中国でのいろいろ

中国での生活、出来事をぼちぼち綴っていければと思っています。

長春 新ルールでビザ更新 その2

2018-07-26 00:10:00 | <長春>生活

1級都市と呼ばれる大都市では、

既に昨年から新ルールでのビザ(工作許可証)申請になっていましたが、

今年は長春にも導入されています。

 

 

制度的に大きく変わったのは、

外国人専門家証と工作許可証が統合されて、新しい工作許可証になったこと。

工作許可証の申請がオンライン申請になったこと。

 

 

オンライン申請するためには、会社としての事前登録が必要です。

会社の納税番号がログインIDになります。

 

 

ログイン後に必要な申請情報を入力していきます。

A類、B類、C類の分類は自分で選びます。

(点数によって自動的に振り分けられるようなシステムではなさそうです)

 

 

基本的に領事館やネットなどから事前に得ていた申請情報どおりです。

顔写真や各種証明書などもアップします。

 

 

ただし、オンライン申請と言っても結局のところ、

登録したデータを印刷してから役所回りが必要です。

他の地域はどうなっているかは分かりませんが、おそらく同じでは?

 

長春では、工作許可証の申請は外国人専家局に出向く必要があります。

これは、本人が行く必要はありません。

本来ならば、オンライン申請で受理された書類を提出するだけのはずですが、

何度も突き返されました。。

実際にはうちの事務員がちゃんと理解してなくて、

書類不備などもあった訳ですが、本質的には、”あれ”も必要なようで、

どうやら”あれ”さえあれば、さほど苦労することはなかったようです。

 

 

まあ、それはそれとして、

オンライン画面では、必要な情報が全て揃ったかも確認できます。

 

 

工作許可証が発行されたら、次は公安局に行って居留許可証の申請手続きをします。

長春では、提出先が会社の登記場所を管轄する公安局に変わっています。

うちの会社は、今まで行っていた人民広場の公安局ではなく高新区の公安局になりました。

 

ここでも何かが足りないと言われて、なかなか受付してもらえなかったようで、

さすがに今時公安であれが必要なんてことはあり得ないし、

どういうことかとよくよく事務員に事情を聞いてみたら。。

おいおい、お前。。工作許可証のカード取りに行ってへんやん!!

そりゃあ公安さんも絶対に受け付けてくれません。

 

このばかげた事実が判明したのが、居留許可の期限が切れる2日前。

事務方総動員で、専家局の担当者をつかまえて、

何とかその日のうちにカードをゲット。

(専家局の人は、今日は出かけるから受付も処理もしないと普通に言います)

 

で、期限1日前に高新区の公安局へ。

ここでダメだったらもう出国するしかありません。

でも公安の人達、とても親切でした。

なんでこんなギリギリにって笑われましたけど。

 

居留許可証は、今までどおりパスポートに貼り付けられます。

高新区の公安へ取りに行くのかと思ったら、受取は人民広場の公安局でした。 

今年は提出するほうも、受け付ける方もまだ不慣れなことがあって、

多少面倒なやりとりが発生することがあるかもしれません。

でも我々(申請する側)が内容や制度をよく理解して、

何か言われたときにちゃんと反論できれば、今回のような事態は発生しなかったハズです。

ずっと上海にいて事務員に任せきりにしていたのも失敗でした。

反省です。

 

 

コメント (6)

長春 伊通河の線路

2017-12-21 00:10:00 | <長春>生活

たぶん8月頃だったかと思うのですが、

軽軌3号線の伊通河駅前の公園に突然線路が現れました。

 

 

ずっと何なんだろうと思ってたのですが、

なかなか確かめに行く時間もないまま冬になってしまいました。

 

 

さすがに冬の公園には人影なし。。

 

 

路面電車の路線や駅名が書かれています。

昔は市内にいくつも路線があったようですが、

現在残っているのは54路と55路だけです。

 

 

引退した旧型の路面電車が置かれています。

線路は雑にひいてあるだけで、おそらく本当に何かが走ることはなさそうです。

 

 

線路の長さは、軽軌の近くから伊通河の川岸近くまで、

500mぐらいでしょうか。

 

 

線路際にはいくつかオブジェも置かれています。

これは駅のプラットフォームかな?

ちょっと昔の感じにしてあるのかと思ったら、

手前の女性はスマホをいじってました。

 

 

自動車産業の街らしく?車のオブジェも。

 

 

現在、市内の伊通河沿いを整備しているようで、

おそらくその一環で何もなかった公園にも

何かを置くようになったのかもしれません。

 

 

長春はもうすっかり真冬モード。

夜は-20℃以下です。伊通河も凍りました。

 

 

この時期の雪はとけることなく春まで残ります。

でも今年の冬は上海での仕事が増えそうなので、

ゆっくり寒さを堪能する??時間は少ないかもしれません。

 

 

コメント (2)

長春 立体駐車場工事

2017-11-16 00:07:00 | <長春>生活

凄まじい勢いで車が増え続ける中国。

長春でも慢性的な駐車場不足です。

 

 

会社の事務所が入居しているビルの前には、

ビルや隣の病院に来る人が使う駐車場があるのですが、

朝8時半頃には満杯になってぎっしり車が埋まる状態でした。

 

 

この状態を解消するために、

1階部分を来院や一般の人が使う有料駐車場に、

2階部分をビル関係者専用の駐車場として使う

立体駐車場に変える工事が行われました。

 

まずは、支柱を立てる基礎部分の穴を掘って(1.5mぐらい?)

 

 

鉄筋の入った基礎をコンクリートで固めます。

 

 

支柱を立てて穴を埋めていきますが、

作業員がポイ捨てしたペットボトルなどのゴミも

一緒に埋められていきます。。

 

 

支柱の上に鉄骨の枠を組んで

 

 

金属の波型プレートを敷き詰めます。

重そうなプレートを全て人力で運びます。

とても大変そうです。

 

 

敷き詰めたプレートの上に鉄筋を組んで

 

 

コンクリートを流します。

流し終わったら適当?にならして、2週間ほど水を掛けながら乾かして完成。

工事期間は約2ヶ月でした。

 

 

立体化した成果はというと。。

結局今までと同じように満杯で通路までぎっしり車が埋まります。

 

 

最近になって、2階部分へ昇り降りするスロープ(結構急斜面)に

雪が積もるのを防ぐための屋根が付きました。

 

 

中国では、いまのところこのような立体駐車場は少ないです。

新しいマンションや商業施設には必ず大きな地下駐車場が造られていますが、

それでも街中では止める場所を探すのに苦労します。

そのうち日本と同じようにビルのような立体駐車場が

できる日も近いんじゃないかと思います。

 

 

コメント (8)

長春 地下鉄1号線が開通しました

2017-09-21 00:10:00 | <長春>生活

長春の地下鉄がようやく開通しました。

当初の計画より3年ぐらいは遅れたと思います。

 

 

地下鉄1号線は、人民路の地下を南北に真っ直ぐ、

南は紅咀子駅、北は北環駅まで繋がっています。

間に衛星広場、人民広場、長春駅などがあります。

 

 

実際に営業運転を開始したのは6月末頃です。

駅の雰囲気は、何となく蘇州の地下鉄と似ている気がします。

 

 

上海や蘇州の地下鉄とちょっと違うのは、

安全検査を通ってから切符を購入するところです。

割とピシッとした制服を着たお姉さんが、結構真面目にチェックしています。

いつまで続けられるかなぁ。

軽軌4号線の長春駅では、誰も見ていない検査機に荷物通すこともあったりします。。

 

 

利用しているのは、若い方が多いです。

今まで長春には自動券売機がほぼ皆無だったので、

不慣れで切符を買うのに少々時間が。。

年配の方は、乗り方が分からない、バスに比べて運賃が高い、

などの理由であまり使いません。

お年寄りはバスが無料というのもあります。

蘇州でも開通当初は同じでした。

 

 

休日に乗ってみたのですが、あまり混んでいません。

車両はまだ新しいので綺麗です。

広告がないので車内は真っ白、よく言えばスッキリしてるというか。

 

 

現在、長春にある軌道交通は、地下鉄1号線、軽軌3号線・4号線で、

長春西駅あたりから、吉林大路の東方広場まで東西に繋ぐ地下鉄2号線は

まだ工事中です。

1号線も、もっと北の方まで延伸する計画になっています。

 

 

軽軌で使っていた軌道交通カードは地下鉄でも使えました。

地下鉄も軽軌同様にカードを使えば少し運賃の割引があります。

 

 

地図上では衛星路駅で軽軌3号線と連絡しているように見えたのですが、

実際には、地上に出て衛星路を渡らないと乗り換えできませんでした。

そのうち地下で繋がるのだろうとは思いますが。。

 

今のところ、日常生活で私にはあまり利用する機会がありません。

でも、これで重慶路の方の繁華街へバスを使わずに行けるので、

たまには街中へ出かけて、日本食でも食べてこようかな。

 

