中国でのいろいろ

中国での生活、出来事をぼちぼち綴っていければと思っています。

江西省 蘇州から江西省へ

2015-10-29 00:07:07 | <江西省>観光

蘇州から車で江西省に行ってきました。

いろんな所に行ったので、

しばらく、江西省での出来事を書こうと思います。

 

 

今回の最終目的地は、江西省の井岡山市。

蘇州から約1000kmの行程で、

途中で2泊して、江西省の景勝地、三清山に登る計画です。

 

 

蘇州から車で江西省に行く場合、浙江省を経由する感じになります。

石湖のインターから高速に乗って、杭州方向へ。

しばらく走るともう浙江省。

 

 

申嘉湖高速S12の徳清SAでちょっと休憩。

何となくですが、浙江省のSAって割と綺麗な気がします。

それに比べて吉林省は、はっきり言って汚い。。。

 

 

杭州を通り抜け、杭新景高速S31を西の方向へ進んでいくと、

どんどん山深くなっていきます。

 

 

S31から龍麗温高速S33に入り、龍遊SAで腹ごしらえ。

 

 

肉夹馍(rou jia mo)なるものを食べてみました。

陜西省の名物らしいです。

 

 

写真と実物は違います。。具も少なめ。

味は、ちょっとスパイスが効いている感じですが、

そんな辛いわけでもなく。まあ食べられます。

 

 

ここから、浙江省と江西省の境まで200kmほど。

沪昆高速G60を西へ向かいます。

江西省に入り、今日の目的地の三清山に直線距離で最も近い、

球川ICで高速を降りました。

 

 

普通ならきっと遠回りだけど、球川で降りず、

安心なS19を使うルートをナビは案内したハズ。

きっと距離優先で探索したな。。

 

というわけで、こんな村の中の道を通り。

 

 

畑の中を通り。

 

 

最後に村人が待ち構えていて、この先は通行止めだから行けないよ、

40元くれたら道案内してやるよって。。

きっと、ナビを信じて迷い込む人が多いんです。

 

無視して進んだら確かに通行止め。

しつこく道案内すると言う村人を振り切って、

商店でたむろしている人達に道を聞くと、

ここでも、案内してやるよ、XX元。みたいな。。

 

やっと親切な人が、ちょうど三清山方面に行くからついておいでって。

すごい山道やダムの堰堤を通り抜け無事脱出。ほんまに助かりました。

スマホナビ、便利だけど超田舎の細い道は出てきません。。

確かに案内してもらわないと脱出不能だったかも。

 

 

やっと広い道に出て、三清山まであと少し。

 

 

今日の目的地、三清山麓のホテルへ無事到着。

このホテル、山門まで徒歩5分ほどの近さで、値段は朝食付き150元。

窓から見る景色は、日本の温泉宿みたいな感じ。

 

 

夕食後に散歩してみると、とても綺麗な月が出ていました。

 

 

麓には、喜莱登酒店(シェラトンホテル)もあります。

これ絶対ニセモノだ。。

 

 

翌朝は、早起きして三清山登山に出発です。

 

 

コメント (2)

長春 引越し

2015-10-22 00:09:00 | <長春>生活

長春で3年間住んでいたアパートを引越ししました。

理由は、大家さんが部屋を売却するから。。

 

 

今まで住んでいた場所は、浄月公園に近く空気も市内より良いし、

静かで住民はみんな親切だし、とてもいい環境でした。

 

 

でも生活には不便な所だったので、

少し街に近くて、少し今時の団地に引越しすることにしました。

 

 

以前の部屋は130平米以上あって、トイレも2つ。

一人で住むには持て余してしまう広さでした。

「きれい」とは言えないですが、収納も結構考えられていて、

無駄に広いことを除いては生活しやすい部屋でした。

 

雨にはとことん弱い小区だったけど。。

 

 

この道も。

 

 

大雨が降ると川になってました。

何度ずぶ濡れになったことか。。

 

 

引っ越し先は、新築で内装したばかりなので、綺麗で明るい部屋です。

困っているのはベランダがなくて洗濯物を干す場所がない。

それと収納が殆どないので、物を置く場所もどうするか考えないと。。

 

窓の外の景色もずいぶん変わりました。

 

 

面積は80平米ぐらいで、家賃は以前と変わらず。

長春では、本当に便利な場所以外だと、

新築でも、管理費や暖房費込み2000元/月以下で探せます。

(もちろん外国人向けのアパートは別ですけど)

 

この引越しが成功か失敗か、真価が問われるのはこれからの季節です。

特に暖房の入らない4月と10月は、外気温が氷点下になることもあり、

失敗すると部屋で凍えることになります。

前の部屋は、広すぎてほんとに寒かった。。

 

 

コメント

蘇州 結婚写真撮影

2015-10-15 00:15:10 | <蘇州>生活

中国で結婚に欠かせないイベントといえば、写真撮影です。

みなさん、結構なお金をかけてます。

結婚写真撮影に同行させてもらいました。

 

 

写真屋さんのスタジオでも撮りますが、メインは屋外での撮影です。

今回は、朝8時に写真屋さんに集合して、まずはスタジオ撮影。

その後、観光客でいっぱいの山塘街に移動して撮影。

 

 

お弁当を食べてお色直しをした後、陽澄湖へ。

撮影スタッフは、カメラマン、助手、スタイリストの3人です。

 

 

陽澄湖半島に新しく作られた教会で撮影。

 

 

次は、人工砂浜などがある結婚撮影専用?の場所へ。

入り口に何とか生態園と書いていたように思われますが、

どこなのかよく分かりませんでした。

 

 

撮影用のオブジェが、ぼろい廃車や張りぼての風車でも

Photoshopさえあれば気にしなくても大丈夫、何とでもなります。

(ウソです、これらを撮影に使ってる人はいませんでした。)

 

 

基本的に写真を撮る場所はみなさん同じようで、

どこにいっても結婚写真を撮る人たちがいます。

ちなみに倫敦橋で結婚写真を撮っているのは、

蘇州以外の遠い所から来ている人が多いそうです。

 

 

最後は怪しげな工場のような建物へ移動。

 

 

何があるのかと思ったら、

中は結婚写真専用スタジオになっていて、いろんなセットがあります。

何箇所か自分の気に入ったセットを使って撮影します。

 

 

合計1000枚以上撮ったのではないでしょうか。

写真のデータはすべてもらえるようで、

後日、この中からアルバムやパネルにしたい写真を100枚ほど選ぶそうです。

 

撮影が終わって写真屋さんに戻ったのが、午後7時すぎ。

1日がかりの大仕事でした。

 

 

コメント

蘇州 虎丘のウエディングドレス

2015-10-08 00:13:00 | <蘇州>生活

蘇州で有名な観光地、虎丘のすぐ南側にある、虎丘路近辺の路地には、

婚礼衣装を製造、販売している店がものすごくいっぱいあります。

 

 

ここは、昔から蘇州人が婚礼衣装を買いに来る場所です。

 

 

まもなく結婚する娘さんが、

注文したウエディングドレスを取りに行くというので、

どんな所か、一緒について行ってみることにしました。

 

 

どこを見てもウエディングドレス。

ドレス用の生地や素材も大量に積まれています。

 

 

中国なので赤色は欠かせません。

 

 

でも、今は日本と同じように、結婚式で何度も衣装変えするので、

赤だけでなく、白や青、緑といった色のウエディングドレスもいっぱい。

 

 

値段はピンキリで、高価なものから、

スーパーで服を買うような値段のものまで何でもあります。

 

男性用婚礼衣装の店もありますが、やっぱり女性の衣装の店が圧倒的に多いです。

 

 

こんな場所って、もう縁のない所なので、

こういう機会でもないと足を運ぶこともないです。

後日、買ったウエディングドレスを着て写真撮影するそうなので、

写真撮影にも便乗させてもらうことにしました。。

 

 

コメント

蘇州 中華ファストフード 老娘舅

2015-10-01 02:12:43 | <蘇州>食事・喫茶

老娘舅は、上海、蘇州、杭州など、

華東エリアにたくさんある中華ファストフードのチェーン店です。

簡単に昼食を済ませたいときなど、たまに使ってます。

 

 

新しい店は、内装もまあまあきれいです。

ここは、西園の対面にある店です。

 

 

注文後、支払いも済ませて、

店員がトレーにおかずを並べながら一言。

ご飯がない。今、炊いてる。と、

 

 

いやいやいや、先に言いなはれ。。そんなん分かってたハズ。

それやったら、隣のすき家に行くがな。。

 

で、今回、発注したのがこれ、

笋干排骨套餐。

 

 

竹の子と骨付き(軟骨)あばら肉の炒め物です。

しょうゆ味の旨煮みたいで、蘇州によくある甘辛い味付けです。

 

セットについてくるのが、

ブロッコリーとカリフラワー炒めと、

 

 

茶碗蒸し。

中国の茶碗蒸しって結構好きです。

 

 

もうひとつが、番茄炒蛋套餐。

 

 

トマトと卵の炒め物です。

だいたいどの店でも一番安いメニューの類です。

 

日本では、食べることが無かった組み合わせの炒め物。

でも、肉類を食べたくない時はこれが一番。

 

こちらのセットについてくるのが、卵の餃子と、

 

 

トマトと卵のスープ。

トマト卵づくしです。

 

 

結局、白ご飯が出てくるまで15分ぐらい待ちましたが、

待たせたお詫びに、炒飯をサービスで出してくれました。

でも、ご飯+ご飯って。。食べましたけどね。

軽く済ませるつもりが、がっつり食べちゃいました。

 

中華ファストフードの店って、日本人の口に合うものも結構あると思ってます。

が、、最近、自分自身がローカル化してるようにも思えるので、

ちょっと自信がなかったりもします。。

 

 

コメント