ジルとうなぎの 風に吹かれて気ままにキャンプ

キャンピングカーと趣味について気ままな生活のブログです。

一歩進んだLED照明

2022-06-26 | ★日記

先日、いつものアリエクで照明を一つ購入

表面実装LEDパネルライトで、AC100V 18W 電球色というもの。

キャンカーで使いたかったので出来れば12V用がよかったが、適当なものが見つからなかったので100V用を選択。

価格は送料込みの1,864円で、以前からすれば円高で少し上がった感がある。

18Wなのでサイズも少し大きめの 22×22×3.5cm。

 

 

 

LED照明を100Vに接続して点灯。

画像では暗く見えるが、実際はかなり明るい。

うーーむ。 かなり綺麗だぞ。 おぬし出来るな  

 

 

 

照明自体は大きくて分厚いが、厚いのは枠だけでLED面はかなり薄い。

この薄さでLEDの照明ムラが出てないのはどんな方法だろうかと疑問が残る。

思い立ったが何とかで、ちょっとバラしてみよう。 

 

 

 

LEDチップは枠の周辺に張られている。

一般的なパソコンのモニターディスプレイと同じ方法だ。

普通の照明でこの方法を採用しているのを見るのは初めて。

 

 

 

ちょっと大きくして・・・。

フレームは鉄板を白色に塗装したものなので放熱はいい。

 

 

 

この状態で電源を入れると枠の周囲に貼られたLEDはかなり明るい。

 

 

 

パネル表面を均一に照らすために、

半白色のアクリル板 + 表面がすりガラス状のアクリル板 + 樹脂の反射板 + 薄い鉄板でまさにLEDディスプレイと同じ。

 

 

LED照明の多くは保護カバーがあったとしても直接照射が多いが、中国製の安い照明でもこんな細工をしているのにビックリ。

中国製と言っても侮れないと言うのが正直な感想。 

 

 

快適化やトラブル事例はに沢山あります。 
↓ ランキングに参加していますのでクリックして応援、お願いします。    

        にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ    

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする