中国でのいろいろ

中国での生活、出来事をぼちぼち綴っていければと思っています。

長春 北方市場

2019-12-26 00:13:00 | <長春>生活

12月の中頃は季節外れの暖かさだった長春ですが、

今はもうすっかりいつも通りの寒さに。夜はマイナス20℃越え。。

 

 

そんな時の暇つぶしにお勧めとまでは言えないですが、

家で使うものならなんでも揃う北方市場の散策。

(隅々までみたら、散歩程度の運動効果はあります)

 

 

寒いともう外に出るのがおっくうになりますが、

ずっと部屋の中に籠るのもなんですし、外でブラブラという気温でもないし、

デパートに行っても買うもの(買えるもの)もないし。。

 

 

北方市場の最寄駅は軌道交通4号線(軽軌4号線)の海口路(旧自由大路駅)です。

駅を出て自由大路を東にまっすぐ行くと右側にあります。

大きな市場ですが、ものは部類別に大体同じ場所に集まっています。

 

 

今回はとりあえず1階だけ散策。

なんでもあると書きましたが、1階には大型家電製品は見かけなかったです。

あってもさすがにここで買う勇気はないかも。

ざっと見た感じで、最も売り場面積が大きいのがカーテン類。

 

 

市場の東側にはこことは別に露店形式ではなく、

個別店舗のカーテン専門店がずらっと並んでいます。

 

 

寝具もずらりと。様々な布団だの枕だの、

いったいどこの店で買えばいいのか分からないぐらい。

 

 

部屋で使う小物の飾り物、雑貨などの店は数軒ずつかたまって、

あちらこちらにある感じです。

台所用品、食器、調理器具の店もあります。

 

 

中国の家でよく見かける福の字ももちろん売ってます。

細かいルールは忘れましたが、字はさかさまにして貼ります。

 

 

服屋さんも多いです。

出来合いの物からオーダーメイド?までいろいろあります。

 

 

今ではあまり見かけない生地売り場もあります。

ミシンを置いてある仕立て屋さんがあるので、

生地を買って服を作ってもらうこともできるんじゃないかと思います。

 

 

他には野菜市場やジャンクフードの店、ファストフード、パン屋などなど。

疲れたら休憩可能です。パン屋さんのコーヒーは、まぁ大丈夫なお味。

2階には美食広場もあります。

 

 

今年の記事は長春で書き治め。

日本はもうすぐに年末年始のお休みですね。

今年の中国の年末年始の休日は1月1日だけですので、

年末感はまったくありません。。通常営業です。

大晦日ぐらいはサボろうともくろんでいますが、無理かな。。

 

 

コメント (4)

長春 長春龍嘉国際空港T2の建設工事

2019-05-16 00:06:00 | <長春>生活

長春龍嘉国際空港T2の建設工事が始まったのは2015年の10月。

1年後にはその大きさがざっくり分かるようになりました。

 

 

2016年の12月~2017年1月頃の様子。

どうやら屋根は両端から順に作って中央で繋げるようです。

 

 

長春の冬が寒さが厳しいので冬の間は工事が進みません。地面も凍ります。

地面の囲いの部分はT1~T2間の連絡道路の基礎部分です。

 

 

T1から見えるT2の端は遥か遥か彼方。

2025年には年間旅客数1600万人となる見込みで設計されているそうです。

 

春になって17年の5月には屋根の部分がほぼ完成。

 

 

T1との連結部分の工事に着手しています。

 

 

6月頃からT1の出発階(2階部分)に通じる道を仮設通路付け替えて、

新たにT1とT2を繋ぐ道路の建設工事が始まりました。

 

 

10月には龍嘉駅などに繋がる地下工事の進み具合も分かるように。

 

 

17年の年末にはT1とT2を繋ぐ建物の枠組みと道路がほぼ完成。

寒さが厳しくなってきたので工事のペースはスローダウン。

 

 

18年の春になって道路が完成。

規制はあるものの車の通行ができるようになりました。

到着階と出発階ともに一方通行で、T2を経由してT1に繋がるようになっています。

 

 

地下通路を埋め戻した場所には新しい駐車場を造っています。

 

 

18年6月には建物の外観はほぼ出来上がったような感じです。

相変わらず車は通れたり通れなかったりですが、

人の往来は自由にできるようになりました。

 

 

