青い空とわたし

青い空の日  白い雲の帆船をみていると

どこかへ どこまでも Harmonyと

走っていきたくなります

摩周湖を眺めつつ絶壁の山頂へ~ 摩周岳(カムイヌプリ)を登る

2018年08月23日 11時01分55秒 | 同上 (山歩き)



▲ 「2018年版 北海道版 道の駅旅案内」

北海道にきて、道の駅でこの案内書をゲット。

おお、摩周湖ね。
この後ろの山がカッコイイなあ・・

調べてみると。登れるじゃないか。ヨシッ。


~・~・~・~・~・~・



8月19日(日)

その時がきた。

道の駅・摩周温泉で起きるやいなや、摩周湖第一展望台を目指して走った。
20分ほどで、まだ係員のいない第一展望台駐車場(有料500円)へ到着。5時20分。



▲ 階段を上がって展望台へ出て見る。

まだ薄暗い摩周湖と、右に摩周岳が・・。
よおし、これならいい。行ける。




▲ 朝食、準備のあと、6時半ごろ。

駐車場内の登山口を出発。




▲ 地図看板。

湖に沿って三分の一ほど周れば、摩周岳(カムイヌプリ)857m へ到着する。

累積標高差 675m。歩行距離 14.5km。コースタイム5時間20分の初級コース。




▲ 山道は基本的には尾根道で、土の道で歩きやすい。

傾斜が緩いアップダウンが続いていく。


花たち

 


 


 


 






▲ 左手には摩周湖が見え隠れ。右手には道東の広大な平野を見ながら、淡々と進む。


 





▲ 絶壁状になっている摩周岳山頂が、目の前に近づいてきた。

ここからは、山頂までは急坂になってくる。




▲ あそこが頂上だな。




▲ 頂上到着。9時44分。

2時間半ぐらいか。




▲ 狭い頂上エリアには、男女の方と犬を連れたソロの女性がいた。

犬でも登れる摩周岳だ。(多分一部抱えて来られたのでは)

早速、パノラマ風景をカメラに収める。



▲ 摩周湖を左から。

稜線の真ん中あたりが、第三展望台か。
そこから左へ稜線を進んでここへきた。



▲ 摩周湖を中央を。

この手前の出っ張りピークが、展望台からは摩周岳の前部として見えてくる。




▲ 摩周湖の右を。

遠くの右端の山が百名山の斜里岳か。


ワイド画面で連結して眺めると

PC用;


スマホ用;



この摩周湖正面の背後の山並みには、アップで



▲ 右から、雄阿寒岳。そのうしろに阿寒湖があるはず。

そして昨年登ったオンネトー湖畔にたつ、雌阿寒岳と阿寒富士だ。


この山頂で弁当を食べたが、ハネアリが多く、それになによりこの切り立ったところにある狭い山頂は、極めて心が落ち着かずで(笑)、早々に下山開始した。


 









▲ ちょうど行程半分のところからの、摩周湖。

空はどんどん晴れてきた。
山頂ではまだ雲が多かったので、ちょっと朝早くに登り過ぎたかな。


 





▲ 湖と摩周岳をのぞむ。

摩周岳は、ここからは台形状に見えて、登った頂上はその台形の右端部だ。




▲ 第一展望台駐車場に戻った。11時45分。

ちょうどコースタイムどおりで、5時間20分の山行だった。


いつものコーヒータイムを入れたあと、次は第一展望台へ移動した。



▲ 第一展望台からの摩周湖の全景。

冒頭の道の駅案内書での摩周湖は、ここから撮ったものだろう。


向こう正面の摩周岳をズームアップすると



▲ 山頂は、二つの尖がりのうち奥の右側だろう。





▲ ワイド画面で摩周湖を捉えると。

スケールの大きい、整った湖だねー。

ボクが日本で見た湖の中では、一番きれいなのではないだろうか。

スワンボート発着場とかの夾雑物が一切ないのが、湖の神秘感を高めている。


よーく眺めて、心に残してから出発しよう。



▲ この右端、多分見えてないところに第三展望台があって、そこからずーーと歩いて、あの左端の山へか。よくやった、というか晴れているときに歩けて良かった。




▲ 左端には、あの山の雲のかかり具合がどうしても気になってしまう。

斜里岳・・
左端がピーク。 かっこいいねー。

どうしようか・・




▲ 第三展望台の駐車場(無料)。

摩周湖の景観は、第一よりいいと思う。

では、次のスポットへ行こう!

ここは

『山歩き(トレッキング)』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 地平線を見渡す広大な牧場で | トップ | さくらの滝と 斜里岳を見て »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは(^^)/ (hiroko)
2018-08-23 14:08:53
摩周湖きれいですね(^^♪
数年前に行ったときは
  ♪霧に隠れて静かに眠る・・・
の状態で湖を見ることができませんでした、踏んで歩けそうに深い霧で待っても晴れないよ、と係の方が言いました、
お天気に恵まれて素晴らしいです。
今日もお花が綺麗
湖と山 (jun)
2018-08-23 14:26:58
秋雲が流れる摩周湖とカムイヌプリ〜これを目の前にしたら、やはり登ってみたくなりますねー♡剣先が尖っていてカッコいいですよね、カムイヌプリ
せっかちsoraさん…もとい健脚soraさんは、午前中に登山を終えてしまったではないですか!

次は、斜里岳ですか?気を引く山がたくさんあって、なかなか帰れないですね
この辺り、熊出没情報はありませんか
hiroko さん、こんにちは (Sora)
2018-08-23 15:37:47
おっしゃるとおり、霧で見えないことのほうが多そうな摩周湖です。今回も北見から下ってきたときは見えませんでした。待っても簡単には霧は晴れませんしね。ただ今回は第三展望台からのライブカメラがあることが分かりまして、それで事前チェックして来ております。今チェックしてみると、空は半分雲がかかっていますが、湖自体はクリアですね。どうです、伊丹から飛んできませんか(笑)。

花の名前は、もう調べるのをずっとさぼっておりますが
jun さん、こんにちは (Sora)
2018-08-23 15:47:12
>剣先が尖っていてカッコいいですよね~
かっこいいですよね。jun さんは尖っている山が好きですよね。私も見るのは好きですが、そこにいると自分がころげ落ちそうで

はい、午前中に登山を終えてしまったので、翌日も・・・(笑)。

このあたりでは、誰もチンチロリンを付けていなくて、クマは出ないのでしょう。斜里岳では、クマよりも・・ 
絶景ですね (うなぎ)
2018-08-23 18:48:14
きれいな摩周湖がたっぷりですね。

摩周湖はとてもきれいなので北海道に来る度に見たくなります。

きれいな摩周湖を見ると幸せな気分になれるのは私だけでしょうか。(笑)

うなぎさん、おはようございます (Sora)
2018-08-24 10:10:53
はい、この日は摩周湖ざんまいでした。あらためて素晴らしい湖ですよね。私も感動しましたよ。

さあ、今晩からは台風が北海道にも温帯低気圧になってやってくる。現在は斜里そよ風キャンプ場で2泊した朝ですが、ここは海抜3m。夕方までに、どこかへ逃げねばと思案しています。

コメントを投稿

同上 (山歩き)」カテゴリの最新記事