中国でのいろいろ

中国での生活、出来事をぼちぼち綴っていければと思っています。

長春 米線 龍記米線など

2017-08-31 00:08:31 | <長春>食事・喫茶

長春の米線は量が半端ないことが多いです。

土鍋で出てきます。。一人鍋状態になります。

 

 

 

これは過橋米線と呼ばれる雲南省名物の米線のスタイルです。

ちゃんと、取り分け用の呑水も出してくれます。

 

龍記米線は、自由大路×深セン街から深セン街を南へ

500mぐらい行った所にあります。

 

 

小さな街の食堂です。

お世辞にも綺麗とは言えませんが、味はまあまあいけます。

 

 

ちなみに蘇州の老媽米線の量はこれぐらい。で、値段は長春の約1.5倍。

一応念のため言いますが、老媽の量が決して少ない訳ではありません。

日本人の考える普通、もしくはちょっと多いかなぐらいです。

 

 

他にも蘇州ではあまり見られないのが、ぐつぐつと沸いた状態で出てくる米線。。

まぁ、慌てずのんびりと頂きます。

 

 

注文の仕方は、基本の具材(もやし、油菜、うずら卵など)に

好きなトッピングを追加で選びます。

トッピングの種類は、豚バラ、牛肉、つみれ団子、きのこ、ハムなどなど

種類と量で値段が変わります。1種類だと12元から15元ぐらいの値段。

15元で一人鍋。うん、安いです。

 

海口路の、刀削麺の面號が鴻福米線に変わりました。

龍記米線よりこちらの方が店は綺麗です。

注文の仕方は、龍記米線と同じで値段も12元から。

(と、この記事書いている途中で鴻福米線は豆腐脳の店に変わっちゃいました)

 

 

見た目と量はどの店でもほぼ同じ。

また、スープも辛いか辛くない(清湯)のが選べます。

 

 

長春には、背の高い人や恰幅の良い人が多い理由がよく分かります。

私も決して身長が低い方ではないですが、私より背の高い女性も珍しくありません。

この年で無理して残さず食べてたら確実に横に成長します。

(と言いつつ結構食ってますけど)

 

昨日、一昨日と長春は、最低気温が10度以下でした。

短い夏ももう終わりです。秋がほとんどないのですぐに冬になります。

そろそろ土鍋の米線を食べるのにいい季節になってきました。

 

コメント (4)

長春 排骨飯 明陽春

2017-01-26 00:04:56 | <長春>食事・喫茶

明陽春は、長春市を中心に吉林省内に展開している、

中華ファストフードチェーンです。

この店の売りは、排骨(スペアリブ)煮込みです。

 

 

店の看板にも「排骨米飯」の文字が出ています。

東北地方ではよく食べられる料理のひとつです。

(写真は明陽春のHPから借用しました)

 

 

排骨2個+ごはん+スープ+お漬物で13元。

店によってメニューや値段が異なるかもしれません。

 

 

排骨は、骨付きスペアリブなので、手で掴んで食べます。

手が汚れないように薄手のビニール手袋が用意されています。

が。。

面倒くさいので、私はあまり食べません。。骨なしを頂きます。

 

 

こちらのセットは18元。

甘辛の醤油味で、ご飯が進みます。

 

 

ご飯はおかわり自由です。

お櫃が置いてあるので、自分でよそいます。

 

 

ビーフカレーとチキンカレーもあります。

あまり辛くないです。

私はここのチキンカレーが結構好き。

 

 

ご飯とスープのセットで、16元ぐらいだったかと思います。

 

 

微信や電話で注文すると3元ぐらいの追加料金で配達もしてくれます。

寒くて外に出たくない日や雪の日にはついつい。。

 

 

どのメニューもそんなに量は多くありません。

若い人だと少々物足りない感じかもしれませんが、

ご飯が進む味付けなので、しっかりご飯をおかわりすれば、

お腹もいっぱいなるかと。

(持ち帰りや配達してもらうと最初からご飯超大盛りです。)

 

 

コメント (2)

長春 東北料理 老媽菜館

2016-08-18 00:07:00 | <長春>食事・喫茶

老媽菜館は、長春では老舗の部類に入るレストランです。

たぶん長春市内に5店舗ぐらいはあると思います。

臨河街店(軽軌4号線 北海路駅近く)のお店に行ってきました。

 

 