完成したT2の様子はこちら。

関連記事:長春龍嘉国際空港ターミナル2

 

3年の歳月をかけて完成したT2は2018年の10月から正式運用を開始しています。

おかげで、搭乗手続きやセキュリティチェックに並ぶ時間も少なくなりました。

T1は狭くて、混む時間帯だと搭乗口付近は人でごった返していましたが、

今はずいぶんマシになったんだろうと思います。

すみません、思いますというのは最近南方航空を使ってなくて、T1はご無沙汰なのです。。

 

 

コメント (2)

長春 長春龍嘉国際空港のターミナル2

2019-04-25 00:18:00 | <長春>生活

地方の小さな空港だった龍嘉空港にも新ターミナルができました。

ターミナル2の総建築面積は12.8万平米で、ターミナル1の2倍以上の広さです。

 

 

正式運用を開始したのは半年ほど前、昨年の10月28日です。

 

 

ものすごく大きくて長い建物です。

東西方向に650m、南北方向には400mあるそうです。

 

 

建設工事が始まったのが2015年、約3年がかりで完成しました。

ターミナル1と2は、建物の中、外両方で繋がっています。

 

 

南方航空と国際線を除く全ての国内線がターミナル2に引っ越ししました。

 

 

現在運用されているチェックインカウンターはA,B,Cの3島です。

新しいだけあってとても綺麗です。

 

 

出発ロビーにある商店や飲食店は小さな商店街みたいな感じ。

チェックインカウンターの東の端にも何軒か飲食店があります。

(たいしたことはないのに値段だけはご立派な)

 

 

高鉄の龍嘉駅にはターミナル1と同様、地下通路で繋がっています。

ただし、ターミナル2の方がちょっと遠いので時間にはご注意を。

 

 

リムジンバス乗り場もできています。

駐車場も大きくなってます。

 

 

新しいターミナルができたとはいえ、龍嘉空港はまだまだ地方空港。

出発便の最終が22:30ごろなので20:00を過ぎると人影もまばら。。

 

 

到着便は深夜まであるので、24:00を過ぎてもそれなりに人はいます。

リムジンバスも最終便到着30分後ぐらいまで運行しています。

 

 

余談ですが、長春龍嘉国際空港の発着便が最も多い航空会社は南方航空です。

なんで北なのに南方航空なの?と言うと、

実は中国には以前、中国東北部を主な拠点とする北方航空という航空会社があり、

2002年に南方航空と合併し(吸収合併?)名前が南方航空へ変わったためです。

 

 

ターミナル2建設の様子を3年間撮りためた(というほどではないですが)写真があるので、

また整理してから変遷の様子をご紹介します。

 

 

コメント

長春 地下鉄2号線

2019-04-18 00:12:34 | <長春>生活

長春の地下鉄は現在2路線、軽軌と合わせて4路線の軌道交通(路面電車を除く)が稼働しています。

地下鉄2号線は、長春市内を東西に貫通する路線で、

昨年(2018年)の8月から営業運転を開始しました。

 

 

寒い気候の影響もあるのでしょうか、1号線と同様かなり地下深く潜ってます。

2号線の現在の運転区間は双豊駅から東方広場までですが、延長工事も進んでいます。

 

 

現在の計画では2021年に東方広場からスキー場などがある蓮花山までと、

双豊駅から汽車公園まで延びる計画になっています。

本当に予定通り完成できるのかなぁ。。

 

 

この路線ができたおかげで、高鉄の長春西駅へのアクセスがとても便利になりました。

以前は、バスか路面電車、タクシーを利用するしかなく、公共交通の終了時間も早かったので、

できるだけ西駅を発着する列車の利用を避けていましたが、

あまり気にしなくても大丈夫になりました。

 

 

長春の軌道交通の過去記事はこちら。

長春 地下鉄1号線が開通しました

長春 有軌電車(路面電車)55路

長春 軽軌3号線と4号線の乗り換え

 

双豊駅の始発は5:15、終電は21:00

東方広場の始発は5:55、終電は21:30

夜まで運転していますが、上海などと比べると終電の時間が早くて早くて。。

 

 

駅の雰囲気は1号線と同じ感じです。

しっかり荷物検査もしています。

天井が丸い感じはハルピンの地下鉄と似ています。

 

 

2号線と高鉄、軌道交通との接続は、長春西駅で高鉄、解放橋駅で軽軌3号線、

解放大路で地下鉄1号線、吉林大路駅で軽軌4号線に乗り換えできます。

ただし、地下鉄以外の乗り継ぎはすべて一旦改札を出る必要があります。

 

 

吉林大路駅は軽軌4号線と直結で改札を出る必要がないと聞いた覚えがあるのですが、

乗り換え口は閉鎖なのか未完成なのか、はたまた料金計算システムが完成していないのか、

まだ繋がっていません。乗り換え案内表示も消されています。

 

 

残念ながら外に出る必要があります。

一応しっかり案内表示が出ているので出口さえ間違えなければ大丈夫。

 

 

中国東北地方は沿岸部の大都市に比べると投資も少なく、

気候の影響もあって、なかなか都市開発や交通網の発達が遅いですが、

徐々に徐々に利便性が増してきています。

将来的には龍嘉空港に繋がる路線もできる計画になっています。

 

昨年から長春龍嘉空港も新しいターミナルビルが稼働しています。

次は新ターミナルビル(T2)の紹介をしようと思ってます。

 

 

コメント (2)

長春 新ルールでビザ更新 その2

2018-07-26 00:10:00 | <長春>生活

1級都市と呼ばれる大都市では、

既に昨年から新ルールでのビザ(工作許可証)申請になっていましたが、

今年は長春にも導入されています。

 

 

制度的に大きく変わったのは、

外国人専門家証と工作許可証が統合されて、新しい工作許可証になったこと。

工作許可証の申請がオンライン申請になったこと。

 

 

オンライン申請するためには、会社としての事前登録が必要です。

会社の納税番号がログインIDになります。

 

 

ログイン後に必要な申請情報を入力していきます。

A類、B類、C類の分類は自分で選びます。

(点数によって自動的に振り分けられるようなシステムではなさそうです)

 

 

基本的に領事館やネットなどから事前に得ていた申請情報どおりです。

顔写真や各種証明書などもアップします。

 

 

ただし、オンライン申請と言っても結局のところ、

登録したデータを印刷してから役所回りが必要です。

他の地域はどうなっているかは分かりませんが、おそらく同じでは?

 

長春では、工作許可証の申請は外国人専家局に出向く必要があります。

これは、本人が行く必要はありません。

本来ならば、オンライン申請で受理された書類を提出するだけのはずですが、

何度も突き返されました。。

実際にはうちの事務員がちゃんと理解してなくて、

書類不備などもあった訳ですが、本質的には、”あれ”も必要なようで、

どうやら”あれ”さえあれば、さほど苦労することはなかったようです。

 

 

まあ、それはそれとして、

オンライン画面では、必要な情報が全て揃ったかも確認できます。

 

 

工作許可証が発行されたら、次は公安局に行って居留許可証の申請手続きをします。

長春では、提出先が会社の登記場所を管轄する公安局に変わっています。

うちの会社は、今まで行っていた人民広場の公安局ではなく高新区の公安局になりました。

 

ここでも何かが足りないと言われて、なかなか受付してもらえなかったようで、

さすがに今時公安であれが必要なんてことはあり得ないし、

どういうことかとよくよく事務員に事情を聞いてみたら。。

おいおい、お前。。工作許可証のカード取りに行ってへんやん!!

そりゃあ公安さんも絶対に受け付けてくれません。

 

このばかげた事実が判明したのが、居留許可の期限が切れる2日前。

事務方総動員で、専家局の担当者をつかまえて、

何とかその日のうちにカードをゲット。

(専家局の人は、今日は出かけるから受付も処理もしないと普通に言います)

 

で、期限1日前に高新区の公安局へ。

ここでダメだったらもう出国するしかありません。

でも公安の人達、とても親切でした。

なんでこんなギリギリにって笑われましたけど。

 

居留許可証は、今までどおりパスポートに貼り付けられます。

高新区の公安へ取りに行くのかと思ったら、受取は人民広場の公安局でした。 

今年は提出するほうも、受け付ける方もまだ不慣れなことがあって、

多少面倒なやりとりが発生することがあるかもしれません。

でも我々(申請する側)が内容や制度をよく理解して、

何か言われたときにちゃんと反論できれば、今回のような事態は発生しなかったハズです。

ずっと上海にいて事務員に任せきりにしていたのも失敗でした。

反省です。

 

 

コメント (6)