猫のひたい

杏子の映画日記
☆基本ネタバレはしません☆

ジャーロ

2014-07-30 03:17:14 | 日記
2009年のイタリア・アメリカ合作映画「ジャーロ」。
北イタリアの都市トリノでは、美しい外国人女性ばかりを狙って誘拐し、
惨殺する連続殺人事件が起きていた。あるとき、スチュワーデスのリンダ
(エマニュエル・セニエ)とその妹のファッションモデルのセリーヌが
休暇のために訪れたところ、セリーヌがタクシーに乗ったきり消えて
しまう。リンダが地元警察に駆け込むと、猟奇殺人事件を専門としている
エンツォ警部(エイドリアン・ブロディ)を紹介される。彼は一連の事件と
つながりがあると考え、捜査を始める。

もうひとつダリオ・アルジェント監督の映画。しかしこれは失敗作だろう。
猟奇殺人事件を扱っているのはいつものパターンだが、テンポも悪いし、
アルジェントらしさが出ていない。大体冒頭から白人女性の名前が「ケイコ」
ってなんなんだ。日本語がしゃべれる設定だとしてもケイコはないだろう。
こんな感じで、突っ込みどころが満載なのだ。
どうしたんだアルジェント監督。「サスペリア2」や「フェノミナ」みたいな
名作を作るのはなかなか難しいのだろうが、これはないだろう。観ていて
退屈だったし、ラストもエンツォ警部とリンダは和解しなくていいの?と
思ってしまった。
エイドリアン・ブロディは良かった。この人ポーランドとかハンガリー
とかチェコとかの血が混じっているんだな。それであの独特な顔つきなの
か…と納得。
ともかく残念な作品だった。



人気ブログランキングへ

映画(全般) ブログランキングへ



コメント

フェノミナ

2014-07-26 13:48:40 | 日記
1984年のイタリア映画「フェノミナ」。
スイス北部の都チューリッヒ郊外。この都市では若い女性ばかりが狙われる
連続殺人事件が起きており、警察は高名な昆虫学者マクレガー教授(ドナルド・
プレザンス)に腐敗した被害者の頭部を見せ、意見を求める。頭部に集まって
いる蛆虫が、犯人を突き止める手がかりになると考えた教授は、事件解決に
向けて協力を約束する。
一方、市内の寄宿制女子学校に、有名な映画監督を父に持つ少女ジェニファー
(ジェニファー・コネリー)が転校してくる。彼女は昆虫と交信できる特異な
能力の持ち主だった。持病の夢遊病で真夜中に徘徊している最中、殺人
現場に遭遇したジェニファーは、ひょんなことからマクレガー教授と親しく
なり、自分の持つ能力を活かして、教授とともに事件の犯人を追うことになる。

ダリオ・アルジェント監督のこの映画はすごくおもしろくて、何回観たかわか
らない。物語がとてもよくできている。主人公のジェニファーは有名監督の
娘で、すごい美少女で、夢遊病ということもあって、皆に変な目で見られて
友達ができない。そんな時マクレガー教授(この人、「ハロウィン」シリーズの
ルーミス医師である)と知り合い、心を許せる間柄になる。教授が飼っている
頭のいいチンパンジーとも仲良くなる。だがそのことで、ジェニファーも
犯人に狙われることになってしまう。
ラストの方で犯人の顔を見た時、ゾッとした。さすがアルジェント監督、よく
ああいう顔を考えつくものである。 更にジェニファーがその後どんな目に
遭うか、これもまたゾッとする。最終的に事件は解決するが、なんとも後味の
悪い、恐ろしい結末である。
私はこの映画、アルジェント映画では「サスペリア2」の次に好きだ。
特筆すべきはジェニファー・コネリーの美少女ぶりだろう。今もきれいだが、
少女のころはあまりにも美しかった。



人気ブログランキングへ

映画(全般) ブログランキングへ


コメント

フォーリング・ダウン

2014-07-21 02:24:38 | 日記
1993年のアメリカ映画「フォーリング・ダウン」。
ロサンゼルス。真夏の太陽にさらされた灼熱のハイウェイで、道路工事に
よる大渋滞が発生。これに巻き込まれた中年男性(マイケル・ダグラス)は、
エアコンや窓の故障、車内に入り込み飛び回るハエに苛立ちを募らせる。
業を煮やした彼はついに車を降りて、問いかけるドライバーに「家に帰る」
と言い残し、道路を立ち去った。彼の、怒りに満ちた大暴走が始まる。

