中国でのいろいろ

中国での生活、出来事をぼちぼち綴っていければと思っています。

広州 広東料理 新泰楽

2018-07-05 00:07:05 | <広東省>

普通の広東料理を食べに盘福路にある新泰楽へ行ってみました。

ここは庶民的なお店です。

 

 

美味しそうな料理が並んでいますが、

前日の頼みすぎの教訓をいかして発注量は控えめに。

 

 

ここでもみなさんお茶を頼んで食事をされています。

でも、今日はお茶だけじゃなくビールも。

珠江というビールです。初めて飲みました。

 

 

基本的に中国のビールは薄味でアルコール度数も低いです。

ちょっと濃いめの珠江もあるよと言われて頼んでみましたが、

瓶の色は濃いけど味はそんなに変わらない。。

 

 

白胡椒焼排骨。

ちょうどいい感じの塩コショウ味で、

ビールに絶対合うのが、このスペアリブ。

 

 

頼んだ料理を確認しようと伝票を見てみたら。。

この字は読めん。。中国人でも読めないそうです。 

 

 

金蒜香沖搒面。

何か長い名前の割にシンプルな炒麺。

さっぱりしすぎてちょっと物足りなさはあります。

 

 

沙姜爆鳝片。

この店の看板メニューのひとつがタウナギです。

蘇州でもタウナギはよく見かける食材です。

鰻と違って肉が固いので柔らかくなるまで醤油味で煮込むのが一般的です。

ここでは違った調理方法で食べさせてくれるそうなので頼んでみました。

 

 

炒めた感じで出てきました。

かなり大きなタウナギを使っているようです。

コリコリした食感で、私は煮込みよりもこちらの方が好き。

(というか、煮込みのタウナギはあまり好きじゃない。。)

 

虾米瑤柱煲淋白菜。

小エビ、干し貝柱と白菜の煮物。

大きな土鍋で出てきました。スープもたっぷり。

 

 

メニューを見た感じでは、ちょっと大きめのお皿で出てくると思ったのですが、

料理名に忠実に土鍋で出てきました。。

危ない危ない、少なめの注文で正解。

でもシンプルな炒麺をこのスープと一緒に食べると、また違った味が楽しめます。

 

 

店の間口はそんなに大きくないですが中はとても広いです。

結構人気があるようで食事時は満席。

 

 

広州料理の店では、飲茶でなくても食事の際にお茶を頼むのが普通です。

そうそう、南の方では食べる前に熱湯か熱々のお茶で食器を洗うという

習慣(儀式?)があることも思い出しました。

そういえば、以前、よく深センに行っていた時はこれやってたなぁ。

 

 

コメント (2)

広州 飲茶 点都徳(點都德)

2018-06-28 00:06:28 | <広東省>

15年ほどぶりに広東省に行ってきました。

広州に来たのは2回目、もうすっかり忘れています。

せっかく広州に来たのだから、飲茶に行っておかないと。

 

 

という訳で広州の人気飲茶チェーン店、点都徳へ。

この店は夜でも飲茶が楽しめます。

深センなどにも支店があるようです。

 

 

お茶は必ず頼みます。(飲茶ですから)

お茶の種類は鉄観音や紅茶、菊茶など。

もたもたしていると、ここから選んでと店員さんに丸を付けられました。

 

 

小吃から、スープ、麺、ご飯ものまで、メニューは豊富です。

値段は、大中小や超やら美やら精などで分かれています。

土日祝は少し高くなるようです。

 

 

蜜汁叉焼包。

ちょっと甘めのチャーシュー饅です。

飲茶食ってるという感じが出ます。

 

 

招牌陳酢醋浸鳳。

中国人大好き鶏の足。ピリ辛です。

これを食べるのは平気なんですが、

上手に食べれないし面倒くさいので自ら発注することはありません。

 

 

椒麻拍黄瓜。

こちらもピリ辛味のキュウリ。

ビールに合いそうな味ですが、今日はお茶受けに。

 

 

お茶は最初だけ店員さんが入れてくれることもありますが、

テーブルの横には常にお湯が沸いていて、自分で好きなように入れます。

何らかのお作法はきっとあるのでしょうけど。

 

 

上湯富村菜心。

一品毎の量がよく分からず、

飲茶だしきっと少ないだろうと踏んでいましたが、

実は結構な量。。

 

 

生煎韮菜餃。

こちらは韮の焼き餃子です。一粒一粒が結構大きくて皮はパリッとしています。

分かりやすい品名が多いので、調子に乗ってついつい頼みすぎてしまう。。

 

 

梅菜肉餅飯。

もち米の上に豚肉の餡を乗せて蒸してます。

臭みもなく、くせのない味で美味しいです。

 

 

山泉有机米粉。

米粉(麺)も小さい椀で出てくるかと思ったら、鍋みたいな器で。。

若い中国人男性と一緒に行ったので、少々多くても大丈夫かと思いましたが、

さすがに食べきれない。

 

 

陳皮蒸牛肉球。

料理名そのままで、陳皮の入った肉団子。

陳皮はみかんの皮を干したもので、

日本でもよく知られている漢方薬の材料のひとつです。

 

 

人気店だけあって広い店内も家族連れやカップルでほぼ満席。

みなさんお茶を飲んで談笑して、ゆっくり食事を楽しみます。

久々の飲茶、美味しくいただきました。

 

 

コメント