猫のひたい

杏子の映画日記
☆基本ネタバレはしません☆

それでも夜は明ける

2019-10-19 22:24:56 | 日記
2013年のアメリカ・イギリス合作映画「それでも夜は明ける」。

1841年、奴隷制度が廃止される前のニューヨーク州サラトガ。自由証明書で認め
られた自由黒人で、白人の友人も多くいた黒人バイオリニストのソロモン・ノー
サップ(キウェテル・イジョフォー)は、妻子と共に幸せな生活を送っていたが、
ある白人の裏切りによって拉致され、奴隷としてニューオリンズに売られてしま
う。狂信的な選民主義者のエドウィン・エップス(マイケル・ファスベンダー)ら
白人たちの容赦ない差別と暴力に苦しめられながらも、ソロモンは決して尊厳を
失うことはなかった。やがて12年の月日が流れたある日、ソロモンは奴隷制度撤
廃を唱えるカナダ人労働者サミュエル・バス(ブラッド・ピット)と出会う。

南部の農園に売られた自由黒人のソロモン・ノーサップが、12年間の壮絶な奴隷
生活を綴った伝記を基にした映画で、第86回アカデミー作品賞を受賞した。自由
黒人のソロモン・ノーサップは、バイオリニストとして妻子と暮らしていたが、
ある日白人たちに騙されて奴隷として売られてしまう。彼は材木商のウイリアム
・フォード(ベネディクト・カンバーバッチ)に購入されるが、フォードは信仰深
く温和な性格で、ソロモンに目をかける。しかしそれを妬んだ農園の監督官ジョ
ン・ティビッツ(ポール・ダノ)に嫌がらせを受け、木に吊るされる。ソロモンの
命の危険を感じたフォードは、彼をエップスに売るが、エップスはフォードと違
って残忍な性格だった。
自由黒人や自由証明書といった言葉を私は知らなかった。ソロモンは妻子持ちで
比較的裕福な暮らしを送っていたようだ。当時の黒人にしては読み書きもできて
教養も高かった。ところが白人に騙されて奴隷として売られ、12年間も過酷な目
に遭うことになる。エップスは気に入らないことがあると奴隷を鞭で打つような
残酷な男だった。奴隷制度というのは何故できたのだろう。人間が人間を奴隷に
するなんて。当時の黒人は人間扱いされていなかったのだろうけれど。もっとも
大昔から白人の奴隷も存在していた。奴隷制度は人間の人格を侵害するものだ。
どれほど多くの人たちがその尊厳を踏みにじられてきたのだろう。
ソロモンは苦労の中でも希望を失わなかった。そしてカナダ人のバスに出会った
ことで運命が変わるのだ。これが実話だと思うと、胸が痛くなる。ソロモンの12
年間は返ってはこないのだ。何も悪いことなどしていないのにこんな過酷な目に
遭った人がいるなんて、本当に理不尽である。ソロモン役のキウェテル・イジョ
フォーや悪役のマイケル・ファスベンダーの演技も良かった。ラストはとても感
動的。おもしろかった。




映画評論・レビューランキング

人気ブログランキング
コメント

シークレット・ウインドウ

2019-10-14 22:18:39 | 日記
2004年のアメリカ映画「シークレット・ウインドウ」。

売れっ子作家のモート・レイニー(ジョニー・デップ)は、妻との離婚問題が
遠因でスランプに陥っていた。そんな彼の前に、「自分の作品を盗まれた」
とモートの盗作を告げる謎の男ジョン・シューター(ジョン・タトゥーロ)が
現れる。盗作したことを世間に公表しろ、と執拗な嫌がらせを受けるうち、
周囲で不可解な事件が続発し、モートは精神的に追い詰められていく。

スティーヴン・キングの小説「秘密の窓、秘密の部屋」の映画化。妻と別居
中の売れっ子作家モート・レイニーの前にジョン・シューターという男が現
れ、モートが自分の作品を盗作した、盗作を世間に公表しろと言う。最初は
相手にしないモートだったが、シューターが置いていった原稿を何気なく読
むと、それはモートの小説と結末が違うだけで、後はすっかり同じだった。
愕然とするモート。それ以降シューターはモートの前に度々現れるようにな
り、ある日モートの愛犬が殺される。モートはやがて、事件の黒幕は妻の新
しい恋人なのではないかと思うようになる。
原作は未読だが、なかなかおもしろかった。だが、オチが途中で読めてきて
しまうのが残念。でもそれでもラストはゾッとした。モートの犬が殺され、
知り合いが殺され、妻の家が放火され、盗作ではないという証拠の雑誌も焼
失してしまう。スティーヴン・キングらしい不穏な雰囲気が漂っていて引き
込まれる。キングの不気味な世界にジョニー・デップの演技がよく合ってい
たと思う。
結構おもしろかったのだが、これはやっぱりジョニーを見る映画。とにかく
かっこいい。髪型や眼鏡も似合っていたし、終盤の狂気に満ちた演技も良か
った。
ネタバレになってしまうかもしれないが、私はこの手の映画では「殺しのド
レス
」「エンゼル・ハート」「マシニスト」が特に好きである。




映画評論・レビューランキング

人気ブログランキング
コメント

ギルティ

2019-10-07 22:03:02 | 日記
2004年のドイツ・オーストリア合作映画「ギルティ」。

スウェーデンの閑静な別荘地で残虐な殺人事件が発生する。被害者は元刑事
で、引退して隠居していた男性だった。地元の刑事ジュセッペ(マシュー・
マーシュ)は捜査を開始するが、被害者と以前相棒を組んでいたという刑事
ステファン・リンドマン(トビアス・モレッティ)も管轄外ながら独自の捜査
を始める。被害者の娘ヴェロニカ(ヴェロニカ・フェレ)も駆けつける。ステ
ファンはやがて、被害者が第2次世界大戦中にナチスの親衛隊であった事実
を知ることになる。

スウェーデンを舞台にしたサスペンス・ミステリー映画。別荘である日老人
が惨殺される。彼は引退した元刑事だった。彼と昔相棒を組んでいた刑事ス
テファンは、管轄外だが捜査を始める。犯人の顔は最初から写っており、観
ている方にはわかるのだが、犯行の動機や理由はわからない。ステファンや
地元の刑事ジュセッペの捜査にも関わらず犯人像は浮かび上がってこない。
やがて第2の殺人事件が起きる。
ヨーロッパ映画らしい物語だと思った。被害者の元刑事は昔ナチスの親衛隊
で、改名していた。そしてステファンに何かを伝えようとしていた男も殺さ
れる。ナチスの亡霊たち(と言っても生きた人間だが)は今も存在しているの
である。ネットワークは続いているのだ。これからもこういう事件は起きる
のだろうと思った。
犯人役を名優マクシミリアン・シェルが演じているが、やはり素晴らしい演
技だった。ステファンとジュセッペの友情、ステファンの病気や家庭の問題
など、描写が良かった。ただ、ステファンが病気だという設定は必要だった
のだろうか。物語の中で生かされておらず、いらなかったのではないかと思
った。淡々と進行する地味な物語だが、正統派の刑事ドラマという感じでな
かなかおもしろかった。



gramのふわふわパンケーキ。おいしかった
(指が入ってしまった)



こちらはティラミスパンケーキ。






映画評論・レビューランキング

人気ブログランキング
コメント

THE ROOM 閉ざされた森

2019-10-02 21:53:19 | 日記
2006年のイギリス映画「THE ROOM 閉ざされた森」。

精神疾患を患っている青年ジェームズ(レオ・ビル)は、病気で寝たきりの母親
(ケイト・フェイ)の世話をしようとするも母親に拒否される。ある日父親のド
ナルド(ロジャー・ロイド=パック)は電話で看護婦のメアリー(サラ・ボール)
に妻の世話を依頼して、家の売却の商談に出かける。母親の世話を焼くジェー
ムズだったが、やがて母親への愛情が暴走し始める。

重い精神病の青年ジェームズの狂気を描いたサスペンス映画。森の中の広大な
屋敷で、ジェームズは両親と暮らしている。父親のドナルドはジェームズと病
気で寝たきりの妻の面倒を見ていた。ジェームズは母親への愛ゆえに世話を焼
きたがるが、ドナルドが止めていた。ある日大きな屋敷を維持できなくなった
ドナルドは、売却を決める。商談のため家を空けることになったドナルドは、
看護婦のメアリーに妻を託す。ところがジェームズは家中の鍵をかけ、メアリ
ーが入れなくなるようにしてしまう。
ジェームズは母親の面倒を見られることを認めて欲しいのだ。彼はいつも「パ
パもママも僕を認めてくれない。信用してくれない」と不満を口にしている。
しかし自分の面倒も見られないジェームズにとってそれは無理なことだった。
ジェームズはいつも衝動的な行動に走るのを薬で抑えている。ところが薬を飲
まなかった彼は暴走し始める。メアリーを呼んでと言う母親の言葉を無視して
自分1人で母親の世話をしようとする。次第に幻覚も見るようになってくる。
どこからどこまでが現実で幻覚なのか観ている方はよくわからない。
この家族が不幸なのは、愛し合っているということだ。家族の絆が彼らを余計
不幸にしているのだ。ジェームズ役のレオ・ビルの演技がすごい。本当に重い
精神病患者にしか見えない。ラストも全く救いがない。観ているこちらも気が
おかしくなってしまいそうな映画だったが、おもしろかった。




映画評論・レビューランキング

人気ブログランキング

コメント