ぶらりぶらり

今日が一番

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ハイテクばあちゃん・・銀の道Via de la Plata5月28日35日目(水)Part3

2015年12月29日 | 巡礼銀の道

Vilar de Barrio~Xunqueira de Ambia~Ourense 32.4k(途中15kタクシー)標高660~560~180③

1時間歩いてXunqueira de Ambiaに到着。

ここにはサンタマリアラレアル修道院がある。

この修道院には面白いゴシック回廊XVIがあったとか、後日わかる。

立ち寄る余裕もなく、私たちはなんとか15kの距離を短縮のためタクシーの心配をしていた。

なんと勿体無いことだったろう

 

バルを見つけて入っていくと、オランダのローバートといつも半袖と短パンのおじちゃんがいた。

えっ何時彼らは私たちを追い抜いたのだろう?しかもあのアルベルゲの存在を知らない?

しかし彼ら曰くしっかり歩いたという本当かなあ????

どうでもいいことなのです、私たちはタクシーを言い出せなくなった。

街を矢印通りに過ぎていく、でもこのままではオーレンセへの道のりは遠い。

でも今日の行程は比較的下りなので体力的には少しは良いと思う。

20分歩き街を出て川を越える。

川を越え30分後Outoreloを通過直後男性二人が私たちを追い抜いていく。

Ourenseであいましょう

ごご13時少し前街の入り口Pousaにはいる、やっとバルがある、やれやれ。

バルに入りまずタクシーが呼べるかを確認、1時間待てばタクシーが来てくれるとのこと。

ホッとして、ここでお茶をすることにした。

私はワインを注文、するとアルコールに弱い二人がビールを注文。

Kの機嫌もすっかり良くなり、3人で乾杯をする。

 

 




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハイテクばあちゃん・・銀の道Via de la Plata5月28日35日目(水)Part2

2015年12月28日 | 巡礼銀の道

Vilar de Barrio~Xunqueira de Ambia~Ourense 32.4k(途中15kタクシー)標高660~560~180②

誰もいないが空いていた。

綺麗なアルベルゲ、台所ではお湯も沸かせた。

11時やはりここに泊まるには早すぎるしSと私は泊まる予定にしていないので食材も用意していない。

しかしKはすっかりここに今夜は泊まるつもりでいた。

やはり私の何気ない話し方では通じていなかった、当然な話だ。

ここで昼食を取り先へ進む話が具体的に3人の中で話し合われた。

Kは俄然不機嫌になる。

彼女は多くをあまり語らないタイプで、極端に無口になる。

困った、これも昨夜3人で話合わなかったせいだ、反省

この状況でKは渋々受け止める他はなかった。

とにかく昼食を取り先へ進むこととする。

1時間歩きまちに到着



 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハイテクばあちゃん・・銀の道Via de la Plata5月28日35日目(水)

2015年12月26日 | 巡礼銀の道

Vilar de Barrio~Xunqueira de Ambia~Ourense 32.4k(途中15kタクシー)標高660~560~180

7時に出発、15分位歩くとバルがありそこで朝食をとる。

すでに地元のおじさん達多分仕事の前だと思うが、やはり朝食をとっていた。

席はいっぱいあるが、カウンター席は満杯だった。

そのうち巡礼者達も入ってきた。

本日Vilar de Barrioから14.1k地点にアルベルゲがある。

Sからあまりに近いのでその先まで行かないかとの提案があった。

深く考えない私は軽く承諾、途中15kをタクシーにしよう。

これが失敗だった二人で決めてしまったのだ。

つい二人で歩くことが多かったので、何も考えずにきめてしまった。

今私たちは3人で歩いている、誠にKに対して失礼なことだった。

気がついた私はKにそれとなくそのことを告げていたが、はっきりとは言えなかった。

言うべきだったのだが、前にも同じ事をしてしまって全く反省が足らない私。

20分歩くと2k歩き次の街Bovedaに入る。

はっきり今日の目的地の事を言わなくてはと思いながらも良い雰囲気の歩きが続いていてなかなか言えない。

食料庫の並ぶ街を順調に通り抜けて行く。


 

 

Xunqueira de Ambia

どうしても泊まるところがない時はこのようなバス停に寝ても良いなと思っていたが、その機会はなかった。

この地区には、各家庭の個性ある食料庫が続く。

矢印があり順調にcaminoの道を歩いている。

もっともKの判断は素晴らしく矢印が曖昧でも方向を間違う事はない。

1時間ちょっとを歩くと8.4k地点のBobadelaを過ぎると又右への道しるべがある。

ここはまだまだVillar de Barrio地区。

同じような街を通り抜けるとガルシアらしい雨の多いところなので緑が美しい。

 

 

9時47分Babadelaから15分、最初のアルベルゲのあるXunqueira de Ambia地区に入る。

順調に歩き11時にはXunqueira de Ambiaのアルベルゲに到着。


 



 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

はいてくばあちゃん・・銀の道Via de la Plata5月27日34日目(火)Part4

2015年12月14日 | 巡礼銀の道

Laza~Vilar de Barrio 22.5k 標高480~900.0~660k④

綺麗なアルベルゲだった。

台所はあったが使用禁止になっていた。

せっかく設置されていても、使い方が悪いことがあるらしい。

そうすると管理が行き届かなくなることがあるのではないだろうか?