 

コメント

長春 新ルールでビザ更新

2017-07-06 00:16:16 | <長春>生活

中国では2017年4月から、

外国人の就労ビザ取得・更新に関する規定が正式に変更されました。

一部の都市では既にテスト的に施行されていましたが、

4月からは全国で新ルールが適用されています。

 

新ルールについて詳しく知りたい方は、

領事館、商工会、JETROなどから情報が提供されたり、

銀行やコンサルタント会社のセミナーが催されたりしています。

また、駐在者の方々から情報発信されているのも見かけますので、

そちらを参考になさって下さい。

 

私の場合、

運悪く(運良く?)この最もややこしいタイミングでこんな状況に。

・パスポートの有効期限が1年をきった。

・外国専家証の期限がきれる。

・外国専家来華工作許可証(就業許可証と同等)の期限がきれる。

・もちろん居留許可証の期限もきれます。

 

何度も面倒くさい手続きをふむのは嫌なので、

思い切って全部一気に更新してみました。

 

結論から先に言うと、

とりあえず今年は、点数付け、能力ランク付け一切なし。

「若干イレギュラーな処理にはなりましたが、今までと変わらない」

でした。

 

その1.パスポート更新。

中国にある日本領事館で手続きできるので何の心配もありません。

本籍地や姓名が変わらなければ原則として戸籍謄本は不要ですが、

上海領事館の場合、管轄地域での在留届の提出(ネットで手続き可)が必要です。

必要な書類は各領事館のHPから入手できるので予め作成しておくと、短時間で申請できます。

 

 

旧パスポート番号で口座開設や諸々の登録をされている方は、

新しいパスポート番号に切り替える際に

「同一人物証明書」を求められる場合がありますので、

パスポート申請と同時に同一人物証明書も申請されることをお勧めします。

(あくまでも何回も領事館に行くのが大変と思うならです)

 

その2.工作許可証(就業許可証)の更新。

長春の場合、手続きを管轄するのは外国専家局です。

新旧両方のパスポートを持って行きます。

外国専家局の所在地が去年と変わっています。

 

 

本来ならば、4月から”外国人入境就業許可証”と”外国専家来華工作許可証”が、

”外国人来華工作許可証”に統合され、外国専家証は無くなるはずでした。

また、従来の手帳タイプからカードに変わるとも聞いていました。

が。。

そのまま外国専家証が更新された。。

パスポート番号の変更と、

 

 

有効期限の延長。

でも前回は有効期間5年で更新でしたが、今回は1年だけ延長。

 

 

理由は、

まだ新制度の手続きをするオンラインシステムが稼働していないから。。

来年はきっと稼働しているから1年だけ更新ね。だそうです。

長春では、我々のような零細企業は複数年の工作(就業)許可があっても

居留許可証は毎年更新する必要があるのでまぁ構わないですけど。

(大企業さんが羨ましい)

 

その3.居留許可証の更新。

手続はこれまでと全く同じですが、こちらも新旧両方のパスポートを持って行きます。

居住地を管轄する公安に行って臨時宿泊登記手続きをして、

人民広場近く(光明路)の公安局出入境管理局に行きます。

提出書類に不備がなければ、その場で受付終了です。

パスポートが返却されるまで3週間(15営業日)ほどかかります。

 

 

 

今年は、更新費用が現金で支払えなくなっていました!

まぁ、何となく想像はつきますが、きっといろんな理由があるのでしょうねぇ。。

長春で更新される方は、クレジットカードか銀行カードを忘れずに持って行きましょう。

 

新しいパスポートで工作許可証と居留許可証を同時に更新をしたせいか、

今回の一連の手続きで、同一人物証明書を要求されることはありませんでした。

(場合によって、同一人物証明書を要求されることがあるそうです)

 

中国での手続きについて、一般的に提供されている情報は、

北京(中央政府)から公表されているものなので、実際の運用は地域によって様々です。

ですのでビザに限らず、何らかの手続きを必要とする方は、

該当地域の最新情報を入手しないと少々混乱することもあるかと。

これは外国人だからでなく、中国人の方でも同じなので。。

 

余談ですが、居留許可証の更新には健康検査が必要で、

胸部レントゲンや心電図、血液検査もします。

よく言えば、毎年必ずちゃんと結核や肝炎ウイルスなどに感染していないかなど

定期検診を受けているのでちょっと安心?ですかね。

 

 

コメント (2)