暮らしていた。しかし、更なる大金を稼ぐことを夢
見て、好景気に沸くロンドンに一家で移住し、かつての上司が経営する
商社に舞い戻る。仕事面では才能を評価され、ロンドン郊外に豪邸を借
り、息子を名門校に編入させ、妻の好きな乗馬のために広大な敷地を用
意するなど、ローリーの生活は順風満帆だった。しかしアリソンはふと
したきっかけから、新生活のために用意していた貯金が底をついている
ことを知ってしまう。

心理サスペンスで、なかなかおもしろかった。ニューヨークで暮らすイ
ギリス人のローリーは、アメリカでの生活に限界を感じ、家族で自分の
出身地であるロンドンに移住することを提案する。アメリカ人の妻アリ
ソンは困惑するが、結局一家で移住する。ローリーはかつての上司が経
営する商社に入社し、歓迎される。仕事の能力を高く評価され、プライ
ベートも充実しており、オハラ家の生活は順調だった。いや、順調だと
思っていたのはローリーだけで、アリソンは慣れないイギリスでの暮ら
しに不満を感じており、娘と息子も戸惑っていた。
結局ローリーはアメリカが好きではなく、アリソンはイギリスが好きで
はないのだ。アリソンはニューヨークで暮らしていた時から朝は誰より
も遅く起き、ローリーがコーヒーを淹れてアリソンのベッドまで持って
いっていた。子供もいるのにのん気というか、ちゃんと家事しているの
だろうかと思った。昼間は乗馬や馬の世話だし。子供たちを車で学校へ
送り届けるのはローリーだったりアリソンだったりだが、アリソンはい
つも遅刻して、子供たちはそれを嫌がっていた。私は最初からこの妻が
好きではなかった。そしてアリソンは些細なことがきっかけで、家の貯
金が底をついていることを知ってしまい、夫婦は口論が増えていく。
こうなると1番かわいそうなのは子供たちで、不安の中に置かれること
になる。夫婦の留守中に娘(多分高校生)はクラスメイトを家に呼んで酒
とドラッグで騒いだり、息子(小学生)は学校でいじめに遭って暴力事件
を起こしたりと、生活は乱れていく。アリソンの心も追い詰められてい
た。ローリーの言っていたことやしていたことは見栄や虚飾ばかりだっ
たのだ。金は心配ない、今度大金が入ると言ってアリソンを納得させよ
うとするがそううまくはいかない。それでもアリソンはローリーに伴わ
れて会食に行かなければならない。アリソンも皆の前でローリーが恥を
かくようなことを言わなくてもいいのに、と思うが、もう限界だったの
だろう。
金の切れ目が縁の切れ目というか、ありがちな物語なのだが、ジュード
・ロウとキャリー・クーンの演技力にぐいぐい惹き込まれる。端正な美
貌のジュード・ロウが嫌な奴を演じているのがかえっていい。こういう
役似合うなーと思う。ローリーは母親ともうまくいっていないようなの
で、多分昔から嘘つきで問題が多かったのではないかと思った。少しわ
からないシーンもあったが、スリリングな会話劇でおもしろかった。唐
突に終わるラストも好きだが、あの家族には救いはあるのだろうか。あ
るのだと思いたい。


喫茶店のモーニングに行って来ました。モーニングなんて何10年ぶり
かな…多分20代の時以来ではないだろうか。大昔ですね(^^;)
おいしかったです

コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ハロウィン KILLS

2022-05-07 22:06:45 | 日記
2021年のアメリカ映画「ハロウィン KILLS」。

40年に及ぶローリー・ストロード(ジェイミー・リー・カーティス)と"ブギー
マン"ことマイケル・マイヤーズ(ジェームズ・ジュード・コートニー)の因縁
の戦いに決着がついたはずだった。しかし、悪夢は終わっていなかった。ロー
リーが仕掛けたバーニングトラップから生還したマイケルは、過去を背負う街
ハドンフィールドへ戻ってきて更なる凶行を重ねる。街の住民たちはマイケル
を倒そうと決起するが、その一方で恐怖に耐えかね暴徒と化してしまう者もい
た。街が騒然とする中、ローリーは今度こそマイケルと決着をつけようと、娘、
孫娘の3世代で準備を進めていた。