スタッフはボランティアが多いので常駐ということはできない。

我々、巡礼者は便利だけを喜ばずしっかりと後かたずけをし管理しなければと思う。

1ヶ月以上の巡礼を続けていると、長年主婦をやっている私たちの悲しい?サガだろうか気がつくとシンク等ピカピカに磨きながら生き生きとしてくるのだ。

しかし、本日はレストランを探さなくてはいけない。

ここでも顔なじみが大勢いて、エリーがホスピタリティオススメのレストランを教えてくれた。

ちょっと見は、おいしいかな?と疑ってしまいそうだったがスープと肉が美味しかった。

3時過ぎに私たちは食してその日の食事は終わったが、エリー夫婦や他の巡礼者はこれはランチ。

7時過ぎには又Dinnarを予約していた。

ふ~むやっぱりあの食欲が、歩きにも出ているんだなあとつくづく感じ入った



コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

はいてくばあちゃん・・銀の道Via de la Plata5月27日34日目(火)Part3

2015年12月11日 | 巡礼銀の道

Laza~Vilar de Barrio 22.5k 標高480~900.0~660k③

ひたすら下る1時間、快適だった歩きもくだりの行程で悪い膝が泣き出してしまった。

我慢我慢の1時間それでも約4K位は進んだのかも。

多分地図からいくとMilladoiroというところだったかも?

幹線道路113号を渡り又caminoの道に入る。

歩いてすぐにクルス(十字架)が見えた。

ここからは、方向を示す矢印や文字がいっぱい。

もう少し、もう少しと膝を励ます。

12時半、遠くに街が見える。

もう少し

15分経過、目的地の文字ヤッターヤッターヤッターマン

ここもガルシアなので、綺麗なアルベルゲでした。

13時街中に入っている、頑張れ我が膝よ

 

 

 

 







コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

はいてくばあちゃん・・銀の道Via de la Plata5月27日34日目(火)Part2

2015年12月06日 | 巡礼銀の道

Laza~Vilar de Barrio 22.5k 標高480~900.0~660k②

Albergueriaのラザの村にあるリンコン・デル・ペレグリーノバーにたどり着く。

何これ”忘れられないバルでした。

上階にはアルベルゲがありました。

午前11時という時間で考えもしなかったけど、今にして思えば予約がなければ宿泊すれば良かった。

普通の方にはホタテだから何?と言われそうです。

でも我々ペリグリーのにとってはシンボルなのだ。

日本語での出迎えのひらがながを発見

私たちサンババたちはすっかいハイテンションでした。

みんなは余裕しゃくしゃくです、ゆっくりテーブルを囲みお茶の時間です。

それを横目で見ながら、30分以上も過ごしているのに気がつき先へ進む事にしました。

後ろ髪を引かれるように歩き出しましたが、穏やかな雰囲気の道に直ぐ気持ちを切り替え進みます。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハイテクばあちゃん・・銀の道Via de la Plata5月27日34日目(火)

2015年12月04日 | 巡礼銀の道

Laza~Vilar de Barrio 22.5k 標高480~900.0~660k

昨夜から今日は22.5km早朝出発する事に決めていた。

何しろ途中標高900mの山越えがあるのだ。

3人とも支度が早く、7時に出発。

と言っても支度の遅いのは私なのだ、珍しく私の支度も早かった。

気持ちの良い道に3人の足取りは軽やかだった。

1時間間違いようのない、親切な標識やホタテがあり順調だった。

牛を連れた農夫に出会い、言葉を交わしたり巡礼をやっているなあ

スペインでは良く見かける吊るされたトウモロコシ。

あれがポップコーンになるのかな?

歩き始めて約2時間、6.3k地点のTamicelasにはいる。

ここからは標高900mへの上り坂が始まる。

さすがにここはきつかったが、体力はあった。

今でも信じられない事だった、なんとか山越えAlbergueriaを11時前にはクリア。

bravoブラボー

 

 

 

 

 

 

 


コメント
この記事をはてなブックマークに追加