中国でのいろいろ

中国での生活、出来事をぼちぼち綴っていければと思っています。

長春 長春駅の趙記手打ち麺

2015-07-30 00:28:28 | <長春>食事・喫茶

長春駅北口フードコートの中で、珍しく割と人が並んでいる、

少し気になる店があったので、食べてみることにしました。

 

 

店の名前は、趙記手擀面です。

「擀」を日本語に訳すと、「麺などを打つ」の意味なので、

手擀面は手打ち麺ということになります。

 

牛肉麺など汁ものメニューも書いていましたが、

汁なし麺しか無いようでした。値段は1杯10元です。

 

茹で上がった麺の入った丼を受け取って、

5、6種類ある具やタレを好きなようにかけます。

メニュー写真は、一種類ごとに分かれていますが、

どれをどれだけかけても、大丈夫そうな雰囲気です。

 

 

トマトと卵炒め以外の具材の味と辛さが想像つかなかったので、

トマトと卵炒めをメインに、辛い肉醤、辛くない肉醤、豆腐みそを

ちょっとずつ、後はきゅうりを乗っけてみました。

 

 

でも、こういう乗せ方をする人はいないのか、

店のおじさんにちょっと笑われてしまいました。。

 

麺はコシがあって旨いです。

これ、当たりかも。

量もたっぷりで、10元でお腹いっぱいです。

 

タレや具もいろいろ乗せたほうが楽しめるのに、

なんでみんなしないのかなと思って観察してたら、

食べてる途中でも、具やタレを追加していいみたいでした。

なるほど、そういうシステムだったのか。。

 

 

コメント

ワンタン

2015-07-23 00:24:00 | 料理

中国では、朝ごはんや点心などでワンタンをよく食べます。

ワンタンの作り方を教わったので、自分でも作ってみました。

 

 

まずは餡作りから。

もちろんミンチを買ってくれば楽ですが、

信用できなければ自分で作るしかありません。。

 

 

頑張ってたたいて、いい感じにミンチになってきたら、

生姜と葱を混ぜます。

 

餡が完成したら、醤油、みりん、塩、酒などで下味を付けます。

 

 

ワンタンの皮は、市場でもスーパーでも売ってます。

大きさもいろいろあると思いますが、

大潤発で売っていたのは、餃子並みの大きい皮でした。

 

 

包み方は意外と簡単。

まずは、餡を挟んで2つ折にして。

 

 

こんな感じにくるっと。

 

 

重さと枚数の関係がいまいち把握できず、

大量に買ってしまった皮を使い切ると、

テーブルの上はワンタンだらけに。。

 

 

後は、たっぷりの水を使って、鍋で茹でるだけ。

 

 

ワンタンのスープは、鶏がらスープでも、野菜スープでも、お好みで。

意外とうどん出汁も「あり」だったりします。

 

今回は成り行きで大きな皮を使いましたが、

私自身は、小さな皮に少しだけ餡が包んであるタイプが好きです。

次は小さいワンタンを作ろうと思います。

 

 

コメント

蘇州 喜唯森国際自助美食餐庁

2015-07-16 00:59:30 | <蘇州>食事・喫茶

喜唯森国際自助美食餐庁は、

地下鉄2号線 石路駅の南、広済南路の全景大厦あります。

1階は待合で、2階に会計とレストランがあります。

 

 

値段も安いので、結構人気の店です。

料金は、平日63元、土日・休日69元で、

ネットで団購(共同購入)すれば少し安くなります。

 

 

夕食に行くなら、5時半までに入れば、

待たずに食べられると思います。

 

中はとても広いです。

食べる場所も何箇所かに別れています。

メインホールでは、歌や生演奏があったりします。

 

 

とにかく品数は豊富です。

焼肉系や、

 

 

前菜やサラダとか、

 

 

点心やら、

 

 

中華系ならなんでもあります。

 

 

他にも、目の前で調理してくれる鉄板焼きや、

寿司、麺類、パン、果物、デザートなどなど。

 

ドリンクバーには、ジュースや紅茶、コーヒー、

お茶などの飲み物が置いてます。

 

 

立派なビールタンクがあって生ビールも飲めます。

 

 

ビールは別料金ですが、1Lの大ジョッキで12元なので安いです。

種類もいくつかあります。黒もありました。

 

 

バイキングって、ついつい取り過ぎてしまう。。

 

 

6時を過ぎると、2階も1階も並んでる人、待っている人でいっぱいになります。

 

 

味は、すごく美味しいとは言えないものの、

まあまあいけます。この値段だったら満足かな。

 

 

コメント

ハルピン 太陽島風景区

2015-07-09 00:15:00 | <黒龍江省>観光

ハルピンの観光ガイドを見ると、必ず出てくるのが、

ソフィア大聖堂、中央大街、太陽島です。

おのぼりさん観光の締めに、太陽島風景区に行ってみました。

 

 

中央大街の北の端、松花江の畔はスターリン公園になってます。

ここに、1957年の大洪水と戦った記念碑、防洪記念塔があります。

 

 

太陽島に行くには、この近辺にたくさんある観光船か、

ロープウェイで、松花江を渡ります。

船の料金は、往復で10元、5分ほどで対岸に着きます。

 

 

太陽島風景区の入園料は、30元です。(氷祭り中の期間を除く)

船で渡った場合には、2号門か3号門が近くの入り口になります。

 

 

結構広いです。

歩くのがいやなら、乗り合い電動車が園内を走っています。

20元で3回乗ることができます。

 

公園自体は、蘇州によくある湿地公園と大して変わりはありませんが、

 

 

鹿の餌やりができたり、

 

 

リスに出会えたりします。

 

 

雪のない時期に太陽島に行くなら、

少々値段は高いですが、太陽島氷雪芸術館に行くと面白いです。

入館料は110元で、防寒着を借りると追加で20元必要です。

 

 


館内は冷凍庫になっており、マイナス10度以下に保たれているそうです。

氷の彫刻や建物、雪像などがいっぱい。

 

 

お土産売り場も氷でできてます。

 

 

階段も氷。

氷の滑り台もありました。(有料)

 

 

当たり前ですが、中はとても寒いです。

20元をケチらずに防寒着を借りることをお勧めします。

 

出口で無料の生姜湯を頂けます。

あったまりますよ。

 

 

太陽島からの帰りは、ロープウェイを使ってみました。

ロープウェイは、片道50元、往復で80元です。

あまり込んでいないので、待ち時間も少ないです。

 

 

かなり高い所を通るので、見晴らしがよくて気持ち良いです。

結構風が吹いていたのですが、揺れは少なかったです。

 

 

今回は、最も有名な観光名所だけを駆け足で周ってみましたが、

ハルピンには、割とお気軽に行けることも分かったので、

次は、行く場所を事前に調べておいて、日帰で遊びに行ってみようかと思ってます。

 

 

おまけ。

松花江沿いにある、「びっくり芸術王国」と書かれたこの建物には、

どこかで見たことのあるこんなお方が。。

 

 

宇宙一の統帥がハルピンのすぐそばいるよ!

って書いてあります。

これ日本でやったらミサイル飛んでくるんじゃないか。。

 

 

コメント

ハルピン ロシア料理 露西亜西餐庁

2015-07-02 00:10:00 | <黒龍江省>観光

せっかくハルピンまで来たので、ロシア料理を食べてみることにしました。

 

露西亜西餐庁は、中央大街と尚志大街の間、西十道街にあります。

中央大街から行くとデパートの中を通り抜けてすぐ右手です。

 

 

店内は、ちょっとお洒落な雰囲気です。

少し遅い時間に行ったせいか、少々値段が高いせいか、

客は少なめ、店内も静かで落ち着いた雰囲気でした。

 

 

小さめのテーブルが並んでいます。

2階でも食事ができそうです。

 

 

中国語のロシア料理メニューを見てもさっぱり分からないので、

一番、量が少なそうな400元ぐらいのセットを頼んでみました。

 

飲み物は、やっぱりハルピンビール。

蘇州では見かけない1900というビールです。

 

 

ハルピンソーセージのサラダ。

 

見た目よりさっぱりしていますが、ソーセージが存在を主張しています。

ビールのつまみにいいです。

 

オニオンリング。

 

これもビールのおつまみかな。

 

ボルシチ。

 

私にも分かるロシア料理。

野菜の味もしっかり残ってるような気がします。

 

レバーペーストとサラダ。

 

これもお酒に合う料理です。

 

肉の煮込み。

 

見た目以上にボリュームあります。

ちょっと甘めの味付けですが、パンと一緒に食べるのもいいです。

ワインも欲しくなります。

 

ピクルス。

 

東北らしく?どっさり出てきます。

箸休めにちょうどいいし、おつまみにも。

 

牛肉のステーキ。

 

最初に頼んでおけば、好みの焼き加減にしてくれると思います。

お任せしたら、ミディアムレアで出てきました。

 

ピロシキ。

 

油で揚げてあるタイプでした。

具材は、ジャガイモとひき肉がメインで、野菜も入ってます。

 

 

お願いすれば、多少はセットの内容をアレンジしてくれると思います。

煮込みの肉を羊から、牛肉に変えてもらいました。

 

食後は、夜の中央大街を少し散歩してみることに。

 

 

生演奏もやっていたりします。

人通りが絶えることもありません。

 

 

通り沿いの建物はきれいにライトアップされていて、

昼間とはまた少し違った雰囲気も味わえます。

 

 

コメント