2018年の映画「ハロウィン」の続編。そして前作の「ハロウィン」はジョン
・カーペンター監督が1978年に手掛けた「ハロウィン」の続編である。続編
2作の監督はデヴィッド・ゴードン・グリーンだが、ジョン・カーペンターと
シリーズを通しての主役ジェイミー・リー・カーティスも製作総指揮に参加し
ている。第1作からこの映画が大好きな私。楽しみにしていたのだが、前作が
とても良かった割には本作はちょっと物足りなかったかなあ、と思った。
前作でローリーは自宅に罠を仕掛け、マイケルを閉じ込めて火を放ったのだが、
消防士たちは意図せずマイケルを助けてしまい、彼らはマイケルに殺される。
重傷を負って入院していたローリーだが、マイケルが生きていると知って病院
を出ようとし、娘と孫娘に止められる。その間に街はマイケルが舞い戻ってき
ているとわかって、混乱に陥っていた。住民たちはマイケル討伐のため武器を
持って集結するが、暴徒と化し、人違いでマイケルではない男を殺そうとする
者たちも現れる。そんな中でマイケルは更に住民たちを惨殺していた。
入院しているローリーが同じ病室の保安官と語り合うシーンがあるのだが、ア
メリカでは男女を同じ病室にするのだろうか。他の映画でもそういうシーンを
観て、驚いたことがある。保安官は40年前にマイケルを倒せなかったことを
ずっと悔やんでいた。住民たちも大勢で束になっているのに、マイケルに敵わ
ない。いくらマイケルが尋常じゃない怪力の持ち主で、不死身と言っても、も
う少し何とかならないのかと思う。トドメ刺せよ、首くらい切断しろよと思う。
まあアメリカのホラー映画のお約束なのだろうが。
主人公のローリーは大怪我をしていたせいもあって、あまり活躍しなかったの
が残念。今回は街の住民たちとマイケルとの戦いという構図である。でもやっ
ぱりローリーに活躍して欲しかったなあ。理性を失った住民たちの行動は怖く
てそれなりに見応えはあるのだが。前作でもう年をとったローリーのマイケル
に立ち向かう姿はすごかった。実は2018年の「ハロウィン」と本作と2022年
公開予定の「ハロウィン・エンド」は3部作らしく、次でシリーズは完結する
ようだ。どんなエンドを迎えるのか楽しみだが、本当に終わるのかな。


良かったらこちらもどうぞ。デヴィッド・ゴードン・グリーン監督作品です。
スノー・エンジェル



映画評論・レビューランキング

人気ブログランキング
コメント (6)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

男たちの挽歌

2022-05-03 22:02:42 | 日記
1986年の香港映画「男たちの挽歌」を観に行った。

香港マフィアの幹部であるホー(ティ・ロン)と相棒マーク(チョウ・ユンファ)は
強い絆で結ばれていた。ホーの弟キット(レスリー・チャン)は兄の仕事を知らな
いまま警察官となり、ホーは弟のため足を洗うことを決意する。部下のシン(リ
ー・チーホン)と台湾で最後の取り引きに臨むが、実は敵の罠だった。銃撃戦を
生き延びたホーは収監され、マークはたった1人で敵組織に乗り込み復讐を果た
すが、自らも脚に大怪我を負う。3年後、出所したホーは、キットから絶縁を言
い渡される。堅気として生きていくことを胸に誓うホーだったが、そんな彼にマ
ークが、組織で権力を握ったシンへの復讐を持ち掛け、ホーはいつしか戦いへと
巻き込まれていく。

ジョン・ウー監督によるハードボイルド・アクション。日本公開35周年記念の
4Kリマスター版ということだが、4Kリマスター版って何だろう。それまでコメ
ディやカンフー映画が主流だった香港映画界に「香港ノワール」と呼ばれる新た
なジャンルを確立した記念碑的な作品である。チョウ・ユンファやレスリー・チ
ャンの出世作。もちろん昔ビデオで観ているが、レスリー見たさに映画館へ足を
運んだ。とにかくかっこいい映画。
黒社会の幹部・ホーは闘病中の父と学生である弟・キットの面倒を見ていたが、
キットが警官になる希望を持っていることで病床の父から足を洗うよう頼まれる。
了解したホーは、次回の台湾での仕事を最後に黒社会から引退しようと決意する。
しかし取り引きは密告によって警察に知られており、同行した後輩シンを逃がし、
ホーは自首することになる。その間、香港では父が陰謀によって殺され、そのこ
とでキットは尊敬する兄が黒社会の人間であることを知る。一方ホーの親友マー
クは報復のために敵を皆殺ししたものの、脚を大怪我し、右脚が不自由になって
しまう。
ホー役のティ・ロンはハンサムではないが映画を観ているとかっこよく見えてく
る。出所後ホーは今では刑事になっているキットに会おうとするが、キットは兄
のせいで父が死んだことや、自分が出世できないことでホーを憎んでおり、もう
自分に関わるなと言う。ホーは堅気になって生きようとしているのに、それが切
ない。キットはどうしてもホーを許さないのだった。ホーが就職した会社の社長
がとてもいい人で泣けてくる。社長は自らも前科持ちで、刑務所帰りの者たちを
積極的に雇っている。ホーが抗争に巻き込まれた時も、「我慢するんだ」とホー
を必死に説得する。
ホーとマークの友情だけでなく、ホーの家族の愛情も描かれているのがとてもい
い。マフィアから足を洗うのって本当に大変なことなんだなあ。ホーはいい人に
見えるのにどうして黒社会に入ってしまったのだろう。そしてマッチ棒をくわえ
て(どうしてマッチ棒なのかわからないが)2丁拳銃をぶっ放すチョウ・ユンファ
兄貴がめちゃくちゃかっこいい。この人はいつもかっこいいけど。若いレスリー
はかわいくて、レスリーの歌う主題歌も良かった。香港映画史上に残る傑作だと
思う。




映画評論・レビューランキング

人気ブログランキング
コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする