中国でのいろいろ

中国での生活、出来事をぼちぼち綴っていければと思っています。

上海 お散歩 老埠頭周辺

2020-03-26 00:03:26 | <上海>生活

外灘の南にある老埠頭は、清代末期から中華民国時代に栄えた上海で最も古い港の一つです。

その頃は十六舗と呼ばれており大きな船着き場や市場で賑わっていたそうです。

 

 

以前はこの辺りにも上海特有の石庫門と呼ばれる建物が並んでいました。

同様に石庫門の建物が多く残る新天地のような観光地を目指して再開発が行われたようです。

 

 

広場にある噴水の周りには、

ちょっとお洒落な感じのレストランや商業施設などが並んでいます。

日本料理屋さんもありました。

 

 

まだ新型コロナの影響で営業している店も少なかったせいもあるかと思いますが、

ちょっとイマイチ感のあるような場所。。二番煎じだからでしょうか。

 

 

地下鉄の最寄駅は地下鉄9号線の小南門駅です。

小南門駅の周辺はかつての上海中心部、まだ下町の雰囲気が残っている場所です。

良く言えば昔懐かしい感じの、悪く言えば中心部にまだこんな小汚い場所がみたいな。。

 

 

今は大規模な再開発が進んでおり、大きな商業ビル群の建設が進んでいます。

この辺りの建物もまもなく取り壊されるのでしょう。

 

 

老埠頭の周りももう少し古い建物を残すかうまく再現すれば、

もっと観光地らしくなったかも。

 

 

気分を変えて黄浦江沿いの遊歩道に出てみると、

浦西側も浦東側も人出が元に戻りつつあるのが実感できます。

 

 

先週ぐらいから観光船の一部は運行を始めています。

この辺りの大きな船ももうすぐ動き始めるか、すでに再開しているかもしれません。

 

 

渡船(水上バス)に乗って対岸へ渡ることにしました。

老埠頭の近くには2ヵ所渡船乗り場がありそれぞれ行先が異なります。

 

 

船の往来が多い場所なので、川を横切る渡船は船が通り過ぎるのを待つこともあります。

それでも船旅の時間は5分ほど、両岸の景色を眺めているとすぐに浦東側に到着です。

 

 

浦東側から外灘の建物の向こうに沈む夕日を眺めて本日のお散歩は終了。

上海ではコロナ肺炎の新規患者は海外からの輸入症例のみになっています。

とは言え、いきなり遠くへ出かけるのもちょっと。。

というわけで、まだまだマスク着用で近場への散歩がてらのお出かけです。

 

 

先日、長春市政府から長春日本商工会を通してマスクの差し入れがありました。

単なる外国企業への支援だけではなく、中国が新型コロナで大変だった時に、

日本から支援物資を提供したお返しの意味もあると思います。

長春市政府と日本の皆様に感謝しつつ、ありがたく頂戴しました。

 

 

いつ急に対応が変わるか分かりませんが、上海市に滞在する場合、

3月23日から症状や濃厚接触がなく入国時の検査で陰性だった日本からの渡航者は、

隔離措置がなくなりました。22日に入国された方は残念。。

ただし、隔離しないと通達したのは上海市だけで他の省では隔離です。

また上海でもマンションごとに個別管理があるので絶対に隔離されない保証はありません。

 

 

コメント (2)

上海 濱江大道の黄浦江河川敷公園

2020-02-27 00:02:27 | <上海>生活

基本的には外に出ない生活がもう1ヶ月近く続いています。

さすがに籠りきりだと気も滅入るのでちょこっと散歩に出たりしています。

 

 

以前から時折散歩に出かける濱江大道の黄浦江河川敷公園。

黄浦江沿いに遊歩道や自転車用の道路もある綺麗な公園です。

 

 

普段なら夕涼みに来る人や散歩、ジョギングをする人で賑わいます。

野外トレーニングジムのような感じの集団もいたりします。

 

 

また、夜になると魚釣りや蟹釣りをしている人達も見かけます。

上海蟹は生命力が強いので、こんな場所でも結構釣れるようですが、

私にはここで採れた蟹を食べる勇気はありません。

 

 

今はすっかり外に出る人が減っていますが、

最近、天気の良い日には外へ出てくる人が徐々に増えています。

 

 

さすがにまだ観光客はほとんどいませんので、

大半は地元の人達だと思います。

 

 

対岸の国際旅客ターミナルから日本などに向かうフェリーが出ているのですが、

運休しているのでしょうか、姿はありません。

 

 

蘇州の観光地は既に再開しているところも出ていますが、

東方明珠や周辺の観光施設はまだ営業していません。

休日だと観光客が多い通りも人影はありません。

 

 

夜の散歩はライトアップがとてもきれいです。

東の方向には楊浦大橋が見えます。

 

 

陸家嘴まで行けば、対岸の外灘の景色も楽しむことができます。

 

 

何ヵ所か観光船の乗り場や渡船の乗り場やがあります。

渡船の対岸までの運賃は2元で交通カードも使用できます。

電動自転車で通勤する人達で朝夕は混雑します。

来月からはこの光景も復活するのではと思います。

 

 

徐々に企業活動は再開しているようですが、

先週末時点ではまだまだといった感じで、残宅勤務を継続している企業も多いです。

オフィスビルやデパートでは入り口で検温を行っています。

 

 

飲食店などの営業も再開しつつありますがこちらもまだまだ。

このまま感染者の増加がなければ来週から企業活動再開が本格化します。

毎日タクシーで出かけるような金持ちではないので、

仕事には地下鉄を利用することも多くなりますが、どんな感じなることやら。

また、お昼ご飯をどうするのか。。が重要な課題です。

 

蘇州市では、日本や韓国から到着した人(外国人含む)は、

蘇州市に到着後、小区に登録し14日間の自宅待機をするようにとの通知が出ています。

江蘇省、浙江省では同様の通知が出ている都市があると領事館からのメールにありました。

2月26日時点、上海市にはまだこのような通知は出ていないようですが、

事業再開で中国へ渡航される予定のある方は、今後の動向に十分ご注意を。

 

 

コメント (2)

上海 現在の上海~日本往復はこんな感じ

2020-02-20 00:02:20 | <上海>生活

上海も日ごとに管理が厳しくなってきています。

私が上海で住んでいる所はかなり緩い管理だったのですが、

ついに検温と居住者以外の立ち入り規制が厳格化され始めました。

 

 

居住者以外は入れないようにする管理は、

蘇州のマンションではもうすでに先月から行っていました。

そんなさなかですが、どうしても日本で片付けないといけないことがあって、

週末に日本へ行ってとんぼ返りしてきました。

 

 

地下鉄に乗って浦東空港まで行きましたが、

週末のせいもあって人影はまばら、各シートに一人ずつのような感じでした。

 

 

浦東空港も人はとても少なかったです。

国内国際線ともキャンセル便が多くなっています。

私も上海へ戻る便がキャンセルになったので別便を予約し直しました。

 

 

T1サテライトへ向かう地下シャトルのホームにも人影なし。

係員も暇そうです。

 

 

関西空港では中国から来る便への特別対応をとっていてシャトルは利用できませんでした。

歩いて入国審査まで向かいます。

機内で問診票が配布されるので、健康状態などを書いて係員に提出します。

機内で書かないと時間がかかるので、ペンの機内持ち込みをお忘れなく。

 

 

本当に日本でもマスクがないのですね。

何軒が回ってみましたがどこも売り切れ状態。

そして、どこの店に行っても空の棚を除く中国人の姿が。

 

 

往復とも中華系の航空会社を利用しましたが、

日本から帰国する中国人って今でも結構多いです。

上海へ戻る便は、キャンセル便なども出たせいか混んでました。

通常時と同じレベルでほぼ満席に近い状態です。

 

 

飛行中、客室乗務員による検温が行われました。

スポットに到着してもすぐには降ろしてもらえません。

SARSの時のことを思い出しました、対応が同じようになりつつあります。

発熱がある乗客がいたのか、防護服に身を包んだ検査官が2名乗り込んできて、

数人の乗客をチェックしていました。

 

