中国でのいろいろ

中国での生活、出来事をぼちぼち綴っていければと思っています。

浙江省 安吉 浙北大渓谷

2018-08-16 00:08:16 | <浙江省>観光

日本と同様に蘇州、上海も暑い日が続いています。

涼を求めて、お茶の産地として有名な浙江省の安吉にある、

浙北大渓谷へ行ってみました。

 

 

蘇州から約200km、上海から約250km、

どちらも車で3時間半から4時間ぐらいの距離です。

渓谷や滝の散策とゴムボートでの川下りが観光の目玉です。

 

 

今回、初めて団体バスツアーを利用してみました。

蘇州出発で、料金は175元。

バス代、浙北大渓谷の入園料、川下りの費用が含まれます。

もちろん参加者は中国人しかいません。

 

 

ほぼ予定通りの時刻に浙北大渓谷へ到着。

日帰りなのでゆっくり食事をするような時間はありません。

ガイドさんからの指示で、途中休憩のサービスエリアで食料を調達しました。

 

 

到着するまでは太陽も出て良い天気でしたが、

渓谷に入ってすぐに猛烈な雷雨が。。

 

 

最初は浙北大渓谷のガイドが同行していましたが、

凄い雨で、みんなちりちりばらばら。

 

 

ツアー参加者のほとんどが早々にリタイヤする中、

せっかく来たんだし、どうせ川下りでずぶ濡れになるので、

滝ぐらいは見ておこうと。。

 

 

どれだけの雨量だったか分かりやすい写真が撮れました。

雨の降り始めの一銭瀑がこちら。

 

 

雨が降った後の一銭瀑。

水量が全く違って別の滝のようです。

 

 

とりあえず黄浦江源第一瀑という滝まで行って戻ってきました。

帰りは川を渡る飛び石も冠水して危険な状態に。

保安員も出てきて警戒に当たってます。

 

 

写真を撮ることもままなりません。

油断するとスマホが水没状態になってしまいます。

ようやく雨が上がって写真を撮ってもピンボケ。

もともと清流だったのかもしれませんが濁流になってます。

 

 

ずぶ濡れになってバスへ戻り、そのまま川下りへ。

川下りゴール地点までバスで移動し、チケット、ヘルメット、救命胴衣を持って、

マイクロバスに乗り換えてスタート地点へ移動します。

 

 

写真だとのんびりした川下りに見えますが、

完全に水没すると思っていいです。

スマホを持って乗りたいなら完全防水対策が必要です。

 

 

せめて渓谷観光の時には晴れで、川下りの時に雨だったらよかったのに

完全に逆になってしまいました。

川下りは童心に帰った気分になります。

みんな、誰彼お構いなく水のかけあって遊んでいます。

下る途中に数か所、それなりの落差のある堰堤があるので

絶対にずぶ濡れになります。雨合羽も売っていますが買っても無駄です。

 

ロッカーや無料のシャワーも設置されていますし、

遊びに行くときは、必ず着替えを持って行って下さい。

 

 

コメント (2)

浙江省 普陀山(3回目)法雨寺と佛頂山の慧済寺

2018-05-17 00:05:17 | <浙江省>観光

今回初めて、島の北側にある法雨禅寺と慧済禅寺へ行ってみることにしました。

法雨禅寺、慧済禅寺、普済禅寺は普陀山三寺と呼ばれています。

 

 

本来ならば、こちらを先に訪れるべき場所なのでしょうが、

今までうまく時間が調整できず、来年でいいかなみたいに先送りしていました。

 

 

佛頂山の麓にある法雨禅寺まではマイクロバスを使います。

島内にはいくつかの路線があって、料金は距離によって5元か10元になります。

観光名所になっている場所にはマイクロバスを使って行けるはずです。

法雨禅寺行のバスは、フェリーターミナルから乗っても、

南海観音近くの紫竹林から乗っても料金は10元です。

 

 

法雨禅寺は1580年に建立されたお寺で、

元々の名前は、海潮庵、海潮寺と呼ばれていました。

 

 

山の麓から中腹にかけて、天王殿、玉佛殿、九龍観音殿、大雄宝殿などの建物と、

大小200以上の部屋がある大きなお寺です。

文化財にも指定されているようです。

 

 

法雨禅寺の上の出口から外に出ると、

麓に戻らなくても続けて佛頂山に登ることができます。

 

 

佛頂山の高さは286.4m。

そんなに高い山じゃないけれど。。

 

 

きついです。

予想はしていましたが、この階段はきつい。。

おそらく千段以上あると思います。

日頃の運動不足を痛感します。

 

 

海天佛国石が見えたらあと少しで頂上です。

もう写真なんて撮ってる余裕ないです。

 

 

