未来への便り アドバンス

学校職員を定年前に辞めました。そして株式会社を設立しました。AIを学びながらブログの記事をアップします。

【未来通信】

【ブックカフェ情報】
■Book Lovers' Cafe ブックカフェガイド



こんなに簡単!店舗向けホームページがすぐ始められる「グーペ」
あれこれ悩むよりオールインワンのグーペで作った方が手早くお店のホームページができます。
始めるなら一日も早い方がいいに決まってます。
---------------------------------

個人事業主・中小企業のための会計ソフト「freee(フリー)」
インストールの必要もないクラウドソフトですぐ利用可能!
まずは無料登録
 ↓
無料から使える会計ソフト「freee(フリー)」
--------------------------------

そろそろ株式投資-その2

2006年10月13日 19時17分22秒 | 経済ネタ-ビジネス
シェアブログtetsuに投稿

この前「そろそろ株式投資」という記事をこのブログで書いたが、実は株には苦い思い出がある。バブル時代の末期、もっとも日経平均が高かった時期(91年)に株、投信、外貨預金、金投資にはまった。毎日、日経平均はあがり、新聞でも雑誌でも日本経済は今までの経済理論が通用しない新しいステージに入ったと書きたて、投資をしないのはバカだ!的な風潮が世を覆っていた。

あおわれる様に株を買った。しばらくは面白いように上がった。下がればナンピン買いで、すぐに挽回した。そして空前の日経平均38000円、株式投資なんてこんなものかと思っていた矢先、92年の年初から株価が下がり始め、売り時もないままに急降下。持っていた株は塩漬けにするしかなかった。「半値8掛け2割引」というとんでもない言葉をその時知ったが、実際に日経平均はそこまで落ちた。(38000円×0.5×0.8×0.8=12160円)

ITだネット取引だと騒がれたときも全然踊れなかった。見向きもしてなかった。ところが最近になって、折角、株も持っているし、端株の類もあるのだから、有効に投資してみようかなと思い始めた。おそらく送られてくる保有株の配当金が目に見えて増えているからだろう。企業の業績がいいのだ。

そうやって関心を持ち始めて、インターネットでいろいろと調べ始めたのだが、今は個人の投資家にも、等しく情報にアクセスできるという考えられなかった時代になっていることを実感している。前は相手にもされなかった個人投資家、しかも小さな取引にも応じてくれる。

そんななかで出会ったサイトがイー・キャピタルという投資顧問会社のサイトだ。まず無料銘柄診断をやってくれる。フォームに入力して送信すると24時間以内の診断結果を返信してくれる。インサイダー情報局という情報提供サービスもある。面白いのは「叶未来のセレブな株日記」というブログだ。実践の記録でもあるので参考になる。

あくまでも投資はリスクを伴うことをよく念頭において、インターネットの情報を最大限に活用して「財テク」に励みましょう!

私のアドバイス) 一つの銘柄をしばらく保有して値動きをみていくとその銘柄の値動きの特色がわかってきます。銘柄それぞれに個性ともいうべき値動きがあり、ながく付き合っていくと、他の人にはわからないサインが見えてくることがあります。一度儲けた銘柄は、それがわかってくるので、結構値動きを見て細かく売買すると、儲けられます。




この記事に点数をつける
コメント   トラックバック (1)

食品口コミサイト<もぐナビ(mognavi.jp)>

2006年10月11日 19時30分17秒 |      +ブログ
もぐナビは、登録食品数16万点を誇る口コミサイト。出来て間もないサイトながら人気を集めているサイト。

もぐナビのイチオシの機能である、link機能をお見せしようと思いましたが、gooはlinkタグのサポートがないことがわかった。爆死です。一応テキストリンクをクリックするともぐナビのサイトに飛ぶので、もぐナビがどんなものかはわかっていただけると思う。本当は画像だけでなく、いろいろな情報がブログ上に表示させられるのだ。また、ユーザーが書き込んだ口コミ情報も読める。

<link href="http://mognavi.jp/mognavi/css/output1.css" rel="stylesheet" type="text/css" />

コカ・コーラ からだ巡茶 ペット410ml

<script type="text/javascript"></script><script src="http://mognavi.jp/mognavi/do/food/output/detail/param/foodId/168056/scriptId/1160562490904" type="text/javascript" charset="UTF-8"></script>


食品クチコミサイト もぐナビ

食品クチコミサイト もぐナビ
コメント   トラックバック (1)

Power to the people

2006年10月09日 14時37分20秒 |      +ブログ
この記事は、ヤムヤムオレンジ協賛のブログ記事コンテストにエントリー中です。
Yum!Yum!ORANGE(ヤムヤムオレンジ)「Jelly Beans」収録の『Brand New Day』
シェアブログyumyumに投稿

ということで、ブログ記事コンテストに参加してみることにしたのだが、

というより、今考えていることを強引にこのネタにつなげてみようと思ったというのが正確。

音楽は間違いなく国境を越える、そしてスポーツも国境を越える。メロディとリズムがあれば、みんなが共感できるものだ。ルールが決まったスポーツも、共感を呼ぶ。それと同時に、みんな自分のルーツを体で感じるものなのだ。日本人の前ノリのリズムたとえば音頭は、やはり自然と身についている。オリンピックを観ていると、自然と「がんばれ!ニッポン!」となる。

JAZZにせよ、ブルースにせよ、サンバにせよ、カリプソにせよ、実は、その背景には民族の歴史、特に悲惨な歴史というものを背負っている。にもかかわらず、音楽にすれば、それを乗り越えるエネルギーを持っている。それら音楽は、そのような境遇を乗り越えるために自然に生まれてきたものだからだ。そして、それは他の民族の人々にも受け入れられるものだ。

この音楽とスポーツは見事に国家・民族と世界平和を共立させ、実現させている。そのパワーをもっていると思う。

以上が肯定論。だが、今考えているのは、オリンピックにおける「政治」だ。いとも簡単に国際ルールが変わる。スキーのジャンプ競技、フィギア、バレーボールなどなど。最近女子バレーをテレビで見たが、ルールがわからない。それぐらい変わってしまっている。より面白くするために、ルールが変わるのなら、納得するが往々にして「国際政治」が見え隠れする。これでいいのか!と思うこともたびたびあって、そういう意味で、単純に音楽やスポーツでの平和の実現はやはり難しいのかなと懐疑的に陥っている。(スポーツのことを書いたが、音楽にも政治が入り込むことがある。このことは省略。)

それでも私は"Power to the people"と歌う音楽の力を信じていたい。昨日、偶然you tubeでマヘリア・ジャクソンが歌うゴスペルを聴いた。1958年にニューポートジャズフェスティバルで歌う『Shout all over』という曲だ。何かgoogleとかyou tubeとかが、何かやってくれそうな予感がして記事を書いた(予感をクリック!)。

この記事に点数をつける





コメント

そろそろ株式投資?

2006年10月06日 12時35分12秒 | 経済ネタ-ビジネス
シェアブログtetsuに投稿
『ケンミレ株式情報』
『ケンミレ株式情報』

だいぶ景気の回復も見られ、そろそろ財テク(もう古い言葉で、しばらくは使うひともいなかった気がする)をと考えている人も多いと思われる。特に、これから秋そして冬にかけては人生設計を考えるのにぴったりの季節。

なぜって、秋って「物思ふ秋」というように人生を考えるわけ。

さて、株価の動きを10年で見てみると、大きなトレンドが見えてくる。やはり上昇基調にあることは間違いないだろう。日経平均の十年間の推移と5年間の推移をチャートで見てみた。

日経平均10年の推移


日経平均5年の推移


ということで株式投資情報を探すわけだけど、今はインターネット。
ケンミレ株式情報というサイトが結構面白い。ケンミレとはどんな名前だろうと思って調べてみたら、ケン・ミレニアム株式会社というのが運営しているから「ケンミレ」ということ。学校向けの投資教育ソフトなどを作っているようだ。

ここのサイトが年に一度の無料体験キャンペーンを実施中。「負けない投資家になろう」というキャンペーン。登録すると一ヶ月間、サイトが無料で使用できる。サイトでは北浜流一郎氏など株達人の動画によるセミナーが見放題や質問に答えて自分の投資スタイルを診断してもらうことができるなど、かなりお得なキャンペーンなのだ。さらに必勝本を3冊もらえる。そして、仕上げが、実際の株価を使って仮想売買トレーニング。実際の値動きを使って株式投資の売買トレーニングが行える。

この記事に点数をつける



コメント

通販素材.com-ドロップシッピング

2006年10月03日 08時48分32秒 |      +アフィリエイト
ドロップシッピングの『通販素材.com』

通販素材.comというドロップシッピングがある。
ドロップシッピングとアフィリエイトの違いは、ショッピングカートを備えた自分のネットショップを持つことにある。アフィリエイトよりも報酬は得られるし、自分のshopを持てるのでサイトを作りこみが、成果に結びつくという楽しみがより大きい。アフィリエイトで実力を付けたら、ドロップシッピングに挑戦するのもいいだろう。

ネットショップを自分で持つといっても、配送から代金の回収はドロップシッピングサービスの会社がやってくれる。(この場合は通販素材.com)在庫を持つ必要もなく、代金回収も必要ないので、ECサイトを気軽に始められる。もちろん、すでにネットショップを持っている人でも、商品を増やしたいという時に利用すると、ショップに広がりができ、相乗効果でshopのオリジナル商品の売り上げアップも期待できる。

通販素材.comの最大の特色は”通販で物を売る為のノウハウ” を無料で提供されていること。通販商材をはじめ、商品写真・イメージ素材、商品コピー、WEBページ、メルマガまで、 通販を知り尽くしたスタッフによる“通販素材”をすべて無料で提供している。



URL:ドロップシッピングの『通販素材.com』

コメント   トラックバック (4)