東北料理がメインですが、北京、上海、広東など、

各地の料理が大体揃ってます。日本料理も少しあります。

店も綺麗で、個室も多く、接客もまあまあなので、

日本からお客様が来られた時にも利用しています。

 

 

大きなレストランですが、簡単に食べれるようなメニューもあります。

夏場は冷たいビールもあります。

 

ただし。。

一皿の量が半端なく多い料理があるので、少人数で行くときには注意が必要です。

私はこれを「東北盛り」と呼んでいます。

値段と量は比例しません。。安くても、てんこ盛りのパターンありです。

 

暑くて食欲も無いので、今回は簡単に食べれて、

ビールのつまみになるような、軽めの料理をチョイス。

 

涼皮(涼粉)。

 

涼皮は米粉や小麦粉などで作られた麺みたいなものです。

この店は胡麻ダレで食べます。辛くありません。

きゅうりや干豆腐も乗ってます。

タレは別の椀に入れて持ってきますが、

全部かけてもよければ、店員さんがかけてくれます。

写真では分かりにくいですが、一人だと食べきれない量です。

 

小エビのから揚げ。

 

 

高温でさっと揚げた感じでサクサクしてます、油もよくきってあります。

シンプルな塩味で美味しいです。でも量はすごく多いです。。

この料理だけでビール2本ぐらい軽くいけそう。

日本酒や焼酎にも合いそうな感じです。今度、焼酎でも持ち込みしてみようかと。

 

茄子の冷菜。

 

これは、東北料理の部類に入ると思います。

茄子の揚げ浸しみたいな感じの料理です。

醤油味ベースで少し酸味と辛みがあります。

錦糸卵、肉が少しでニンニク多め。東北の人は生のニンニク大好き。

ビールによく合いますが、ご飯の上に乗せて食べても美味しいかも。

 

焼きシシャモ。

 

日本料理から、シシャモを選んでみました。

普通にシシャモです。

焼き加減もいい感じ、安心して食べれます。

 

揚げた餅(bing)。

 

中国語の餅は、小麦粉を薄く伸ばして焼いた(クレープみたいな)もののことです。

東北料理の主食のひとつで、いろんな具材を巻いて食べます。

これは、野菜と肉などを包んで揚げたタイプの餅です。

パリパリの薄皮が美味しくて、ビールも進みます。

 

何を頼んでも、まあ大丈夫な味付けなのと、

品数も豊富で、日本料理風のものもあるので、

味の好みが分からないお客様を連れていくのにいい店です。

 

ここは東北料理店のなかでは、どちらかと言えば一皿の量は控えめですが、

それでも上海や蘇州の中国人でさえ、量の多さにびっくりされます。

仲間内で少人数で行く場合には、

最初から、打包(お持ち帰り)する前提で注文する料理を決めてます。

 

 

コメント (4)

長春 海口路の美国加州牛肉面大王(李先生)

2016-06-23 00:16:00 | <長春>食事・喫茶

長春にはそこら中にある李先生。

李先生と美国加州牛肉面大王は、名前が違うだけで中身は同じです。

事務所近くの海口路にもあるので、時々お昼ご飯を食べに行きます。

 

 

チェーン店なのですが、場所によって少々メニューや価格が異なるようです。

この店には、8元の麺というのもあります。

 

 

原汁牛肉湯面(8元)。

試しに頼んでみました。具がない牛肉面です。

これはこれで食欲無い時にいいかもです。

 

 

冷菜類は、6元から10元ぐらい。

 

 

単品料理は、10元から30元ほどで、

 

 

普通の麺類が12元から15元ぐらい。

定食類は、16元から25元。

 

 

海口路の店は、長春駅や軽軌の前進大街駅近く、硅谷大街より値段が安いです。

店は、少し汚いけど。。

愛想のなさは今のところ全店共通です。

 

以前書いた李先生の記事はこちら、

http://blog.goo.ne.jp/akira_delta/e/87dac5e11f7be74b9456fd538925b6ed

 

 

紅焼牛肉套餐(20元)。

この店では、紅焼牛肉がご飯の上に乗っかってきます。

でもボリュームはここが一番かも。

昆布と細切りジャガイモの冷菜がセットになってるのはどの店も同じです。

 

 

少し前まで、学食みたいな盛りだったのが、

最近なぜか若干見栄えが改善されました。。

以前の盛りはコレ、どん!