おもしろかった。誰にでもついていない時やイライラする時はある。でも
大抵の人はそれを我慢する。我慢できなかった男の話だ。
車を乗り捨てて道路を去った男は、離婚して元妻のところにいる幼い娘が
誕生日なので電話をかけようとする。しかし小銭が足りなかったので、
韓国系の店主が経営する雑貨店に入り、金を崩すためにコーラを買おうと
するが、ぼったくられる。怒った彼はバットで店をめちゃめちゃにし、
正規のコーラ代を支払って店を出る。「アメリカに来たからにはまともな
英語をしゃべってくれ」と言い捨てて。ここから彼の怒りの暴走は止まら
なくなるのだ。
男は厳格で几帳面で愛国主義者だ。元妻も彼の短気さに怯えて離婚した。
男はなんとしてでも娘に会いにいこうとし、行く先々で許せないことが
起きると大暴れをし、警察に追われる身となる。
この男をマイケル・ダグラスが見事に演じている。夏だから当たり前だが、
男は最初からずっと汗をかいている。その汗を見ていると、こちらにも
彼の怒りや焦りが伝わってくる。
最初はちょっとしたことだったのだ。渋滞して車が動かない。ハエが入って
きてイライラする。娘に電話をかけたい。そういったことがまとまって耐え
られなくなって、男の怒りが爆発する。ある意味哀れな男だ。元妻も面会
禁止令が出ているとはいえ、娘に電話くらいかけさせてあげても良かったん
じゃないの、と思う。法律のことはわからないが。
ラストもアメリカ映画らしい。



人気ブログランキングへ
映画(全般) ブログランキングへ
コメント

トランセンデンス

2014-07-18 02:14:36 | 日記
アメリカ映画「トランセンデンス」を観にいった。
ウィル・キャスター(ジョニー・デップ)は人間の知性を超越する人工知能の
研究を行っている天才科学者。ある日、反テクノロジーの過激派組織の
銃弾に倒れてしまう。死の間際に、妻のエヴリン(レベッカ・ホール)は彼の
頭脳をコンピューターへインストールすると言い出した。成功すれば、
肉体が滅びた後もウィルの意識はサイバー空間の中で生き続けられる。
試みは成功し、ウィルの意識はコンピューターの中で生かされ、ネット
ワークの力により、軍事機密、金融、政治から個人情報まで、地球上の
全ての情報を手に入れることになる。

怖い映画だ。まず、死んだ人の頭脳をコンピューターへインストールする
なんてことができるのだろうか。それができれば、人は死なないことになる。
体を動かせなくても(体がなくても)意識はあるのだ。全ての人は機械の
中で生き続ける。そんなことは、あってはならないことだ。
人間は死ぬ。死ぬからこそ人間なのだ。それを根底から覆す理論は恐ろしい。
ウィルの知能はコンピューターの中で急速に発達し、世界を牛耳るように
なってしまう。それはウィルやエヴリンが望んだことだったのか。
天才科学者たちはある意味テクノロジーの過激派である。彼らの望んだこと
は何だったのか。ウィルの望んだことは。
ただ、この映画はSFだけでなく、ウィルとエヴリンの夫婦の情愛も描かれて
いる。エヴリンのウィルへの強い愛が、サイバー空間の中で生きるウィルを
生んだのだ。この2人の愛情は強く美しい。
もしかしたら、このような研究が実際に行われているのかもしれない。
人間は、神の領域に足を踏み入れようとしてはいけない。



人気ブログランキングへ

映画(全般) ブログランキングへ
コメント

渇き。

2014-07-16 03:08:36 | 日記
日本映画「渇き。」を観にいった。
深夜、コンビニで店員を含む3人が惨殺される事件が発生した。事件の第一発見者
である警備会社の男が警察で取り調べを受けていた。
男の名は藤島昭和(役所広司)。数ヵ月前、妻の不倫相手への暴力事件を起こし、警察を
退職、そして離婚。警備会社に再就職するも、自暴自棄な生活を送っている元刑事。
汚れきった1人暮らしのアパートに帰宅すると、別れた妻の桐子(黒沢あすか)から電話
が入る。高校生の娘・加奈子(小松菜奈)が失踪したという。
藤島はかつて家族3人で暮らしたマンションへ向かう。加奈子のカバンから見つけた
のは、優等生だった娘からは想像もできない薬物や神経科の薬袋だった。藤島は
加奈子の捜索を始める。

あまりおもしろくなかった。とにかく暴力シーンが多く、疲れてしまう。原作が
そういう物語らしいのだが。結局なんだったんだろう、という感じになる。
突然失踪した高校3年の娘、その真相を追う元刑事の父親の話なのだが、なんだか
とても大仰な感じがして、登場人物の誰にも共感できない。それにこの藤島という
男、短気で暴力的で、人間的にとんでもない奴だから余計にだ。
どんなにひどいことをされても、みんなが加奈子を好きでいる理由もよく理解でき
ない。加奈子は自分のことを、「落ちた穴が深過ぎて、ずっとずっと堕ちつづける」と
表現しているが、確かに家庭環境に問題はあったものの、ああまで堕ちるものだ
ろうか。昔「黒い家」という映画を観た時(これは原作の方が圧倒的におもしろい)、
「この人間には、心がない」というキャッチコピーだったのを思い出した。加奈子は
殺人はしないのだが。
それに藤島、強過ぎだろう。あれだけ暴行されて脚を撃たれて、何故死なないのか。
ジョン・マクレーンかあんたは、と言いたくなる。
ただ役所広司の演技は圧巻。暴力的で反社会的でろくでなしの元刑事という男を、
見事に演じきっていた。見どころはそれくらいかな。いかれた父親といかれた娘の
物語。



人気ブログランキングへ
映画(全般) ブログランキングへ
コメント