中国の場合、出入国両方とも問診票の提出が必要です。

高鉄などを利用する時と同じようにWeChatやアプリからの登録も可能ですが、

中国の方々もほとんどが紙で提出していました。

 

 

問診票と一緒に配られた用紙には発熱などが発生した場合の連絡先や、

虚偽の申告をすると逮捕しますよ的なことも書かれています。

実際に上海では虚偽申請した人がウイルスに感染していたことが発覚し、

治癒後に逮捕されています。

 

 

帰りも地下鉄で。

地下鉄2号線は浦東空港から龍陽路ぐらいまではガラガラ。

上海では出勤を始めた企業も徐々に多くなってきたようで、

世紀大道駅や地下鉄4号線などはそれなりに乗客がいました。

 

 

現在、上海市は市外からの人の流入を制限すると通知を出しています。

国際便で上海に到着する健康な外国人を追い返すことはないでしょうが、

この制限には蘇州市から上海市への移動も含まれていますのでご注意を。

(実際にどの程度厳密に運用されているかは不明です)

 

 

今回乗った上海行の便の検査では結果はシロだったようで、無事全員降機できましたが、

もしクロの人がいたらどうなってたのでしょう。。全員隔離??

もし、それでも中国へ行かなければならない方、

乗り継ぎが必要でしたら、かなり余裕を持っておいた方が無難だと思います。

日本の空港では出発する人への検温は行っていませんので。。

 

中国では建物に入る、地下鉄や鉄道の乗車、飛行機に乗るなど、

マスクが必須、すべて検温があって熱があると入れない、乗れないなので、

日本にいるのと中国にいるのとどちらが安全なのか。。よく分からなくなってきました。

 

 

コメント (2)

上海 蘇州から上海への移動

2020-02-13 00:02:13 | <上海>生活

どうしても上海で仕事を続ける必要があるので、

まだ人の少ない先週末に蘇州から上海へ移動しました。

 

 

蘇州駅は閑散としていました。

北口2階の入り口は閉鎖されていたので、北口1階から入りました。

南口が使えるかどうかは不明です。

 

 

駅の入場で身分証を出すと上海行の切符を購入している人には、

後ろの柱に貼ってあるQRコードをスキャンしてねと言われます。

(これは柱に貼られていたものとは違いますが飛び先は同じ)

 

 

これをWeChatでスキャンして、上海市の健康登録をする必要があります。

もしその場でスキャンできなくても、

列車の中でQRコードと説明が書かれた紙を受け取ることもできますし、

駅に行く前に事前に登録しておいても大丈夫です。

 

 

QRコードをスキャンし、初回は認証コードをSMSで取得します。

認証後にこのような画面が出ますので必要な情報を入力します。

入力内容はそう多くありません。英語表示もあります。

 

 

湖北省に行ったことがあるか、上海での滞在先と携帯番号、便名など。

登録後に送られているSMSに書かれているURLをクリックすると、

自分の登録内容を駅員などがチェックするするためのQRコードが表示されるので、

上海駅を出る時にこのQRコードを係員に提示します。

列車の場合、飛行機の国際線で配られるような、

紙に書く健康検査表の入手は難しいですのでご注意下さい。

 

 

上海へ向かう人はそれなりにいます。

おそらく今週はかなり増えているかと思います。

同じ列車でも人が多い車両と少ない車両があることも多いので、

もし空いている車両があればそちらに移動しても構いません。

 

 

正解かどうかは分かりませんが上海に行くにあたって考えたことは、

・高鉄に乗る、普通列車や動車には乗らない。

・南京発の高鉄に乗る、南京より西から来る高鉄には乗らない。

・地方から来る列車が多く空港もある上海虹橋駅には行かない。

・上海駅に着いても人が多い南口には行かない。

・今は地下鉄には乗らない。

です。

 

 

幸い、列車の中や蘇州駅、上海駅でも人は少なく、

私の周りでは咳をしている人や検温で引っかかった人は誰もいませんでした。

上海に着いた夜にネットの記事を見ると虹橋駅では人も多く、

その日は100人ほど検温で引っかかったそうです。

 

 

2月10日から上海の企業は稼働を開始しています。

今週に入って車の量もかなり増えて朝は渋滞も発生していますが、

浦東新区のオフィス街ではまだ在宅勤務を継続している企業も多く、

外を歩いている人は普段より少ないです。

 

 

オフィスビルでは上海市以外の場所から来た人には、

到着後14日間は立ち入り禁止にしている建物が多いようです。

おそらく外国企業が入居するような管理のしっかりした建物では、

この規制があると思います。

もし、そのようなオフィスビルに確実に入りたいと思うなら、

14日前に上海へ入って上海以外の場所には行かないようしておく必要があります。

ただし実際にどこまで厳密にチェックしているかは行ってみないと分かりません。

 

 

あくまでも私見ですが、

もし、中国人の方と同行されるならその方の身分証記載の住所が、

湖北省、浙江省、広東省など重点地域の中でないことを確認しておいた方が、

よいかもしれません。

 

居住地の住人が感染を恐れて独自に厳しい措置をとっている場所などがあります。

(上海などの大都市では大丈夫かもしれませんが蘇州ではあります)

このような地区では湖北省の身分証を持っているだけで公安を呼ばれる可能性があります。

 

 

上海中心ビルには、”武漢加油 中国加油 一心団結 同船共済”の文字が。

状況も日々変わりますので実際に行ってみないと分からないことが多いです。

自分で書いておきながらですが、今日聞いた情報が明日も同じとは限りません。

今はまだ省をまたく移動は健康面のリスク以外にも、

移動先でのトラブルも考えられますので止めたほうが無難かと思います。

 

 

コメント (2)

上海 2020年のお正月

2020-01-09 00:01:09 | <上海>生活

2020年は元旦から出張ですっかり忘れていましたが、

そういえばここ数年は年末年始の記事を書いていたハズ。

 

 

ということを思い出したので、

特別なことは何もないですが、自身の忘備録として。。

 

 

31日は仕事をお休みして、年末らしく部屋の掃除と、

掃除をした自分へのご褒美に年越しそばを食べにお出かけ。

鳥元さんの鴨つけそばを美味しくいただきました。

 

 

夜になるとあちこちの高層ビルの壁には新年のイルミネーションが灯ります。

上海の市街地では花火が禁止されてしまったので昔のような賑やかさはありません。

 

 

中国の年末年始は1月1日だけがお休みです。

例年なら都合をつけて2~3日サボるのですが今年はそういう訳にもいかず。

出張を終え週末に上海へ戻ってきて、近所のお散歩と買い出しに。

 

 

梅園公園は浦東新区にある小さな公園です。

 

 

小さな公園ですが草木も多くて、

散歩の途中にちょっと寄り道するのにいい感じの場所です。

 

 

お年寄り達の憩いの場になっています。

蝋梅の花も少し咲いていました。

 

 

ここの猫たちは、餌をもらっているようで、人を見ても逃げたりせず甘えに来ます。

なので近づきすぎて写真を撮るのが難しいです。

 

 

年明けの上海はとても暖かかったです。

今週前半は20度ぐらいまで気温が上がりました。

 

 

梅園公園の近くにある、福山菜場(野菜市場)は、

年末にリニューアルオープンしました。

 

 

新鮮な野菜、肉、魚貝類などを扱っています。

リニューアルしただけあって中はとても綺麗になりました。

私はいつどこで採ったか分からないスーパーの野菜より、

地元産のものを多く扱っている野菜市場で買う方が好きです。

 

 

2020年は今までで最も年末年始感がないスタートになりました。

いつ見てもそう大きな変化がない日本と違って、相変わらず中国の変化は速いです。

この変化を楽しむ余裕をもって過ごせればと思っていますが、どうなることやら。

まぁ、仕事の方はうまくいくかダメなのかは誰のせいでもなく自分次第なのですが。

 

 

コメント (2)