中国でのいろいろ

中国での生活、出来事をぼちぼち綴っていければと思っています。

上海 新天地

2018-02-22 00:12:22 | <上海>生活

上海の新天地へ散歩がてら出かけてみました。

新天地は、黄浦区にある租界時代の雰囲気を残す場所です。

 

 

地下鉄の最寄り駅は、10号線、13号線の新天地、

1号線の黄陂南路です。

 

 

新天地を含め、上海の旧租界地域には、

上海の伝統的な様式に西洋各国の様式が取り入れられた建物が数多く残っています。

これらは石庫門建築と呼ばれ、文化財にも指定されています。

 

 

新天地には周囲の景観に合わせた新しい建物や

昔の石庫門の建物をそのまま利用した、レストランや商店が並んでいます。

 

 

中国各地からの観光客や、外国人も多く訪れる場所です。

どちらかというと、若い人や外国人向けの店が多い感じもしますが、

田舎のおじいちゃん、おばあちゃんの姿も見かけます。

 

 

中国共産党第1回全国代表大会が開かれた場所が、

この新天地にある建物というのもその理由の一つなのでしょう。

たぶん、地方から来るお年寄り達のツアーや研修のようなイベントでは

この場所を訪問することも多いのかと思います。

 

 

軽く食事をしようと、

海逸酒家(HARBOUR PLAZA)というお店に入ってみました。

点心があるので、小腹を満たすにもちょうど良い店です。

 

 

麻醤油麦菜。(38元)

 

甘めのタレをつけて食べます。生で出てくるとは思いませんでした。

油麦菜はよく見かける野菜ですが、

今まで火が通ったもの以外は食べたことがありません。

こんな食べ方もあるのですね。シャキシャキ感もあって結構いけます。

 

鮮蝦水晶蝦餃。(30元)

 

見た目通りで安心の味。

プリっとした蝦が入ってます。

 

脆皮鮮蝦腸粉。(30元)

 

こちらも蝦が入ってます。

カリカリの何かと一緒に生春巻きのような皮で巻いてあって、この食感が大好きです。

広東料理や香港料理によくある一品ですが、

このカリカリが何なのか未だに分かってません。。

 

明火白粥。(8元)

 

少しだけ塩味がついているお粥。

朝ごはんでなくても、ついついお粥を頼んでしまいます。

他には皮蛋粥(26元)などもあります。

 

この店はサービス料が別途かかります。

中途半端な時間帯に行ったので、客も少なく店員さんたちも休憩。

客がいる場所で店員さんも食事をしたり、休憩するのが中国流です。

 

 

新天地は上海や近郊の蘇州などに住んでいる人なら誰でも知っている場所です。

近辺は夜になるとライトアップされた建物が綺麗です。

時間があるなら、夜の淮海中路や復興中路も散策してみるのも良いかと思います。

 

 

コメント

上海 公寓(gong yu)を借りてみる

2018-01-25 00:08:00 | <上海>生活

上海市の中心部で、数か月間ぐらいという中途半端な滞在期間で

安い宿舎を探すのは少々苦労します。

 

 

ホテルだと高いし、アパートも短期契約となると

物件が絞られるし借りられても割高。

ガス、電気の支払いやネットなどの契約もちょっと面倒くさい。

実際住んでみて嫌だと思ってももう変えられない。

 

そんな時に”公寓”と呼ばれる、

ウイークリーマンションのような宿舎の選択肢もあります。

基本的な家電製品や調理機器は全て揃っています。

 

 

この”公寓”もはっきり言ってピンキリで、

食事の提供からスポーツジムまであるような高級公寓から

(日本人の駐在者の方などが利用されています、羨ましい)

学生さんが使う、風呂トイレ共用みたいな所まであります。

 

上海の中心部、租界と呼ばれていた場所には、

すごく古いアパートがたくさんあって、

大家さんがこの部屋を公寓として貸し出しています。

管理会社と提携して貸しているパターンが多く、ネット予約もきます。

表通りからは分かりにくいこんな路地にも

アパートやちょっとお洒落なカフェがあったりします。

 

 

古くても外観が綺麗な公寓は、

3つ星から4つ星クラスのホテルと料金は大差ありません。

でも、こんな外観の建物だとすごく安くなります。

階段は木製でかなり急、夜は電気が付かないと真っ暗。。

 

 

外観や階段はボロでも部屋の中はとても綺麗でした。

部屋のドアは電子ロックで暗証番号入力で開錠します。

ネットはWiFiが付いてます。

 

 

小さな部屋なのでシャワーしかないですが、

洗面所とトイレもこれなら大丈夫そう。

お湯はガスなので24時間いつでもすぐに使えます。(水量は少ないけど)

 

 

小さなベランダに置かれている洗濯機はSANYO。

(三洋ブランドだけど、今はもう中国企業が製造販売)

 

 

今回、このような宿泊施設があるということは書きましたが、

安全面を無視することはできないので、

外国人が中国でこんな安い公寓に宿泊するのはお薦めしません。

同じアパートの住人とのコミュニケーションが必要な場合もあります。

欧州なんかでこんな所に滞在している人は旅の達人みたいに言われるのでしょうが。。

 

 

コメント (4)

上海 2018年の元旦

2018-01-04 00:04:00 | <上海>生活

2018年の元旦は、特に何するわけでもなく、

かと言ってのんびりというわけでもなく、蘇州と上海で過ごしました。

 

 

気が付くと新年、年越しそばは年を越してから食べました。。

 

 

1月1日は上海でちょっと所用があったので、

これをやっつけてからお昼ご飯。

 

 

蘇州にもある香港料理のチェーン店、避風塘で、

本年度の外食スタートです。

おせち料理はもう5年以上食べていません。。

 

 

主食以外は少し体に優しそうなものをチョイス。

 

香辣拌木耳。

 

ちょっとピリ辛味の木耳です。

 

白灼生菜。

 

レタスは中国語で生菜といいます。

レタスの芯に近いところを半分に切って蒸してあります。

 

花菇炖鳥骨鶏。

 

キノコと鶏(黒い鶏)のスープです。

これは薬膳っぽい本当に優しい味です。

 

主食はしっかりお腹にたまるもので、干炒牛肉河粉と、

 

 

瑶柱叉焼炒飯。

瑶柱は干し貝柱のことです。

 

 

食事の後は、南京西路を人民広場まで腹ごなしのお散歩。

上海駅から高鉄に乗って蘇州へ帰りました。

 

 

今年の中国の年末年始は12月30日~1月1日の3連休。

年末ぎりぎりまで仕事をして、2日からもう出勤なのでお正月気分はありません。

中国で仕事を始めてもう7年目、今年はどんな年になるのやら。

 

 

コメント (6)