 

 

宝島菌肉套餐(20元)。

上海、蘇州の中華ファストフードや台湾料理にもよくある、

キノコと牛肉を甘辛く味付けしたものです。

 

 

麻婆豆腐套餐(16元)。

麻婆豆腐は、日本語でも中国語でも読み方と発音がほぼ同じ。

中国語初心者には、うれしいメニューです。

辛いのは辛いですが、四川料理の麻婆に比べると全然大丈夫なので安心です。

 

 

鶏絲面(14元)。

鶏肉を細くほぐしたものが入っています。

牛肉面以外の麺では、これをよく頼みます。

めずらしくさっぱり系の白湯スープです。

 

 

李先生(美国加州牛肉面大王)は、大手の中華ファストフードチェーンなので、

街の小さな食堂で食べるよりは少々安心(かもしれません)です。

 

 

おまけ。

話は変わりますが、先月から急に駐車場にされた海口路の歩道が。。

これまた突然、一部ですが駐車禁止に変わりました。

 

 

歩道が駐車場になった記事はこちら、

http://blog.goo.ne.jp/akira_delta/e/86962469ae3ecc7f7baf5e9988f3c42f

 

私の声が天に届いたのでしょうか。そんな訳はありませんね。。

でも、道沿いのアパートが外壁工事しているので、そのためかも。

どちらのための駐車禁止か分かるのは、3ヶ月後ぐらい。

ただ、ダメと分かればすぐ変える方式は、日本の行政も見習っていいかもしれません。

 

 

コメント (4)

長春 大西北牛肉面

2016-03-31 00:28:00 | <長春>食事・喫茶

大西北牛肉面は、自由大路に平行して1本南にある海口路と、

深セン街との交差点近くにある食堂です。

町の小さな食堂といった感じでしょうか。

 

 

大西北とは、甘粛、寧夏、青海、新彊など、少数民族やイスラム教徒の多い地域の総称です。

中国で清真と書かれた飲食店はイスラムの教徒の店なのですが、

宗教とは関係なく誰でも利用できます。

大西北牛肉面もイスラム教徒の店なので、豚肉を扱う料理はありません。

 

 

店名の通り、牛肉面がメインの店ですが、

ご飯ものも割と充実しているのでよく食べに行きます。

 

 

葱爆牛肉蓋飯 15元。

蓋飯(gai fan)は、 日本語に訳すと丼といった感じです。

ご飯の上におかずが乗っかっているものを蓋飯といいます。

牛肉と長ネギ、きくらげ、ピーマンを炒めてあります。

辛くないです。これは、日本人にも合う味だと思います。

 

 

蘑牛肉蓋飯 13元。

きのこと牛肉、ピーマンなどを醤油っぽいタレで炒めています。

 

 

紅焼牛肉蓋飯 15元。

蘑牛肉蓋飯とあまり味が変わりません。

入っている野菜が違うぐらい。想像していた紅焼牛肉とはちょっと違う。。

 

 

よく頼むのが牛肉炒飯 9元。

細かく刻んだ牛肉と野菜が入ってます。

量が多いので、これだけでお腹いっぱいになります。

 

 

蛋炒飯 8元。

卵炒飯です。シンプルな塩味で美味しいです。

 

 

ちなみに牛肉と卵と両方入ると、蘭州炒飯(11元)になります。

なぜ炒飯をよく頼むのかというと、キャベツなど緑の野菜がたっぷり入っているから。

(この近辺の店も炒飯に野菜が入っていることが多い)

野菜不足を補える??のはもちろん、野菜が入ることで、

私好みのふわっとした柔らかめ炒飯になってます。

 

牛肉炒拉面 12元。

これも日本人に合う味だと思います。

牛肉と白菜、ほうれん草、玉ねぎ、ピーマンなど、こちらも野菜がたっぷり入ってます。

麺にもコシがあるし、日本の中華料理屋さんで出てくる焼きそばみたいな感じです。

 

 

この店の隣は、キリスト教の教会です。

イスラム教徒の店とキリスト教の教会が隣り合わせというところが、

日本と中国との文化の近さを感じさせます。

 

 

お昼ごはんは、一人で食べに行くことが多いので、

同じ店に3回ぐらい行ったタイミングで、あなたどこから来た人?と聞かれます。

もちろん私の中国語が下手だから。。。

でも、一度話をするともう、こいつは中国語ができない日本人って、

分かってもらえるので、その後の注文や勘定がとても楽になります。。

 

 

コメント (2)