ぶらりぶらり

今日が一番

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ハイテクばあちゃん…銀の道Plata6月4日(水)巡礼43日目Part2

2016年06月22日 | 巡礼銀の道

Santiago滞在・・・K到着②

皆を見送って、正面から駅を見直す。

さて気をとりなおして、カテドラルへ向かう。

Kからメールを受け取る、昨日私たちが歩いてきた道なので時間が読み易い。

30分くらいでは到着するだろうが、Kの体調も心配なので約1時間弱前から待ってみる。

その日は寒かった、それでも普通に歩けば必ず通るところで待つことになった。

1時間経ったときは、私たちも少し早く来すぎたのかもしれない。

30分待1時間どうしたんだろうもう到着しても良い時間なのだが

さらに30分風の通り道で寒い何かあったのだろうか?

今度は心配になってきた。

ただ待つのも時間がもったいないと、以前Kと一緒に郵送した荷物を受け取りに行くことにする。

Sを置いてとりあえず郵便局へ、荷物を受け取り戻るとまだ来ていない

だんだん心配になってきた。

1時を過ぎ、道を間違えるとカテドラルは後ろ側からも来ることができるので周りを探してみることにした。

しかし、約束はカテドラル前なのでSにはカテドラル前近辺に居てもらう。

まずオフィス近辺に行ってみると、ミサが終わったばかりで巡礼者がどんどん出てきた。

なんとそこからKが出てきた。

私は声も出ないくらい驚いた

彼女はドイツの女性二人と来てミサが始まったのでそのまま入って運良くボタフメイロを見たとのこと。

私はあまり腹を立てるたちではないが、無性に怒りを覚えた。

とりあえずそれは良かったと、Sにメールで連絡。

合流して、巡礼の登録をするために事務所に行くことになった。

待っている間も私の心は納得が行かなかった。

寒空の2時間はなんだったのだろうか?

チョットメールをしてくれてたら

Kはご機嫌でせっかくだからカテドラルの前で記念撮影をしようと私たちを促す。

歩き終えて彼女はご機嫌だった

また最後の2日間をKとご一緒してくれたドイツ人のお二人も一緒だった。

私はお礼の意味もかねて二人に昼食をご一緒にと誘う。

私たちも空腹だった、巡礼者同士昼食は和やかに進んだ。

お互い到着を祝い、お別れした。

3人で神学校まで行き、とりあえず荷物をおろし落ち着いた。

でも私の心の中には割り切れないものがあった。

私たちが寒空の中彼女を2時間以上も待ったことを話した。

ただそのあと、彼女が耳元でそっと囁いた。

burariさん私チョット体の調子(内容は詳しく申し上げれない)が良くないの。

私は怒りも吹っ飛び、すぐに医者に行くことを進めた。

ずいぶん前かららしかった、相変わらず医者に行くのを嫌がった。

それでも強引に夕方医者に行く。

結果は思わしくなく、あと3週間日程が残っていたが彼女は帰国することになる。

20年前からスペインではお世話になっているOさんに連絡してお世話になる。

彼は日本のTV関係と番組コーデイネータなどしてスペインで活躍中。

日本とスペインを行ったり来たり大忙しだった。

数時間開けてくれて、マドリッドから彼女は無事帰国。

Sと私はその後ムシア経由でフィニステーラまで歩くことになる。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハイテクばあちゃん…銀の道 Via de la Plata6月4日(水)巡礼43日目

2016年06月21日 | 巡礼銀の道

Santiago滞在・・・K到着

昨日私たちが到着したのは11時半ごろ、多分Kもその頃につくだろう。

私たちは午前中にSantiago駅を下見をすることにした。

宿にしている神学校はベッドがフラットで居心地が良い。

見晴らしの良い小高い丘の上、ということはここへたどり着く時には毎度坂を登らなくてはならない。

駅は街とは反対方向だった。

Santiagoは都会だ、旧市街を出ると車の往来が激しい。

少し歩くと駅舎が見えてきた。

ここからレオンやマドリッドまで行ける。

ヨーロッパの駅は皆そうだが、改札がない。

車内でも切符は購入できるが多分割高になると思う。

私たち高齢者は6ユーロで一年間有効な4割割引のチケットが買える証明書のようなものがもらえる。

ホームに行くと歩き終わった巡礼者がいた。

なんと見覚えのある顔。

私が一晩中咳をして迷惑をかけたあのフランス人ご夫婦がいる。

また速やかに早朝出発をしたあのご夫婦もいた。

お互い歩き終わったことを祝いながら、ハグをして喜び合った。

皆が去った後の駅は閑散として、外の花が植えられていたことに気がつく。

余談だが、実は私たちがご夫婦と思った彼らはそれぞれの家庭に戻って行った。

なんて素敵なご夫婦達と関心していたのだが、彼らは涙を流しながらお別れをしていた。

私たちはだた呆然とその光景を見ながら頭の中がなかなか整理できなかった。

そして彼らは何事もなかったように私たちと改めて別れのハグをした去って行った。

はて???あれはなんだったんだろう???夢?

私たちの世界にはないものを垣間見た数分の出来事だった。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハイテクばあちゃん…銀の道 Via de la Plata6月3日(火)巡礼41日目 Part3

2016年06月07日 | 巡礼銀の道

Onteiro~Santiago de Compostela 16.3k 標高295~255③

さてKのことだが、メールが入り明日Santiagoに到着するという。

はて、SとKがこちらへたどり着くのは3、4日後になるだろう。

しっかり体調を立て直すにはそれくらいと思っていた。

ところがスペイン人の二人おお兄さんとおじさんの情報ではすぐ近くに迫っているとのことだった。

どうした物かと連絡街の状態だった。

明日の到着

それならばと、本日歩いてきた道のりなのでカテドラルに到着時間が大体読める。

そこで約30分くらいかかる地点を伝え、カテドラルの前で到着を待つことにした。

その旨、メールをする。

美味しいタコは後回し、アルベルゲには2泊予約を入れることにした。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハイテクばあちゃん…銀の道 Via de la Plata6月3日(火)巡礼41日目 Part2

2016年06月05日 | 巡礼銀の道

Onteiro~Santiago de Compostela 16.3k 標高295~255②

2年前もボタフメイロを見ることができた。

10年前は何度ミサに出ても出会うことができなかった。

今回は特別な日に運良くSantiagoに到着した。

Santiagoに教会の偉い方々がお見えになっているとか。

それでパラドール のペリグリーノ10名がいただける食事の機会が今回だけは中止になっていた。

初めての巡礼参加でこの儀式が見れるSはなんて運が良いのだろうか?

きっと「なんで私はこんな風にあるいているのだろうか?」とずっと思いながら歩いていた彼女にご褒美がでたのかも?

よかったよかった。

ミサの儀式が終わり興奮気味だった私たちも1時を過ぎて改めてカテドラルの前に行き記念撮影。

今回カテドラルは修復中だった。

観光地にある首だけだしての物を発見、日本と違い有料が多いのでこっそりそれだけ撮影。

ケバブの昼食が大当たりだった。

Santiagoの宿は神学校が提供するアルベルゲに決定。

12ユーロと今までの倍の料金だが、Santiagoはホテルが多くここでも安い方だった。

高台にあり眺めがよかった。

またベッドもフラットで広々としていた。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加