途中で休憩を取りながら30分ちょっとかけて登りました。

体力に自信がない方や、慧済禅寺から普陀山観光をスタートしようと思っている方は、

往復ともゴンドラを使うことをお勧めします。(笑)

 

 

慧済禅寺はそんなに大きいお寺ではありませんが、何というか威厳を感じます。

大雄宝殿の屋根瓦は瑠璃瓦というのでしょうか、光り輝いています。

 

 

帰りはさすがにゴンドラに乗りました。

これから、まだ蘇州まで4時間の運転が残ってるし。。

麓のゴンドラ駅の場所は、マイクロバスの”客運索道”で、普門万佛宝塔の近くです。

法雨寺からは離れていますのでご注意を。

 

 

とりあえずこれで3年連続お参りのノルマ?は達成しました。

誰かを連れて行く必要がない限り、しばらく普陀山に来ることはなさそうです。

舟山群島には桃花島や、海の綺麗な東極景区などの観光地もあるので、

次はそちらの方に行ってみたいなと思っています。

 

 

コメント (2)

浙江省 普陀山(3回目)南海観音と観音跳

2018-05-10 00:12:34 | <浙江省>観光

一月ほど前の話ですが、今年の清明節も普陀山に行ってきました。

3年連続でお参りするとご利益があると言われています。

そんなこと言われちゃうと意地でも。。とまでは思わないですがせっかくなので。

 

 

清明節は高速道路も無料になる連休なので、

朝早くからサービスエリアは車でいっぱい。

 

 

蘇州から車で4時間。舟山の朱家尖へ到着。

去年にも増して駐車場を埋める車、車、車。端の方はもう見えないです。

 

 

普陀山へ渡るフェリーも人、人、人。。

 

 

渡った先の普陀山のフェリーターミナルも

大量の観光客を捌ききれなくなったせいか、新しい建物を建設中です。

また、近くに新しい観光スポットができていました。

寺院ではなさそうです。売店やお土産物屋さんもあります。

 

 

今年から南海観音の参拝料(5元ぐらい)は徴収しなくなっていました。

こちらも年々人が増えてます。

 

 

去年は工事中で入ることができなかった観音跳。

今年は西方浄苑へ通じる道も綺麗になっています。

 

 

南海観音のお参りを済ませて、西方浄苑と観音跳へ降りてみました。

 

 

灯篭の小さな穴にうまくコインが入ると願い事が叶うとか良いことがあるそうで、

どこのお寺に行っても一生懸命コインを投げている人を見かけます。

 

 

観音跳の由来は、観音様が普陀山に説法道場を開くため、

洛迦山から跳んで、この場所に着地し足跡を残したことから

そう呼ばれるようになった(と思います。間違ってたらごめんなさい)

 

 

海の色が青ければもっと良い景色なのでしょうが、

おそらく長江などの大河から流れ出す大量の土砂や海流の影響で、

この辺りの海の色は茶色です。

 

 

もうしばらく普陀山へ来ることもないと思うので、

今まで行ったことがなかった(登るのが辛そうで避けていた)、

佛頂山にも頑張って登ってみることにしました。

佛頂山編に続きます。

 

 

コメント (2)

浙江省 普陀山 紫竹林禅寺・不肯去観音院と南海観音

2017-05-25 00:11:22 | <浙江省>観光

今回の普陀山は、紫竹林禅寺や不肯去観音院に行ってみました。

不肯去観音を日本語に訳すと「行かず観音」になります。

 

 

去年あまり見かけなかった団体旅行客がものすごく増えてます。

人出は去年の5割増しぐらいじゃないかと思います。

 

 

紫竹林禅寺は明代に建立された寺院で、

元の名は聴潮庵だったそうです。

 

 

残念ながら元々あった寺院は破壊され、

現在の姿は近年再建されたものです。

 

 

普陀山入園券とは別に拝観料が5元必要です。

ここは観音菩薩が修行した場所とも言われています。

 

 

建物には、観音像や仏像が安置され、

お参りに来る人々で賑わっています。

 

 

不肯去観音の由来は、だいたいこんな感じのようです。

日本の僧侶、慧萼が観音像と共に日本へ帰ろうと、

寧波から出航した際、この近くで船が動かなくなり、

日本へは行かないという観音様のお告げだと考えた慧萼は、

この地の住民に観音像を預けました。

 

 

 

住民は、観音像を祀るために住居を提供し寺を建立、

この寺が不肯去観音院と呼ばれるようになりました。

 

 

現在、寺の長廊には、日本から奉納された33体の観音像も安置されています。

みなさん手を合わせながら歩いていました。

 

 

南海観音にもお参りに行きました。

今年は天候にも恵まれて本当に綺麗な青空でした。

 


