猫のひたい

杏子の映画日記
☆基本ネタバレはしません☆

クロワッサンで朝食を

2017-09-29 16:33:26 | 日記
2012年のフランス・エストニア・ベルギー合作映画「クロワッサンで朝食を」。

故郷エストニアで、介護生活の末に母親を看取ったアンヌ(ライネ・マギ)。抜け
殻のようになった彼女にの元に、憧れの街パリでの家政婦の仕事が舞い込む。彼
女を待ち受けていたのは、高級アパルトマンに1人で暮らす毒舌で皮肉屋の老婦
人フリーダ(ジャンヌ・モロー)だった。フリーダもまたエストニア出身だった。
アンヌを雇ったのは近くでカフェを経営するステファン(パトリック・ピノー)で、
彼はフリーダの昔の恋人で、今も何かとフリーダの面倒を見ていた。フリーダは
家政婦などいらないと言ってアンヌを冷たく追い返そうとするが、アンヌを若き
日の自分と重ねるうちに心を開いていく。

素敵なパリが堪能できる映画。パリの高級アパルトマンって1度見てみたいなあ。
介護していた母親が亡くなったエストニア人のアンヌ。葬儀の時に訪れた子供た
ちに「泊まっていって」と言うも、仕事があるからと断られてしまう。孤独にな
ったアンヌの元に、以前働いていた老人ホームからパリでの家政婦の仕事に誘わ
れる。アンヌは昔からパリに憧れて、フランス語が話せるようになっていた。パ
リに着くとステファンという男性が待っていて、アンヌを案内する。連れていか
れたフリーダという老婦人の家では、別の家政婦が「奥様が食事を食べてくれな
い」と言って困っているところだった。わがままなフリーダはこうやって何人も
家政婦をクビにしてきたのだった。
ストーリーとしては割とありがちだが、やっぱりパリが舞台だとおしゃれ。それ
に年を取っていてもジャンヌ・モローがかっこいい。気難しいフリーダの役にと
ても合っている。家政婦なしでは生きていけないのに次々とクビにするので、ス
テファンは頭を抱えている。かなり年の違う2人だが、昔は恋人同士で、ステフ
ァンはずっとフリーダの世話をしてきた。フリーダは自分がエストニア人である
ことを受け入れたがらず、街で同郷の知人に会っても、皆エストニア語で話して
いるのにフリーダはフランス語で話す。フリーダが孤独なのには理由があった。
いい映画だと思う。おもしろかったが、フリーダがアンヌに心を開いていく過程
がちょっと弱いと思った。
ステファンにフリーダの朝食はクロワッサンと紅茶だと聞いたアンヌは、スーパ
ーでクロワッサンを買ってくるが、「私にプラスチックを食べろと言うの」と言
われてしまう。クロワッサンはおいしいパン屋で買うものだと。アンヌが翌日そ
うしたらフリーダはとても喜ぶ。それがきっかけなのだろうか?それだけで?フ
リーダはしょっちゅうアンヌに文句を言っているのに、どうしてあんなに仲良く
なったのか、描かれ方が微妙だ。
ラスト近くで、アンヌが夜中の街をさまよいながらクロワッサンを食べるシーン
がとても好きだ。孤独なアンヌ、孤独なフリーダ。ちょっと悲しくてちょっと心
が温まる物語だが、やっぱりこれはパリを見る映画かなあ、と思った。




映画レビューランキング

人気ブログランキング
コメント (2)

天国のななへ

2017-09-17 18:00:38 | 日記
なながいなくなって5日目、まだ実感がありません。その辺を歩いているような気
がします。



亡くなる数日前からとても具合が悪そうで…9日の朝見た時前足がパンパンに腫れ、
頬の傷も再発して穴が開いていました。グローブみたいに腫れた足を見てびっくり
しました。お医者さんは「こんなに腫れたの久し振りに見た」「リンパの流れが悪
くなっている」とおっしゃいました。私はこの時、ああもうこの子は長くはないん
じゃないだろうか、と思いました。体重も1,3kgになり、やせこけていました。





子猫の時にお腹に寄生虫がいて大騒ぎになって以来、大した病気はしなかったけど、
今年になってから鼻炎になり、目に見えて弱っていきました。
抗生剤の注射を打ってもらって、足の腫れは引きましたが、11日の朝にはぐったり
として動かなくなり、もうお水も受け付けませんでした。私はずっとついていたけ
れど、翌朝眠るように静かに息を引き取りました。
火葬の後、白い小さなお骨になったのを見てまた涙がぼろぼろと出ました。
ななはちゃぴととっても仲良しでした。ちゃぴが2歳の頃ななが来て、子猫のなな
は遊んで!遊んで!とちゃぴを追い、ちゃぴは嫌がって逃げていましたが、いつの
間にかすごく仲良しになっていました。ちゃぴ、淋しいね…。



