ジルとうなぎの 風に吹かれて気ままにキャンプ

キャンピングカーと趣味について気ままな生活のブログです。

美瑛・富良野

2018-07-15 | 旅日記

 道の駅「あさひかわ」の朝6時頃の様子。

朝方に少し雨が降った。

相変らずこの季節は昼より夜のほうが車が多く、駐車場はほぼ満杯状態。

こんな状態が盆頃まで続く。

 

 

 

道の駅を出る前に隣のスーパーで買い物をしようと向かったときに、見覚えのある車。

ボクと同じ九州のナンバープレート。

昨年、霧多布岬キャンプ場で出会った彼女。

働きながら旅を続けているが、元気そうで何より。

来年は九州に帰るらしい。少しの間話をして、ボクは買い物へ行った。

昨年の霧多布岬でのブログはこちら

 

昨年ロープで閉鎖されていたスーパーへ行く近道が、今年は大丈夫。

 

天気予報では、明日から雨。

雨だと暑くないけれど、美瑛・富良野で花を見るには向かない。

 見慣れた場所だがこの季節になるとまた見たくなる。

今日は明日から連休の土曜日で、渋滞が予想されるが走ってみよう。

初めに行ったのはセブンスターの木。

 

近くの景色も美瑛らしいなだらかな畑がとてもきれい。

 

 

親子の木の子供の木に枝がなくて、寂しい。

 

 赤い屋根が美瑛の景色に映える。

 

 北西の丘 展望公園。

 

展望台から駐車場方面を見る。天気が良くて暑い。

 

 ケンとメリーの木も人でいっぱい。

大型バスで外国人の人達がやって来る。

道路から写真を撮ろうとすると、必ず人が画面に入るので全く違う方向からパチリ。

 

 

マイルドセブンの丘。

ここは、晴天の青い空が似合う。

 

そのまま、富良野までやって来た。 
土曜日なので裏道から来たが、駐車場に入るのに15分くらい待った。
駐車場はすでにいっぱいですごい人。

これまでは土日は避けてきたので、こんなに多い人は初めて。

 

花もきれいで、ラベンダーの回りには多くの人々。

 

 この看板のある写真を撮るのに暫く待った。
外国人の人達が次々にここで写真を撮るので、思うように撮れない。

一瞬の隙間を狙ってパチリと撮ったが、人影が入らなくてよかった。

 

 

去年のラベンダーは夏枯れのような感じだったが、今年はきれい。

 

 

 

 

ファーム富田の裏山のラベンダーから見下ろすと駐車場に入る車が長い列を作っている。

JRの駅の方から来る車は、相当に長い列。駐車場までは、1時間以上は掛かるだろう。

 
大型バスの数がすごい、すごい。

 

ファーム富田から、ニングルテラスへ向かったが、道路はファーム富田へ向かうと思われる車が数珠つなぎ。

この時はすでに午後3時を回っている。
やはり、ラベンダーが咲く季節に訪れるときは、朝一に来るか、平日か、それも夏休み前がいい。

新富良野プリンスホテル横にある風のガーデン。

テレビドラマの場所にもなったが、入口を写真に撮っただけで今回は行かないよ。

 

手前にある富良野・ドラマ館の前にある花壇の花がきれい。

 

ニングテラスの入り口。

ここには、一つ一つの小さな店にセンスがいい小物が置いてある。

買わなくても、感性を磨くのにもいい。

 

 

こんな小さな店が13~15店舗ある。

殆ど写真撮影禁止なのでご注意を。外からパチリ。

 

 

 

森の中にあるので、夏でもひんやりして涼しい。

 

そろそろ夕方なので、今日のネグラとする鳥沼公園に向かう。

ニングルテラスからは7~8kmの距離。

アレッ?    いつもは車が少ないのに今日は多い。何で ?

この公園駐車場に人気のバーガー屋さんがあるのと、公園の池が青いらしく、それを見るのにバスでやって来たらしい。

 

去年まではそんなことは無かったが、今年は変わったのかな?

ボクもみんなと一緒に池に向かった。

 

少し白く濁っているように見える。

ここは湧水なので、池の水はとても冷たい。湖面には低くキリが立ち込めているよう。

 

不思議な感じだが、何が原因かは分からないようだ。

 

 

今日はこれからシャワーを浴びて、夕食にしよう。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加