去年の教訓を活かして、すごい高い線香を買わなくても済むように
フェリー乗り場で買ってきました。

過去記事:浙江省 普陀山

<http://blog.goo.ne.jp/akira_delta/e/e79d73702a756817a992d5c8123c9aeb>

 

でも、こちらも凄い人人人。。

線香に火を付けるのも一苦労です。

 

 

あまりの人の多さに辟易して、

日が高いうちに船に乗って朱家尖へ戻りました。。

 

 

3年続けてお参りしないとご利益がないと、中国のお年寄り達に言われます。

ホントですかね。

来年もまたここまで来るんだろうか。。

もし来たら、今度は山の上にある、慧済禅寺の方に行ってみようかと思います。

 

 

コメント (4)

浙江省 舟山の朱家尖へドライブ

2017-05-18 00:04:44 | <浙江省>観光

少し前の話ですが、清明節の連休に普陀山へ行ってきました。

去年はバスで行ったのですが、今年は自分で運転です。

 

 

蘇州から普陀山行きの船に乗る、舟山の朱家尖までの距離は、

だいたい320kmぐらい。5~6時間の道のりです。

ちょっときついですが、自分で運転するなら日帰りも大丈夫です。

 

 

中国では、長期連休に高速道路が無料になる場合があります。

今年は、春節、清明節、労働節、国慶節が無料です。

もちろん時間帯によっては大渋滞になりますけど。。

今回は渋滞を見越して6時前に出発。朝はほとんど渋滞しません。

 

 

途中のサービスエリアで、休憩と給油で2回止まって、

朱家尖到着は11時過ぎ、まあこんなもんかなという感じです。

最近は電気自動車用の充電設備が設置されているサービスエリアも増えてきました。

 

 

G15瀋海高速道路 北岸サービスエリアの先に

嘉興市と寧波市を繋ぐ全長36kmの杭州湾大橋があります。

2008年に開通、開通当初は世界最長の海上橋でした。

 

 

寧波市を通り抜け、続いて寧波と舟山を島伝いに繋ぐのが、

岑港大橋、西堠門大橋、響礁門大橋、桃夭門大橋、金塘大橋。

 

 

これらを渡れば舟山に到着ですが、朱家尖は島の反対側なので、

舟山を端から端まで横断します。

ここからまだ1時間ほどかかります。

 

 

舟山を縦断し、最後に朱家尖海峡大橋を渡ると、

普陀山行きフェリー乗り場まではもうすぐです。

去年は瀋家門から船に乗ったので、今年は朱家尖から乗ってみます。

 

 

フェリー乗り場周辺の駐車場は広大です。

見渡す限り、車車車。。すごい。

それでもまだまだ停められます。

 

 

朱家尖には舟山空港もあり、普陀山観光のメイン玄関口になります。

また、車で訪れる人のほとんどが朱家尖にやってきます。

 

最近の旅行ブームで儲かっているのか、

フェリー乗り場周辺は新しい建物がいっぱい。

 

 

スターバックスやマクドナルド、康師溥などのチェーン店もあります。

簡単に食事をするならチェーン店をお勧めします。

理由は。。。

はっきり言って、この辺りの店はクソ不味くて高いから。

(高級レストランには入ってないので、庶民的な店でという意味で)

セルフサービスの食堂で、小黄魚(小さなイシモチ)を蒸したものが、

95元(約1500円)って言われたのが一番驚きました。

ここまでのぼったくり価格は今まで見たことがなかったです。。

 

 

普陀山の入園券とフェリーのチケットは、旅游集散服務中心で買います。

入園料は160元、片道のフェリー代が25元、保険が10元です。

 

 

フェリー乗り場は、旅游集散服務中心の隣です。

ここも新しく建て替えたのか、瀋家門と違って綺麗です。

チケット売り場もあるので、こちらでも入園券などが買えるかもしれません。

 

 

乗船時間は15分ほどです。

結構大きな船なので、乗船待ちの人が多くてもそんなに待たずに乗れると思います。

それでもチケット買うのに並んだりしていると、

普陀山に着いたのはお昼過ぎになってしまいました。

 

 

帰りの船の最終は、21時まであるので、午後からでも十分時間はあります。

車で行くと帰りの時間の心配がないのがいいです。

 

 

ただ、車で行く場合、高速道路が舟山に入ってすぐに終わってしまうので、

朱家尖まで下道を60kmほど走るのがちょっと辛いです。

中国にお住いの方ならよく分かると思いますが、

一般道はやっぱり神経使うので。。

国道だと一般道でも制限速度が90kmとかありますが、

信号もあるし車は飛び出してくるし、道路を横断する人もいるので、

それはそれで慣れないと結構怖いです。

 

 

コメント