なな、天国でさくらに再会できたかな。久し振りに一緒に遊んでいるかな。



4にゃんいたのが3にゃんになり、2にゃんになりました。とても淋しいです。なな
はうちでの暮らしは幸せだったかな。






映画レビューランキング
人気ブログランキング




コメント (2)

9月12日

2017-09-13 22:52:21 | 日記
9月12日朝9時10分頃、なな、息を引き取りました。18歳でした。ここ数日で急に
体調が悪化していましたが、眠るように静かに亡くなりました。
火葬も済ませました。ななのことは後日また書かせて頂きたいと思っています。今
は涙が止まりません。






映画レビューランキング

映画レビューランキング
コメント

薔薇の素顔

2017-09-09 23:00:50 | 日記
1994年のアメリカ映画「薔薇の素顔」。

ニューヨークの精神分析医ビル・キャパ(ブルース・ウィリス)は、自分の目の
前で患者が飛び降り自殺をし、路上に広がる血を見て以来、赤色を見ると拒絶
反応を示すようになってしまった。そんな自分に疲れ果てたビルは、ロサンゼ
ルスに住む友人のボブ・ムーア(スコット・パクラ)の元を訪れる。同じ精神分
析医であるボブは、毎週5人の患者に集団セラピーを行っている優秀な医師で
あり、ビルは彼の手助けが欲しかったのだ。だが、ボブはビルに「患者の1人
に命を狙われている」と、脅迫されていることを打ち明ける。そして数日後ボ
ブは何者かによって惨殺されてしまう。同じ頃、ビルはローズ(ジェーン・マ
ーチ)という女性と出会い、その謎めいた美しさに惹かれる。一方、患者たち
の頼みで、ビルは5人の集団セラピーを引き継ぐことになったが、事件を追う
ビルの周囲には、姿なき殺人者の警告が発せられる。

ブルース・ウィリス主演のサイコ・サスペンス。自分のクリニックで患者が飛
び降り自殺をして以来、そのトラウマから仕事ができなくなってしまった精神
分析医のビル。彼は友人の精神分析医であるボブに相談しようと訪れる。ボブ
は自分が行っている集団セラピーにビルを参加させる。奇妙な5人の患者たち
(精神病だから当然なのだが)。その後ボブは患者の1人に命を狙われているこ
とを話すが、ビルには信じられない。だが実際にボブは殺されてしまう。ボブ
の家に住み、ボブの仕事を引き継いだビルだったが、ミステリアスな美女ロー
ズと出会い、すぐにお互い恋に落ちる。
この映画、とにかくブルース・ウィリスとジェーン・マーチのラブシーンが多
い。ここまでラブシーンに時間を使わなくても…と思うくらい。しかも評判は
悪かったらしく、ゴールデンラズベリー賞を受賞している。ブルース・ウィリ
スもお尻を見せて頑張っていたのになあ。私は割とおもしろかったけど。多重
人格、同性愛、バイセクシャル、猟奇殺人といろんな要素がてんこ盛りである。
犯人も予想がつかなかったし、コミカルな刑事の存在も良かったし、決して出
来の悪い映画ではないと思うんだけど。
それにしても犯人の異常さには驚かされた。あそこまで異常な性倒錯者ってい
るのだろうか。人間ってどこでどうなるか本当にわからない。ただ、ビルが真
相を知った後がちょっとあっさりしすぎていた感じはする。全体的にラブシー
ンが強調されていて印象に残るので、もっとグロテスクな面を描いた方が良か
ったかも、と思う。とりあえず私はおもしろかった。




映画レビューランキング

人気ブログランキング
コメント

オークション利用したことある?

2017-09-07 20:39:09 | 日記
お題「オークション利用したことある?」に参加中!
お題に参加しております。
オークションは出品はありませんが、たまに利用します。メインは漫画の全巻セット
ですね。それとDVD。3度のご飯より漫画や映画の方が好きなものですから…いえご
飯も好きですけどね( ̄▽ ̄;)
以前は専ら楽天オークションを利用していました。Yahooオークションより使いやす
かったので。でも楽オクなくなっちゃったんですよね~。どうしてだろう?仕方ない
ので今はヤフオクです。まだまだ買いたい漫画がいっぱい!
ショッピングも、Yahooではなく楽天中心です(^_^)v




映画レビューランキング

人気ブログランキング
コメント (2)