中国でのいろいろ

中国での生活、出来事をぼちぼち綴っていければと思っています。

蘇州 老舗洋食屋さん 西西里西餐店

2021-09-16 00:09:16 | <蘇州>食事・喫茶

観前街にある西西里は蘇州では老舗の洋食屋さんです。

2000年前後に蘇州へ駐在されていた方ならきっと懐かしい店だと思います。

 

 

今では蘇州にもお洒落な飲食店が増え、各国の料理が食べられるようになりましたが、

あの頃は上海まで行かないと蘇州ではちょっと。。という感じでした。

 

 

西西里もすごく美味しいという訳ではありませんが、ごく普通に安心できるお味。

昔は洋食屋さんなんて数えるほどしかなく、

お手頃価格でとなると西西里か谷川ぐらいしかなかったように思います。

 

 

メニューも基本的にはずっと変わっていない気がします。

あまり覚えていませんが値段もそんなに変わっていないんじゃないかと。

 

 

ここに来るとよく頼むのがオムライス。

今時のふわとろ卵ではなく、昔から変わらず薄焼きの卵でライスを包んでいます。

 

 

ビール単品でもピーナッツなど簡単なおつまみを付けて出してくれますが、

お供にぴったりなオニオンリング、お好みでタルタルソースを付けて頂きます。

 

 

日式定食があるのに気付いたのは割と最近。

昔はなかったような気がするのですが、単に自分が気付いてなかっただけなのかもです。

 

 

とんかつ定食など、弁当風メニューもいくつかあります。

中華系喫茶店の新島珈琲などでも弁当形式の日式定食がありました。

昔駐在や出張されていた方ならこの感じも懐かしいのではないでしょうか。

今ではもう中華系喫茶店の数もずいぶん少なくなりました。

 

 

薄暗い店内はちょっと昭和を感じさせる雰囲気。

日本でもバブルの頃はこんな感じの食事もできる喫茶店をよく利用した覚えがあります。

 

 

棚に並んでいるお酒の種類も多いです。

夜に行ったことはありませんが、バーみたいな感じになるのでしょうか。

それこそ昭和の”カフェバー”みたいな。

 

 

西西里の創業は確か20年以上前、蘇州で最初の洋食屋さんだったはずです。

たまにお昼ご飯を食べに来るぐらいで夜のことは分かりませんが、

以前と比べてこの店で日本人を含め外国人を見かけることは少なくなりました。

お客さんの数自体も少なくなっている気がします。

 

 

店員さんも年配の方が増えました(というかみんな年を取った?)

今ではオーダーを取りに来るのもおばちゃんです。

もう店のある建物も古くなっているので、そのうち建て替えの時期も来るのでしょう。

 

 

私が初めて蘇州に来た頃には高速鉄道もなく、

今のように思い付きでちょっと上海へお出かけなんてことはかなり困難でした。

もちろん蘇州市内には高架道路も地下鉄もなく、蘇州市内の移動でもそれなりに面倒で。。

今では当たり前の電子マネーや配車サービスも考えてみるとごく最近のこと。

西西里に来ると昔のことが懐かしく思い出されます。

常連でもない私が言うのもおこがましいですが、

昔から変わらない雰囲気とメニューのこんなお店もずっと続いてくれるといいなと思います。

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

無錫 蕩口古鎮

2021-09-09 00:09:09 | <江蘇省>観光

蕩口古鎮は蘇州、無錫、常熟の3つの市の境界にあります。

2000年以上の歴史がある水郷古鎮ですが、観光地化されたのは最近のことです。

 

 

観光ブームにあやかろうと2008年ごろから修復や整備が進められ、

2010年には中国歴史文化名鎮に認定されています。

 

 

ただ、かなり不便な場所にあるので車がないとちょっと不便です。

無錫駅や無錫東駅からなら708路のバスで蕩口古鎮の入り口まで来られるようです。

また蘇州北駅から83路のバスで行くこともできるようです。

 

 

古鎮の面積はそう広くはありませんので一回りするのに半日も必要なさそうです。

旧居や博物館をじっくり眺めるならもう少し時間が必要かもしれませんが。

 

 

北倉河の両岸にある石畳の道が綺麗に整備されています。

所々に土産物屋、食料品や飲料、雑貨、レストランなどがありますが、店の数はあまり多くありません。

 

 

華氏義庄、銭穆旧居、華蘅芳の生涯の展示館、王幸旧居、華君武旧居、会通館、関帝廟、時計博物館が、

古鎮の中の主な観光スポットです。

 

 

これらはこの街から輩出した学者や音楽家、漫画家、芸術家などの旧家や資料館などで、

王幸さんは音楽家、華君武さんは漫画家、いずれも近代~現代の著名な方々とのことです。

 

 

また、ここに暮らす人々に多い姓は、”華”さんだそうです。

古鎮の著名人の名前に多いのもやっぱり華さんです。

 

 

学校からの遠足(社会見学?)の受け入れにも力を入れているようで、

蕩口古鎮の公式HPを見てみると、見学や体験学習カリキュラムが掲載されていました。

逆に平日の方が子供達で賑わっているのかもしれません。

 

 

古鎮の川には、売魚橋、売鶏橋、太平橋など、

28(だったと思います、たぶん)の古い石橋が架かっています。

 

 

周庄や同里のように有名な江南の水郷古鎮と違って人も少ないので、のんびり散策できます。

大型連休の人出は分かりませんが、普通の土日なら水郷の船も順番待ちは不要かと。

 

 

古鎮の入場料は70元ぐらいだったかと思いますが、ネット予約すると40元のようです。

休閑カードが使える場所ですのでカードがあれば無料です。

個人的な感想ですが、70元で入るのは少々お高いかな。。という印象も無きにしも非ず。。

 

 

休憩とお昼ご飯を兼ねて永安橋の近くの泰園小籠という店に入ってみました。

 

 

江南料理や定番の無錫小籠包以外にも麺類などの軽食もあります。

麺や雲呑の値段は高くありませんし、味も大丈夫でした。

 

 

細い路地の奥には庭園式の綺麗なホテルもあります。

ホテルに一泊して、近郊で採れる銀魚や河蝦などの料理を味わうというのもできそうです。

この辺りはスッポンの産地でもあるそうです。

 

 

水郷古鎮は好きだけど人が多い所はちょっと。。と思う方にはお勧めの場所のひとつです。

ここなら日頃の喧騒を忘れて少しのんびりという感じの楽しみ方もできそうです。

ただし、あまり期待しすぎると本当に何もないなぁで終わってしまうかもしれません。

 

 

コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

蘇州 お散歩 山塘街の狸探し

2021-09-02 00:09:02 | <蘇州>生活

いつも観光客で賑わっている山塘街。

全長約3600mの山塘街はその通りの長さから七里山塘とも呼ばれます。

 

 

日本の一里は約3.9kmですが、中国の一里は約500mなので七里になります。

七里を七狸に置き換えた、七狸山塘という別名もあります。

 

 

明代に山塘河や街の鎮守として7匹の狸の石像が置かれたそうです。

時々ぶらっと出かける山塘街へ、今回は狸を探しに行ってきました。

7匹それぞれが何らかの象徴、意味を持っているそうです。

 

 

山塘街の最も東側(閶門側)から順に、まず最初は山塘橋にある美仁狸。

美仁狸は目にした方も多いはず、一番見つけやすい狸です。

この狸は優雅の象徴です。

 

 

通貴橋にあるのは通貴狸、富の象徴です。

この辺りは明清代にとても栄えていた商業地区でした。

 

 

星橋にあるのは文星狸、学識の象徴です。

星橋は宋代に架けられた橋で、その後明代、清代に修復、再建されています。

以前は文星狸の横にあるお店の戸板で隠れていることが多く見逃しやすい狸でした。

 

 

閶門側から歩くと文星狸のある星橋の先には観光客がほとんどいなくなり、

昔ながらの生活道路に古い家が並んでいます。

風呂やトイレのない家も多いはずで、おそらく取り壊しや建て替えが進むのかと思います。

 

 

7匹なので、一里塚のように一里ごとにあるのかと最初は想像していましたが、

どうやら山塘河に架かる橋の袂にいるようです。

橋の数は7つ以上あるはずなのでどの橋にも必ずいるわけでもありません。

 

 

次の狸は彩雲狸、幸福の象徴です。

文星狸からかなり離れて北環高架と鉄道橋を越えた場所にあります。

彩雲橋は他の狸の場所と違って簡素な橋です。

元は木板だった橋は宋代に石板になり、現在は鉄筋コンクリートになっています。

 

 

七狸を探していると何してるのぉという感じで猫が寄って来ました。

狸の中国語表記には”狸”の他に”狸猫”というのもあります。

狸猫を日本語に直訳するとヤマネコ。。七狸が狸ではなく猫の顔にも見えてきます。

 

 

白公狸は健康の象徴です。何となく一番愛嬌のある顔。

普済橋は清代に架けられた立派な石橋です。

花崗岩で造られた石橋は水郷古鎮でよく目にする3つ穴の形状になっています。

 

 

海湧狸は縁、ゆかりの象徴です。

虎丘の入り口に架かる望山橋の下にあるので油断すると見落とします。

虎丘周辺は再開発や地下鉄工事などが進んでおり、

山塘街沿いにも民族博物館を建設中です。(もう完成したかも)

 

 

虎丘の入り口で山塘街は終点のような気になりますが、まだもう少し先に最後の狸がいます。

ただし、今は望山橋から先の建物の取り壊しが始まっているので、

もしかするとしばらくの間は真っ直ぐ進めなくなっているかもしれません。

 

 

山塘街西側の終点は街外れの少し寂しい場所になっている西山廟橋です。

ここにあるのが分水狸。機会、チャンスの象徴です。

狸を探す目的以外にここまで来ることはありません。

 

 

明代に置かれたとされる七狸ですが、元の狸は全て消失してしまったそうです。

普済橋に最後まで残っていたひとつも1966年になくなり、

2006年に山塘街の観光地化と共に復活させたものの、雑草の中に埋もれていたり、

店の戸板で隠れていたりと、つい最近まであまり大事にされていなかったようです。

 

 

私が初めて蘇州に来た頃は山塘街が観光地化され始めた時でした。

七里山塘景区と呼ばれる広済路から山塘橋の間は入園料も必要で、

店も少なく人影もまばらで今とは全く違う雰囲気でした。

 

 

無料化されてからは観光客や店も増えて今のように賑やかになりましたが、

景区から外れた広済路から虎丘の間はまだ昔とあまり景色や人通りも変わっていません。

山塘街のお散歩は片道で考えるとちょうど良い感じの距離です。

賑やかな通りから路地のような石畳の道まで七狸を探しながら歩いてみるのも楽しいかと思います。

でも往復となると夏場はちょっと躊躇する距離になりますので、

七狸を探すなら見落とさないようにどうぞお気をつけ下さいませ。

 

 

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

蘇州 金科大酒店のランチバイキング

2021-08-26 00:08:26 | <蘇州>食事・喫茶

蘇州の高新区にある金科大酒店は2015年に開業した5つ星クラスのホテルです。

割引を利用すればランチバイキングが平日なら100元ちょっとで頂けます。

 

 

このホテル、濱河路×楓津大街(何山路から濱河路を北の方向へ徒歩5分ほど)の場所にありますが、

仕事の人が利用するホテルなのか観光客が利用するホテルなのか、いまいちターゲットが分かりません。

 

 

大衆点評などで探すと今でもランチバイキングが平日108元、休日148元で出てきます。

平日にしか行ったことはないですが、混んでいることもなく落ち着いて食事できます。

 

 

料理の方は中華の品数が多いです。

とりあえず和洋中揃っていて和食コーナーにはお刺身もあります。

 

 

出てきた料理を奪い合うなんてこともないので、

盛り付けだってその場で好きなように楽しめます。

 

 

中華は各地方の辛いものから甘いもの、一人小鍋コーナーもあります。

今回は中華には目もくれず、普段食べられないものばかり選んで盛ってみました。

 

 

中国では珍しくパイシチューがありました。

パイ生地はサクサクでとてもいい感じ、中身のシチューは改良の余地ありかと。

でも、中国に来てから初めてお目にかかったので思わずおかわりまでしてしまいました。

 

 

私にとってのお気に入りは、お酒コーナーが結構充実しているところ。

果実酒なども並んでいました。

まぁ、いろいろあっても基本ビールしか飲まないけど。。

 

 

特にこれがお薦め、といった料理があるわけではないのですが、

この環境で、この値段で食べて飲めるならちょっとお得感があります。

 

 

料理がなくなったまま長時間放置されているようなこともなく、

ちゃんと都度都度補充しているようです。

 

 

デザートコーナーには小さなケーキやアイスクリームなど。

こちらは、彩や味的には米国や中国の方が好みそうなものが多い感じ(私見です)。

 

 

中庭にはテラス席があります。

春や秋だと外で食べる方が気持ち良さそうです。

きっとここだと解放感で飲みすぎてしまいそうな予感も。。

 

 

食事は中で、食後のデザートとコーヒーは外でというのもありかと。

 

 

品数がもっと豊富で値段もリーズナブルな人気バイキング専門店だってありますが、

どうしても喧噪の中での食事ということに。。

5つ星クラスのホテルのバイキングならそれなりに静かですし、

どの国の人と一緒に行っても何かしら食べられるものがあるので、

そんなに気を使う必要のない昼間のプチ接待に使ってみてもいいかなとも思いました。

 

 

コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

吉林省 延辺朝鮮族自治州 長白山百花谷朝鮮族百年古村落

2021-08-19 00:08:19 | <吉林省>観光

長白山百花谷朝鮮族百年古村落は朝鮮族の文化や歴史を紹介する観光施設です。

オンドル付きの宿泊施設(朝鮮族民宿)もあるようです。

 

 

中国の朝鮮族のうち、60%ほどは吉林省に居住しています。

その中でも朝鮮族全体の40%以上は延辺朝鮮族自治州で暮らしているそうです。

 

 

古村落の中には朝鮮族民族博物館、朝鮮族非物質文化遺産展覧館などがあり、

朝鮮族の民族衣装を着たガイドさんが説明してくれます。

 

 

どちらも建物はそう大きくなく展示物も多くはありません。

民族博物館では、生活用品や農機具、中国で暮らす朝鮮族の歴史をなどを紹介しています。

 

 

朝鮮人の中国移住が増えたのは清代に長白山周辺地域での朝鮮人参採取や狩猟など、

立ち入りを禁止する封禁令を解除してからだそうです。

この説だと割と近代になってからということになります。

 

 

朝鮮族非物質文化遺産展覧館では民族衣装や食文化などの展示や、

キムチ作りの紹介や体験などもできるようになっています。

 

 

行った時間が遅かったので残念ながら説明と試食だけでキムチ作り体験はできず。

土産物屋さんでキムチがあれば買うつもりでしたが、なぜかこちらも見つからず。

必ずあると思っていましたが残念。。

 

 

白壁に瓦屋根の家々は釘を使わない建物なのだそうです。

施設内に家を与えられて暮らしているという朝鮮族のおばさんからお話を聞くというのもあります。

 

 

個人の家ということで室内の撮影は禁止になっていました。

確かに家の中に炊事道具や食器などが置かれているのですが、生活感はなくちょっと嘘くさいです。

朝鮮人参の話題になると、箱の中から朝鮮人参や鹿角など取り出して商品説明と販売が始まります。

 

 

園内のレストランでは食事と朝鮮民族舞踊が楽しめるようになっています。

ここは中国の朝鮮族レストランで、北朝鮮レストランではありません。

値段は一人150元ぐらいです。

 

 

朝鮮の民族衣装は日本でも何度か見かけたことがあります。

食事の方は値段の割に大したことはありませんが、お味の方はまあ大丈夫でした。

 

 

朝鮮っぽいのはキムチと海苔巻きとお餅、吉林らしいものは木耳。

お皿が円卓に合わせて綺麗に並ぶようになっているのは、もしかすると朝鮮風なのかもしれません。

 

 

舞台の方も大した趣向がある訳でもなく素朴な感じですが、

可愛らしいお嬢さんたちが華やかな民族衣装を着て踊ってくれます。

 

 

過去の歴史からも中国東北部と朝鮮半島は、日本との関わりも多くありました。

中国語、朝鮮語、日本語が話せる人を見かけたら基本的に朝鮮族の人です。

長春には日本語を教える大学も多いので日本語を勉強したことのある若い世代も結構います。

また、中国語を学びに来る日本人語学留学生も地方都市としては多い方だと思います。

 

今回、本当に久しぶり(4年ぶりぐらい)に長春以外の吉林省へ出かけました。

最近は残念なことに蘇州のある江蘇省で大規模クラスターが発生したり、

張家界などの観光地でもコロナ患者が出たりしたため各地で対策が強化されています。

中国では滞在先で患者が見つかるとその街から出られなくなったり、

隔離されたりするリスクもあるので、しばらくの間、旅行に出るのは難しそうです。

 

 

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする